色なき風 1   200句

色なき風音なき風や鈴が森    長谷部朝子  暖流

秋風  秋の風  金風  色無き風

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
色なき風聚め千年待つとせむ 中原道夫 銀化 199810 「銀化」創刊
莨火を分かち色なき風に佇つ 湯川加寿代 199811  
作務衣着て色なき風に身を委ぬ 水原春郎 馬醉木 199811  
髪吹かる銃眼抜ける色なき風 谷添睦手 199811  
鷹わたる色なき風に消ゆるかに 澤田緑生 馬醉木 199901  
夢二展出でて色なき風の中 ハンセン妙子 199912  
色なき風ピサの斜塔に紋章旗 上原瑞子 199912  
首塚に色なき風や昼の月 朝妻力 俳句通信 199912 入鹿首塚
トルフアンの廃墟色無き風渡る 山村すみ 俳句通信 199912  
釣糸が色なき風の宙をきる 城下明美 ぐろっけ 200001  
姿見や色なき風のすり抜けて 北川英子 200011  
フラミンゴ色なき風のなか歩む 館容子 200101  
御坂峠に色なき風や太宰の碑 島田和子 風土 200101  
喝釆や色なき風のはしに居て 稲見光 船団 200105  
アンデスを駆ける色なき風に逢ふ 桑垣信子 いろり 200110  
色なき風温泉町の写真 佐藤喜孝 あを 200110  
不景気に色なき風の追討ちす 桑垣信子 いろり 200111  
色なき風居士と信女の語りゐる 後藤志づ あを 200111  
子規庵を色なき風の過ぐるかな 阪上多恵子 雨月 200112  
無縁仏色なき風に並びをり 小田悦子 春耕 200112  
千羽鶴色なき風に吹かれをり 山下寿祇子 遠嶺 200112  
色無き風いま黄金なす中華街 鈴木鷹夫 200112  
岳下ろす色なき風が池祓ふ 澤田緑生 馬醉木 200201  
粗朶梯子で攻めし城垣色なき風 升田ヤス子 200201  
「邯鄲」の枕色なき風の過ぐ 今井松子 遠嶺 200201  
糸垂れて色無き風や船溜り 市川伊團次 六花 200201  
薬師寺の堂塔登れば色なき風 岡本幸枝 ぐろっけ 200202  
一幅の山水色なき風と訪ふ 大谷茂 飛白 200208  
色なき風心の虚ろ埋まらず 斎藤道子 馬醉木 200211  
テラスより色なき風が水無瀬川 西田もとつぐ 雲の峰 200211  
石庭に色なき風の音を聞く 當麻幸子 雲の峰 200212  
着メロは色なき風のうしろから 中谷喜美子 六花 200212  
金字塔色なき風に吹かれをる 波多洋子 銀化 200212  
姨捨の名残色なき風に在り 井口淳子 200301  
白磁片満つ部屋抜ける色なき風 松崎鉄之介 200301  
またひとり色なき風の遍路かな 岡崎るり子 銀化 200301  
鳥越の色無き風の中に立つ 堀田清江 雨月 200301  
句碑古りて色なき風の故郷塚 岡淑子 雨月 200302  
白樺に色なき風の及びけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200310  
銅山の友子の碑吹く色なき風 岩崎靖子 200311  
さざ波や色なき風がみささぎに 辰巳陽子 雲の峰 200311  
奥鬼怒の色なき風の中に佇ち 矢嶋みつ江 遠嶺 200311  
光秀の墓や色無き風まとひ 前阪洋子 雲の峰 200311  
無言館いでて色なき風と遭ふ 小林久雄 200312  
吊橋や色なき風に息合はす 田中矢水 遠嶺 200312  
色なき風葉音零して通り過ぐ 石川元子 酸漿 200312  
シベリア鉄道ゆくや色なき風の中 片山喜久子 雨月 200312  
不来方城跡や色なき風の吹く 山路紀子 風土 200312  
戦場ヶ原色無き風の吹き抜けて 徳丸峻二 風土 200312  
黒犀や色無き風の匂ひける 天野きく江 200312  
いろなき風娘は職人の血を濃くす 大磯幸子 河鹿 200401  
熊啄木鳥の開けたる穴に色なき風 星野淑子 200401  
身ほとりの色なき風や尿ちびる 淵脇護 河鹿 200401  
熔岩原に色無き風や句碑いくつ 九万田一海 河鹿 200401  
公園の色無き風やメール打つ 田代ヨシ 河鹿 200401  
日和下駄いろなき風の街に売る 原田竜子 河鹿 200402  
温もりは色なき風に忽と消ゆ 能村研三 滑翔 200402  
いつよりの空地色なき風あつめ 渡邊千枝子 馬醉木 200411  
絵筆置く山河色なき風のなか 廣島泰三 200411  
通夜といふ闇に色なき風の過ぐ 中川晴美 雲の峰 200411  
魚撥ねて色なき風の彩深む 鈴鹿仁 京鹿子 200411  
木彫獅子色なき風の中に吼え 彦坂範子 ぐろっけ 200411  
忍者屋敷色無き風を裏返す 長谷川翠 馬醉木 200411  
船笛の嫋々色なき風の中 谷口みちる 200412  
寄り添ひし象や色なき風の中 岡本利恵子 春耕 200412  
スタートライン走者色なき風の中 岡本崇 200501  
遠会釈父は色なき風の中 新井佐知子 遠嶺 200501  
藍甕の三和土色なき風吹けり 岡崎桂子 対岸 200501  
人と会ふ色なき風の生まれる日 竹内太郎 200501  
胸に染む色なき風の石舞台 若泉真樹 200505  
色なき風小さく畳む祝辞メモ 伊藤白潮 200511  
文弱や色なき風に押されゐる 湯橋喜美 200511  
木偶舞や色なき風をかがやかす 櫻井幹郎 百鳥 200511  
めしひて十歳色なき風の中行くは 木村風師 馬醉木 200512  
つくばひに色なき風の筋見ゆる 金子篤子 200512  
ケルンに石加ふ色なき風の中 三輪温子 雨月 200512  
仁王門色なき風の吹き抜くる 山田隆男 築港 200512  
献盃に色なき風や奥座敷 佐野静子 遠嶺 200601  
梓川色無き風の吹きゐたり 辻恵美子 栴檀 200601  
柩閉づ色なき風を封じこめ 湯橋喜美 200611  
鯉の口色なき風を食み損ね 掛井広通 200611  
霊場の色なき風に筧鳴る 長沼三津夫 200611  
色なき風店の灯りをすべて消し 芝宮須磨子 あを 200611  
色なき風この身も風のひとひらか 千田百里 200611  
色なき風よ脱退のひと如何に 大畑善昭 200612  
べた凪の浜に色なき風過ぎぬ 山口地翠 春燈 200612  
句碑あまた色なき風の百花園 木下もと子 200701  
独鈷山色なき風に威を張れり 櫻井康敞 200701  
据ゑ置かるルルド色なき風を溜め 千田百里 200702  
華やぎは色なき風の中にあり 高橋将夫 200702  
ふる里の色なき風を橋の上 松林順子 雨月 200702  
鈍行を待つ間色なき風の中 大久保久枝 200702  
光堂色なき風の中に訪ふ 鷹羽狩行 200711  
湖を見て色なき風に目をつむる 今井妙子 雨月 200711  
口笛を色なき風にのせにけり 飛鳥由紀 200712  
細指の色なき風におわら節 高畑信子 遠嶺 200712  
骨壺の小さし色なき風わたり 樺山翠 雨月 200712  
別れなる色なき風をわかちつつ 豊田都峰 京鹿子 200712  
ダヴィンチの自画像色無き風わたる 片山タケ子 200712  
追悼会色なき風の遣影にも 中原敏雄 雨月 200801  
旅をゆく色なき風を道づれに 水井千鶴子 風土 200801  
不破の関色なき風に紛れ越ゆ 森岡正作 200801  
鮎ヶ瀬を色なき風のわたりけり 飛鳥由紀 200801  
色なき風冥府の裏戸あけにける 南一雄 200802  
普陀落や色無き風と磴上る 松村義男 遠嶺 200802  
色無き風玉三郎の擦り足に 大村峰子 万象 200802  
嵯峨あるき色なき風のいろ探す 鈴鹿仁 京鹿子 200810  
ニコライの鐘は色なき風に乗り 久本久美子 春燈 200811  
一茎に色無き風のはじめかな 高橋たか子 馬醉木 200811  
偈となれる色なき風や熊野なる 延広禎一 200811  
見はるかす樹海色なき風わたる 大西洵子 遠嶺 200811  
銀輪や色なき風が背を押す 安本恵子 200812  
物の影消えて色なき風となる 高橋将夫 200812  
吾が句碑の立てる追分色なき風 松崎鉄之介 200812  
躙口色なき風のとほりけり 中村恭子 200901  
ゼブラゾーン色なき風がまづ渡り 峰幸子 200901  
父祀る色なき風の五十年 岸本林立 雨月 200901  
宮の杜色無き風の通りけり 瀬島洒望 やぶれ傘 200901  
晩年や色なき風を佗びしめば 木下ふみ子 馬醉木 200902  
瞬かぬ火星色なき風の中 常盤優 炎環 200902  
蔀戸を上げて色なき風の道 奥太雅 万象 200908  
野を渡る色無き風を見てをりぬ ことり 六花 200909  
遺跡群色無き風に佇めり 谷澤秀子 200911  
老ひとり色なき風を散歩かな 宇治重郎 200911  
一票を投じ色なき風の中 鈴木梨枝子 炎環 200911  
猿田彦歩く色なき風の中 常盤優 炎環 200911  
歩を伸ばす色なき風を総身に 松本幹雄 馬醉木 200911  
色なき風通す半蔀観世音 長谷川閑乙 馬醉木 200911  
尼寺や色なき風の音持たず 松本三千夫 末黒野 200911  
色無き風大正澱む船溜 小張昭一 春燈 200912  
遠太鼓色なき風にのる祝辞 中山皓雪 200912  
御嶽の色なき風に蕎麦の花 奥村眞人 雨月 200912  
ハーバーに色なき風と黒猫と 関根洋子 風土 200912  
色なき風色なき石積む恐山 山中宏子 201001  
風鐸を奏で色なき風過ぎる 川村文英 ろんど 201001  
朱雀門色なき風のただ中に 竹内久子 京鹿子 201003  
蒲の綿色なき風のそそり立ち 福富みさ子 201003  
水ぐるま色なき風を軋ませる 大沼遊魚 倭彩 201009  
廃寺訪ひ色なき風にまぎれけり 吉永すみれ 風土 201009  
リクルートスーツ色なき風の中 吉田希望 201011  
格天井の百華色なき風に寂び 小澤菜美 201011  
色なき風心を染むる夕まぐれ 清水美子 春燈 201011  
夕雲に色なき風の走り見ゆ 久津見風牛 201011  
灯台の色なき風や城ヶ島 小林一榮 末黒野 201012  
合戦図あふぐ色なき風の中 蘭定かず子 火星 201012  
フランスパン抱へ色なき風の中 川村文英 ろんど 201012  
大笹原色なき風の吹き渡り 坂根宏子 201101  
そよそよと色なき風や浮御堂 河本利一 201101  
一村展出でて色なき風の中 坂場章子 201101  
神の鶏色なき風に刻を告げ 黒滝志麻子 末黒野 201101  
剥落の絵馬堂色なき風の中 橋添やよひ 風土 201101  
水ぐるま色無き風を軋ませる 大沼遊魚 201101  
般若ごゑ色なき風の奥あふみ 日下部亞こ ろんど 201101  
下地窓色なき風を通しけり 川村文英 ろんど 201101  
馬の目の色なき風にまばたきす 東芳子 酸漿 201101  
八萬経堂色なき風の吹き渡る 雨村敏子 201102  
並ぶ句碑色なき風に文字うすれ 丹生をだまき 京鹿子 201103  
静けさや色なき風に中導寺 矢崎暉文 酸漿 201104  
丹波富士色なき風の豆どころ 竹内悦子 ちちろ虫 201108  
藩校の堂に色なき風を聴く 片岡久美子 201112  
ビル狭間色なき風の通ひみち 藤見佳楠子 201112  
夫逝きて色なき風の中にかな 戸田澄子 末黒野 201112  
色なき風素通る口に苦うるか 浜口高子 火星 201112  
綿菓子屋色なき風を巻いて売る 佐野ときは 201112  
紙燭の灯点るや色無き風湧けり 竹中一花 201112  
樹林より色なき風と鳥の声 西川みほ 末黒野 201201  
二本杖色なき風の触れて行く 古林田鶴子 ぐろっけ 201201  
越中井色なき風に閉ざさるる 石倉千賀子 ろんど 201201  
しづやしづ色なき風の礒野かな 池端英子 ろんど 201201  
杉木立色無き風と関所越ゆ 辻井ミナミ 末黒野 201202  
日々を伏す色なき風を頬に受け 浅井吉雄慈 夕端居 201203  
つまづきて色無き風と思ひけり 岡野里子 末黒野 201204  
色鳥や色無き風を従へて 稲畑廣太郎 ホトトギス 201210  
妹や背戸に色なき風をみる 須賀敏子 あを 201210  
大蘇鉄色なき風を梳けるかに 中村ふく子 201211  
宴果て色なき風をまとひけり 徳田千鶴子 馬醉木 201211  
武蔵野の色なき風と歩みけり 水原春郎 馬醉木 201211  
金輪際色なき風にのこさるる 神蔵器 風土 201211  
色なき風沙漠へ消ゆる絹の道 須賀允子 万象 201211  
蜘蛛の囲を色なき風の抜けにけり 山田六甲 六花 201211  
襟元を開く色なき風の野に 間島あきら 風土 201212  
色なき風寄り添ふやうに足を組む 篠田純子 あを 201212  
傘寿越ゆ色なき風に運ばれて 古沢幸次 ろんど 201212  
禅林の松や色なき風の過ぐ 堀光子 春燈 201301  
サロベツ原野耿耿と色なき風 吉田克美 ろんど 201301  
岬鼻の色無き風に吹かれをり 堺昌子 末黒野 201302  
謎の笑み色なき風の臼杵仏 松本アイ ぐろっけ 201302  
にぎり飯色なき風の隠し味 石田きよし 201302  
琴の音と色なき風に身をまかせ 鈴鹿百合子 猫贔屓 201305  
新しき靴や色なき風のなか ことり 六花 201311  
心の何か色なき風が運びさる 佐藤喜仙 かさね 201311  
奥淡海色なき風の吹きゐたり 本多俊子 201311  
山ホテル色なき風がノックせり 北川英子 201311  
掌に色無き風のやはらかし 赤座典子 あを 201311  
十三重の塔や色なき風絡み 松本三千夫 末黒野 201312 初瀬・桜井
観音堂色なき風の吹き抜けて 瀬戸悠 風土 201312  
色なき風凶の御籤の処方箋 和田政子 201401  
手入れせし松に色無き風の吹く 松嶋一洋 201402  
畦を行く色なき風といふ詩人 甕秀麿 201402  
端渓の海を色なき風わたる 本多俊子 光のうつは 201404
日曜の色無き風と迂廻せり 今澤淑子 火星 201412  
牧草のロール色無き風わたる 曽根薫風 馬醉木 201412 色なき風 →2

 

2015年10月23日 ">2015年10月23日 >

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。