2  100句

踊から直(すぐ)に朝草かりにけり   一茶

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
サングラス外し舞踊の輪へ入りぬ 大村真佐子 遠嶺 200110  
夏草に踊りの身振りしてゐたり 伊藤多恵子 火星 200110  
ぼんぼりに踊子帯を直し合ふ 岡本明美 俳句通信 200110  
下駄擦りてちょんがりと云ふ踊かな 春田淳子 俳句通信 200110  
輪に入りて踊る阿呆になる私 伊蘭重美 俳句通信 200110  
三尺帯大きく揺らし踊りゆく 前阪洋子 俳句通信 200110  
ひたすらに前に倣ひて踊の輪 石川千津子 銀化 200110  
火蛾のなか踊り納めのおわら節 富田房子 春耕 200110  
漁火の殖えてはじまる踊唄 北川英子 200110  
踊り娘の指先誰も染めてゐて 保坂加津夫 いろり 200110  
踊り手も疲れてをりぬわれもまた 保坂加津夫 いろり 200110  
夜踊りの淋しからずや月天心 保坂加津夫 いろり 200110  
踊り娘のあっけらかんと夜の更けて 保坂加津夫 いろり 200110  
めりはりの強き踊りは男達 保坂加津夫 いろり 200110  
踊子の越えし峠の霧纏ふ 谷口ふみ子 雨月 200110  
皿鳴らすのんのこ踊り秋夜惜し 能村登四郎 羽化 200110  
夜更かしを許されし子と輪に踊る 細野みさを 200111  
前踊る町内の鼻つまみ者 細野みさを 200111  
櫓いま子供ばかりの踊かな 福島淳子 百鳥 200111  
輪の中に踊る埴輪のやうな子が 成澤桂助 百鳥 200111  
留学生の背の抜きん出て踊りの輪 幡江美智子 百鳥 200111  
月上り槍手に踊る高砂族 津野美都江 200111  
高砂族の踊る輪に入り親しまれ 津野美都江 200111  
星ひとつ握つて戻す踊りの手 田口傳右ヱ門 銀化 200111  
一遍の踊りとなりし海髪おごのり 岡井省二 200111  
虹立てばよしさなくとも踊ろふよ 市場基巳 200111  
盆唄に諸手が踊る車椅子 岡有志 ぐろっけ 200111  
鉢巻の尾をぴんと立て荒踊 田辺レイ 200112  
星近し熊踊の輪のふくれたる 小田元 六花 200112  
二階建の世界にひびく踊唄 小田さやか 船団 200112  
恋路とも思へば軽し踊り坂 小澤克己 遠嶺 200112  
手踊の黒衣に風の一字かな 今井松子 遠嶺 200112  
風の字を衣に散らし踊るかな 小山徳夫 遠嶺 200112  
漢踊る手首に数珠を煌かせ 小山徳夫 遠嶺 200112  
東雲や踊り納めの恋の唄 小山徳夫 遠嶺 200112  
艀妻踊りつつ戻る艀まで 永野秀峰 ぐろっけ 200112  
踊り疲れ一家艀に戻り来る 永野秀峰 ぐろっけ 200112  
踊笠激しく揺れて相触れず 小島左京 ホトトギス 200201  
不器用な父の跡つけ踊りけり 苑田ひろまさ 200201  
豪華船沖に踊りの輪を広げ 苑田ひろまさ 200201  
蒼天を蹴つて若衆踊りゆく いしだゆか 遠嶺 200201  
踊り子をはやす団扇となりにけり 佐渡美佐子 船団 200202  
アミ族になり切つてゐる踊の輪 稲畑廣太郎 ホトトギス 200207  
公園に踊準備の静寂かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200208  
暮れきつて男踊の早太鼓 朝妻力 雲の峰 200209  
舞扇開きて遠き踊り唄 河合笑子 あを 200209  
念佛踊波間にふはと浮ぶもの 篠田純子 あを 200209  
いつの世も左まはりに踊りの輪 篠田純子 あを 200209  
荒ぶるは二百十日の踊りかな 斉藤由美子 ぐろっけ 200209  
手拍子を打ちて踊りの輪に入らず 斉藤由美子 ぐろっけ 200209  
ひらひらと手のひら流れゆく踊 大森サカエ 帆船 200210  
踊の輪離れて丸き月仰ぐ 橋本光子 酸漿 200210  
宗祇水よべ踊りたるたかぶりに 大串章 百鳥 200210  
六千の鈴を夜空に踊唄 田邊英夫 円虹 200210  
踊の輪手を打ちて音なかりける 坂本京子 200210  
たそがれの門に踊の誘ひくる 梅谷昌弘 雲の峰 200210  
手踊の人を乗せ来る車椅子 西村純一 雲の峰 200210  
唄変はる時さざめける踊の輪 西村純一 雲の峰 200210  
ほどほどの昏さに育つ踊の輪 岡崎るり子 銀化 200210  
誰も知らぬ翁加はる踊の輪 清水晃子 遠嶺 200211  
椅子にあり高々と手の踊りけり 望月周 百鳥 200211  
黒人の手足はみ出す踊の輪 窪寺良江 帆船 200211  
踊の場人工の明星の明 塩川雄三 築港 200211  
人の目を意識せぬまま踊りをり 塩川雄三 築港 200211  
踊の灯ほどよき暗さにて踊る 塩川雄三 築港 200211  
馬鹿面踊り裏側の顔誰も知らず 清水公治 200211  
法衣脱ぎ方丈踊の輪に入りぬ 室伏みどり 雨月 200211  
突当り富士となる町踊りゆく 渡邊誓不 200211  
踊子に会釈されけり憶えなき 渡邊誓不 200211  
人去りし踊櫓に上りをる 坂田富佐雄 200211  
福耳に掛ける赤緒の踊笠 後藤立夫 ホトトギス 200212  
川風に流れて来たる踊り唄 田中英子 火星 200212  
踊る輪の中に風船飛んで来し 神谷瑛子 百鳥 200212  
踊る輪の幾重の芯に櫓の上 熊口三兄子 ぐろっけ 200212  
踊り子のあまりに赤き蹴出しなり 小林玲子 ぐろっけ 200212  
爪先を余して稚児の踊足袋 城下明美 ぐろっけ 200212  
踊り来て夜明けの辻に別れけり 榎本文代 万象 200212  
雲のやうに踊り子過ぐる風の町 いしだゆか 遠嶺 200212  
指先に灯ともすごとく踊りをり 木暮陶句郎 ホトトギス 200301  
神代より踊つたへて来し手足 今井千鶴子 ホトトギス 200301  
踊の手天の宇受売の命ぶり 今井千鶴子 ホトトギス 200301  
古き代は言葉を持たずただ踊る 今井千鶴子 ホトトギス 200301  
踊見の指が躍つてをりにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200301  
破蓮やどうせ行くなら踊りつつ 中島陽華 200301  
身障の子の影の手や踊りの輪 加古みちよ 冬菜畑 200301  
夜白む踊り納めは天を指し 小林玲子 ぐろっけ 200301  
一連を率ひてをりし踊りの児 陶山泰子 ぐろっけ 200301  
踊躍念佛ゆやくねぶつ終りし堂に坐りをり 竹中一花 200302  
母楽しげ娘が踊り孫踊り 加藤暢一 200302  
踊り明かして脈打てる耳二つ 高橋とも子 百鳥 200302  
納めたる針を讃へて踊かな 三嶋隆英 馬醉木 200303  
手も足も河内踊に乗り切れず 稲畑汀子 ホトトギス 200308  
連組みて踊りし若さあるつもり 稲畑汀子 ホトトギス 200308  
渋滞の麻布十番てふ踊 稲畑汀子 ホトトギス 200308  
踊るまい赤い実で爪塗りながら 男波弘志 200309  
単純な唄繰り返す踊唄 永川絢子 築港 200309  
踊唄潮さすごとく引くごとく 阿部ひろし 酸漿 200309  
音頭取り替はり踊のひきしまる 阿波谷和子 雲の峰 200310  
大橋を踊る阿呆になりに行く 原田伸夫 雲の峰 200310  
三姉妹踊浴衣もお揃ひで 西形佐太郎 200310 踊 →3

 

2019年8月9日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。