落 葉 4     100句

漢江へ掃き落す日々の落葉かな      朴魯植

朴落葉 柿落葉 桜落葉 銀杏落葉   松落葉

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
杣径の落葉を踏めば獣めく 田中呑舟 火星 200202  
公園の落葉焚きなりそこかしこ 大平保子 いろり 200202  
落葉踏む音リズミカルに夫帰宅 桑原敏枝 いろり 200202  
落葉踏み向ふ季節に思ひ入る 林田加杜子 いろり 200202  
落葉掃くこのまま腰の曲がるやう 桑原敏枝 いろり 200202  
煉瓦道落葉の色も煉瓦色 鎌田俊雄 いろり 200202  
いづこより来たる落葉か庭に舞う 原絹江 いろり 200202  
落葉掃く音禅林の裏手より 高橋さえ子 200202  
踏むほどに土の匂ひの夕落葉 木内憲子 200202  
朝参りオツハーオツハー落葉ふみ 丸山佳子 京鹿子 200202  
陽の落葉はたりと記憶うら返す 森茉明 京鹿子 200202  
踏みしめる落葉昨日の谺聞く 城石美津子 京鹿子 200202  
落葉踏むひとりドナウの川ほとり 鈴木多枝子 あを 200202  
落葉踏むふる里の香に会ひたくて 志方章子 六花 200202  
腰痛を忘れてをりぬ落葉掻 岡本幸枝 ぐろっけ 200202  
落ち葉掻き七つ道具と云ふを下ぐ 原茂美 雲の峰 200202  
留学の孤独癒せり落葉焚 泉田秋硯 200203  
雨後の日に反り返りゆく落葉かな 加藤あけみ 円虹 200203  
落葉焚く佛も人も煙らせて 赤井よしを 円虹 200203  
立子の句ふと口に出で落葉径 近藤きくえ 200203  
龍神の金銀瑠璃の落葉かな 竹中一花 200203  
落葉踏むお伽の国の靴音す 高島鷄子 馬醉木 200203  
黒猫の離れて座る落葉焚 川端和子 遠嶺 200203  
罅走る落葉の径に踏み入りて 吉村春風子 遠嶺 200203  
美術館落葉の嵩の夕明かり 水野あき子 遠嶺 200203  
落葉掃き風に境界無かりけり 神山喜美代 遠嶺 200203  
落葉やさし一番後を歩きつつ 神山喜美代 遠嶺 200203  
落葉掃き青空市の始まりぬ 大曽根育代 遠嶺 200203  
体温と同じになるまで落葉径 いしだゆか 遠嶺 200203  
回転扉押して落葉の風に佇つ 清水晃子 遠嶺 200203  
いつとなく心をこめて踏む落葉 阿部ひろし 酸漿 200203  
瀬に乗せる落葉こぼせり山の木々 増田八重 酸漿 200203  
落葉掃湖畔の風に逆はず 関戸国子 酸漿 200203  
何処からか煮物の匂ふ落葉掃き 関戸国子 酸漿 200203  
落葉焚く明るき性は母ゆづり 関薫子 百鳥 200203  
楽器屋へ落葉しづかに踏みてゆく 大村孝 百鳥 200203  
山路来て落葉の嵩の深くなる 伯井茂 春耕 200203  
吹きたまる欅落葉の匂ひけり 鰍澤真佐子 春耕 200203  
透き袋お菓子のような落葉詰め 西村咲子 六花 200203  
軽やかに落葉追ひ越しきたりけり 志方章子 六花 200203  
祢宜の妻ほうき投げ出す落葉雨 浜麻衣子 六花 200203  
落葉の少女ノートに何か書いては抱き 岡本眸 200203  
落葉とは舞ふもの波はをどるもの 鹿野佳子 200203  
木立より人現れて落葉色 若菜純子 200203  
交番や落葉まみれの交差点 若菜純子 200203  
その中の赤き落葉を犬が嗅ぐ 木内憲子 200203  
踏みふみて落葉に飽きることもなし 木内憲子 200203  
降りだして道に落葉と何かの鍵 公山礼子 200203  
落葉して棗は人を拒むごと 小澤スミエ 200203  
旅支度成りて落葉を全部掃く 嶋田摩耶子 ホトトギス 200204  
落葉してまた幽谷となる秘境 辻口静夫 ホトトギス 200204  
壁紙の落葉明るきEメール 邑橋淑子 遠嶺 200204  
日のぬくみのこる落葉や良弁忌 中村風信子 馬醉木 200204  
落葉踏む小犬真白くまんまるく 関薫子 百鳥 200204  
掃き寄せし落葉巻上げつむじ風 中井久子 雨月 200204  
軽さうに掻いて落葉の嵩となる 佐保美千子 円虹 200204  
森抜ける落葉の量を音にして 松本鷹根 京鹿子 200204  
落葉敷く去来の墓は一平米 勝野薫 ぐろっけ 200204  
奉納の力士溜りの深落葉 金田美恵子 ぐろっけ 200204  
謡曲の「松風」の庭落葉焚く 川合正男 ぐろっけ 200204  
落葉掃く宮居の杜の音澄みて 安部美和子 ぐろっけ 200204  
またどこか落葉焚く香の信濃かな 出原博明 円虹 200205  
落葉道ダックスフント埋りゆく 小西瑞穂 ぐろっけ 200205  
うす紅の落葉の標彼岸道 金澤明子 火星 200206  
東京の落葉見てゐるロビーかな 戸栗末廣 火星 200207  
積もりたる落葉の下のほてりかな 加藤みき 200207  
うづ高く積まれて何の落葉かな 宮原みさを 花月亭 200208  
子の踏みし落葉たづねる如く踏む 藤井勢津子 200209  
かぐはしや雨後の落葉を踏む山路 稲畑汀子 ホトトギス 200211  
残したき落葉掃きたき落葉かな 稲畑汀子 ホトトギス 200211  
掃きしあと落葉の庭となるはすぐ 稲畑汀子 ホトトギス 200211  
尾根越えてそこより落葉しぐれかな 稲畑汀子 ホトトギス 200211  
落葉散る路を踏分け蛇穴に 栢森定男 あを 200211  
庭中の落葉の嵩を焚くことに 稲畑汀子 ホトトギス 200212  
オランダ坂胸突き坂も落葉中 今瀬剛一 対岸 200212  
制服の爺さん落葉拾ひけり 稲畑廣太郎 円虹 200301  
落葉どき礫となりて雀飛び 宮津昭彦 200301  
落葉籠二人の声の他はせず 村越化石 200301  
はり付きし落葉の上を水奔る 佐々木咲子 百鳥 200301  
馥郁と落葉の匂ふ日のありき 足立典子 雨月 200301  
病む友を見舞ふに落葉堆し 宮本俊子 雨月 200301  
散り敷きし紅葉落葉は掃かぬまま 瀧梢 雨月 200301  
落葉蹴る所詮は無駄なことをして 塩川雄三 築港 200301  
それぞれの黙すれちがふ夜の落葉 亀田憲壱 銀化 200301  
落葉踏む焼米さがし城の跡 木村幸子 帆船 200301  
野仏はからまつ落葉の吹き寄せに 能村研三 200301  
落葉掻鵙が親しく寄り来る 八木岡博江 酸漿 200301  
落葉掃く朝の嫗の笑顔かな 白石秀雄 酸漿 200301  
耕二忌や落葉尽くせし樹々に声 渡邊千枝子 馬醉木 200302  
残されし齢ぞ知らね踏む落葉 和田祥子 馬醉木 200302  
鶲をり落葉踏む音ためらへる 和田祥子 馬醉木 200302  
人枡は落葉だまりや城のあと 和田祥子 馬醉木 200302  
落葉にも鱒ひるがへる虹見せて 手島靖一 馬醉木 200302  
目瞑れば瀬音風音落葉の香 手島靖一 馬醉木 200302  
マイペース崩さぬ音や落葉掻 泉田秋硯 200302  
落葉踏む忍びの音と思ひつつ 泉田秋硯 200302  
思ひ出を集め生家の落葉焚 鈴木照子 200302  
地を染むる百彩落葉踏むは惜し 石岡祐子 200302  
落葉焚くひとに逢ひけり安寿塚 高根照子 200302  
落葉する庭園喫茶一人居り 加賀富美江 遠嶺 200302 落葉 5

2014年11月20日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。