盆 踊 1   200句

海の上に月よもすがら盆踊    鈴木花簑

  をどり  盆踊  風の盆

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
盆踊り体育会の大太鼓 寺崎美江女 春耕 199910  
盆踊り幼馴染みの輪となりし 杉阪大和 春耕 199910  
盆踊り果てて海鳴り届きけり 鈴木夢亭 塩屋崎 199910  
盆踊り意中の人を目で追えば 松沢久子 いろり 199910  
盆踊り異国の人の混りたり 久保田一豊 いろり 199910  
佐渡おけさこれで終りや盆踊り 松沢久子 いろり 199910  
帰省子にふくれて島の盆踊 増田富子 馬醉木 199911  
盆踊り車椅子の人手振りだけ 永野秀峰 ぐろっけ 199911  
盆踊村の若衆みな踊る 永野秀峰 ぐろっけ 199912  
盆踊僧衣のままで僧踊る 永野秀峰 ぐろっけ 199912  
旅の夜のわれは見てゐる盆踊 田中藤穂 水瓶座 200002  
盆踊り三日三晩の灯を連ね 保坂加津夫 いろり 200010  
手鏡をのぞいてよりの盆踊り 藤原紅 いろり 200010  
山車の灯は一段高く盆踊 鷹羽狩行 200011  
四方山に手拍子ひびき盆踊 鷹羽狩行 200011  
城のある空を傾け盆踊 鷹羽狩行 200011  
下町の粋を纒ひて盆踊り 今村映水 200011  
古き日を招く手振りや盆踊り 今村映水 200011  
猪牙舟は唄に残れり盆踊り 今村映水 200011  
歯切れよき下町言葉盆踊り 今村映水 200011  
太鼓打つ子は親に似て盆踊り 今村映水 200011  
盆踊り男児の一人混じりをり 内海芙美子 200011  
編笠の顔の汗吹く盆踊 菅原庄山子 春耕 200011  
合方の三味の音さゆる盆踊 河野友子 六花 200011  
奥美濃は水より暮れて盆踊 永田等 200012  
つまづきしこしも仕草に盆をどり 永田等 200012  
七転八起ふるさと盆踊り 舘岡誠二 海程 200012  
漆黒の山が峙つ盆踊 久保田由布 ぐろっけ 200012  
盆踊刈田に厚く藁敷きて 久保田由布 ぐろっけ 200012  
盆踊程よき距離に誓子句碑 熊口三兄子 ぐろっけ 200012  
アフリカに人は始まる盆踊り 寺田良治 船団 200102  
盆踊り寄付金あっめままならず 熊谷みどり いろり 200109  
五重の塔そびらに奈良の盆踊 阿波谷和子 春耕 200110  
久びさに鼻緒のうづく盆踊 柳堀喜久江 春耕 200110  
盆踊りみな懐かしき顔ばかり 松沢久子 いろり 200110  
健康をよろこび友と盆踊り 小橋安子 いろり 200110  
旅装解く一期一会の盆踊 高畑信子 遠嶺 200111  
盆踊り基地の広場のたそがるる 上田祥子 遠嶺 200111  
盆踊り背の子の足跳ねてゐる 伊藤和枝 百鳥 200111  
盆踊り指先踊る車椅子 田中呑舟 火星 200111  
盆踊り寄付金集めままならず 熊谷みどり いろり 200111  
盆踊り遊行聖をよろこばす 馬越幸子 ぐろっけ 200111  
盆踊り石積むのみの遊行塚 馬越幸子 ぐろっけ 200111  
音立てぬやうに手を打ち盆踊 村上沙央 200112  
病室にざわめきとどく盆踊 松浦途子 ぐろっけ 200202  
どこからか盆踊り歌夜の海 出口誠 六花 200207  
男らの見様見真似や盆踊 林佳枝 酸漿 200210  
華やぎを求めて予後の盆をどり 伊藤稔代 200211  
山越え来足助の郷の盆踊 室伏みどり 雨月 200211  
盆踊生くるよろこび手に足に 古田考鵬 雨月 200211  
魂の集ひて始む盆をどり 丸山敏幸 200211  
校庭の闇をまあるく盆踊 磯崎清 200212  
廃坑のぼた山跡に盆踊 筧節子 築港 200212  
輪の内に気持ちは入りぬ盆踊 森理和 あを 200309  
盆踊子は闇に吹くしやぼん玉 森理和 あを 200309  
盆踊最後の曲で輪にはいり 秋田谷明美 帆船 200310  
阿夫利山称へて唄ふ盆踊 大関とし子 築港 200310  
盆踊輪に入らずに眺めをり 鈴木佐和子 築港 200310  
盆踊見様見まねの拍子とる 庄野房女 築港 200310  
盆踊北海道のど真ん中 根岸善行 風土 200311  
盆踊ただ見てをれず踊り出す 森田セツ子 築港 200311  
盆踊人掻き分けて人探す 森田セツ子 築港 200311  
盆踊上手の人の後に蹤き 宮村操 築港 200311  
長寿会揃ひ半纏盆踊 大川原加容子 帆船 200311  
盆踊り踊らにや損と手で踊る 松本文一郎 六花 200312  
人伝てに聞きしよ妻の盆をどり 江原輝陽子 帆船 200406  
盆踊上り框で足拭ふ 森理和 あを 200408  
盆踊吉原かぶりを子等真似る 紺野とも子 200409  
しるしらぬひとのあかしの盆踊 八田木枯 夜さり 200409  
盆踊佃はいまも水まみれ 八田木枯 夜さり 200409  
名忘れの顔のいくつか盆踊 八田木枯 夜さり 200409  
くるぶしの下駄に乗つたる盆踊 神蔵器 風土 200410  
盆踊ふるさとの山かぶさり来 藤原たかを 馬醉木 200411  
篝火は祖霊の焔盆踊 藤原たかを 馬醉木 200411  
働く手みなひるがへし盆踊 福嶋千代子 200411  
盆踊り生者に続く亡者かな 小泉三枝 春燈 200411  
盆踊うつつに光る亡者の眼 渡邊泰子 春燈 200411  
眞暗な海の前なる盆踊 加茂志津子 帆船 200411  
町の名の今年限りや盆踊 斉藤利男 百鳥 200411  
盆踊日ぐれ前より子等の来て 板橋智恵子 百鳥 200411  
進むには退くことも盆踊 白石昌弘 ホトトギス 200412  
合併す小さき村の盆踊り 梅村五月 200412  
寺町の櫻がこひの盆をどり 岡本眸 200412  
輪に入りてまづ手を打てり盆踊 吉田かずや 春燈 200510  
若衆と法被揃へて盆踊 岡井しげ女 春燈 200510  
現代いま風の国籍不明盆踊 久永淳子 春燈 200510  
真中に車椅子入れ盆踊 岡久枝 酸漿 200510  
搾乳を終へて連れ立つ盆踊 海上俊臣 酸漿 200510  
盆踊会社帰りに見てゐたり 塩川雄三 築港 200510  
素人も玄人もゐて盆踊 塩川雄三 築港 200510  
今らしき作務衣姿の盆踊 亀井幸子 築港 200510  
盆踊り金魚のやうな女の子 井上玉枝 万象 200511  
盆踊の世話役天気気にしたり 曽根咲子 200511  
美少女の太鼓に弾む盆踊 小黒加支 酸漿 200511  
はなれ見る夜風にゆれる盆踊 木内美保子 六花 200511  
盆踊科よきひとに惹かれをり 出口賀律子 雨月 200511  
盆踊御堂で弥陀の見そなはす 石井道則 築港 200511  
盆踊他郷の人の輪に入り 石井道則 築港 200511  
盆踊子は全身でリズムとる 北瀬照代 築港 200511  
盆踊揃ひの法被目立ちをり 北瀬照代 築港 200511  
盆踊仕度の昼を灯しをり 染谷晴子 200512  
わかものの無爲と思はじ盆踊 瀧春一 瓦礫 200606  
草履からはみ出す踵盆踊り 山田六甲 六花 200609  
大寺の一休さん音頭盆踊 木村茂登子 あを 200609  
大川から魂わきてくる盆をどり 篠田純子 あを 200609  
働く手きれいに揃ひ盆をどり 樋口英子 200610  
ためらはず輪に入る里の盆踊 仲田美智子 200611  
盆をどり土のほてりのまだ残り 伊藤奈津 200611  
川風にうしほのにほひ盆をどり 大堀柊花 200612  
果ててより流す四五人盆踊 佐藤雄二 万象 200612  
すぐなじみ訛に戻る盆踊 斉藤みちよ 春燈 200612  
村の長手振り鮮やか盆踊 大泉美千代 雨月 200612  
盆踊り一拍遅れ手をかざす 布村松景 春燈 200710  
鉢巻の決まる笛方盆踊り 吉沢陽子 200710  
会釈して輪に紛れけり盆踊り 吉沢陽子 200710  
練習の成果上々盆踊 高塚千代子 200711  
盆踊りすつぽり亡者頭巾かな 鈴木庸子 風土 200711  
輪に入る妣を真中に盆踊 工藤ミネ子 風土 200711  
地蔵尊在さぬ公園盆踊り 馬越幸子 ぐろっけ 200711  
意外性見せて亭主の盆踊 田中敬 200712  
盆踊男亡者の紺づくめ 阿部月山子 万象 200712  
盆踊ときには翼振るやうに 原出しずえ 万象 200712  
睡蓮の深きねむりや盆踊 藤田宏 200809  
盆をどり丹塗の小橋わたりゆく 竹内弘子 あを 200809  
白塗の狐も混じり盆踊 田中藤穂 あを 200809  
夜の葦まだつづきゐる盆踊 田中藤穂 あを 200809  
白提灯亡者手つきの盆踊 田中藤穂 あを 200809  
三尺寝夢の記憶に盆踊り 笠井清佑 200810  
盆踊川筋郷は平家贔屓 久保田由布 ぐろっけ 200810  
盆踊南蛮音頭の大きな輪 中塚照枝 200811  
車椅子一つまじれる盆踊 小山尚子 雨月 200811  
盆踊ひとつ遅れの手を叩き 小山尚子 雨月 200811  
車椅子入れて施設の盆踊 岡久枝 酸漿 200811  
足萎えの老の笑顔よ盆踊 岡久枝 酸漿 200811  
紗綾形の帯なつかしや盆踊 網野茂子 酸漿 200811  
盆踊り間際にさがす男下駄 木下もと子 200811  
盆踊り始まつてゐる小学校 出来由子 200811  
合の手にカラオケ混る盆踊り 勝又窓秋 200811  
盆踊りむかし小町の声弾む 勝又窓秋 200811  
本堂の開け放ちあり盆踊 西畑敦子 火星 200811  
帰省人メモ見て口説く盆踊 久保田由布 ぐろっけ 200812  
盆踊唄に吾が住む小字の名 久保田由布 ぐろっけ 200812  
アオリイカ手拍子稽古盆をどり 藤野寿子 あを 200908  
盆踊エキストラめき輪に入りぬ 能村研三 200909  
大川のたゆたうてをる盆をどり 佐藤喜孝 あを 200909  
他所の子も叱る佃の盆をどり 篠田純子 あを 200909  
嗄れたる歌に合せて盆踊 須賀敏子 あを 200909  
亡き人と同行二人盆踊 木村茂登子 あを 200909  
新の下駄袖の魚も盆踊 木村茂登子 あを 200909  
浜風に髪立ちあがる盆踊 樋口みのぶ 200910  
盆踊り史の悲しき詞かな 水谷洋子 十進法 200911  
盆踊やぐら太鼓の芝生かな 阿部泰子 春燈 200911  
どこからか子が湧いてくる盆踊 森岡正作 200911  
ゆきずりの吾を呼び入れ盆踊 成宮紀代子 200911  
盆踊果てうつし世の灯に戻る 柴田良二 雨月 200911  
かの仮面父かもしれぬ盆踊 定梶じょう あを 200911  
繰り返し飽くこと知らず盆踊 川上久美 ろんど 200912  
盆踊り影も踊らす投光器 津田霧笛 ぐろっけ 200912  
盆踊終りの楽の響きをり 梅田秀子 酸漿 200912  
盆踊お国訛の佐渡おけさ 木村茂登子 あを 201008  
敵國は輕音樂ぞ盆踊 佐藤喜孝 あを 201008  
指先に朝の来てゐる盆踊 大沼遊魚 倭彩 201009  
大方は戦知らずの盆踊り 北川英子 201010  
町名の変りし辻の盆踊 鎌倉喜久恵 あを 201010  
万灯を点して僧の盆踊り 山本絢子 万象 201011  
凛とした師匠の稽古盆踊り 濱上こういち 201011  
盆踊蛻の殻となるまでを 川上久美 ろんど 201011  
盆踊バケツリレーのあの場所で 遠藤実 あを 201011  
盆踊り三尺帯の絹に染み 市橋香 ぐろっけ 201110  
またも見し瓦礫の中の盆踊 佐藤喜孝 あを 201110  
節電は顔を消すため盆踊り 堀内一郎 あを 201110  
星あまたふやして果つる盆踊 矢口笑子 春燈 201111  
盆踊揃ひの帯の姉妹かな 横山さくら 春燈 201111  
盆踊列を開きて風通す 宇都宮敦子 201111  
盆をどり箪笥に古き母子手帳 角谷美恵子 ぐろっけ 201111  
校長もおもてをつつみ盆踊 廣瀬義一 雨月 201111  
知り人の手振り嫋やか盆踊り 永塚尚代 ぐろっけ 201112  
都電車庫跡の広場や盆踊り 瀬島洒望 やぶれ傘 201201  
ひらく手の放つ迷ひや盆踊 篠原幸子 春燈 201211  
輪を重ねて楽寿荘の盆踊り 佐藤健伍 201211  
綺羅なせる山の星空盆踊 室伏みどり 雨月 201211  
盆踊沸けど寂しむ齢なり 滝川あい子 雨月 201301  
竜宮に舞あり島に盆踊 竹下陶子 ホトトギス 201302  
腹筋が割れてなくても盆踊り 静誠司 船団 201304  
盆踊り急雨に消えし太鼓の音 森岡陽子 かさね 201310  
盆踊この世の人の輪の巡り 藤丸誠旨 春燈 201311  
蝉が飛ぶ昼間のやうな盆踊 篠田純子 あを 201310  
宿下駄の引き込まれたる盆踊り 松本恒子 ぐろっけ 201311  
盆踊り稽古に励む団地妻 井上あき子 ぐろっけ 201311  
翻す袖に風生ふ盆踊 田伏博子 ろんど 201311  
盆踊せめて大きな手拍子を 堀田恵美子 雨月 201311  
盆踊り炭坑節で締めくくる 久世孝雄 やぶれ傘 201312  
下駄の緒の朱が染まるまで盆踊 熊川暁子 201312  
佃島哀しきふしの盆踊 瀧春一 花石榴 201312  
かはほり飛ぶ日比谷公園盆踊 篠田純子 あを 201409  
懸命にしかし適当盆踊 篠田純子 あを 201409  
盆踊団地の窓のみな点り 杉本裕子 末黒野 201411  
盆踊り久方振りに輪に入りぬ 佐藤健伍 201411  
ずぶ濡れになりて戻りぬ盆踊 亀井紀子 201411 盆踊 →2

 

2020年8月15日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。