1    100句

母の年越えて蕗煮るうすみどり   細見綾子

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
秋田蕗にコロボックルの如く座す 松崎鉄之介 199808  
秋田蕗の下に十人座して撮る 松崎鉄之介 199808  
秋田蕗の畑の中に闇つまる 松崎鉄之介 199808  
葭簀囲ひ種苗保存の秋田蕗 松崎鉄之介 199808  
蕗味噌の二タ口に酒すすみけり 野沢しの武 風土 199811  
皺の手にむかし話と蕗味噌と 潮崎晋作 199904  
蕗味噌や机並べし人遠く 長谷川通子 俳句通信 199904  
残んの香高しや蕗のしうとめに 窪田佳津子 雨月 199906  
蕗と蕗蕗と蕗とが雨に暮れ 村越化石 199907  
青々と蕗浸しある水迅し 岩田沙悟浄 円虹 199908  
蕗の原みごと身丈越す足寄駅 堤正俊 春耕 199908  
蕗の香は網棚のあの包らし 永井みどり 199909  
蕗叢に山雨避けをり北狐 岩崎きゑ子 馬醉木 199910  
疲れては蕗明りより子守唄 小池弘子 海程 199910  
耳に風棲み着きし日の蕗を食ぶ 柳生正名 海程 199910  
蕗味噌を舐め三伏の山登る 野口みどり 酸漿 199911  
蕗を煮るふるさといやさかいや奈落 武田伸一 海程 199912  
長く長く剥かれし蕗の糸ちぢむ 能村登四郎 芒種 199911  
エプロンはわたしの聖衣蕗を煮る 田中藤穂 水瓶座 200002  
蕗買うていっしょに揺れる女かな 星野早苗 空のさえずる 200002  
母が味足して蕗味噌しあがりぬ 加藤真起子 火星 200005  
蕗味噌や母の眠りの浅からず 竹内悦子 200005  
蕗摘みし指の汚れの取れぬまま 稲畑汀子 ホトトギス 200005  
蝦夷蕗の大きさに旅なつかしく 稲畑汀子 ホトトギス 200005  
蕗の葉に包みてありし蕗の束 長田曄子 火星 200007  
蕗を剥く己れを剥いてゐるごとく 鈴木節子 200007  
蕗の葉の破れ傘めきて雹あがる 佐藤和子 200007  
醤にて伽羅の名を得し蕗の雨 松本康司 銀化 200007  
蕗を煮る夕餉の支度ととのいて 篠田三七子 いろり 200007  
蕗くぐり来て奔放の水しろし 鈴木まゆ 馬醉木 200008  
蕗むけばそばに母居る心地かな 高重京子 200008  
蕗売りの朝一番に来りける 村越化石 200008  
神将の足腰なべて蕗がくれ 川澄祐勝 春耕 200008  
毛野國のをとこ用ゐし蕗の葉ぞ 小山森生 200009  
ハモニカや木曾の蕗の葉ひるがへり 米澤光子 火星 200010  
蕗昧噌や板場に太き声通る 阿部紀子 俳句通信 200104  
姉が採り義姉が料理し蕗いため 石橋翠 いろり 200106  
蕗味噌の香る夕餉の一人膳 梅田秀子 酸漿 200106  
蕗味噌に父母のこと里のこと 中島徳子 酸漿 200106  
鶏小屋のやがてひそけき蕗の雨 柚口満 春耕 200107  
蕗ずっと川の流れのきらきらと 中原幸子 船団 200106  
蕗涼し芭蕉の歩き来たる道 稲畑汀子 ホトトギス 200107  
山蕗のつづきに神の水逸る 田中英子 火星 200107  
残生やひと日蕗など煮詰めたり 佐藤よしい 風土 200107  
蕗味噌や胃の腑静かに引き締まる 篠田純子 あを 200104  
秋田蕗とほく夕日に染まる湖 江倉京子 あを 200104  
蕗苅りのすでに足あとありにけり 伊藤多恵子 火星 200108  
蕗の葉に映らむまでや空晴るる 宮津昭彦 200108  
手習ひは蕗の筋とる厨ごと 森谷彰 銀化 200108  
蕗を煮て来し手の匂ふ参観日 加美明美 200109  
男鹿山路言葉交して蕗に会う 立岩利夫2015年5月10日  
蕗を煮てから家中がうすみどり 加藤青女 海程 200110  
蕗の皮剥いてやさしい声となる 一ノ瀬タカ子 海程 200110  
ことごとく大破の蕗や鮭遡る 岡田貞峰 馬醉木 200201  
落し蓋蕗煮る水の如き日々 古川利子 200202  
蕗の煮付上手な母を憶ひ出す 能村登四郎 羽化 200110  
蕗昧噌や十指いつしか節くれし 當麻幸子 雲の峰 200204  
蕗摘みの大きな束や千枚田 岩木茂 風土 200207  
蕗を煮て故郷をまた遠くせり 影山わこ 百鳥 200207  
大釜に落し蓋して蕗茹でる 村上安代 春耕 200207  
蕗取りに足元濡らす沢づたひ 村上安代 春耕 200207  
蕗採りの岩場渡りは桂馬とび 吉田裕志 200208  
雲版の知らす昼餉や蕗の雨 木村仁美 馬醉木 200208  
雨降つていきいき蕗の丈くらべ 深田雅敏 200208  
蕗を剥く見かけによらぬ男かな 桜井ともや 六花 200208  
水入りの結びの一番蕗をむく 大山文子 火星 200209  
古里は今頃きつと蕗だはら 大井貞一 京鹿子 200209  
蕗の葉の大きくひらく泉かな 山田美保 200208  
裏庭の蕗ゆで父の忌の近し 前田永子 200208  
滴りを蕗葉に受けし音なりし 伊藤多恵子 火星 200209  
夕方の俄かの風や蕗ゆでて 水津亨代 200209  
浄土便あらば父母への蕗だはら 大井昌 京鹿子 200211  
蕗味噌を嘗めて独りの隠れ里 平松薫 六花合同句集 200205  
蕗味噌に箸染め地酒「初霞」 長谷川閑乙 馬醉木 200305  
蕗味噌や夕餉たのしむ二人膳 鈴木幾子 酸漿 200305  
見舞妻蕗を煮てきし手の匂ふ 藤野力 馬醉木 200306  
雲あしの軽ろさに蕗の芽が出づる 市場基巳 200306  
身の程の蕗あをあをと茹でし夜 坂本俊子 200306  
雨の日の揺れては蕗の丈くらべ 深田雅敏 200307  
まよひたる山路に蕗の蔓いくつ 多田節子 雨月 200307  
蕗味噌や兜造りの太柱 下山田美江 風土 200307  
指染まるほど剥きし蕗茹で上がる 黒崎よし江 雲の峯 200307  
蕗の葉の雨に佇む童子かな 清水晃子 遠嶺 200309  
飲食の蕗を育てて寺領畑 大竹淑子 風土 200309  
蕗剥いてさしたる用もなく昏るる 藤井昌治 200308  
蕗を刈る足元にある刃の光 小島みつ代 200308  
煮上がりし蕗を手渡す門燈下 小島みつ代 200308  
蕗剥いて雨音遠くなりにけり 菊地恵子 酸漿 200309  
蕗味噌や瀬音に覚むる片泊 徳田干鶴子 馬醉木 200401  
蕗味噌の香る岩魚に舌を打つ 増田八重 酸漿 200407  
もてなしの初物なりし蕗の味 設楽唱子 酸漿 200406  
山よりの風やや強き蕗を採る 苑実耶 200407  
手作りの筍と蕗取り替ふる 金澤明子 200407  
山蕗のうす紅の茎摘んでをり 近藤きくえ 200407  
蕗味噌や雨となりたる講の宿 中島寿美 万象 200407  
青々と家居の母に蕗の雨 柴田佐知子 200408  
蕗剥きし指もて簡易裁判所 関位安代 帆船 200407  
お帰りなさい大鍋に茹でた蕗 須賀敏子 あを 200407  
蕗を煮る葉は佃煮に香り立つ 安部里子 あを 200407  
蕗摘んで湯治七日の暮しかな 田中峰雪 雨月 200408 蕗 →2

 

2014年5月2日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。