青 田 2     100句

耶蘇ならず青田の海を踏み来るは    西東三鬼

早苗饗  早乙女  田植  植田  青田

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
青田来て武田信玄起請文
鈴木石花
風土
200110
身の芯を風の透けゆく青田道
間島あきら
風土
200110
こゑ大き男と青田風のなか
禅京子
風土
200110
昏れの灯を青田に映しレストラン
山村桂子
遠嶺
200110
青田風正面にある津軽富士
三橋泥太
遠嶺
200110
大字を出でて青田の風となる
三橋泥太
遠嶺
200110
岐阜羽島青田乱れてありにけり
深澤鱶
火星
200110
いろいろの仏にあへり青田みち
土屋酔月
火星
200110
田毎観音青田と田螺見守れる
櫻井康敞
200110
夕日濃し鷺の飛びたつ青田かな
赤池貴のえ
春耕
200110
山影を容れて青田のそよぎをり
池内淳子
春耕
200110
一枚の青田に隣る婚の家
山田由利枝
雨月
200110
第一のボタンはずして青田風
大井邦子
ぐろっけ
200110
展望台東西南北大青田
斉木永久
馬醉木
200111
青田風望む連山あらあらし
内藤紀子
遠嶺
200111
鉄塔に陰は得ざりし青田道
松本鷹根
京鹿子
200111
大青田足の隠るるペダル踏む
萩谷幸子
雨月
200111
車窓青田癌の話をしてしまう
浅生圭佑子
海程
200111
青田中虚子真筆を蔵し住む
村松紅花
ホトトギス
200112
細き雨青田にそそぐ盆休
塩谷はつ枝
馬醉木
200112
石仏の享けて笑まふや青田風
南光翠峰
馬醉木
200112
飢ゑ充たすやうに青田を見に出づる
斎藤棹歌
200201
一人降り一人乗る青田無人駅
鵜飼紫生
雨月
200201
青田波返す波なき千枚田
小島左京
ホトトギス
200202
勢ひのさらに加はり青田風
足立幸信
200202
耕やしの農具点検青田風
栢森定男
あを
200206
一望の青田絣や佐久郡
水原春郎
馬醉木
200207
三瓶野の道一車線青田中
稲畑廣太郎
ホトトギス
200207
青田行くローカル線は煙吐き
稲畑廣太郎
ホトトギス
200207
青田分け北へ北へと道伸びて
稲畑廣太郎
ホトトギス
200207
家々に囲まれ青田静もれる
江倉京子
あを
200207
一村を囲みて雨の青田かな
舘林志津子
雲の峯
200207
一言の詫びで赦せり青田道
坂本フジ
帆船
200207
月山の風吹き抜ける青田かな
船山博之
百鳥
200208
格さんの私信も展示青田風
白鳥義岳
帆船
200208
青田道一兵の墓野ざらしに
谷榮子
雨月
200208
山を負ふ一族の墓所青田風
石原勢津子
雨月
200208
根を張つてゆく確かさの青田風
宮崎直子
200208
峡深き植田青田を見おろせり
阿部ひろし
酸漿
200208
みちのくの青田の風に染まるなり
小滝奈津江
酸漿
200208
駅と駅つなぐ青田の安房路ゆく
佐藤よしい
風土
200209
学帽を脱いでひとりの青田風
小田道知
円虹
200209
ゆきつけばまた風となる青田界
豊田都峰
京鹿子
200209
青田風翅あるものに息合はす
鈴鹿仁
京鹿子
200209
青田風納屋に鳥籠空のまま
佐野まさる
百鳥
200209
青田風最後の客を降ろしけり
小田玲子
百鳥
200209
一郷に水満ちわたり青田風
的地遙
百鳥
200209
新築の槌音響く青田風
中島一管
築港
200209
青田風出羽に二つの茂吉の墓
松崎鉄之介
200209
病室に青田の風を入れにけり
岡田万寿美
雲の峰
200209
青田風小高き丘に義父の墓
高橋作之助
雲の峰
200209
風が撫で父のゐさうな青田波
吉野のぶ子
遠嶺
200209
一望す青田続きのローカル線
道給一恵
遠嶺
200209
水匂ふ青田回らす合掌屋
白鳥義岳
帆船
200209
青田道どこの十字を曲らうか
萩谷幸子
雨月
200209
ほぎごとの窓全開に青田かな
八條凛子
銀化
200209
減反の札真新し青田風
大蔵靖子
春耕
200209
合鴨の青田に飼はれゐたりけり
蓮田照子
200209
青田風四方の時報の響き合ふ
小泉惇子
200209
まつすぐに伸びて青田の道となる
水津亨代
200209
寝しづまる一村青田月夜かな
小野田和世
200209
分蘖の音ひしめけり夜の青田
今谷おさむ
ぐろっけ
200209
蒼天につづく道あり青田風
渡辺智佳
遠嶺
200210
墓経の袈裟にまつはる青田風
田中矢水
遠嶺
200210
口笛の風より早し青田道
大山清
200210
はてしなき空や青田の風に立つ
上原光代
酸漿
200210
越後平野吾に寄せくる青田波
井口初江
酸漿
200210
出勤の車の列よ青田道
大山妙子
酸漿
200210
風はたと止まり青田のむんむんす
西村しげ子
雨月
200210
青田揺れざりがに採りの騒ぐ声
木内美保子
六花
200210
自動車の影が青田に止まりけり
木野本加寿江
火星
200210
銀色の沼の一すぢ青田越し
煙山郷子
200210
青田風ことに蓮田の大揺れす
小西瑞穂
ぐろっけ
200210
青田美し流石に越の米どころ
北村香朗
京鹿子
200211
青田中ゆく銀輪の伝道師
永本純子
200211
郵便車青田の中を駆け行けり
渡辺智佳
遠嶺
200211
想ひ今風と連れ立ち青田越ゆ
田口傳右ヱ門
銀化
200211
青田風鎮守の森を吹き抜くる
鵜飼紫生
雨月
200211
日の落ちて青田切尖揃へけり
佐藤喜孝
青寫眞
200304
地図になき道は青田を抜ける道
稲畑汀子
ホトトギス
200307
見えて来し白亜のホテル青田中
稲畑汀子
ホトトギス
200307
遠くから見て一面の青田かな
稲畑汀子
ホトトギス
200307
風渡り隣の青田つながりぬ
稲畑汀子
ホトトギス
200307
多賀城碑「西」にひらけし青田かな
徳植よう子
200307
まつすぐに観音堂の青田道
祐森省造
雲の峯
200307
青田風連れて入りけり洋食屋
山尾玉藻
火星
200307
方形の青田つづきて湖に果つ
松村富子
200308
家抜けて青田の風に戻りけり
宮津昭彦
200308
青田一枚一枚に水引く力
及川茂登子
対岸
200308
列車過ぐ青田大きくうねらせて
川瀬さとゑ
雲の峯
200308
一軒の藁家に続く青田道
二宮桃代
雨月
200308
月齢のまだ幼くて青田道
村上喜代子
百鳥
200308
青田原見つめておのれ取り戻す
丸山敏幸
200308
千枚田畦より細き青田あり
黒坂紫陽子
馬醉木
200309
青田風起せし鳥の影水面
岡野俊治
遠嶺
200309
青田波遥けきものに目を凝らし
坂本京子
200309
青田風本籍ありし村に入る
奥田弦鬼
風土
200309
青田風寧けし故郷近ければ
大橋敦子
雨月
200309
里寺へ否応なしの青田道
細川コマヱ
雨月
200309
子の墓石青田の風にすくと立ち
細川コマヱ
雨月
200309

 

2014年6月25日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。