黒南風 1      200句

黒南風の辻いづくにも魚匂ひ    能村登四郎

黒南風  白南風  大南風  南風

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
黒南風や僧侶四人がダブルの服
石井哲夫
海程
199810
黒南風や牧ひと隅に島の牛
野原春醪
馬醉木
199902
黒南風のこうもり傘にぶらさがる
三宅やよい
船団
199903
黒南風に旅路閉ざされをりしこと
稲畑汀子
ホトトギス
199906
黒南風の吹きのこしたる余呉の駅
山尾玉藻
火星
199907
黒南風や嘆きの果ての深睡り
柳生千枝子
火星
199909
黒南風に大灘の波眠られず
松本圭司
199909
黒南風や枇榔樹に島覆はれて
宮津昭彦
199909
黒南風や纜飛べば声がとび
松井淑子
199909
黒南風や鴟尾金色の力秘む
玉川悠
遠嶺
199910
黒南風を称名と聞く洞の中
三村禮子
酸漿
199910
黒南風のよう校歌の輪郭は
吉永彩華
海程
199910
黒南風にはじまり素風に終りし稿
金子兜太
海程
199911
黒南風や出漁合図いまだ出ず
川崎不坐
火星
199911
黒南風や壊れた時計が走り出す
尾上有紀子
わがまま
200002
黒南風の予感に銀座丸の内
坂井建
円虹
200008
黒南風に婆娑羅をなせり雑木山
井上三千女
200008
黒南風や卑弥呼の神獣鏡の出づ
中村洋子
風土
200009
黒南風に魚臭立たせて能登の市
加美明美
200010
黒南風や骨組み粗き海の家
竹内弘子
あを
200101
黒南風や腸啄む鳥葬図
宮嵜亀
船団
200102
黒南風や命さだめぬ魑魅魍魎
西村純
200107
黒南風を真向ひに踏むペダルかな
侭田伊都希
いろり
200107
黒南風や野鍛冶の鞴口を開け
高橋好温
馬酔木
200108
黒南風や胸張つて立つフェニックス
藤井圀彦
200108
黒南風やじりじり熊の包囲網
泉田秋硯
200109
黒南風や船体すでに揺れはじめ
岬雪夫
200109
黒南風に闇一枚の隠岐の島
川田さちえ
200109
黒南風や潮の香つよき船溜り
川畑良子
200109
黒南風に宿痾の頭痛もてあます
川瀬迪子
200110
黒南風や老の薬のまた増えて
富田直治
春耕
200110
黒南風を相合傘が旋回す
川副民子
船団
200201
黒南風や都心は地下へ伸び続け
稲畑廣太郎
ホトトギス
200206
黒南風や電話の子機の倒れをり
市川伊團次
六花
200207
黒南風の海の底鳴り親不知
堀田清江
雨月
200207
黒南風や潮もりあげて鯔の群
近藤暁代
馬醉木
200208
黒南風やぽつかり開く地下通路
松本文一郎
六花
200208
黒南風や雷門の仁王の眼
松本文一郎
六花
200208
黒南風や北斎の波うらがへし
山下佳子
200210
黒南風に島遠ざかり浪尖る
前田陽子
200210
黒南風や軒下低き海女の家
中沢三省
風土
200210
黒南風や子に日当の裸銭
須佐薫子
帆船
200307
色即是空黒南風に数珠携ふる
伊藤白潮
200307
黒南風や溜りては飛ぶ雨雫
朝妻力
雲の峯
200307
黒南風や明日の予報は晴マーク
五十嵐美穂
帆船
200308
黒南風や池塘に揺るる至佛山
山本昭夫
雲の峯
200308
黒南風や風力発電悠悠と
橋本恭二
雲の峯
200308
黒南風や三の鳥居に救急車
塩谷康子
百鳥
200308
黒南風や鴉のこゑも喃語めき
山岸治子
馬醉木
200309
黒南風や海を職場として生きて
塩川雄三
築港
200309
神域に入りて黒南風身近かにす
加古みちよ
火星
200309
黒南風の沖不審船停泊す
筒井圭子朗
ぐろっけ
200309
黒南風や絵図に深川芭蕉庵
細田いずほ
遠嶺
200310
黒南風の村往診の古鞄
清水晃子
遠嶺
200310
黒南風や五十路五人のバンド組む
小川えいいち
遠嶺
200310
黒南風やきりんのいない動物園
平田倫子
百鳥
200310
黒南風や岬の穂草の折れやすく
大竹淑子
風土
200310
黒南風や谷戸の捨て甕共鳴りす
近藤幸三郎
風土
200310
黒南風に鬼棲み日本海荒らす
新関一杜
京鹿子
200310
黒南風や巌のやうなる海人の顔
青山悠
200311
黒南風を抜けて着陸態勢に
稲畑汀子
ホトトギス
200406
黒南風の沖の水平線隠す
稲畑汀子
ホトトギス
200406
黒南風を抜け会場の明るさに
稲畑汀子
ホトトギス
200406
黒南風に泊船深く投錨す
塩川雄三
築港
200407
大阪港
黒南風のむらさき湿り石切場
岡本眸
200407
黒南風や白く眩しき屏風岩
城尾たか子
火星
200408
黒南風や離れて富士山の浮びたる
中島紅からす
草の花
200408
黒南風や浮標ブイの孤独の揺れゐたり
木船史舟
200409
翼あるごとく黒南風窓を榑つ
宮津昭彦
200409
黒南風や太く滲みし筆の跡
高橋瑛子
河鹿
200409
黒南風や心の澱を残す海
中元英雄
河鹿
200409
黒南風や濠の蓮みな翻り
松山正江
河鹿
200410
黒南風や旅行冊子の届きたる
鳴海清美
六花
200410
黒南風のぎくしゃく通る工場裏
中野英歩
八千草
200412
黒南風は門に芥を置きゆけり
西島みね子
八千草
200412
黒南風や焚きて昨夜の稿二三
岡本眸
200507
黒南風に騒立つ島の旅人木
山下佳子
200508
黒南風や能楽堂を木々のなか
宮津昭彦
200508
黒南風の隠岐や島影うち重ね
手島靖一
馬醉木
200509
黒南風や神島の漁家七重八重
服部鹿頭矢
馬醉木
200509
黒南風や瓦のずれし地蔵堂
東郷すみ江
万象
200509
黒南風や線路づたひに遍路笠
丸山照子
火星
200509
黒南風や忘れてゆきし子の玩具
竹内水穂
火星
200509
黒南風の海につき出てマーケット
高橋道子
200509
黒南風や湖の生簀を攻むる波
上薗シヅ子
河鹿
200510
黒南風やエレベーターはシースルー
宮村フトミ
ぐろっけ
200510
黒南風やガードレールに供花乾く
塩田博久
風土
200510
黒南風に縄の男蝶の翔つごとし
武久昭子
風土
200510
黒南風に六甲颪加はりぬ
稲畑汀子
ホトトギス
200606
黒南風の先がこぼしてゆきし雨
稲畑汀子
ホトトギス
200606
黒南風となる川風の行方かな
稲畑汀子
ホトトギス
200606
松に鳴る黒南風午砲撃ちし丘
宮津昭彦
200607
黒南風や瓶を出られぬ帆掛け船
菊地光子
200608
黒南風や見て見ぬふりの屋根の獅子
稲嶺法子
遠嶺
200608
黒南風の伝ふ縄文詩人の訃
伊藤白潮
200608
黒南風の荒るる夜の畑何かゐる
谷榮子
雨月
200608
黒南風の真中窓拭く命縄
金澤明子
200609
黒南風や笛吹薬罐なつてをる
近藤きくえ
200609
黒南風の列柱白きモスクかな
森田節子
風土
200609
黒南風や睡眠不足曳きずりて
大石よし子
雨月
200609
黒南風や蔵に山積む一切経
徳永亜希
馬醉木
200610
黒南風や朝刊の記事伏せて卓
今橋眞理子
ホトトギス
200610
白南風と黒南風の間の辻の風
竹中一花
200610
黒南風の葉裏騒ぎの白なびき
松本鷹根
京鹿子
200610
黒南風や島を重石に海暮るる
柿沼盟子
風土
200610
黒南風の舟屋の路地を還しけり
浅井青陽子
ホトトギス
200611
黒南風に橋立の松鎮もれり
稲畑廣太郎
ホトトギス
200706
黒南風にビル白々とありにけり
稲畑廣太郎
ホトトギス
200706
黒南風や鳩うづくまり犬走り
稲畑廣太郎
ホトトギス
200706
黒南風や回漕問屋の舟板塀
田村すゝむ
風土
200707
黒南風や沖よりもどり来る雀
山田六甲
六花
200707
黒南風や毒瓦斯島といふはあれ
泉田秋硯
200708
黒南風や辿りつかざる百八つ
本多俊子
200708
黒南風の暗めし野山ひかりけり
稲岡長
ホトトギス
200709
黒南風や献体と云ふ旅立ちも
長屋璃子
火星
200709
黒南風やチャージランプの電子辞書
玉川悠
遠嶺
200709
黒南風や浜辺に埋もれある漁網
笹村政子
六花
200710
黒南風や研屋が水をしたたらす
大畠政子
雨月
200710
黒南風や犬小屋に犬音もなし
山田弘子
ホトトギス
200711
黒南風や箆に重たく葛をねる
田中久仁子
万象
200711
黒南風やとつさには出ぬ誉めことば
苑実耶
200711
黒南風やえんやえんやの声の飛び
中村風信子
馬醉木
200711
黒南風を従へ五百キロの旅
稲畑廣太郎
ホトトギス
200712
丸ビルもマルビルも黒南風に黙
稲畑廣太郎
ホトトギス
200712
黒南風や藻塩焼く火の渋りをり
半澤正子
馬醉木
200712
黒南風のべろのべろべろ大阪は
坪内稔典
稔典句集U
200804
黒南風の吹き松風となるところ
稲畑汀子
ホトトギス
200806
黒南風の雲に乗りたる早さかな
稲畑汀子
ホトトギス
200806
黒南風を抜けてすとんと着陸す
稲畑汀子
ホトトギス
200806
黒南風を纏ひ新幹線発車
稲畑廣太郎
ホトトギス
200806
黒南風や家船も灯を点すころ
鷹羽狩行
200806
黒南風や下天は夢の信長忌
須田紅三郎
200807
黒南風にそよぎしきりの葦生かな
宇治重郎
200808
黒南風や句碑の石工の今は亡し
能村研三
200808
黒南風や電話短く友病めり
林翔
200808
黒南風やきのふにつづく出掛け事
豊田都峰
京鹿子
200808
黒南風や宇治の荒瀬もよきひと日
豊田都峰
京鹿子
200808
黒南風やくづれて白き波頭
川崎光一郎
京鹿子
200809
黒南風に木の葉の雨滴こぼれ落つ
永田勇
六花
200809
黒南風や村の葬は村挙げて
水谷靖
雨月
200809
黒南風や目玉より亀動き出す
榎本慶子
炎環
200809
黒南風や船窓の島浮き沈み
末澤功
200810
黒南風や獣の臭ひ動きをり
村田菊子
遠嶺
200810
黒南風や回転木馬すぐ終はる
殖栗歩
炎環
200811
黒南風に水面踊つてをりにけり
稲畑廣太郎
ホトトギス
200906
黒南風や影を沈めて舫ひ綱
丹羽啓子
馬醉木
200908
黒南風や砂丘にただならぬ空気
泉田秋硯
200908
黒南風に砂丘の駱駝立ち上がる
泉田秋硯
200909
黒南風や久しく売れぬ造成地
伊東和子
200909
黒南風や姥をおぶうてデンデラ野
栗栖恵通子
200909
黒南風や空より暗き海のいろ
金子隆吉
200909
黒南風に揺らぎて堂の朱蝋燭
金森教子
雨月
200909
黒南風や弥撒の絵硝子半開き
荒井千佐代
200909
黒南風を返す孔雀の風七彩
田中貞雄
ろんど
200909
黒南風や数へて遠き島七つ
市ヶ谷洋子
馬醉木
200910
黒南風の海へ拡ごる滑走路
西村操
雨月
200910
黒南風や明石海峡なまり色
岡佳代子
200911
摩天楼より黒南風の降りて来し
稲畑廣太郎
ホトトギス
201006
黒南風や空へ伸びゆくビルの黙
稲畑廣太郎
ホトトギス
201006
黒南風を惑はせてゐるビルの先
稲畑廣太郎
ホトトギス
201006
黒南風に俳磚の文字いよよ濃く
稲畑廣太郎
ホトトギス
201006
黒南風や追はるるごとく戻る船
手拝裕任
201008
黒南風や遅れたるもの投凾す
井上信子
201008
黒南風や船足早き須磨の沖
五ケ瀬川流一
六花
201008
黒南風やはらほげ地蔵に浪高し
泉田秋硯
201009
黒南風の岬に海向く鎭魂碑
山田をがたま
京鹿子
201009
黒南風や錆びて動かぬ風見鶏
岩永はるみ
春燈
201009
黒南風や秘仏は更に布巻かれ
柴田佐知子
201009
黒南風やかたまり動く牧の牛
根本公子
末黒野
201010
黒南風や普陀落とほき舟ばかり
栗栖恵通子
201010
黒南風や一晩寝かすうどん種
山本無蓋
201010
黒南風やはにかんでゐるくぢら艦
和田照海
京鹿子
201010
黒南風や欠けて黒ずむ魚鼓の腹
玉置かよ子
雨月
201010
黒南風や猫の尻尾のうごくうごく
吉弘恭子
あを
201011
黒南風や鴉は叫び鴎舞ひ
大久保白村
ホトトギス
201012
湖南より黒南風の涌き来たりけり
山田六甲
六花
201106
黒南風に鴉は羽根を抜き捨てし 山田六甲 六花 201107  
ずっしりと重き黒南風日暮れどき 大島みよし 201108  
黒南風も白南風も波立ててゆく 高橋将夫 201108  
黒南風に一瞬紙は刃にも 中村ふく子 201109  
黒南風や魔力をいまに羅生門 宮田香 201109  
黒南風や一期一会の墓地に佇ち 大松一枝 201109  
潮境ひ黒南風の海ふくらみぬ 怱那みさ子 やぶれ傘 201109  
黒南風に落着きのなき風見鶏 山下美典 ホトトギス 201110  
黒南風や海へ傾るる千枚田 辻井ミナミ 末黒野 201110  
黒南風の病窓よぎり鳴く鴉 福田かよ子 ぐろっけ 201110  
黒南風や大佛の慈眼一しづく 犬塚李里子 201110 鎌倉
黒南風に銀座の路地を明け渡す 稲畑廣太郎 ホトトギス 201206  
六甲山消し黒南風の至りけり 稻畑汀子 ホトトギス 201206  
黒南風や利休好みの昼餉とす 常田創 201207  
黒南風や帽子おさへて橋渡る 竹内弘子 あを 201207  
黒南風に大きく揺るる花擬宝珠 松本信子 かさね 201208  
黒南風や投込寺の荷風の碑 西村純太 201209  
黒南風や借り船戻る仮波止場 中田みなみ 201210  
黒南風にふと竜巻を怖れけり 稲畑汀子 ホトトギス 201306  
黒南風と白南風むさし野に 稲畑廣太郎 ホトトギス 201307  
黒南風や抱卵の鶏瞼閉ぢ 柿本麗子 千の祈り 201307  
黒南風や点灯試験ヨーソロー 松本文一郎 六花 201309  
黒南風や汐の香著き無人駅 岡野里子 末黒野 201310  
黒南風や菜箸ほどの鷺の脚 宮井知英 201310  
黒南風の鴉の翼大きくす 須藤常央 ホトトギス 201312  
黒南風やドームの白を塗り替へて 稲畑廣太郎 ホトトギス 201406  
黒南風に疲れ切つたる館の木々 稲畑廣太郎 ホトトギス 201407  
黒南風に夕変りして湖の色 山田六甲 六花 201507  
流木に黒南風の寄す汀かな 山田六甲 六花 201507  
黒南風や虫喰著き微笑仏 金森教子 雨月 201509  
黒南風や路地に漁網の一と絡げ 久布白文子 馬醉木 201511  
街騒や黒南風といふ突き当たり 大政睦子 京鹿子 201601  
黒南風や運河の土手の花談義 都築繁子 201602  
黒南風やぶらり東京漁師町 大山夏子 201602  
大気なほ寒気を孕む黒南風に 竹下陶子 ホトトギス 201605  
黒南風の空に天帝在しけり 竹下陶子 ホトトギス 201605  
黒南風の吹き渡る日も近からん 稲畑汀子 ホトトギス 201605  
黒南風や裏塀長き動物園 高木嘉久 201608  
黒南風や山鳩のこゑ竜を呼ぶ 中田禎子 201608 黒南風 →2

 

2020年7月21日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。