8     100句

泣くことも柿剥くことも下手なりけり    橋間石

柿  熟柿  渋柿  干柿  吊し柿  柿簾

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
柿食うべ相続放棄の話など 渡邉美保 火星 200711  
山柿の上にまた家平家村 大畠政子 雨月 200711  
また一羽柿の実に来る鴉かな 中山静枝 200712  
熊除けの鈴響かせり柿の里 島田山流 春燈 200712  
信濃柿二霜に黒く甘きかな 滝沢伊代次 万象 200712  
柿生るに猿よけの網重ねをり 森本数子 200712  
柿照るやいまも人住む武家屋敷 長谷川閑乙 馬醉木 200712  
リウマチの手首柿剥くことさへも 大橋敦子 雨月 200712
柿食べ胃の冷えゆくを目のあたり 大橋敦子 雨月 200712  
信濃柿小粒つぶらに朝日さす 阿部ひろし 酸漿 200712  
甘柿にむらがりし子らみな遠し 篠原普美子 酸漿 200712  
谷底で柿どんぐりと出合ひたり 浮田胤子 ぐろっけ 200712  
柿を剥くまないた少し濡れてゐて 長沼紫紅 200712  
望郷や柿に渋みの少しあり 高倉和子 200712  
保育士の声よく通る柿日和 荒井千佐代 200712  
嫁取らぬ男が一人柿を捥ぐ 大塚民枝 酸漿 200712  
柿日和ゴルフに和む古稀と喜寿 河本利一 200801  
照柿を描き追慕の日々寧し 村上光子 馬醉木 200801  
病む母に気力もどりぬ柿の秋 久留米脩二 馬醉木 200801  
筆柿の蕩けさうなる氷室口 近藤きくえ 200801  
柿たわわ旅の取材を見てゐたり 佐藤康子 遠嶺 200801  
師の里の柿岡盆地柿たわわ 岡野ひろ子 200801  
柿たわわ干し物たわわ峡日和 伊藤トキノ 200801  
秋なれや仏の妻に柿と栗 廣瀬義一 雨月 200801  
存念のいろとなりけり柿の村 高橋邦夫 風土 200801  
住み古るや小粒になりし百匁柿 森田節子 風土 200801  
烏骨鶏の卵に続き柿届く 柴田久子 風土 200801  
夫と捥ぎし日のありありと柿日和 吉田陽代 200801  
柿の村家のしきたり細るなり 森本虹泉 京鹿子 200801  
落ちし柿猿蟹合戦ありしがごと 鈴木ひろ子 200801  
醂柿とどきて風の変りそむ 小泉良子 200801  
日あたりのよくてしあはせ吊し柿 あさなが捷 200801  
離島より渋抜中の柿届く 伊藤白潮 200801  
つり橋の著き錆いろ柿日和 飛鳥由紀 200801  
吹き降りに突つ支ひ付け足し柿の枝 大井邦子 ぐろっけ 200801  
生花展先づ千生りの信濃柿 勝野薫 ぐろっけ 200801  
女より男やさしく醂柿 池田澄子 200801  
軒下に大根も柿も吊すなり 鎌倉喜久恵 あを 200801  
つやつやと正坐してをり富有柿 芝尚子 あを 200801  
ふるさとを持つ隣人の柿すだれ 須賀敏子 あを 200801  
干柿を吊すひとりの生活かな 福地初江 200801  
乾くほど音譜のやうな吊し柿 安達実生子 200802  
干柿の甘くなるころ柿の里 吉原一暁 200802  
柿を剥く皮につぶやく一人言 岡野ひろ子 200802  
大内宿の藁葺き屋根や吊し柿 廣澤成美 春燈 200802  
胸奥の灯はふる里の富有柿 宮澤さくら 遠嶺 200802  
初物や親子三人柿一つ 大坪景章 万象 200802  
思ひつきり柿食ふ鵯をおどしたき 久津見風牛 200802  
老人に両手を振らすコロ柿村 丸山佳子 京鹿子 200802  
柿すだれあかがね街道花輪宿 高瀬志ず江 風土 200802  
御詠歌の流れ干柿吊す寺 椿和枝 200802  
真つ先に日の差す本家柿を干す 藤井佐和子 200802  
台柿の一枝置かるミュージアム 坂口夫佐子 火星 200802  
老爺柿の棘の勁きに恐れ入る 大橋敦子 雨月 200802  
山寺の軒びっしりと柿干せる 磯野しをり 雨月 200802  
鈴なりの豆柿あさる鳥の群 木内美保子 六花 200802  
座りよき富有柿父に供へけり 池崎るり子 六花 200802  
軒下に夕日を受くる吊し柿 池崎るり子 六花 200802  
あるじ無き見上ぐる空に柿の朱 池崎るり子 六花 200802  
庭の柿貰うて帰る柿日和 小黒加支 酸漿 200802  
一本道たわわに柿の色づけり 小島三恵 酸漿 200802  
柿照るや沼面遍く日を受けて 煙山郷子 200802  
柿の庭多し此処等も東京都 嶋田一歩 ホトトギス 200803  
日本の青空がある柿を捥ぐ 嶋田一歩 ホトトギス 200803  
ヒッチコック深夜劇場柿を剥く 嶋田一歩 ホトトギス 200803  
古老柿の木成りの味の誠かな 高木智 京鹿子 200803  
柿の木の鴉を追へる連れ雀 森津三郎 京鹿子 200803  
より高くたかく串柿干し連ね 大石よし子 雨月 200803  
宅配の匂ひで判る醂柿 笠井敦子 200803  
日も闇も手塩のひとつ吊し柿 湯浅夏以 遠嶺 200803  
笊いつぱい賜る伊豆の名無し柿 湯浅夏以 遠嶺 200803  
語らずも心通へり柿なます 赤池英津子 遠嶺 200803  
柿日和このごろ姉は飛んでいる 火箱遊歩 船団 200803  
ぬくぬくと叱られていた柿の空 中原幸子 船団 200803  
日を浴びて富士に向き合ふ柿すだれ 岡田章子 ぐろっけ 200803  
干し柿のすだれにぎはふ峡の村 河井富美子 ぐろっけ 200803  
柿たわわあの野郎まだ健在に 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
柿色に柿はなりつつ法隆寺 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
弟がたいてい利発柿の家 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
柿抱いてワコール本社ボイラーマン 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
柿たわわ妊婦一行通りゆく 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
柿たわわけんけんぱあの一人っ子 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
柿たわわきれいな嘘があるような 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
ひつそりと花を咲かせしことも柿 稲畑汀子 ホトトギス 200806  
柿日和ともだち日和パーで勝つ 中原幸子 船団 200806  
ポン菓子と柿売りもいるソウル街 陽山道子 船団 200806  
箱詰めの柿健康を誇りけり 浅田光喜 絵巻物 200806  
鈴生りはよし甘柿も渋柿も 丁野弘 200810  
雲満ちて会津身不知柿の秋 須田紅三郎 200810  
はや許す思ひ明かさず柿をむく 木村風師 馬醉木 200811  
西国や柿の潰るる石畳 小林朱夏 200811  
校長の渾名渋柿なつかしや 湯上稔子 春燈 200812  
渋柿に串刺す頃やわが生地 山中宏子 200812  
峰寺へ行く道柿のたわわなる 池田光子 200812  
手折らるる高さに柿の色づけり 吉沢陽子 200812  
詩詠みは柿好きと聞く柿の秋 須藤トモ子 200812  
一斉に灯点る色に柿の店 須藤トモ子 200812  
遠景に畝傍山あり柿うるる 石脇みはる 200812  
好晴や挘ぎてたもれと柿たわわ 林翔 200812  
柿熟るる長嶋が去り王が去り 小林奈穂 200812 柿 →9

2019年11月8日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。