蕗のたう(蕗の薹 蕗の芽)     184句

欠盆のよし野もゆかし蕗のたう   几董

蕗のたう  蕗の薹    蕗味噌

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
蕗のたう苦しや死後の父の恩 村田冨美子 京鹿子 199901  
蕗のたう出前帰りの岡持に 根本孝子 春耕 199905  
蕗のたう去年の男に逢ふやうに 林朋子 船団 199906  
妻の肩に朝日の気配蕗のとう 関田誓炎 海程 199907  
蕗のとう出自明かして楽になる 星野早苗 空のさえずる 200002  
摘まれ来て饂飩粉まみれ蕗のたう 庄中健吉 200006  
蕗のとう大地の神の顔かとも 保坂加津夫 いろり 200104  
蕗のとう見つけてこころたかぶりぬ 大平保子 いろり 200104  
水おとが水音をよび蕗のたう 楠原幹子 200204  
膝つけば大地のぬくみ蕗のたう 大沼眞 200204  
川なりに曲る山路蕗のたう 栢森敏子 あを 200204  
一水をうちひろげたる蕗のたう 市場基巳 200205  
車搖るるたびに香りぬ蕗のたう 伊藤多恵子 火星 200205  
禅寺にあり摘みごろの蕗のたう 池田好 200206  
饒舌の人来て摘みし蕗のたう 津田経子 火星 200206  
蕗のたう巌の眠りの底知れず 芝川百合子 京鹿子 200208  
モーツアルト聴く地続きの蕗のたう 伊藤白潮 200303  
雲あしの軽ろさに蕗の芽が出づる 市場基巳 200306  
山国や年端もゆかぬ蕗のたう 有働亨 馬醉木 200306 五木村
その日まで誰にも告げず蕗のたう 市場基巳 200306  
蕗のたう筆先ほどにひらきけり 遊橋恵美子 風土 200306  
蕗のたう内緒話に日が射して 廣島泰三 200306  
小流をとびて摘みたる蕗のたう 関口房江 酸漿 200306  
干し竿の下に丸まる蕗のとう 片岡静子 200404  
西の峰の日当つてをり蕗のたう 雨村敏子 200405  
アスフアルトの道の途切れて蕗のたう 中村洋子 風土 200405  
武蔵野の赭き丘畑蕗のたう 木村倫三 遠嶺 200407  
蕗のたう長けて風音水の音 前迫寛子 河鹿 200407  
朝市のおまけの一つ蕗のたう 内海保子 万象 200505  
春さぐり妻の手にせる蕗のたう 大堀鶴侶 雨月 200505  
蕗のたう摘み料亭の下僕らし 出口賀律子 雨月 200505  
屋敷神祀る日差に蕗のたう 乗光雅子 雨月 200505  
能登に摘み敦賀で頒けし蕗のたう 中山純子 万象 200505  
蕗のたうほぐるる母の墓の前 若月栄枝 万象 200505  
吾に禅の思想ながれて蕗のたう 小澤克己 雪舟 200506  
蕗のたうみどりごのごとたまはりし 岩岡中正 ホトトギス 200507  
バンコクの伊勢丹で買ふ蕗のたう 中村輝子 酸漿 200508  
禪寺の石のまはりの蕗のたう 宮澤さくら 今生 200510  
雨のたび日のたび蕗のたう太る 辻直美 200604  
黙読す三つ四つ五つ蕗のたう 神蔵器 風土 200604  
蕗のたうこゑに出してはなりません 佐藤喜孝 あを 200604  
二つ三つ小川に洗ふ蕗のたう 半谷弘子 遠嶺 200605  
向き合ひて家族のやうに蕗のたう 岡本敬子 万象 200606  
かがまればここよここよと蕗のたう 八木章帆 200607  
花なるも爺と呼ばるる蕗のたう 松村多美 四葩 200607  
雲のビタミン雪渓と蕗のとう 遠山みち子 200609  
この丘にみぶくしを持ち蕗のたう 定梶じょう あを 200703  
蕗のたう畦に残れる火のにほひ 乗光雅子 雨月 200704  
庭に出て土掻きをれば蕗のたう 長谷川としゑ ぐろっけ 200705  
空き地まだ空き地のままに蕗のたう 伊藤宇太子 200706  
蕗のたう嬰にことばの二つ増え 伊東恵美子 馬醉木 200706  
垣根越し翁より受くる蕗のたう 相沢有理子 風土 200706  
遠山は女体の如し蕗のたう 井内佳代子 遠嶺 200706  
蕗のたう噛みて酒断つ寂しさを 中原敏雄 雨月 200801  
せせらぎは目覚し時計蕗のたう 関根洋子 風土 200805  
蕗の芽に屈み摘み頃確かむる 山本漾子 雨月 200806  
庭隅の石蕗の芽膳に一人の餉 柳田和子 酸漿 200806  
米研ぎし音や流しに蕗のたう 佐々木良玄 春燈 200807  
日へ水へ傾ぎてゐたる蕗のたう 山本耀子 火星 200905  
蕗のたう摘み摘み段々畑かな 井村和子 万象 200906  
盆笊に牡や雌とて蕗のたう 井村和子 万象 200906  
蕗のたう踏んでしまへり道祖神 加藤季代 万象 200906  
ふる里の小包とけば蕗のたう 田中百栄 200907  
蕗のたう山河を芯にゆるびけり 吉岡知香 京鹿子 201001  
蕗のたう酒肴の医師の懐しき 大西八洲雄 万象 201004  
諍ひのつづきし敷地蕗のたう 田中文治 火星 201005  
藪中へ径の入りゆく蕗のたう 大島英昭 やぶれ傘 201005  
水音のつまづき来たる蕗のたう 浅田光代 風土 201005  
二の丸へつま先上がり蕗のたう 定梶じょう あを 201005  
蕗のたうほどの苦さにひと日終ふ 西村梛子 馬醉木 201105  
大地てふぬくきふところ蕗のたう 田所節子 201105  
蕗のたう風呂敷と云ふすぐれもの 戸田春月 火星 201105  
みどりごの小さな欠伸蕗のたう 小林千草 馬醉木 201106  
地震のあと蟄居旬余の蕗のたう 秋葉雅治 201106  
蕗のたう犬もじやれつく水の辺に 長瀬節子 ぐろっけ 201107  
蕗のたう官舎の植込み今年また 芝宮須磨子 あを 201204  
蕗のたう谷の向かうに牛の声 中條睦子 万象選集 201205  
蕗のたうビニール袋に摘み溜めて 河村昌子 万象選集 201205  
地震のあと一とせ耐へて蕗のたう 秋葉雅治 201205  
蕗のたうバス終点に直売所 塩田博久 風土 201205  
除雪車の巨大な車輪蕗のたう 荒井和昭 201205  
蕗のたうはしりを売れり深大寺 野上智恵子 万象 201206  
走る瀬の飛沫を浴びて蕗のたう 森清信子 末黒野 201207  
蕗のたう雪のあはひに見つけたり 三澤治子 万象 201302  
頃合ひの花噴く前の蕗のたう 笠井敦子 201304  
川原の十手のあたたか蕗のたう 青木英林 かさね 201207  
引越の祝に添ふる蕗のたう コ田千鶴子 馬醉木 201305

紀子新居

わが家より五分なり

蕗のたう萌えてここにも天地あり 松田泰子 末黒野 201305  
やはらかな雨後の日差しや蕗のたう 廣瀬雅男 やぶれ傘 201305  
蕗のたう耐へし寒さの苦みかな 山本達人 かさね 201306  
妻の手にのせて見せたり蕗のたう 山田春生 万象 201306  
谷戸の田の土の匂ひや蕗のたう 庵原敏典 末黒野 201404  
伸びあがりほほけちらせる蕗のたう だいじみどり 201405  
雪塊は藪に退き蕗のたう 小林愛子 万象 201406  
借畑の畔にさづかる蕗のたう 岡井マスミ 末黒野 201406  
さみどりのしづくをとどめ蕗のたう 森清信子 末黒野 201406  
父に母ははに父あり蕗のたう 白井友梨 馬醉木 201502  
光摘むやうに採りたる蕗のたう コ田千鶴子 馬醉木 201503  
蕗の芽にふるる津軽の風かたし 黒滝志麻子 末黒野 201505  
人住まぬ生家の庭の蕗のたう 三橋玲子 末黒野 201505  
気負ひなき夫を偲ぶや蕗のたう 加藤千春 春燈 201505  
蕗のたう人の仕合せそれぞれに 加藤千春 春燈 201505  
老梅が学校帰りをお出迎え 廣瀬将也(小六) 201504  
老梅の白の気品の衰へず 石谷淳子 雨月 201505  
老梅の瘤に思ひ出友の逝く 飯田ひでを 201506  
じゃんけんを老梅とする紙を出す 佐藤喜孝 あを 201511  
温もりを空に押し上げ蕗のたう 塚越弥栄子 末黒野 201704  
蕗のたう摘みて立ち寄る寺の庫裡 今井妙子 雨月 201705  
蕗のたう人住まぬ屋の日溜まりに 笠井敦子 201705  
仏壇の妣へ蕗の芽土筆和 貞吉直子 馬醉木 201705  
蕗のたうふんはりとある紙袋 内海良太 万象 201705  
潮騒の地をふくらませ蕗のたう 伊藤美音子 万象 201705  
蕗のたう光の裾に集ひけり 栗山みどり 201705  
子育てに正解はなし蕗の薹 吉川隆 春燈 201705  
小流れの水音かろし蕗の薹 荒井ハルエ 春燈 201705  
なだらかにひらく野面や蕗の薹 岡田史女 末黒野 201705  
旅土産届けに両手蕗の薹 平澤侃 末黒野 201705  
うひうひしそのさみどりの蕗の薹 溝内健乃 雨月 201706  
蕗の薹器にひとつ活けおけり 溝内健乃 雨月 201706  
蕗の薹幼子の手に香があふれ 秋川泉 あを 201705  
円墳の裾に長けたり蕗の薹 斉藤マキ子 末黒野 201706  
故郷に蕗の薹摘む父母はなし 志方章子 六花 201706  
土くれの名残止めて蕗の薹 小林はじめ 六花 201706  
蕗の薹夜半の雨の置きしとも 平野多聞 201706  
天盛や本日よりと蕗の薹 石黒興平 末黒野 201707  
蕗の薹翻訳すればお袋さん 平佐和子 京鹿子 201707  
蕗の薹ひとつの春を賜りし 今井千鶴子 ホトトギス 201707  
子規の庭両手に余る蕗の薹 佐藤やすこ 風土 201706  
蕗の薹揚げて大地の歌を聴く 稲畑廣太郎 ホトトギス 201802  
白銀を割り飛び出せる蕗の薹 稲畑廣太郎 ホトトギス 201803  
蕗の薹巣立つ子供の眩しかる 岩田洋子 201804  
日だまりに瀬音のゆるぶ蕗の薹 市村明代 馬醉木 201804  
水神の伏見にありて蕗の薹 田中美恵子 201805  
蕗の薹そのさみどりを夢と言ふ 久保夢女 201805  
山の日を集めて蕗の薹二つ 上辻蒼人 風土 201805  
お社の裏の日溜り蕗の薹 廣瀬雅男 やぶれ傘 201805  
乾びたる畑のはしの蕗の薹 白石正躬 やぶれ傘 201805  
瑞々しき色に添ふ香よ蕗の薹 大橋晄 雨月 201806  
根の力持ちて噴き出す蕗の薹 水谷保子 雨月 201806  
朝市の蕗の薹談義弾みたり 水谷保子 雨月 201806  
城崖を夢の根城に蕗の薹 高村令子 風土 201806  
水音をまとふ朝日や蕗のたう 森清信子 末黒野 201806  
蕗の薹おや指姫の生まれけり 住田千代子 六花 201807  
まつたうに生きほろにがき蕗の薹 岸洋子 201807  
してもらふことに慣れずよ蕗の薹 岸洋子 201808  
ちんまりと棚田の里の蕗の薹 落合由季女 雨月 201811  
雪掘つて火の匂ひなす蕗の薹 神蔵器 風土 201901 『幻』
前略やポンと産まれた蕗の薹 菊池和子 京鹿子 201901  
蕗の薹記憶の切れ端ほろ苦く 仁上博恵 201902  
厨房に里山連れて蕗の薹 楠本和弘 201902  
摘むよりもまだ掘るといふ蕗の薹 片山喜久子 雨月 201903  
ささやかな背戸にふくよか蕗の薹 渡邉清央 春燈 201904  
蕗のたうはや出でて運向いてくる 本多俊子 201904  
しばらくは覗かれてをり蕗の薹 川高郷之助 201904  
蕗の薹子牛に角の生え始め 大霜朔朗 末黒野 201904  
蕗の薹の香の満つ厨妣の声 荒井貞子 末黒野 201904  
万歩計二万三千蕗の薹 須賀敏子 あを 201904  
人の世の苦さ甘さや蕗の薹 コ田千鶴子 馬醉木 201905  
幼くてむらさき濃ゆき蕗の薹 永井惠子 春燈 201905  
佳き年の始まる予感蕗の薹 池田葉子 春燈 201905  
蕗の薹他郷これより終の地か 赤石梨花 風土 201905  
まぶしさの畦となりけり蕗の薹 片桐紀美子 風土 201905  
蕗の薹廃線近き定期バス 西村白杼 京鹿子 201905  
芯に満つふる里ごころ蕗の薹 菊池和子 京鹿子 201905  
ほつほつと大地の鼓動蕗の薹 黒滝志麻子 末黒野 201905  
測量の糸の張られて蕗の薹 岡田史女 末黒野 201905  
恙なき日よほろ苦き蕗の薹 森川淑子 201905  
蕗のたうやはらかき風生まれけり 佐久間敏高 201905  
二上山の日和みはらす蕗の薹 溝内健乃 雨月 201905  
蕗のたう太りて袴濃むらさき 溝内健乃 雨月 201905  
蕗の薹に取り囲まれし農家かな 駒井でる太 馬醉木 201906  
蕗の薹総ぶる義民の生家跡 木村あさ子 201906  
蕗の薹現在位置は昭和なり 高木晶子 京鹿子 201906  
山寺の崖にゆとりの蕗の薹 小林共代 風土 201906  
アイゼンの雪掻く音や蕗の薹 眞弓真翁 風土 201906  
野面積空家の角の蕗の薹 大内幸子 六花 201906  
洗ひても野の香土の香蕗のたう 森清信子 末黒野 201906  
突として籬の隅に蕗の薹 今村千年 末黒野 201906  
集落は二軒なりけり蕗の薹 秋津令 201907  
気象予報士揚げる菜の花蕗の薹 波戸辺のばら 201907  
蕗の薹川に行きつく廃線路 田岡千章 201909  
まづ一献志野の小鉢の蕗のたう 本郷 公子 京鹿子 202001  
魚津には行かずじまひや蕗の薹 竹内悦子 喜悦 202002  

2020年2月13日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

掲載年月順です。

ご希望の季語又は語彙がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。