12     188句

柿食ふやすでに至福の余生かな  結城昌治  歳月

柿  熟柿  渋柿  干柿  吊し柿  柿簾

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
柿二つ机上に子規を祀りけり 大橋伊佐子 末黒野 201201  
斑鳩の茜したたる木守柿 宇都宮敦子 201201  
離村の家更地となりて柿たわわ 海野みち子 万象 201201  
柿ひとつ残して暮るる殉難碑 佐々木新 春燈 201201  
柿の実に赤き陽あたる朝かな 松本周二 かさね 201201  
屑籠に投げて届きし柿の蔕 小林清之介 風土 201201  
山僧に妻子のありて柿をもぐ 内藤三男 ぐろっけ 201201  
山柿活く華台に一つ転ばせて 野口喜久子 ぐろっけ 201201  
山柿を流派問はずに投げ入れて 野口喜久子 ぐろっけ 201201  
名水の郷に父母なし柿熟るる 三浦澄江 ぐろっけ 201201  
柿はみな尻から太る伊賀上野 坪内稔典 船団 201201  
飯給駅いたぶえき過ぎ柿日和定まれり 田中貞雄 ろんど 201201  
来し方の捨て石の数柿の蔕 田中貞雄 ろんど 201201  
老いたれば老ゆるこころに柿日和 藤岡紫水 京鹿子 201201  
柿だけが留守番してゐる父の家 杉井真由美 京鹿子 201201  
村人の数より多き小鈴柿 吉田政江 201201  
残りけり柿の次郎が肩張つて 辻美奈子 201201  
青空の半濁点や木守柿 久染康子 201201  
柿赤し半鐘いまだ残る村 荒井千瑳子 201201  
きざ柿の良きころあひの古墳山 山田美恵子 火星 201201  
柿捥ぎのみんなに空の眩しかり 蘭定かず子 火星 201201  
ながれ雲柿含羞の色となる 梶浦玲良子 六花 201201  
手の届くところまで柿たわわなり 永田万年青 六花 201201  
柿熟るる空青々と広がりぬ 五ケ瀬川流一 六花 201201  
柿もぎの梯子の向きを変へにけり 大崎紀夫 やぶれ傘 201201  
柿熟るる伊香保の町に入りにけり 廣瀬雅男 やぶれ傘 201201  
柿の木や実と葉と枝と空と風 きくちきみえ やぶれ傘 201201  
柿の実の二つ三つはや柿色に きくちきみえ やぶれ傘 201201  
峡の日を独り占めせる残り柿 中井登喜子 201202  
木守柿に歴史の重み光堂 川崎利子 201202  
手に愛づる陶の光の富有柿 山下佳子 馬醉木 201202  
柿主の年取られたる柿日和 井上信子 201202  
柿を剥く子規のつむりの尖りやう 荒木甫 201202  
選ばれて空をとほくに木守柿 甕秀麿 201202  
天地の恵みの彩よ柿たわわ 近藤きくえ 201202  
柿山に件の男来たりけり 瀬川公馨 201202  
幽邃や柿色づきて水の張り 佐藤喜仙 かさね 201202  
柿熟るる隣家やさしき昭和顔 乾有杏 201202  
柿穫れば賑はひ失せてしまひけり 田代貞枝 201202  
木守柿おき火のごとく残りをり 渡部節郎 201202  
遠富士のけふよく晴れて木守柿 高橋あさの 201202  
原罪を背負ひて柿の枝に潰ゆ 佐川三枝子 201202  
富有柿熟れると友の便りくる 池田光子 201202  
庭先の柿の樹実り孫集ふ 神田惣介 京鹿子 201202  
老いてなほ柿は朱色につつまれり 伊藤希眸 京鹿子 201202  
分銅のごとく垂れをり蜂屋柿 浅岡麻實 末黒野 201202  
山城の川風頼み柿屋組む 隅田恵子 雨月 201202  
日表の柿の艶めきたわわなる 本多正子 雨月 201202  
木守柿ななつ残れるたたずまひ だいじみどり 201203  
青空の孤独を癒す木守柿 安武晨子 201203  
熟れ柿をいただきますと鵯の鳴く 府川昭子 春燈 201203  
木守柿雨の日暮となりにけり 府川昭子 春燈 201203  
木守柿視線の的となりてをり 黒澤登美枝 201203  
柿出荷終へたる村の軽くなる 中村房子 馬醉木 201203  
岬村の睡りの深き残し柿 葉山彰 ろんど 201203  
残る柿みな啄まれ年暮るる 生田作 風土 201203  
山里の空をひろげて柿明か 渡辺絹代 末黒野 201203  
動くともなく雲動く木守柿 渡辺絹代 末黒野 201203  
柿熟れてだらだら坂の珈琲屋 佐々木紗知 京鹿子 201203  
木守柿二十も残し熟れに熟れ 福田かよ子 ぐろっけ 201203  
めぐまれし余生と思ふ木守柿 三浦澄江 ぐろっけ 201203  
柿熟るる庭を囲ひて売地札 村田とくみ ぐろっけ 201203  
柿熟るる隣はひよこ鑑別所 松下八重美 夢見の鐘 201203  
用水を挟む田と畑木守柿 渡邉孝彦 やぶれ傘 201203  
青空を背に赤々と木守柿 小林美登里 かさね 201204  
脳神経病院へ行く道の柿 渡邊孝彦 やぶれ傘 201204  
前掛けの中にあふるる母の柿 亀井紀子 201205  
反骨の言葉溜めおり残し柿 葉山彰 ろんど 201205  
そこだけが昔のままや柿の空 近藤牧男 六月 201206  
遠富士や祭りのごとき柿畑 上原重一 201208  
木の柿をもぎきて大和ほとけ道 北崎展江 くりから 201209  
子規詠みし鐘いまも鳴る柿の秋 北崎展江 くりから 201209  
甲冑堂閉ざされてあり柿の秋 酒井秀郎 返り花 201211  
柿の実を触ってしまふ夕茜 吉弘恭子 あを 201211  
重連の汽笛に暮るる柿の秋 藤井君江 馬醉木 201212  
友垣にふと逢ひさうな柿の村 小池清司 かさね 201212  
柿買つて波郷桂郎つつがなし 神蔵器 風土 201212  
隣のが早く色づく庭の柿 藤田京子 ぐろっけ 201212  
柿食べてまだもう少し生きむかな 鈴木良戈 201212  
み吉野の柿盛る篭の粗目なる 笹村政子 六花 201212  
近頃はピアノ聞えず柿の家 田中藤穂 あを 201212  
なほ惜しむ旅の土産のおけさ柿 竹内悦子 201301  
柿の一片庭に鴉の落しもの 西郷慶子 201301  
山の辺のガールリュックはみ出す柿の枝 鈴木照子 201301  
飛鳥路の笑顔の媼柿を剥く 吉田宏之 201301  
白壁に柿の実映ゆる二月堂 吉田宏之 201301  
柿喰うて内子白壁和らふそく 山崎里美 201301  
三つ四つ柿ころげ出て絵師の目に 中村恭子 201301  
須弥壇に柿供へたる火影かな 荒井和昭 201301  
柿届く美濃は母の地祖父母の地 坂場章子 201301  
火入れ待つ窯閑々と柿の朱 コ田千鶴子 馬醉木 201301  
白柿の朱塗の盆に盛られけり 宮田豊子 春燈 201301  
柿の実の万朶の大樹来迎図 中野京子 201301  
天地のなせる業とや柿撓 山根征子 201301  
柿の実の色濃くなりし分水嶺 中田禎子 201301  
柿照るや柿生の里をひと巡り 鈴木セツ 201301  
竿ひねり枝ごと捥ぐやたわわ柿 青木英林 かさね 201301  
柿の実の枝越しに見る筑波山 吉田博行 かさね 201301  
きのふより今日の色なる柿を捥ぐ 布施まさ子 風土 201301  
柿一つ夕卓にあるひかりかな 中山純子 万象 201301  
柿の秋古都には古都の色があり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201310  
この辺り古戦場とや柿の秋 稲畑廣太郎 ホトトギス 201310  
里山に忘れられたる柿たわわ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201310  
柿たわわ裏木戸出れば聚楽町 桂樟蹊子 201310  
柿の秋横川の忌日巡り来る 稲畑廣太郎 ホトトギス 201310  
柿食うて子規は心に生き続け 稲畑廣太郎 ホトトギス 201310  
長命を約して柿の坂くだる 丸山佳子 京鹿子 201310  
一つ一つ千の夕日の禅師丸柿(ぜんじまる) 神蔵器 風土 201311  
柿もぐや牧水の歌口に出て 神蔵器 風土 201311  
座の柿のみるみる剥かれ坊泊り 山田美恵子 火星 201312  
筆柿に東の日の差しきたり 山田六甲 六花 201312  
浮雲の懸る菩薩嶺柿の秋 井上石動 あを 201312  
木枯や不作の柿をゆさぶれる 瀧春一 花石榴 201312  
薬師三尊三顆の柿を献供せり 瀧春一 花石榴 201312 鎌倉覚園寺
柿を捥ぐ色濃きものはまだ僅か 青木英林 かさね 201312  
柿剥くや長々と堆み母の皿 深澤鱶 火星 201312  
裾合ひのふるさと柿の実るころ 山口ひろよ 201312  
絶対に甘柿と言ふ苗木買ふ 瀧春一 花石榴 201312  
大病を凌ぎしひとや木練柿 深澤鱶 火星 201312  
漬物のかくし味とし柿の皮 乗光雅子 雨月 201312  
昔話柿くるくると剥きながら 和田政子 201401  
柿を捥ぐ慣ひの絶えて故郷遠し 北尾章郎 201401  
柿の皮引きをり影を浮かさずに 柳本渓光 ろんど 201401  
次郎柿仏間の奥へ日が射せり 福島せいぎ 万象 201401  
山柿の大粒小粒海まさを 中村恭子 201401  
わが捥ぎし柿より多く賜りぬ 上坂渥子 雨月 201401  
背をのべて齢諾ふ柿の秋 柴田志津子 201401  
ころ柿や祖母の口上ありぬべし 松木ひろ ろんど 201401  
仏にひとつわれにひとつの柿を買ふ 舩山東子 ろんど 201401  
訪ぬれば寺はしづかや柿の秋 千葉惠美子 末黒野 201401  
さはし柿残る青さにある甘味 上坂渥子 雨月 201401  
さりげなく子規の机に柿置かれ 山本無蓋 201401  
鈴生りの柿にあてがふ竹の棹 大村かし子 万象 201401  
霊山のこだま痩せゐし柿の艶 浜口高子 火星 201401  
外に一歩出れば旅人や柿日和 山田春生 万象 201401  
歪なる柿の甘さにある有情 上坂渥子 雨月 201401  
柿捥ぐや日輪のきら真つ向に 山田美恵子 火星 201401  
柿たわわ旅情いや増す宿場道 桂敦子 201401  
柿の実も取らで年越す古屋かな 池内とほる かさね 201401  
柿もぎて青空の張り乱したる 塩川君子 末黒野 201401  
柿を捥ぐ真上に小松空路あり 上坂渥子 雨月 201401  
柿をむく夫と二人の時間かな 高倉恵美子 201401  
柿一つ去来の墓の閑かなる 東野鈴子 雨月 201401  
柿甘しかの日ざらしの少年期 蘭定かず子 火星 201401  
柿採りの指図に息の合はぬ竿 山田美恵子 火星 201401  
柿切ればスライスされし柿の種 丑久保勲 やぶれ傘 201401  
柿買うて来ぬ六尺の孫学士 田中臥石 末黒野 201401  
柿剥いて七曜とかく忘じがち 窪田佳津子 雨月 201401  
タオル首奈良より来たと柿盛らる 池田久恵 ぐろっけ 201401  
孫太郎の生薬売りや柿たわわ 塩路隆子 201401  
朝日受け撓ふ柿の実おいしさう 鷲見たえ子 201401  
柿葡萄酒も供へて欣一忌 山田春生 万象 201402  
燃え色の柿の落葉や踏まずゆく 堀光子 春燈 201402  
ごみ箱に妻のほかせし柿の種 市川伊團次 六花 201402  
何時の間に越えゐし傘寿柿日和 古沢幸次 ろんど 201402  
百年を隣りあふ庭柿日和 宮口征子 馬醉木 201402  
墓地の隅かがやく十一月の柿 大坪景章 万象 201402 綾子先生へ
母の歯に適ふ堅さの柿を選る 布施由岐子 末黒野 201402  
種なし柿種の記憶をとどめをり 楠原幹子 201402  
木曽路ではたわわに実る柿ばかり 三橋早苗 ぐろっけ 201402  
唯一の和室の障子柿の影 向江醇子 ぐろっけ 201402  
柿捥いで空に空色戻しけり 住田千代子 六花 201402  
柿ころぶ一度大きく跳ねてから 住田千代子 六花 201402  
柿たわわ高枝鋏振り回し 木曽鈴子 ぐろっけ 201402  
柿たわわ峠の先のわたつうみ 近藤紀子 201402  
柿を捥ぐ梢仰てくらくらす 木曽鈴子 ぐろっけ 201402  
柿喰みつ遠目に小さき石舞台 坂根宏子 201402 御破裂山辺り
柿採りの竿の届かぬ柿大き 大崎ナツミ 雨月 201402  
柿剥きの絡繰発条と歯車と 村高卯 201402  
串柿の人並みと言ふ横ならび 熊川暁子 201402  
袖で柿ぬぐうて父祖の地は遠し 天谷翔子 201402  
池の上にたわわ傾く残り柿 水野範子 ぐろっけ 201402  
通る子が見てゆく柿を捥ぎをれば 大崎ナツミ 雨月 201402  
なにもせぬ日や燈下濃し柿甘し 中山純子 万象 201402  
柿の種吐き出し話ねんごろに 水野範子 ぐろっけ 201402  
取れそうもなき柿の実の赤々と 松田泰子 末黒野 201402  
塀の穴覗き食べ頃次郎柿 山田正子 201402  
音沈み柿の実落つる舊校舎 中山純子 万象 201402  
縄に蔕残して柿の落ちにけり 住田千代子 六花 201402  
豆柿の空にひといろおきざりに 吉弘恭子 あを 201402  
百匁柿百箇を剥きて柿大尽 野畑さゆり 201403  
手を引いて母の故郷柿たわわ 名倉悦子 ろんど 201403  
柿たわわ安藤忠雄の教会の 梨地ことこ 船団 201403  
柿日和爪研ぐ猫とわたくしと 鶴濱節子 船団 201403  
柿撓む鏡湖にうつす鐘の音 上野紫泉 京鹿子 201403  
高き枝に初生り柿はあばたなる 村田とくみ ぐろっけ 201403  
採り終へし柿に枝振りもどらざり 山本耀子 絵襖 201404  
甘柿の確かな証拠黒斑点 石川かおり 福袋 201404 柿→13

 

2015年10月14日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。