春 光 5       50句

春光の余白に置かれ父の椅子   野木桃花   歳時記(産調出版)

春光  春望  春色  春の色  春の光

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
春光に映えて真紅のまり子かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201604  
葭干して湖の春光漲れる 服部鹿頭矢 馬醉木 201605  
春光吸収ゆりかごとなる甘藻 楠原幹子 201605  
なかんづく春光稚魚に集まれり 宮内とし子 201605  
春光の泡の筋なす作り滝 田所節子 201605  
春光の町掻き混ぜるちんどん屋 佐藤惠子 風土 201605  
春光を光背として観世音 山本則男 201605  
春光を一閃川鵜すなどりぬ 小川玉泉 末黒野 201605  
春光や春日造りの屋根の千木 佐藤信子 春燈 201605  
春光の白砂を踏んでをりにける 中貞子 201605  
春光のかけらをふくみ口甘し 有松洋子 201605  
磨かれて春光弾く厨かな 辻田玲子 雨月 201605  
春光のひとりの祈りさざ波す 吉田順子 201606  
弁当の箸春光を二つ割 林昭太郎 201606  
春光やすつくと伸びし孫の四肢 吉田とよ子 春燈 201606  
花園の春光を浴び握り飯 小川玉泉 末黒野 201606  
春光の森や狸の居候 田中臥石 末黒野 201606  
春光のあまねし加賀の城下町 柳澤宗正 万象 201607  
春光を撥ねフラミンゴ脚たたむ 北村千代子 雨月 201607  
春光やすぐ向き変ふる稚魚の群 森清信子 末黒野 201607  
春光は人の心を操れり 江島照美 201607  
春光や名立たる画家の天井画 谷貝美世 末黒野 201608  
春光を弾き釣竿撓みけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201702  
春光の粒となる鳥湖を捨つ 丸井巴水 京鹿子 201704  
式年の杜に春光ホール建つ 能村研三 201704

八幡市民

会館落慶

春光や寄りて何の木博打の木 小沼ゑみ子 末黒野 201704  
春光をパネルに人形踊り出す 甕秀麿 201705  
レオタード着て春光を手に掬ひ 岡本敬子 万象 201705  
春光の玉と転がる水の上 高倉和子 201705  
ホップステップ春光へ脚しなふ 諸岡和子 201705  
春光の小さくほどけて万華鏡 栗山みどり 201705  
眼鏡替へ四方八方景色春光る 長谷仁子 春燈 201705  
春光をからめて暗し杉木立 吉田きみえ 末黒野 201705  
窓硝子拭く春光を透かしつつ 岡淑子 雨月 201706  
春光に槍ヶ岳は穂先をととのふる 佐藤貞子 雨月 201706  
春光や絵硝子に咲く紅き花 斉藤マキ子 末黒野 201706  
春光のせせらぎの音風の音 岡野里子 末黒野 201706  
春光の渦にくづるる大鳴門 笹村政子 六花 201706  
空狭しビル春光の乱反射 藤代康明 201706  
春光や翳す指間の透けてをり 今井充子 201706  
春光や路傍の石の形よく 岩田洋子 201706  
春光に手庇し欲しき磧かな 吉田順子 201706  
春光をつつぱね動く水面かな 橋本くに彦 ホトトギス 201707  
春光に呵々たり草も木も花も 善野烺 六花 201707  
餌取られ針先春光釣つてをり 橋本くに彦 ホトトギス 201708  
春光のベンチが待つてをりし園 安原葉 ホトトギス 201708  
春光は人の心を操れり 江島照美 201708  
春光や壁画の浄土薄れしも 河原敬子 201708  
春光に躍りはじめし虫柱 竹下陶子 ホトトギス 201709  
春光の鳥居神狐の見通す眼 本郷公子 京鹿子 201801 春光→ 1

 

2020年3月18日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。