眉月〈蛾眉の月〉  34句 〈含 他季)

しをしをとなさいますなや眉の月   橋本幸篤   獐

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
杉玉の蛾眉なす月へ羽化したる 水内慶太 銀化 199912  
八ヶ岳遠き山辺に蛾眉の月 河合笑子 あを 200108  
行きに見て帰り煌く蛾眉の月 岩切久乃 帆船 200301  
ニュートリノ字宙の塵に蛾眉の月 竹下昭子 ぐろっけ 200301  
蕎麦の花眉月ひかりなしはじむ 松原ふみ子 200302  
眉月の岐阜県気象台の上 長田等 200401  
眉月を上げて潮騒高まり来 大串若竹 百鳥 200501  
むささびの木に眉月のぶらさがる 梶浦玲良子 六花 200504  
春暁や眉月残る白鳥湖 内藤恵子 万象 200605  
蛾眉の月西空に透く青網戸 藤岡紫水 京鹿子 200709  
眉月に出を待つ太鼓神輿かな 丸山照子 火星 200710  
眉月や漆黒の山眠らせて 中嶋昌子 春燈 200802  
桐一葉落ちて眉月残しけり 國保八江 やぶれ傘 200901  
眉月をかかげ見越の松屋敷 吉田晴子 200911  
眉月の冴えて高まる虫の声 中村ツヤ子 酸漿 200912  
蛾眉の月置いて冬至の果つるかな 千田百里 201003  
中天の眉月遅き大花野 滝川あい子 雨月 200612  
業平忌眉月細く細くあり 今井千鶴子 ホトトギス 201010  
河わたる木枯熱し蛾眉の月 梶浦玲良子 六花 201104  
眉月は寒暮の空の刀疵 鳳蛮華 201106  
咲き初めし桜に見ゆる眉の月 内藤美重子 酸漿 201106  
浅草に眉月残る荷風の忌 三宅文子 春燈 201108  
消防車見せる子守に眉の月 森理和 あを 201201  
寒波来て宇宙ふるへる眉の月 渡辺安酔 201203  
桃咲くや麓の村に蛾眉の月 鈴木静恵 春燈 201207  
木の葉髪眉月ほどのことを苦に 丸山佳子 京鹿子 201211  
さりげなく寒眉月とつぶやけり 中江月鈴子 201301  
眉月の白し金木犀かをり 河野美奇 ホトトギス 201303  
眉月をかかげて崖の大氷柱 大内マキ子 万象 201304  
早春の眉月沈みゆくところ 今井千鶴子 ホトトギス 201306  
眉月を残して湖の暮迅し 金子野生 京鹿子 201503  
うそ寒や軒より低き蛾眉の月 藤岡紫水 京鹿子 201701  
眉月の冴ゆるや師の訃受けし宵 桔梗純 万象 201705  
眉月や二人目は女の子らし 松井季湖 201812  

 

2019年9月10日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。