青 芒       190句

青芒歴史はさほど遠からず  京極杞陽  花の日

  枯薄  枯尾花    すすき  青芒

作品
作者
掲載誌
掲載年月
深淵を抱くひと叢の青芒 山田弘子 春節 199503
佐比売野光を畳む青芒 山田弘子 春節 199503
夜は夜の光を織りて青芒 山田弘子 春節 199503
青すすき青くさくあり雨上り 鈴木昌平 交響 199807
下流まで水嵩戻り青芒 山田弘子 円虹 199808
青芒その先まぎれなく弔旗 柴田いさを 船団 199812
堀辰雄旧居風立ち青芒 折原あきの 船団 199902
これよりの月日秘めあり青芒 稲畑汀子 ホトトギス 199906
舟棹に雲ひき寄せて青すすき 穴澤光江 花菜風 199907
舌打ちのやがて口笛青芒 小澤克己 遠嶺 199909
手も足も言葉も出せぬ青すすき 丸山佳子 京鹿子 199909
活断層とや青芒波打ちて 佐藤史づ代 雨月 199910
家系図は奥へ奥へと青すすき 三宅やよい 玩具帳 200004
青すすき生命線を奔放に 丸山佳子 京鹿子 200007
廃絶の小室藩墓地青芒 松崎鉄之介 200008
風湧きて雀を放つ青芒 皆川盤水 春耕 200009
古刀見て湧く雄ごころや青芒 岡田貞峰 馬醉木 200010
山越ゆる道となりゆく青芒 豊田都峰 京鹿子 200010
目の痛み覚えてをりぬ青芒 鳴海清美 六花 200010
裾野はや風呼ぶ丈の青芒 谷和子 200011
青すすき天衣無縫の風棲みぬ しおやきみこ 船団 200102
青芒どかと活けたる定食屋 柳未央 いろり 200107
笑わしに来たはず雨の青芒 ロツキイ 六花 200107
海鵜また日なかを飛べり青芒 澤本三乗 200108
青芒掴みて前へ進みけり 大倉郁子 船団 200108
以心とは風を渡せる青芒 村上瑪論 銀化 200108
果てしなき越後平野の青芒 芳賀雅子 航跡 200108
亀の型の胴のお馬の青芒 松崎鉄之介 200110
風一波軽くあしらひ青芒 泉田秋硯 200111
風工房圍みていまだ青芒 中原道夫 銀化 200112
山脈やまなみの風吾がものと青芒 長谷川登美 ぐろっけ 200112
二の丸の裾立ち上る青すすき 伊藤翠 船団 200201
その若さ昔の我か青芒 林翔 200208
唄は世に連れ世は唄にああ青芒 林翔 200208
一瞬の禾が刃となる青芒 宮脇ちづる 200209
青すすき・葦青きもの潔し 鷹羽狩行 200209
しきりなる獣の匂ひ青すすき 大谷茂 遠嶺 200209
少年の辞儀のすがしさ青芒 毛利慶子 200210
青すすきさはらぬ神に崇りなし 佐藤香女 京鹿子 200212
青芒演習の砲轟けり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200306
青芒稜線に日を集めつつ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200306
青芒介護保険の通知かな 相馬芳子 帆船 200308
青芒少年騎手を目指しをり 高柳かつを 百鳥 200308
青芒一句の透けて見ゆるまで 曷川克 遠嶺 200309
笛吹川二筋となり青芒 加藤富美子 200310
釣竿のわづかに見えて青すすき 鈴掛穂 200310
釣人の高さに揺るる青芒 小池槙女 火星 200310
賢しらの子等の議論や青芒 東野鈴子 雨月 200310
青芒二の腕にあるかすり傷 長谷川守可 百鳥 200310
青芒生けて風ある金屏風 内田哀而 円虹 200310
口笛を遠くへ運ぶ青芒 小林朱夏 200310
青芒岐れはいつも山の辺へ 豊田都峰 京鹿子 200310
青芒十メートルの透明度 藤田さち子 対岸 200310
青芒縦一列にペダル踏む 水野リヱ 帆船 200310
練兵場跡茫々と青芒 加藤サヨ子 築港 200310
青芒志野のうつはに活けにけり 水田清子 200310
白銀の雨に濡れをる青芒 水田清子 200310
さやさやと風の声聞く青芒 西村やすし ホトトギス 200311
受け流すことまだ知らず青芒 舩越美喜 京鹿子 200312
石積みの七曲りダム青芒 上原口チヱ ぐろっけ 200312
すすき野に南国の空青く澄む 栢森定男 風よ 200407
雨筋に雨の降りこむ青すすき 岡本眸 200408
青芒まだ揺るること覚えざる 塩川雄三 築港 200408
青芒空のつづきに父の墓 橋口礼子 河鹿 200408
青芒突き抜ける穴石にあり 今瀬剛一 対岸 200408
子育ては褒めて育てよ青芒 杉山誠市 春燈 200409
近道を許さぬ構へ青芒 岡崎伸 200409
四方より風の音する青芒 藤森万里子 百鳥 200409
五合庵を掲げましたと青芒 高畠陽子 河鹿 200410
寝転ぶや穂高の迫る青芒 宮崎裕子 春燈 200410
曲家の屋根へ松の木青芒 加藤二三子 帆船 200410
見渡せば風に自在の青芒 大山妙子 酸漿 200411
日輪のまろびゆくなり青芒 内藤ゑつ ゑつ 200411
青芒一もと組みて仏花かな 滝川あい子 雨月 200412
少年のごと青芒直立す 滝川あい子 雨月 200412
一ノ谷二ノ谷風の青芒 堀井英子 雨月 200509
青芒渡りし風の迷ひをり 米屋道子 200509
市になつてどんなお気もち青芒 丸山佳子 京鹿子 200509
青芒亡き弟の詩の一行 田中敬子 百鳥 200510
海よりの雨脚つよし青芒 鹿野佳子 200510
青芒手折れば遠き海の音 戸村よねこ 遠き海 200602
もつれずに葉と葉きりあふ青芒 田口たつお ぐろっけ 200602
言葉には刺す危うさも青芒 平野きぬ子 八千草 200602
響き来る潮騒月の青すすき 平山風鳥 河鹿 200608
母逝くや雨足太き青すすき 平山風鳥 河鹿 200608
纜の輪がばさと来る青すすき 平山風鳥 河鹿 200608
青すすき山家貧しき灯を洩らす 平山勝子 河鹿 200608
ひと切つて括られにけり青芒 久本久美子 春燈 200609
四五日は青しとおもふ青芒 青山丈 200609
青芒一筋残すけもの道 島田山流 春燈 200610
青芒青春永久に猛々し 島田山流 春燈 200610
岬への腕のふり巾あをすすき 吉田明子 200610
青芒原の中より水音して 中島知恵子 雨月 200611
青芒雨来るまへの風匂ふ 高橋千美 京鹿子 200612
青芒師から得しもの胸中に 松林順子 雨月 200612
さらさらと野風が揺する青芒 木内美保子 六甲 200612
青芒砲声響く富士裾野 稲畑廣太郎 ホトトギス 200707
湿原は人を拒みて青芒 稲畑廣太郎 ホトトギス 200707
あや芒青々として凛として 稲畑汀子 ホトトギス 200707
野ざらしの壷ならびをり青芒 久保東海司 200709
伏せ舟を匿つてゐる青芒 飛山ますみ 遠嶺 200709
青芒風の自由を受けとめし 嶋田一歩 ホトトギス 200710
青芒けふ吐く息の潔くあり 神蔵器 風土 200710
青芒ゆつくり回る水車かな 安永圭子 風土 200711
青芒原には風も日も過客 稲畑汀子 ホトトギス 200806
透明になるまで歩く青芒 須田紅三郎 200807
口笛に応へて戦ぐ青芒 田中峰雪 雨月 200809
風迷ふほどにはあらず青芒 橋本くに彦 ホトトギス 200811
見廻してみて我一人青芒 上崎暮潮 ホトトギス 200811
人打つにほどよき重さ青芒 前田貴美子 万象 200812
父親の二番砥石や青芒 三角千栄子 炎環 200909
淀川のここは奔流青芒 安達風越 雨月 200909
深井戸に抜け穴のあり青芒 田中藤穂 あを 200909
茅葺の屋根に宿れる青芒 青木陽子 酸漿 200909
故郷や青きすすきの径を行く 笹井康夫 200910
青すすき漢が意地を見せてをり 小澤克己 遠嶺 200910
生きかはるなら一本の青すすき 増田守 炎環 200910
青すすき地図なき道を行きにけり 海村禮子 春燈 200912
煙る沖揺れの揃はぬ青芒 長谷川友子 春燈 201009
青すすきゆふぐれ熱き雲を追ひ 梶浦玲良子 六花 201009
ポケットのない服を着て青芒 定梶じょう あを 201009
脱藩の道はろばろと青芒 片岡久美子 201010
電車道風生れけり青芒 兼子栄子 酸奬 201012
青芒雨寄せつけぬ勢ひかな 小山繁子 春燈 201109
大袈裟な子の包帯や青すすき 柴田志津子 201109
青すすき遊びは鬼で黄昏るる 丸井巴水 京鹿子 201110
水音の途切れぬみ寺青芒 三枝正子 万象 201110
青芒二十歳の頃の影を踏む 鶴濱節子 始祖鳥 201206
青芒命の勢ひとどまらず 稻畑汀子 ホトトギス 201206
高原の風をとどめぬ青芒 稻畑汀子 ホトトギス 201206
対岸に煌めく灯し青芒 宮崎きみ枝 201207
四阿を風吹き抜けて青芒 岡野里子 末黒野 201208
葉おもてに白線とほる青芒 佐藤喜仙 かさね 201210
城攻めの秘策を練るや青芒 前田美恵子 201210
義仲と並びし芭蕉青芒 江見巌 六花 201210
青芒大陸臨む能登の果 中井登喜子 201211
開け放つ菩薩に谷戸の青芒 落合絹代 雨月 201212
高原の風を絡むる青芒 安斎久英 末黒野 201310
湖よりの風のさざなみ青芒 岡野里子 末黒野 201310
潜むには足らざる丈の青芒 能村研三 201310
穂の出でて鳥の休らふ青芒 村高卯 201311
青芒ボール拾ひの子に触るる 吉村摂護 201312
夕風や絹の手ざわり青すすき 金田けいし ろんど 201312
風抜くる松下村塾青芒 片岡久美子 201410
小流れに雨のまじりて青すすき 古川夏子 201410
青芒人来れば出る渡し舟 山口ひろよ 201410
見えて降る雨となりけり青芒 今村征一 ホトトギス 201411
青芒の花穂を見ずに逝き給ふ 山崎稔子 末黒野 201411
山風の荒きを集め青芒 青野安佐子 201411
青芒つんつん靡く日はいつに 稲畑汀子 ホトトギス 201506
切つ先に弱み見せたる青芒 和田政子 201507
青すすき靡く事など未だ知らず 久染康子 201509
ゆるやかに風の生まるる青芒 奥野初枝 万象 201509
青薄予報どおりの雨となる 高田令子 201510
古着屋に風の遊びし青薄 大日向幸江 あを 201510
頂へ道一本や青すすき 安斎久英 末黒野 201511
青すすき風に指揮棒ある如く 早川八重子 末黒野 201511
天上に水音のあり青薄 古川夏子 201512
青芒ゆつくり動く雨後の山 伊藤通明 201603
青芒靡く姿の見えそめし 稲畑汀子 ホトトギス 201606
堰を切り鳴咽のひろぐ青芒 元橋孝之 京鹿子 201610
百歳をしなやかに生き青芒 森川絢子 京鹿子 201701
山彦は山にとどまり青芒 戸栗末廣 201612
ざわざわと風切る音や青芒 高橋正江 末黒野 201709
傷口を見せぬ男の子や青芒 布施政 馬醉木 201710
さざなみの豊かに生るる青芒 藤生不二男 六花 201710
青芒極上の風わたりけり 祐宗千代子 雨月 201710
青芒たつきの水へ開きけり 岡田桃子 201712
信じたる人の迷走青すすき 西村滋子 京鹿子 201801
湧水の精が宿るよ青すすき 松尾龍之介 201712
近道の子の丈隠る青芒 佐津のぼる 六花 201809
御殿坂上りて寺の青すすき 齋藤朋子 六花 201810
青芒風の起伏の生まれけり 森清堯 末黒野 201810
青芒一本をわが旅情とす 岩岡中正 ホトトギス 201811
青芒風に切つ先研いでをり 谷田明日香 風土 201901
無造作に活けて風呼ぶ青芒 田所節子 201907
埋つくす坑道口は青芒 出利葉孝 201908
青芒奔放に活け高座かな 種山啓子 201910
折り取りてまだ穂を解かず青芒 熊岡俊子 雨月 201910
青薄切りし傷みの懐かしく 石川東児 201912
枯れても枯れても諦らめられぬ青芒 高木晶子 京鹿子 201912
一団のふいと消えたる青芒 浅田光代 風土 202009
青芒母の腕よりかすり傷 江見巌 六花 202010
父の人生たび辿る鉄路や青芒 田中信行 202011
選ばれて一夜の宴青芒 高木晶子 京鹿子 202101
平凡な月日尊し青芒 稲畑汀子 ホトトギス 202106
青芒阿るものは遠ざくる 里村梨邨 202109
風を待つ静けさのあり青芒 森田節子 風土 202109
切岸へ波立ち上がり青芒 岡野里子 末黒野 202111
川風に揺れて向きかへ青芒 岡美智子 末黒野 202204

 

2022年6月17日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。