桜落葉     34句

踏みてゆく桜ばかりの落葉かな    野村喜舟

落葉 朴落葉 柿落葉 銀杏落葉

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
利き腕の冷えくる桜落葉踏む 前田陶代子 199901  
はえぬきの桜落葉としてもどる 柿原金米 船団 199903  
桜落葉メモの余白のさざなみに 田口満代子 海程 199909  
桜落葉嵩なしてゐる兵舎跡 皆川盤水 春耕 200101  
桜落葉もぐらの穴の塞ぎをり 皆川盤水 春耕 200112  
蜘蛛の囲に桜落葉がぶら下る 栢森定男 あを 200210  
掃きしあと桜落葉のすぐ舞へり 荒井正隆 200302  
桜落葉日毎綾なす並木道 加藤サヨ子 築港 200401  
桜落葉蛙合戦の池を埋め 松崎鉄之介 200401  
納骨へ桜落葉の坂くだる 宮津昭彦 200401  
落葉せし櫻の梢の昼の月 塩谷はつ枝 馬醉木 200402  
散らばれるままに桜の初落葉 辻恵美子 栴檀 200411  
落葉して桜大樹にあるねぢれ 古宇田敬子 対岸 200501  
踏み込みし桜落葉のかをりかな 三井公子 酸漿 200601  
桜木の隙なき構へ落葉後 山村修 酸漿 200602  
どつと散る桜落葉の匂ふなり 清水裕子 200702  
発心にさくら落葉の紅残し 中野京子 200703  
渡し舟桜落葉を踏みて待つ 小林正史 200703  
人恋へば肩うつ桜落葉かな 早川紀子 200403  
嵩を掃く桜落葉に蔦落葉 北村香朗 京鹿子 200704  
発心にさくら落葉の紅残し 中野京子 翁草 200710  
土手に立ち櫻落葉を囃しをり 小澤克己 遠嶺 200902  
いつの間に桜紅葉の落葉して 稲畑汀子 ホトトギス 200910  
桜落葉なぜかゆっくり踏みしめる 森山のりこ あを 201001  
桜落葉拾ひたくなる色ばかり 平田恵美子 ぐろっけ 201003  
雨過ぎて桜落葉の香りけり 高田令子 201102  
桜落葉吹き立ててをり芝刈機 永田二三子 酸漿 201103  
ややとならびさくら落葉を踏むきびす 吉弘恭子 あを 201108  
桜の樹あと幾年や落葉掃き 大西ユリ子 ぐろっけ 201201  
午後二時の光に桜落葉照る 高田令子 201203  
参道にさくら落葉や釈迦如来 布施まさ子 風土 201402  
走り根を桜落葉の埋めつくし 渡邉孝彦 やぶれ傘 201404  
まだ赤き桜落葉を集めけり 鈴木阿久 201502  
幾重にも桜落葉が車庫の屋根 瀬島洒望 やぶれ傘 201701  

 

2018年11月30日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。