青 田 1     100句

婆は蝗われは蛍や青田辺に    寺内一砂

早苗饗  早乙女  田植  植田  青田

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
青田見に出て俄なる眼のいたみ 能村登四郎 199806  
鷺下りしあたりそよげる青田かな 岡崎伸 199808  
青田風飛騨春慶の宗和風 松崎鉄之介 199809  
穂孕みの青田続けり佐久平 水原春郎 馬醉木 199810  
青田また青田村落とびとびに 大橋敦子 雨月 199810  
七年はながし周忌の夜の青田 八木愁一郎 ぐろっけ 199810  
ちちははの声あるところ青田濃し 大野英美 風土 199811  
昼火事のあとしんかんと青田照 岡本眸 199811  
海風となりゆく越の青田風 藤井圀彦 199812  
花嫁と握手をすれば青田風 永田哲心 遠嶺 199908  
水匂ふ遊行の里の青田風 金子きくえ 春耕 199908  
そよりともせぬをはじめの青田なり 中原道夫 銀化 199908  
青田風豊かな稔り思はせて 伊藤一歩 いろり 199908  
夕暮の嵯峨野を渡る青田風 山田六甲 六花 199908  
晴続く若狭路のよき青田かな 広場伝 俳句通信 199908  
入鹿塚囲ふ青田の風ゆたか 植松昌子 馬醉木 199909  
変らぬがよしふるさとや青田風 福島美香子 京鹿子 199909  
豊穣の色兆しゐる青田波 木谷尚子 俳句通信 199909  
風の筋水の筋見ゆ青田かな 木谷尚子 俳句通信 199909  
川音はまだ昏れきらず青田風 中村幸子 俳句通信 199909  
幌鹿峠や青田と流れなにか希薄 田口満代子 海程 199909  
観音堂浮かべて雨の青田かな 皆川盤水 春耕 199909  
青田道父母眠る地の遠くして 桑垣信子 いろり 199909  
外海府一山登り青田道 松崎鉄之介 199910  
大青田仁王立ちして追肥撒く 福山和花 京鹿子 199910  
穂支度の色となりたる青田かな 木谷尚子 俳句通信 199910  
千枚の一枚となる青田風 上柿照代 馬醉木 199911  
青田目に溢れふるさと一日目 白井剛夫 199911  
列車とんがって青田のひろがり 内山いちえ 海程 199911  
天領へ少しはみ出す青田かな 坂井まさき 六花 199911  
濃き青田薄き青田とありにけり 嶋田摩耶子 ホトトギス 199912  
うたた寝の合間の青田湖西線 津田このみ 月ひとしずく 199912  
「塩煙草切手あります」青田風 柿沼盟子 風土 200001  
銀行の自転車飛ぶ飛ぶ青田風 三宅やよい 玩具帳 200004  
体操の両手の挙がる青田かな 神蔵器 風土 200007  
能登島へ橋越え三角青田かな 林翔 200007  
空に鳶一羽を点し青田原 林翔 200007  
客坐せば窓あけ青田風請ず 奥村鷹尾 京鹿子 200007  
給金をはづんでやりぬ青田風 山野みどり 銀化 200007  
落柿舎を通りぬけたる青田風 山田六甲 六花 200007  
青田風仏の妻と話し合う 中村祭生 ぐろっけ 200007  
ひたすらに百万石の青田かな 小林和子 風土 200008  
青田波父母の影あること思ふ 保坂さよ いろり 200008  
白河の梅雨の青田をよぎるなり 阿部ひろし 酸漿 200008  
み祖塚青田の風をたてまつる 豊田都峰 京鹿子 200008  
筑波嶺や鷺の飛びゆく夕青田 内藤八重 俳句通信 200008  
青田風嵯峨の野宮ぬけてけり 山田六甲 六花 200008  
目のかぎり能登千枚の青田風 前田青紀 馬醉木 200009  
青田風ハモニカのやうな電車来る 清水明子 遠嶺 200009  
青田風日ぐれを少し伸ばしけり 穴澤光江 遠嶺 200009  
モンスーンとアジアが宿る青田かな 深澤鱶 火星 200009  
青田風村の閑けさもどりけり 川崎光一郎 京鹿子 200009  
落人の村に幣立つ青田かな 阿久津渓音子 春耕 200009  
農の人豊作願ひ青田波 茂木とみ いろり 200009  
吾が庭の鉄扉開けよと青田風 中村祭生 ぐろっけ 200009  
降り立ちしホームにどつと青田風 猪俣洋子 200010  
バックして給油所までの青田風 飯塚ゑ子 火星 200010  
きしむ椅子きしませてみる青田風 中原幸子 遠くの山 200010  
充実の白い道ゆくずうっと青田 北原武巳 船団 200010  
白鷺の降りたち青田色増しぬ 閑田梅月 馬醉木 200010  
青田向こうの外側白き病院ビル 五十嵐研三 海程 200011  
青田風拾ひしものは横抱きに 田中亜美 海程 200011  
引くもののなくて寄せ来る青田波 安食守 200011  
声上げて泣きつ歩きし青田径 長谷川登美 ぐろっけ 200011  
青田波セットの如く太陽よ 北原志満子 海程 200012  
癌細胞鳥居くぐれば青田なり 吉田さかえ 海程 200012  
大いなる落暉青田の中に揺れ 武藤嘉子 木椅子 200102  
蝶一つ吹かれて青田越えてゆく 渡辺友七 あを 200106  
鈍行といふ青田風分かつもの 稲畑廣太郎 ホトトギス 200107  
青田風したい放題今の内 柳未央 いろり 200107  
父祖の血を受け継いでゐる青田風 石川千津子 銀化 200107  
青田風農夫ゆるりと顔を上げ 森理和 あを 200107  
本尊は簡素におはす青田風 水原春郎 馬酔木 200108  
白鷺の一点となり青田風 外川玲子 風土 200108  
放たれし家鴨青田へなだれこむ 代田青鳥 風土 200108  
日本海青田千枚の裾あらふ 能村登四郎 200108  
青田みち歩け歩けの嵯峨銀座 丸山佳子 京鹿子 200108  
荘内の青田まぶしみ逝かれしか 皆川盤水 春耕 200108 出羽三山神社名誉宮司阿部義春氏を悼みて
青田風二千町歩の沼干拓 渡辺美知子 200108  
機嫌良き野鍛冶のリズム青田道 篠田純子 あを 200108  
新しきビルに囲まる青田かな 山荘慶子 あを 200108  
津軽線青田を左右に開き行く 水原春郎 馬酔木 200109  
大美濃の高さひとしき青田風 鷹羽狩行 200109 長田等氏の句碑〈一枚を植ゑて深田を這ひ上る〉建立を祝して
黄昏て一本道の青田かな 市川英一 遠嶺 200109  
ひと息をつくやはらかき青田風 川端和子 遠嶺 200109  
千年家出づれば青田株を張る 野澤あき 火星 200109  
青田売る四角き四輪駆動かな 米澤光子 火星 200109  
真中に墓地を囲みて青田かな 南浦輝子 火星 200109  
青田満々充溢の時つづく 大串章 百鳥 200109  
青田道めだかを下げて姉いもと 大串章 百鳥 200109  
青田道馬の賢き貌に会ふ 小山内巌 百鳥 200109  
青田風にはとり小屋は空つぽに 萱原光恵 百鳥 200109  
青田中もぐら叩きのやうに鷺 平野きらら 百鳥 200109  
天覧とふ佐渡の青田の能舞台 江木紀子 雨月 200109  
遠近に鷺のおりたつ青田かな 鰍澤真佐子 春耕 200109  
さまざまに風遊ばせて青田かな 杉本光祥 200109  
青田風農夫は今日も水入れる 福田みさを いろり 200109  
青田風すがしと眺む車窓より 木戸波留子 いろり 200109  
青田風水の流れに逆らいて 篠田三七子 いろり 200109  
ローカル線肺の奧まで青田風 篠田純子 あを 200109 青田 2→

 

2014年6月22日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。