4  99句

木曽節は山へぶつけて踊るかな   高島茂   冬日

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
しづしづと闇に溶けゆく踊かな 本村照香 ホトトギス 200412  
墓山に月を呼び出す踊かな 岩垣子鹿 ホトトギス 200412  
よく踊るやや小肥りのよかりける 岩垣子鹿 ホトトギス 200412  
コンパスのごと立つ踊櫓なる 岩垣子鹿 ホトトギス 200412  
思はざる人の踊の巧みなる 白石昌弘 ホトトギス 200412  
どつと乗る踊子連の一列車 岡村尚風 ホトトギス 200412  
踊待つ前奏曲の長かりし 岡村尚風 ホトトギス 200412  
田仕事のしぐさ雅ぶる踊りかな 小山徳夫 遠嶺 200412  
踊り了へし漢の握手暁の風 小山徳夫 遠嶺 200412  
踊うたかけてさびしき太鼓かな 渡辺隆 遠嶺 200412  
水色の國に妣棲み踊りの輪 伊藤希眸 京鹿子 200412  
踊子の帯に風の字染め抜きて 林典子 雨月 200412  
もう踊ることは叶はず見る阿呆 武友朋子 200412  
くらがりに戦没慰霊碑踊の輪 岡本眸 200412  
本尊を背にして踊り見るばかり 吉本昭子 ぐろっけ 200412  
踊手も太鼓を打つもみな白髪 吉本昭子 ぐろっけ 200412  
踊笠かぶれば浮かれ心あり 荻江寿友 ホトトギス 200501  
人恋の角度に結ひし踊笠 後藤比奈夫 ホトトギス 200501  
風通しよげに八尾の踊笠 後藤比奈夫 ホトトギス 200501  
山を撫で川に掬ひて踊の手 河内桜人 京鹿子 200501  
いくたびも魂を掬ひて踊りける 河内桜人 京鹿子 200501  
パレードのおはら祭の踊りの手 沼口蓬風 河鹿 200502  
踊り子のほそ腰揺るる山鹿灯籠 原田竜子 河鹿 200502  
日本の臍で踊つてをりにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200502  
踊り待つ言問だんごぶら下げて 井原ミチ 万象 200502  
輪をなさぬ踊に太鼓打ち始む 石井道則 築港 200502  
踊の輪灯に伸び切つてをりにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200507  
あの人の魂も来て踊の輪 稲畑廣太郎 ホトトギス 200507  
野山静まりシヴァ神の踊かな 高橋将夫 星の渦 200507  
踊る輪の更けていよいよふくらめり 鷹羽狩行 200508  
踊船三度来て鵜川昏れにけり 辻恵美子 栴檀 200508  
漁夫の足泣き砂はやしつつ踊る 近藤貞子 六花 200508  
噴水の影も光と踊るなり 阿部敬子 百鳥 200509  
踊る妻と視線が合へりとまどへり 吉田かずや 春燈 200510  
阿呆とは言はれたくなし踊りゐて 塩川雄三 築港 200510  
踊いま佳境に入りて他を見ず 塩川雄三 築港 200510  
飛入りですぐに踊の輪に馴染む 塩川雄三 築港 200510 八尾常光寺盆踊
踊りゐるすべてのことを放棄して 塩川雄三 築港 200510 八尾常光寺盆踊
腕白も祖母真似入る踊の輪 大関とし子 築港 200510  
踊り行く固き舗装路踏みつづけ 小澤友江 築港 200510  
子を背負ひ足踏み揃へ踊る輪に 小澤友江 築港 200510  
罷り出し茶釜が踊る飾り山笠 青山悠 200510  
踊る手の波となりまた風となり 山口速 200511  
辻地蔵灯し念仏踊りかな 綱川恵子 万象 200511  
新絹のごとく撓ひて踊るかな 鈴木榮子 春燈 200511  
ずぶ濡れて踊りの中におどり込む 片山タケ子 200511  
コスチュームで踊るサンバで会場揺れ 宇田紀代 200511  
サンバにて踊れり街の道も狭に 宇田紀代 200511  
暮れてより潮引きはじむ踊かな 松たかし 火星 200511  
鹿踊跳んで秋風定まれり 栗城静子 200511  
灯台の灯の見えてゐる踊かな 鈴木綾子 百鳥 200511  
踊櫓百姓一揆の碑の前に 中島小美 栴檀 200511  
踊の輪くづれて峡の月のぼる 山本喜朗 雨月 200511  
尼さまも踊る剃りたてつむりにて 池上和子 築港 200511  
観月祭住吉踊童女跳ね 河井史 築港 200511  
先頭も末尾も一つ踊の輪 国包澄子 築港 200511  
終曲のほたるの光踊果つ 国包澄子 築港 200511  
踊唄遥かやしみじみと独り 坪井洋子 200511  
古里や踊り囃子の山越えて 内田エミコ 四葩 200512  
なによりも踊る笑顔に見る阿呆 吉永寿美子 四葩 200512 阿波踊
嬰を抱き足にて踊る茶髪かな 吉永寿美子 四葩 200512 阿波踊
月に伸ぶ踊りの指はアメーバー 吉永寿美子 四葩 200512 阿波踊
穴あきのジーパン「楽しく踊る連」 吉永寿美子 四葩 200512 阿波踊
踊る連途切るや闇の濃きところ 吉永寿美子 四葩 200512 阿波踊
風邪おして踊る阿呆になりにゆく 稲岡長 ホトトギス 200512  
句友より踊仲間として集ふ 涌羅由美 ホトトギス 200512  
赤といふ心意気見せ踊連 涌羅由美 ホトトギス 200512  
踊るサロメ恋の目なざしうたてしよ 益田寿美子 春燈 200512  
唐子踊りの町オリーブの実のあまた 梅原美子 200512  
ほどけなくなつてをりけり踊の輪 高橋将夫 200512  
病む人に夕べ聴こゆる踊唄 川島道子 200512  
踊最高潮疲れ最高潮 湯川雅 ホトトギス 200601  
句仲間で踊仲間で野分会 千原叡子 ホトトギス 200601  
句散らしの踊浴衣にもつ矜恃 千原叡子 ホトトギス 200601  
高張に踊り抜きたる今昔 宮崎正 ホトトギス 200601  
松ぽくり念仏踊せしところ 黒田咲子 200601  
日の入るに踊るがごとき脱穀機 御橋忠一 200601  
腰振つて踊るひよつとこ豊の秋 中橋文子 万象 200601  
秋雨の街を練り行く踊り笠 三反田輝夫 河鹿 200602  
団扇手に踊の振りを思ひをり 後藤比奈夫 ホトトギス 200602  
踊下駄なり軽すぎず重すぎず 後藤比奈夫 ホトトギス 200602  
うつし世のこの混沌を踊らむか 戸村よねこ 遠き海 200602  
まだ踊れる手足のありて喜寿の春 矢口さわ 200603  
唄は婆踊りは少女ちやつきらこ 松尾いさ子 四葩 200603  
いささかの地酒に酔うて踊りけり 冨松寛子 200606  
踊笠傾ぎて君と判るまで 稲畑廣太郎 ホトトギス 200608  
踊場といふ一枚の熱気かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200608  
踊下駄脱ぎて自分に戻りけり 稲畑汀子 ホトトギス 200608  
旅の荷をまとめて別に踊笠 稲畑汀子 ホトトギス 200608  
踊り抜く桟敷の視線浴びながら 稲畑汀子 ホトトギス 200608  
踊り込む桟敷の果の見えぬまま 稲畑汀子 ホトトギス 200608  
Tシヤツが踊の衣装夏立ちぬ 中嶋陽子 風土 200608  
椰子の葉に星騒ぐまで踊りけり 藤井圀彦 200609  
アセチレン臭ひし浜に踊りけり 吉永寿美子 四葩 200609  
踊よりもどり大梁の下 山尾玉藻 火星 200609  
踊る輪の吾が名呼ばれて面映ゆし 阿部由紀子 200610  
バス着くやざんざか踊の灯る村 浜福恵 風土 200610  
ほーほーと声自慢より踊唄 中村恭子 200611 踊 →5

 

2019年8月11日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。