秋の蛇    81句

秋の蛇またいで谷戸はゆきどまり   鎌倉喜久恵

 蛇出づ 青大将  蛇穴に入る  秋の蛇 穴惑い

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
秋の蛇川渡る音だしにけり 皆川盤水 春耕 199811  
秋の蛇湯殿に見しは語られぬ 吉田呉天 風土 199812  
お弥山の胎内に入る秋の蛇 井田実代子 雨月 199901  
水に乗る尾にまだ力秋の蛇 晏梛みや子 200001  
満池谷墓地広々と秋の蛇 稲畑廣太郎 ホトトギス 200009  
秋の蛇崩れかけたる野面積 春田淳子 俳句通信 200011  
かさとゐてかさかさと消ゆ秋の蛇 晏梛みや子 200012  
来し道をそのまま返す秋の蛇 大久保廣子 火星 200101  
白刃の光るを見たり秋の蛇 塩貝朱千 京鹿子 200103  
秋の蛇ゐると騒がし女人講 皆川盤水 春耕 200110  
走り根を越えてゆきけり秋の蛇 吉田島江 火星 200112  
石垣を隈無く舐めて秋の蛇 水谷ひさえ 六花 200210  
秋の蛇老人会に囲まるる 関章子 百鳥 200212  
考への行き暮れてをり秋の蛇 石原歌織 銀化 200212  
一筋のしろがねの道秋の蛇 加藤みき 200311  
秋の蛇波広げつつ泳ぎ来る 岡本明美 雲の峰 200311  
水銀のごとく消えゆく秋の蛇 若山実 雲の峰 200311  
青空を濁さぬやうに秋の蛇 山尾玉藻 火星 200312  
裏口も穏やかならず秋の蛇 舩越美喜 京鹿子 200401  
墜ちてゆく身のくねらせて秋の蛇 北崎珍漢 草の花 200401  
秋の蛇雑木の山へもどりけり 岬雪夫 200408  
秋の蛇うしろへ続くものもなく 宇都宮滴水 京鹿子 200410  
秋の蛇あたまのはうが見えてをり 木下野生 200412  
ハングリーな秋蛇打たれアングリー 荻野千枝 京鹿子 200412  
管玉の青きかなたに秋の蛇 柴田佐知子 200511 宗像大社・神宝殿
秋の蛇あつたかいよと差し出され 戸田和子 200512  
草叢へ光ひきずり秋の蛇 工藤ミネ子 風土 200512  
囲まれて鱗たたせり秋の蛇 遠野萌 200602  
蛇の秋草をけぶらす音すなり 中山純子 万象 200612  
竹の寺出でて何処へ秋の蛇 福田雅子 万象 200702  
おのが斑に洩れ日重ねて秋の蛇 山仲英子 200709  
花を摘むいま秋蛇の触れゆくを 布川直幸 200712  
合点ゆくまで尾を晒し秋の蛇 齋藤厚子 200712  
秋の蛇なぞへに絡み合ひにけり 松井倫子 火星 200801  
瞳も舌も力あまして秋の蛇 関根洋子 風土 200801  
泣き顔の通じぬ相手秋の蛇 あさなが捷 200811  
山路に赤きとぐろの秋の蛇 滝沢伊代次 万象 200812  
一心不乱いそぐ長身秋の蛇 上原重一 200911  
ふと消えて日だまり残す秋の蛇 藤岡紫水 京鹿子 200912  
積み上げし薪に日当る秋の蛇 渡邊美保 火星 200912  
伊吹山の三角点を秋の蛇 丸山照子 火星 201001  
くねりたるままに轢かれて秋の蛇 大島英昭 やぶれ傘 201001  
水を出て水に入りたり秋の蛇 宇都宮敦子 201002  
神域の庭はばからず秋の蛇 岩永はるみ 春燈 201002  
尾に頭かさねてねむる秋の蛇 田中道江 万象 201002  
くねりたるままに礫かれて秋の蛇 大島英昭 やぶれ傘 201002  
シュルシュルと行く手横切る秋の蛇 佐藤静子 やぶれ傘 201002  
荒魂よりたまはりし秋の蛇 堀江惠子 201002  
妙齢といふがありけり秋の蛇 塩路隆子 201011  
悪役に徹し切れない秋の蛇 矢口笑子 春燈 201011  
秋の蛇囃太鼓を遠くにす 戸栗末廣 火星 201012  
鉄色のぬるき湯にをり秋の蛇 竹内悦子 201101  
赤松の下は根の国秋の蛇 冨松寛子 201101  
細長い闇をおもへり秋の蛇 竹内弘子 あを 201110  
切せつと蛙を鳴かせ秋の蛇 内山タエ 末黒野 201112  
日の当たる山を見てゐる秋の蛇 川端俊雄 火星 201112  
秋の蛇家を離れてゆきにけり 小林輝子 風土 201112  
猛禽の掴み去りたる秋の蛇 小林朱夏 201204  
だんだんと道細くなる秋の蛇 戸栗末廣 201211  
年配の跳び越えてゆく秋の蛇 安藤久美子 やぶれ傘 201212  
昼下がり農道を急く秋の蛇 仁平則子 201212  
曲水のなごり庭園秋の蛇 片岡久美子 201301  
動かねば鋼の如き秋の蛇 柴田志津子 201212  
波打ちて走り根越ゆる秋の蛇 あさなが捷 201411  
ほこほこと光を舐めて秋の蛇 近藤喜子 201411  
一の蔵空二の蔵に秋の蛇 橋本榮治 馬醉木 201412  
沼べりのくまなく晴るる秋の蛇 蘭定かず子 火星 201412  
一丁羅のうろこ錆びゆく秋の蛇 村田岳洋 ろんど 201501  
棒切れに間違へられし秋の蛇 村田岳浄 ろんど 201502  
半身をこの世に垂らし秋の蛇 戸栗末廣 201503  
ひかる石拾ひて秋の蛇を撲つ 竹内弘子 あを 201511  
秋の蛇ジュラ紀の森へ入りにけり 岩月優美子 201512  
秋の蛇水の光の中に消ゆ 高倉和子 201601  
目印に天守閣あり秋の蛇 戸栗末廣 201601  
磐座に目覚め勝ちなる秋の蛇(へみ) 高橋龍 201602  
風音は水辺を走り秋の蛇 戸栗末廣 201701  
雨のあと長くなりたる秋の蛇 苑実耶 201704  
身を細う細うして秋の蛇なりき 中川句寿夫 ここのもん 201705  
迷界を行きつ戻りつ秋の蛇 岩月優美子 201711  
かさねたる遠のく秋の蛇の背に 佐藤喜孝 あを 201712  
山城の森はもつこり秋の蛇 萩原渓人 やぶれ傘 201902  

 

2019年9月6日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。