春 色       21句

春色の蘇りつゝ雲過ぐる    高浜虚子

春光  春望  春色  春の色  春の光

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
カレンダーの春色になる子供部屋 宮崎千恵子 帆船 200405  
春色の兵庫大仏うひうひし 志方章子 六花 200407  
春なれば春色の服みなと町 林裕美子 六花 200407  
帝釈天春色染みて「火宅の図」 川越静子 200508  
晒されて春色出でし蔓細工 百瀬七生子 海光 200705  
乾燥機の窓に春色をどりけり 鎌倉喜久恵 あを 200804  
春色のショールふはりと空へ廻はす 和田照子 200907  
春色を鏤めてゐる樹間かな 鈴木勢津子 樹間 200911  
春色の爪愛想よく梳る 長崎桂子 あを 201005  
春色に変はりゆく日々ウォーキング 増田一代 201205  
大あくびを噛んで春色感じけり 上村光八 末黒野 201206  
春色の上着が似合ふコンシェルジュ 増田一代 201306  
春色といひて足早なりし色 後藤立夫 ホトトギス 201307  
春色の流行りルージュや星いくつ 森下康子 201404  
レリーフをめぐらせ春色ドームかな 細川洋子 201406 東京駅
春色の袈裟初初し若き僧 仁平則子 201406  
春色のものの音にもありしこと 後藤立夫 ホトトギス 201506  
春色の汽車を乗り継ぎいま此処に 小嶋洋子 201605  
ジャズ流れ春色のせて白い皿 笹村恵美子 201806  
春色に変へる魔術師森の精 竹中一花 201905  
段々と春色浴ぶる走り根や 安立公彦 春燈 201906  

 

 

2020年4月13日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。