大南風       120句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
大南風手のひら返すやうに吹く 桑垣信子 いろり 199908
磯波の兎とびして大南風 中村祭生 ぐろっけ 199908
犯罪のようなベランダ大南風 吉永彩華 海程 199910
大南風祝ぎの余韻をひく別れ 小田ひろ 円虹 199910
パチンコ屋出て大南風に吹かれけり 小倉喜郎 船団 199912
覚悟して来しほどなれば大南風 稲畑汀子 ホトトギス 200006
海賊船出さうな夜の大南風 杉浦典子 火星 200008
大南風ほどよく白子干し上る 升本行洋 春耕 200008
大南風に男シャツ干す鮭番屋 塩路隆子 精鋭選集 200008
牛の尾の描く半円大南風 丹羽啓子 馬醉木 200010
大南風九十九島を吹き撓め 陣野今日子 風土 200010
田の面いま大南風となつてをる 池端英子 200012
明王の怒髪天衝く大南風 水原春郎 馬酔木 200108
大南風欅いよいよ大樹なり 成澤桂助 百鳥 200108
象神の夜となりたる大南風 小形さとる 200108
大南風に向ひて魔女の宅急便 金澤明子 火星 200110
オランダ坂真つ正面より大南風 荒井千佐代 系図 200203
首塚に胴塚つなぐ大南風 吉田王里 風土 200208
秒読みとなりし公開大南風 山田弘子 円虹 200208
対岸に摂丹の嶺々大南風 吉岡久江 火星 200209
大南風けふ岳陽の忌なりけり 渡辺立男 馬醉木 200210
大南風や胸の奥まで潮かをり 益本三知子 馬醉木 200210
追波川大南風に浮く帆掛船 仲安俊雄 200210
大南風足裏の砂丘流れだす 西村梛子 馬醉木 200307
風車聳つ低い土地大南風 塩路隆子 200307
小屋内に刃物研ぎゐる大南風 大竹淑子 風土 200310
水軍の島嶼遠望大南風 山下青坡 200311
こぎれいな銀座の古書肆大南風 山元志津香 八千草 200311
燈台をかなたに瀬戸の大南風 佐野布娑 雨月 200408
突堤に流砂をとどめ大南風 渕上千津 200408
大南風九十九里浜撓ひけり 内山照久 200408
大南風昼月峰に吹き上ぐる 中尾公彦 200409
大南風鮪解体はじまりぬ 山尾玉藻 火星 200409
コインランドリー探す町かな大南風 柿沼盟子 風土 200409
瀬戸海を見下す岬や大南風 佐野布娑 雨月 200409
切出しの材の野積みや大南風 服部満 草の花 200409
浮灯台裏返すかに大南風 上薗シヅ子 河鹿 200409
七里ヶ浜由比ヶ浜かけ大南風 大橋麻沙子 雨月 200410
たそがれの恋も美しきよ大南風 里中章子 200410
アンバランスの裾が好きらし大南風 山元志津香 八千草 200410
大南風のはかたこぢよらうなみまくら 高橋将夫 200508
大南風朝礼台を吹きさらす 神蔵器 風土 200508
嫁姑譲れぬ一理大南風 宮崎左智子 200509
糶台にぶつかく真水大南風 平田紀美子 風土 200509
印度洋へ向く大砲や大南風 山本浪子 風土 200509
大南風極彩色のマリア像 矢田邦子 栴檀 200509
献立のあら煮定食大南風 菅野末野 風土 200511
海亀の背に乗りたしや大南風 岡本まち子 馬醉木 200607
海原をトリトン駆ける大南風 近藤喜子 200609
押へても帽子ふくらむ大南風 宿谷晃弘 200611
大南風世田谷に馬首たてなほす 百瀬七生子 海光 200705
躁鬱の躁へ傾く大南風 伊藤白潮 200706
大南風一身に受く碕灯台 豊田都峰 京鹿子 200707
吾子の歯の一本生えし大南風 高尾豊子 火星 200708
浪の穂は脅しのポーズ大南風 泉田秋硯 200709
大南風旗のごとくに烏賊干され 戸田春月 火星 200709
午前二時まだ収まらぬ大南風 濱田ヒチヱ ぐろっけ 200709
舗装路に遊ぶ隠岐牛大南風 木船史舟 200712
大南風更けて敷居の細りけり 岡本眸 200807
冠鷲のかむり巻きあぐ大南風 飛鳥由紀 200808
干す傘の庭逃げまどふ大南風 西面和子 200809
推敲の紙きれ奪ふ大南風 品川鈴子 ぐろっけ 200810
大南風しづかに聞かば「ヒ・ト・ゴ・ロ・シ」 石寒太 炎環 200906
整ひし艤や大南風 小澤克己 遠嶺 200908
漣の夢の泊よ大南風 武田漣 炎環 200908
子午線の百三十五度大南風 中西光 炎環 200908
竹藪の闇なる中や大南風 藤原春子 六花 200908
灘かけて船影も見ず大南風 水原春郎 馬醉木 200909
棚田農更に厳しや大南風 松岡和子 200909
世界遺産の寺院茅葺き大南風 小嶋泰家 炎環 200909
ワイルドな生き方がよし大南風 沼田桂子 春燈 200909
赤門を入る乳母車大南風 柿沼盟子 風土 200909
大南風ぼら小屋あとに磯料理 片岡久美子 200910
大南風獅子吼まことにのどかなる 小形さとる 201008
砂浜に人散らかして大南風 石田きよし 201009
大南風未来見つむる龍馬像 高木典子 雨月 201009
出前あげ待つどんぶりや大南風 柿沼盟子 風土 201101
大南風の岩頭白き波しぶく 塩路隆子 201109
大椰子の梢を煽りて大南風 山崎稔子 末黒野 201204
礁打つ波の序破急大南風 古川千鶴 かさね 201207
がうがうと堰音高し大南風 上原重一 201207
耳に貝当つれば歌ふ大南風 甕秀麿 201208
海神に弓なりの砂洲大南風 柴田佐知子 201209
大南風湾一望の那古寺かな 三宅文子 春燈 201209
新船の名前は「絆」大南風 大川ゆかり 201209
航跡の渦立ちあがる大南風 柴田志津子 201310
派手に着く巨船の汽笛大南風 栗原京子 201312
大南風時折ヨーデルの確と 田部井幸枝 201409
波すべて波間に消ゆる大南風 齋藤厚子 201409
摩天楼天辺磨き大南風 稲畑廣太郎 ホトトギス 201506
海を愛せし男攫ひぬ大南風 千田百里 201507
あみ清の屋形の旗や大南風 佐藤博重 春燈 201508
だしぬけに竹のよろこぶ大南風 生田作 風土 201508
大南風 鍛冶屋窟をひと抉り 比嘉半升 万象 201508
鵜の礁仏の岬大南風 和田照海 京鹿子 201510
ゴスペルソング波止の市場の大南風 中澤弘 春燈 201608
濡れてゐる山を揺さぶる大南風 山内碧 201609
島浦にころがる魚籠や大南風 今井吉子 馬醉木 201610
夕潮に棹さす渡し大南風 椎名文子 末黒野 201612
まなかひに大桟橋置き大南風 川田好子 風土 201708
象の耳獅子の鬣大南風 甕秀麿 201709
大南風白き素足を愛しめり 中島陽華 201710
悲話秘むる七里が浜や大南風 宮崎他異雅 末黒野 201710
熊楠を育てし島の大南風 長谷川翠 馬醉木 201808
客船は旅するホテル大南風 福島茂 201808
戦場へ向かふ缶詰大南風 柴田佐知子 201809
傾いて水平線や大南風 定梶じょう あを 201808
要塞めくホテルオークラ大南風 笹村恵美子 201809
大南風勝鬨橋を渡り切る 大山夏子 201902
空から色棚田を抜ける大南風 若泉真樹 201904
遥かなる嵐の海よ大南風 今井肖子 ホトトギス 201908
応援の女学生の声大南風 小林紫乃 春燈 201909
全身で受く艦橋の大南風 涌羅由美 ホトトギス 201911
大南風市場の口の定食屋 青谷小枝 やぶれ傘 202007
桟橋のきいきいと鳴る大南風 長岡千波 202009
藤の蔓空に遊びし大南風 中貞子 202009
ままならぬ母の看取りや大南風 森清堯 末黒野 202009
標識の海までの距離大南風 斉藤マキ子 末黒野 202009
海見えるゴルフコースや大南風 平佐悦子 202107
大南風紀淡海峡抉じ開くる 山田佳乃 ホトトギス 202111

 

2022年6月14日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。