季語のリクエストお待ちしています。

 


 

 

鰯雲 4     100句

喪の母のひよろりと出づる鰯雲   山田みずえ   読本・歳時記

鱗雲  鰯雲  鯖雲  いわし雲

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
鰯雲千曲川ちくまはなれて水迅し 戸村よねこ 遠嶺 200412  
鰯雲天文台も貝塚も 雨村敏子 200412  
鰯雲きのふのひとにまた出会ひ 大木雄一 草の花 200412  
立話の一抜け二抜け鰯雲 伊東テル子 草の花 200412  
町の名にコタンの名残り鰯雲 川井政子 風土 200412  
母知らず母にもなれず鰯雲 吉田眞弓 雨月 200412  
鰯雲身辺整理先送 関位安代 帆船 200412  
磯の香の車内に満ちて鰯雲 浅田光蛙 対岸 200412  
お名前にお顔つながり鰯雲 伊藤以玖子 対岸 200412  
鰯雲笑顔を乗せて人力車 伊藤以玖子 対岸 200412  
スマッシュの白き一閃鰯雲 甲斐よしあき 百鳥 200412  
失敗談聞きたがる子や鰯雲 藤井智恵子 百鳥 200412  
奥の院あり鰯雲なほ高く 鈴木實 百鳥 200412  
並べ干す木偶の衣裳や鰯雲 櫻井幹郎 百鳥 200412  
長城への道を辿るに鰯雲 渡邊睦夫 200412  
帆を高く寄港の船や鰯雲 鶴田武子 春耕 200412  
城山になだれ込みたる鰯雲 木内美保子 六花 200412  
来し方の思ひびつしり鰯雲 山口速 200412  
鰯雲縁といふべし母と子も 瀬下るか 200501  
間合とるトランポリンや鰯雲 岡本崇 200501  
子を宿す娘の顔やさし鰯雲 内堀京子 河鹿 200501  
鰯雲流れ砂丘は残さるる 有働亨 馬醉木 200501  
黒牛の草食みこぼす鰯雲 木村仁美 馬醉木 200501  
スーパーの袋両手に鰯雲 山火律子 200501  
人待ちの駅前広場鰯雲 岸幸子 帆船 200501  
眞直角の点字ブロック鰯雲 木野本加寿江 火星 200501  
竹とんぼつひに飛びけり鰯雲 菅龍一 百鳥 200501  
三十八歳戦死の父や鰯雲 吉田眞弓 雨月 200501  
鳴き行ける群鴉茜の鰯雲 松林順子 雨月 200501  
友と逢ふも訣るるも波止鰯雲 片山喜久子 雨月 200501  
水を吸ふ巨木のひびき鰯雲 柴田朱美 京鹿子 200501  
職引いて都心は遠し鰯雲 坂路照子 築港 200501  
きりもなく増えゆく鰯雲かいな 市場基巳 200502  
鰯雲飛込台の上流る 松浦途子 ぐろっけ 200502  
鰯雲遠くなりたる人数多 西谷桂子 200502  
空広く小城下の上鰯雲 浅井青陽子 ホトトギス 200503  
見えすいた言訳ならべ鰯雲 八木蝉息 200504  
鰯雲高層ビルに被さりぬ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200509  
玻璃といふ玻璃を彩り鰯雲 稲畑廣太郎 ホトトギス 200509  
通夜明けてあふげる空に鰯雲 瀧春一 菜園 200509  
鰯雲こぞの冬帽をけふかぶる 瀧春一 菜園 200509  
鰯雲城址の森を出で来れば 阿部ひろし 酸漿 200510  
鰯雲海の若狭は御食国みけつくに 能村研三 200510 若狭
鰯雲仰ぎつつ身はいつか海 小澤克己 遠嶺 200511  
師の在さば胃を病む頃か鰯雲 今瀬剛一 対岸 200511  
伏せてある子規の味噌甕鰯雲 神蔵器 風土 200511  
一杖に託す歩みや鰯雲 坂路照子 築港 200511  
鰯雲ビルを背中に善福寺 斉藤裕子 あを 200511  
歩兵たりし句弟子のひとり鰯雲 淵脇護 河鹿 200512  
鰯雲四年の家に馴じみけり 山内重子 四葩 200512  
コスモスと思へばカオス鰯雲 高橋将夫 200512  
結論はどうにかなるさ鰯雲 倉持梨恵 200512  
田仕舞の志摩にひろごる鰯雲 小山漂葉 酸漿 200512  
鰯雲憂き事忘れ見上げをり 南原正子 酸漿 200512  
〓(魚入)挿して琵琶湖平らや鰯雲 柿沼盟子 風土 200512  
子規庵の屋根に満ち来る鰯雲 足立のり子 栴檀 200512  
鰯雲歯の二十本残し逝く 明石文子 ぐろっけ 200512  
網を打つ漁師の構へ鰯雲 武本節子 築港 200512  
里の空はみ出してゆく鰯雲 湯川雅 ホトトギス 200601  
鰯雲洗濯物の陽の匂ひ 古賀美喜恵 河鹿 200601  
明日もまた佳き日とならむ鰯雲 永田歌子 遠嶺 200601  
運ひらく兆しとしたき鰯雲 大石たか 遠嶺 200601  
外輪船待つ間湖上に鰯雲 山崎泰世 200601  
伊予近しいよよ傾く鰯雲 鷹羽狩行 200601 松山
筑波嶺へ網打つごとし鰯雲 岡崎真子 百鳥 200601  
宮殿と牢獄隣る鰯雲 南恵子 栴檀 200601  
鰯雲山気硫気を身にまとひ 高橋澄子 200601  
好きなところ見つける努力鰯雲 倉持梨恵 200601  
蔵町と秩父嶺つなぐ鰯雲 大西八州雄 万象 200601  
一病にて息災といふ鰯雲 あさなが捷 200601  
鰯雲石載せ浸すめんぱ木地 海野みち子 万象 200602  
うれしさの徐々にふくらみ鰯雲 飯高あい 対岸 200602  
存らへて見果てぬ夢や鰯雲 関戸文子 酸漿 200602  
鰯雲武家屋敷よりピアノの音 鵜飼正子 栴檀 200602  
積まれたる祈りの石や鰯雲 遠野萌 200602  
鰯雲松悉く横枝張る 瀧春一 常念 200606  
鰯雲後ろあるきを三十歩 桑原泰子 八千草 200608  
良寛と遊び惚けて鰯雲 近藤公子 200610  
盆棚に眼鏡を添へて『鰯雲』 鈴木とおる 風土 200610  
登り来て島より低き鰯雲 鷹羽狩行 200611 尾道
紅つけて力おぎなふ鰯雲 出来由子 200611  
「黒い雨」本棚にあり鰯雲 竹下幸子 火星 200611  
屋上に病衣の乾く鰯雲 福地初江 200611  
コーヒーはきりりとトラジャ鰯雲 赤座典子 あを 200611  
往き帰り歩くと決めて鰯雲 吉田陽代 200611  
鰯雲押し寄せてくる海の町 今橋眞理子 ホトトギス 200612  
駅ビルのガラス万枚鰯雲 村上絢子 馬醉木 200612  
天網の疎より広ごり鰯雲 北川英子 200612  
健駄羅ガンダーラへ行く途中かい鰯雲 片山タケ子 200612  
無人駅に一人降り立ち鰯雲 安達風越 雨月 200612  
生家への一本道を鰯雲 内山芳子 ぐろっけ 200612  
子規庵に「はて知らずの記」鰯雲 井口ふみ緒 風土 200612  
おほらかな母の虚言鰯雲 斉藤裕子 あを 200612  
北国に吾子働けり鰯雲 加瀬美代子 200612  
航空兵夢みしむかし鰯雲 山口速 200701  
昼よりも夜の鰯雲大漁型 鈴木榮子 春燈 200701  
鰯雲水を増やして礼文滝 江草礼 春燈 200701  
山あいの空埋めつくす鰯雲 数長藤代 200701  
エプロンは母の制服鰯雲 荒木甫 200701  
島と島結ぶ水路や鰯雲 永田歌子 遠嶺 200701 鰯雲 5→

2010年10月4日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

掲載年月順です。

ご希望の季語又は語彙がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。