削り氷 削氷 氷店     15句

氷店がひよいと出来て白波     尾崎放哉

氷水  かき氷  夏氷 氷旗  氷店・削氷

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
対岸の氷店見て橋渡る 丸川越司 円虹 199910  
ふる里やアルミの匙の氷店 宮本俊子 雨月 200208  
削氷の音のたまりて止まりたる 中原道夫 銀化 200210  
国宝の城のたもとの氷店 鷹羽狩行 200409  
ももいろの削氷太宰生家前 中村恭子 200611  
削り氷の氷の繊維剥くやうに 鈴木榮子 春燈 200710  
削り氷の上品あてなるものの一つとよ 鈴木栄子 春燈 200711  
削氷の峰を崩して銀スプーン 密門令子 雨月 201011  
空に満つ光を削り氷菓とす 柳川晋 201208  
氷店の旗のまぶしく揺れてをり 長久保郁子 かさね 201209  
参道の闇を点して氷店 金井裕子 風土 201409  
氷店尺貫法を活き活きと 甲州千草 201611  
近江児や削り氷にあまづらを 中島陽華 201709  
氷店旗ひるがへる叛旗かも 定梶じょう あを 201909  

 

2020年7月26日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。