いわし雲     230句

鱗雲  鰯雲  鯖雲  いわし雲

いわし雲おおいなる瀬をさかのぼる   飯田蛇笏  春蘭

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
地震の街覆ひて余るいわし雲 山田弘子 春節 199503  
見ぬ国へ行きたい日ありいわし雲 丸山佳子 京鹿子 199901  
その奥を月の走れるいわし雲 長谷川翠 馬醉木 199902  
いわし雲両手に受けて街へ出る 山中宏 船団 199903  
いわし雲稿持ちて師を訪ひしころ 岡本眸 199909 『知己』
東京がもとより故郷いわし雲 吉田明 199911  
いわし雲山羊のみね子が恋をする 小枝恵美子 ポケット 199911  
遠き子に新米送るいわし雲 岸のふ 馬醉木 199912  
いわし雲小さな小さな法隆寺 樫井賢一 船団 199912  
誰よりもぼくを呼んでるいわし雲 朝倉晴美 船団 199912  
階段は二段飛ばしでいわし雲 津田このみ 月ひとしずく 199912  
出漁を決めかねてをりいわし雲 中村祭生 ぐろっけ 199912  
弘法の草鞋なりけるいわし雲 栗栖恵通子 200001  
角乗りの倒立きまるいわし雲 島田万紀子 馬醉木 200002  
いわし雲一万尺の空の丈 貝森光大 六花 200002  
網棚にジャンプマガジンいわし雲 山本純子 船団 200006  
いわし雲いづこの森も祭にて 水原秋櫻子 馬醉木 200010  
いわし雲何を読んでも泪ぐむ 白岩三郎 馬醉木 200011  
漕ぎ揃ふ櫂は翼よいわし雲 丹羽啓子 馬醉木 200011  
いわし雲離散といふはかく疾し 坂本俊子 200011  
いわし雲アクアラインに風の塔 陣野今日子 風土 200012  
いわし雲嬬恋村に捨てキャベツ 陣野今日子 風土 200012  
いわし雲潮湿りして腕かな 岩月優美子 200012  
故郷の空まで続くいわし雲 佐山文子 200012  
山いくつ越え行く気球いわし雲 斉木永久 馬醉木 200101  
いわし雲片目つぶりてコンパクト 塩貝朱千 京鹿子 200103  
たてよこにたわしが動くいわし雲 恵美子 船団 200105  
午後よりの網目を粗くいわし雲 能村登四郎 羽化 200110  
蔵王嶺の裏に控へていわし雲 鷹羽狩行 200111  
巨椋野や一網打盡のいわし雲 竹貫示虹 京鹿子 200111  
悩み事一つ解決いわし雲 桑原敏枝 いろり 200111  
毬入の宙に月山いわし雲 和田和子 馬醉木 200112  
杖ならぬステッキを突きいわし雲 達山丁字 200112  
来し方の幾山河やいわし雲 山口清子 200201  
いわし雲夜更けて月の暈二重 千代田葛彦 馬醉木 200201  
庭下駄に一日の温みいわし雲 城石美津子 京鹿子 200202  
僧過ぎてゆきし松原いわし雲 小澤克己 遠嶺 200209  
いわし雲まばたきをせし今が過去 川名将義 銀化 200210  
いわし雲久しく海の大を見ず 久保田雪枝 雨月 200211  
綱引の額仰向けりいわし雲 杉浦典子 火星 200212  
母に似て生涯猫背いわし雲 松岡映子 帆船 200212  
外出の予定なき日のいわし雲 梅原悠紀子 百鳥 200212  
山頂に残る石垣いわし雲 仲村洋子 百鳥 200301  
七階に露天風呂ありいわし雲 伊藤律子 帆船 200301  
家系図の途中の流木いわし雲 奥田筆子 京鹿子 200303  
不具合は取替へしますいわし雲 丸山分水 200309  
船笛に流れ速めしいわし雲 馬場公江 200310  
潮騒は空へ空へといわし雲 三嶋隆英 馬醉木 200311  
いわし雲浅間蓼科山たでしな架けわたし 藤原照子 200312  
天網のほつれし跡やいわし雲 深田稚敏 200312  
いわし雲蔦這ひのぼるドラム缶 藤田悦子 対岸 200312  
いわし雲妻の埋葬日和かな 鈴木とおる 風土 200312  
いわし雲小学校がいま終り 木下野生 200401  
辞儀出来るまでの訓練いわし雲 井上信子 200401  
紅鱗を海へと延べていわし雲 鷹羽狩行 200401  
画家は何故道を描くかいわし雲 浜中雅子 遠嶺 200401  
亡き妻と訪ひし奥蝦夷いわし雲 沼口蓬風 河鹿 200402  
いわし雲望遠鏡をあふれ出づ 杉浦典子 火星 200411  
あたらしき畳を担ぎいわし雲 木下野生 200411  
いわし雲水得る魚になりたがる 鈴鹿仁 京鹿子 200411  
あらためて孤りの生かいわし雲 岡本眸 200411  
物言はぬ母の病窓いわし雲 徳田正樹 河鹿 200412  
筑波嶺の錆色深むいわし雲 神宮きよい 馬醉木 200412  
告別の式終りけりいわし雲 木下野生 200412  
直線の多き空港いわし雲 長野純顕 対岸 200412  
教頭は猪首短足いわし雲 篠田たもつ 対岸 200412  
屋上で台詞の稽古いわし雲 十河秀子 百鳥 200412  
花の名は奇想天外いわし雲 藤森万里子 百鳥 200412  
子が少し離れて歩くいわし雲 中嶋陽子 風土 200501  
ひたむきに生きてゆきたしいわし雲 石塚ゆみ子 遠嶺 200501  
いわし雲穂高に翳を落さざる 澤田緑生 馬醉木 200501  
いわし雲火の入れられし登り窯 清原彰子 河鹿 200503  
いわし雲一気に馬上へ女騎手 淵脇護 河鹿 200510  
いわし雲三日寝込みて海女逝けり 松井志津子 200510  
いわし雲記念写真の目の笑ふ 星井千恵子 遠嶺 200511  
いわし雲妻との旅をこころざす 淵脇護 河鹿 200512  
校門の大き時計やいわし雲 松山正江 河鹿 200512  
来信にたまに本名いわし雲 鷹羽狩行 200512  
死火山は神住む海にいわし雲 松原仲子 200512  
合戦の大山崎のいわし雲 池田加代子 風土 200512  
いわし雲子等駈けまはる丘の上 熱田素子 築港 200512  
一行の詩が胸を占むいわし雲 松田有伽 河鹿 200601  
円周率は無限湧きつぐいわし雲 木船史舟 200601  
松の枝に猫かけ登るいわし雲 米澤光子 火星 200601  
取り戻すべきはどの顔いわし雲 石川英利 百鳥 200601  
一句もて登四郎の弟子いわし雲 堀口希望 200601  
いわし雲押し寄せてゐる波郷の墓 浅田光代 風土 200601  
いわし雲空のなぞなぞ遊びかも 重名逃魚 200612  
旧約・新約・英訳聖書いわし雲 荒井千佐代 200612  
いわし雲ことばにすれば伝はらず 倉持梨恵 200612  
いわし雲時間をつぶすための時間 倉持梨恵 200612  
いわし雲地平線まで続く道 森野俊子 遠嶺 200612  
いわし雲行けざる旅の案内かな 桑田青虎 ホトトギス 200701  
トルファンの旅の懐古のいわし雲 桑田青虎 ホトトギス 200701  
流鏑馬の騎手は少年いわし雲 大西八洲雄 万象 200701  
江戸つ子について路地裏いわし雲 柴崎則子 遠嶺 200702  
背景にいわし雲おき白亜仏 中村輝子 酸漿 200702  
外へ一歩ふみ出せば旅いわし雲 野村智恵子 八千草 200704  
窯出しや峠越え来ていわし雲 小林呼漢 200709  
海ここに始まる平戸いわし雲 鷹羽狩行 200711 長崎・平戸
いわし雲舟引き揚ぐる轆轤巻く 石田阿畏子 馬醉木 200711  
架線工事の男の孤独いわし雲 小城綾子 200712  
山の水手向けし夜のいわし雲 田村園子 200712  
いわし雲詠んで人間探究派 林昭太郎 200712  
壮年の父を知る人いわし雲 稲嶺法子 遠嶺 200712  
てのひらで包む子の手やいわし雲 藤井昌治 200712  
百歳を送る葬列いわし雲 飛鳥由紀 200801  
いわし雲橋の向かうにある母校 倉持梨恵 200801  
いわし雲ポテトチップス降りそうな 芳野ヒロユキ 船団 200801  
毛沢東の大肖像画いわし雲 田中敬 200802  
いわし雲阿修羅像まで行くつもり 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
大浦に仰ぐ尖塔いわし雲 藤見佳楠子 200811  
新宿に円型校舎いわし雲 和田政子 200811  
いわし雲路地にも昔失せにけり 千手和子 馬醉木 200811  
ひとことの波紋の幾重いわし雲 藤井寿江子 馬醉木 200811  
必然のやうに拡がるいわし雲 梅村すみを 200811  
ひたむきなりし日の記憶いわし雲 石塚ゆみ子 遠嶺 200812  
いわし雲大琵琶を出る川の幅 佐久間多佳子 京鹿子 200812  
さあ行こう寅さん気分いわし雲 粟倉昌子 200901  
蔵町の路地に醤油屋いわし雲 浜田はるみ 遠嶺 200901  
摩耶山より望む港やいわし雲 有田蟻太 200901  
来世まで擦り切れているいわし雲 貝森光洋 六花 200901  
いわし雲鳴門大橋渡りけり 小原徳男 遠嶺 200902  
がら空きの大駐車場いわし雲 曽我啓子 200902  
くんくんと膝を嗅がれぬいわし雲 宮嵜亀 船団 200903  
いわし雲飛行機雲を呑んでゆく 松村光典 やぶれ傘 200903  
一鱗も欠けざる冬のいわし雲 能村登四郎 200108  
地球儀の傾ぎ日本のいわし雲 安居正浩 200101  
浦住みは島住みに似るいわし雲 松井志津子 200101  
いわし雲路地にも昔なかりけり 鈴木多枝子 あを 200904  
紅絹裏は昭和で了るいわし雲 田中藤穂 あを 200909  
飛行機の窓いわし雲掬へさう 篠原まどか 炎環 200911  
身丈より高き跳箱いわし雲 水原春郎 馬醉木 200911  
胸の帆に風満つる日よいわし雲 益本三知子 馬醉木 200911  
土地よぎる単線電車いわし雲 早崎泰江 あを 200911  
快速にて琵琶湖一周いわし雲 中川すみ子 200912  
嘘ひとつ吐いて負ふ罪いわし雲 中野英伴 春燈 200912  
晩学に「亡羊の嘆」いわし雲 高橋和女 春燈 200912  
紙になる前の澱みやいわし雲 南うみを 風土 200912  
南吉の歩きし道のいわし雲 庵原典子 200912  
大いなる坂東太郎いわし雲 小原徳男 遠嶺 201001  
ともづなを手繰りて舫ふいわし雲 和田照海 京鹿子 201001  
鉄塔に鴉集まるいわし雲 穂苅照子 万象 201001  
地球儀の傾ぎ日本のいわし雲 安居正浩 200101  
浦住みは島住みに似るいわし雲 松井志津子 200101  
祖のごとく海より上がるいわし雲 高崎武義 201010  
高野槙ひさぐ三代いわし雲 徳田千鶴子 馬醉木 201011  
リュック背に踏みし祖国やいわし雲 中島久子 馬醉木 201011  
風という天空の箒いわし雲 貝森光洋 六花 201011  
月山の裏も表もいわし雲 江本路代 酸漿 201011  
いわし雲地平線まで広がれり 中村輝子 酸漿 201011  
富士山の高嶺に集ひいわし雲 寺田光香 201012  
月山のリフトに仰ぐいわし雲 佐藤ちさと 馬醉木 201012  
娘の抱く二つの祖国いわし雲 長山あや ホトトギス 201012  
北遠き告別の刻いわし雲 北川英子 201012 悼栗城光雄氏
前にならへ微調整するいわし雲 あさなが捷 201012  
いわし雲家出ごころにひと日旅 森茉明 京鹿子 201012  
老人の語る吉原いわし雲 山本無蓋 201012  
いわし雲展望台に音集め 和田政子 201012  
湖の真上広がるいわし雲 中川すみ子 201101  
いわし雲魚眼レンズを全開す 辻直美 201101  
いわし雲ときどき礁あらはなり 有賀昌子 やぶれ傘 201101  
遠足の弾ける子らにいわし雲 松村光典 やぶれ傘 201101  
末寺より集まる子弟いわし雲 鈴木榮子 繭玉 201105  
妻が希ふしあはせとは何いわし雲 成瀬櫻桃子 成瀬櫻桃子俳句選集 201105  
今井町の古き醤油屋いわし雲 塩路五郎 201110  
故郷に子午線標いわし雲 塩路五郎 201111  
いわし雲人は群れゐて独りなり 藤原たかを 馬醉木 201111  
無尽蔵とは乗鞍のいわし雲 上谷昌憲 201112  
まんだらの佛の百態いわし雲 西村純太 201112  
浅間より富士へ流るるいわし雲 三橋玲子 末黒野 201201  
伊予灘へ一気呵成のいわし雲 和田照海 京鹿子 201202  
紙切れとなつた晩年いわし雲 直江裕子 京鹿子 201202  
みをつくし沿ひを舟ゆくいわし雲 大崎紀夫 やぶれ傘 201203  
亀の手てふ貝は礁にいわし雲 有賀昌子 やぶれ傘 201204  
フクシマにつづくこの空いわし雲 鈴木セツ 201208  
いわし雲ピエロ真顔を見せにけり 西山浅彦 春燈 201210  
浦ごとに祈りの御堂いわし雲 中原俊之 201211  
海峡の大橋渡りいわし雲 大内由紀 末黒野 201211  
寝ころべば掴めさうなるいわし雲 竹内悦子 201211  
いわし雲いくつの別れ経て来たり 海村禮子 春燈 201212  
いわし雲齢しづかにのしかかる 松井志津子 201212  
恐竜の声あぐ重機いわし雲 小嶋洋子 201212  
ものぐさな裸電球いわし雲 土居通子 ろんど 201212  
貝塚の海へは三里いわし雲 本多ちづ子 馬醉木 201301  
駅伝の伊勢路走るやいわし雲 長島清山 かさね 201301  
とび島を一網打尽いわし雲 和田照海 京鹿子 201301  
いわし雲西の空より広がり来 飛高隆夫 万象 201301  
長腕の起重機の釣るいわし雲 小野弘正 末黒野 201301  
円周率習ひし頃のいわし雲 涼野海音 火星 201302  
いわし雲エルメス店に旗の立つ 細川知子 ぐろっけ 201302  
髪切つて屋上にゐるいわし雲 広渡敬雄 201303  
風紋を踏みゆく砂丘いわし雲 有賀昌子 やぶれ傘 201304  
原発の半円は海いわし雲 篠田純子 あを 201310  
いわし雲遠き踏切鳴りにけり 宮内とし子 201311  
しあはせ度何で量らんいわし雲 鈴木セツ 201311  
いわし雲地球ざわざわ住み難し 宮崎左智子 201312  
いわし雲想ひはあれど振り向かず 鈴鹿仁 京鹿子 201312 系露忌
いわし雲高速道路の大カーブ 那須淳男 馬醉木 201312  
いわし雲昭和の歌を口遊み 中井弘一 201401  
引越しのピアノ吊り上ぐいわし雲 藤田素子 火星 201401  
騎馬戦の大将落馬いわし雲 有賀昌子 やぶれ傘 201402  
親鸞の三帖和讃いわし雲 石橋邦子 春燈 201411  
海へ出てほぐれくれゆくいわし雲 豊田都峰 京鹿子 201411  
誰もかげばかりに夜のいわし雲 豊田都峰 京鹿子 201411  
一病は生有る証いわし雲 密門令子 雨月 201412  
いわし雲親子揃うてヘルメット 藤田素子 火星 201412  
同じ地図似たよなバッグいわし雲 笹村恵美子 201412  
父と訪ふ父の母校やいわし雲 浅木ノヱ 春燈 201501  
いわし雲赤組白組入場す 田所節子 201501  
いわし雲はたては砂のごとくなる 小林愛子 万象 201501  
此の径の此処に思ひ出いわし雲 鳳蛮華 201502  
殉教の地より始まるいわし雲 山本則男 201502  
こころざしなどと今更いわし雲 河合とき 末黒野 201502  
だらだらと海へゆく坂いわし雲 大崎紀夫 虻の昼 201510  
七十年不戦の空やいわし雲 土屋光男 春燈 201511  
上流に降りたるにごりいわし雲 根橋宏次 やぶれ傘 201511  
ひと言をたたむ二の橋いわし雲 山崎靖子 201511  
いわし雲天に潮騒あるごとし 河口仁志 201511  
いわし雲するするすると竹籠が たかはしすなお 201512  
正面に美保の松原いわし雲 中村洋子 風土 201512  
いわし雲こころここにあらずかな 雨宮桂子 風土 201512  
いわし雲いま魚市の帰りなの 箕輪カオル 201601  
逢いましょうに見上げるいわし雲 吉原彩 船団 201602  
類型の分譲住宅いわし雲 菅谷たけし 201611  
いわし雲都は椀の到達点 奥田筆子 京鹿子 201611  
今日よりは師の在す空ぞいわし雲 千手和子 馬醉木 201612  
母郷向く一茶の句碑やいわし雲 藤沢秀永 201612  
君がゐてそれでも孤独いわし雲 足立良雄 201612  
軍艦島水平線までいわし雲 増田菖波 春燈 201612  
ソックスはビタミンカラーいわし雲 たかはしすなお 201612  
一天は一枚の皿いわし雲 七種年男 輪中の空 201612  
病窓に今日もひろごるいわし雲 狭川青史 馬醉木 201701  
狛犬の阿形の犬歯いわし雲 加藤峰子 201701  
いわし雲宿り宿られ木も人も 小林陽子 201701  
影き五重塔やいわし雲 高木邦雄 末黒野 201704  
秋の風オペラシテイの赤ワイン 松村光典 やぶれ傘 201710  
筋トレの後の体に秋の風 枝みや子 やぶれ傘 201710  
誰彼の遠くなりたる秋の風 辻前冨美枝 201710  
晩年のづかづかと来る秋の風 西村博子 馬醉木 201710  
仲見世を抜け来る秋の風に彩 七田文子 201711  
ふりむけば秋の風なり迷ひ星 寺田すず江 201711  
開け放つどの窓からも秋の風 水谷文謝子 雨月 201711  
通帳へ差し入る風も秋の風 井上石動 あを 201711  
一歳のうなじを秋の風が吹く はしもと風里 201712  
横たはる體の下を秋の風 佐藤喜孝 あを 201712  
千年家鉄瓶揺らす秋の風 石谷淳子 雨月 201801  
橋わたる在所在所の秋の風 加藤翅英 京鹿子 201801  
夕やみが迫りころりと秋の風 中島好江 京鹿子 201801  
弟の遠ざかりゆく秋の風 田代民子 201801  
虚子庵の惚け紫苑や秋の風 岡野里子 末黒野 201802  
酔ふほどは飲めなくなりぬ秋の風 森田明成 201802  
路地曲がるたび新しき秋の風 矢野百合子 201802  
ご朱印の墨の香りや秋の風 及川照子 末黒野 201804  
地球の穴ドーナツの穴秋の風 西村亜紀子 船団 201805  
たいがいのことはひとごと秋の風 池田澄子 201805  
秋の風仏ごころがふと涌けり 丸井巴水 京鹿子 201810  
--

2018年10月6日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。