日 短 1    200句

いもうとの告別式よ日短か   京極杞陽   くくたち

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
忘れ物取りに戻りぬ日短 稲畑汀子 ホトトギス 199812  
稿遅き人を急かして日短 稲畑廣太郎 ホトトギス 199812  
参道になにがしか買ひ日短か 小林希世子 199904  
捨つるもの選る晩年の日短 藤原和子 199904  
せめて駅近き会場日短 稲畑汀子 ホトトギス 199912  
日短水の音する非常口 南村健治 船団 199912  
和紙の耳切らずなりけり日短か 石脇みはる 200002  
訃を告ぐる有線放送日短か 田中としを 雨月 200002  
練り直す思案のなほも日短 山田弘子 円虹 200002  
セールスマンにまた掴まって日短 田所洋子 雨月 200003  
墓地抜けてすぐに踏切日短 松岡隆子 200003  
一つづつ決めて行かねば日短 稲畑汀子 ホトトギス 200011  
限りある時間やり繰り日短 稲畑汀子 ホトトギス 200012  
ふくれゆく展示計画日短 稲畑汀子 ホトトギス 200012  
おしぼりの配られしより日短 稲畑汀子 ホトトギス 200012  
俳論のほどなく解けて日短 稲畑汀子 ホトトギス 200012  
会場の灯を行き過ぎて日短 稲畑汀子 ホトトギス 200012  
計画を立てては崩し日短 稲畑汀子 ホトトギス 200012  
会済めば帰路はそれぞれ日短 稲畑汀子 ホトトギス 200012  
前向きの決断を待つ日短 稲畑汀子 ホトトギス 200012  
遺墨見て俳磚を見て日短 稲畑汀子 ホトトギス 200012  
二〇〇〇年問題クリア日短 稲畑廣太郎 ホトトギス 200012  
彫り台の低きにかがみ日短し 品川鈴子 ぐろっけ 200012  
栞して閉じ惜しむ書や日短か 藤田文子 200101  
出不精の夫読みつぎて日短か 中村みち子 ぐろっけ 200101  
行き違ふ手紙来てをり日短し 能村研三 200101  
足湯してもう一仕事日短 池田都 200103  
病む妻の言ふ独り言日短か 豊原月右 ホトトギス 200104  
病む妻の梳りをり日短か 豊原月右 ホトトギス 200104  
家中の時計せり出す日短 脇収子 ホトトギス 200104  
日短時計に支配されてをり 脇収子 ホトトギス 200104  
外燈にまた迎へらる日短 脇収子 ホトトギス 200104  
五時はもう浪速灯りぬ日短 稲畑汀子 ホトトギス 200112  
忙しさは心の時間日短 稲畑汀子 ホトトギス 200112  
釣人の岩場移して日短 代田青鳥 風土 200202  
早口で懸案通す日短か 岡本幸枝 ぐろっけ 200204  
洗ひ干す轡が鳴つて日短 坪井洋子 200206  
階段を登るは難し日短 稲畑廣太郎 ホトトギス 200212  
計画は密にして疎に日短 稲畑汀子 ホトトギス 200212  
根菜を山と刻めり日短か 伊藤早苗 200301  
日短かピサの斜塔の遠ざかり 竹下昭子 ぐろっけ 200302  
たもとほる菓子屋横丁日短 加藤あけみ 円虹 200303  
コンドルの檻の高さの日短し 岩月優美子 200303  
研ぐ風にとがりゆく木々日短か 沼田巴字 京鹿子 200304  
爪立ちて高きもの取る日短か 高木久美子 200304  
仲見世の彩のたのしや日短 酒井豊子 200304  
山里の日短か言ひつ芋茎干す 西山美枝子 酸漿 200305  
妻たりし月日短し吾亦紅 半田順子 馬醉木 200311  
薬局の小棚に埋もれ日短か 細野恵久 ぐろっけ 200312  
焚付けのこつぱがにほふ日短か 奥田節子 火星 200401  
イーゼルに裸婦像のあり日短か 石脇みはる 200402  
奇術師の双子のほくろ日短 横山淑子 200402  
置手紙石のせ帰る日短か 三浦照子 帆船 200402  
留守電に託すひと言日短 田所洋子 雨月 200402  
ひとり言またひとり言日短か 村越化石 200402  
ぶらんこの下に窪みや日短し 金子つとむ 雲の峰 200402  
山間の夕日短かし木守柿 平山勝子 河鹿 200403  
校庭に人のいなくて日短か 向江醇子 ぐろっけ 200403  
半島の端に住み慣れ日短 中島たまな 200403  
煮豆まだ堅きままなり日短か 中田寿子 ぐろっけ 200404  
日短年金生活夫婦たり 栢森定男 風よ 200407  
抽出より紙鑢出て日短き 野沢しの武 風土 200408  
頭に触れてむささび飛べり日短か 長田秋男 酸漿 200411  
契約書条文素読日短 田中忠子 帆船 200501  
出張と見ゆる鞄や日短し 井村健一 百鳥 200501  
次の日に延ばし得ぬ用日短か 安陪青人 雨月 200501  
忘れゐしこと何かある日短 山守拓治 対岸 200502  
広報市墓地に谺し日短 北村昌子 200503  
さよならを同時に交わし日短か 達山丁字 200503  
模様替へし出口はいづこ日短か 片山タケ子 200503  
T字路につきあたりたり日短か 片山タケ子 200503  
日短し胸ポケットに講義録 小林眞彦 遠嶺 200503  
何か言へばすぐに涙の日短き 久保田万太郎 春燈 200507 『流寓抄以後』
怪我の手を忘れて使ふ日短 稲畑汀子 ホトトギス 200512  
「たこ焼」の提灯ともり日短 坂上香菜 200602  
椋鳥の群が群呼ぶ日短か 菊地惠子 酸漿 200602  
とろろめしかき込む山の日短か 篠田純子 あを 200602  
日短か心せかるる一ト日旅 大西正栄 雨月 200603  
落葉焚く火を踏み消して日短き 瀧春一 常念 200606  
むき出しの原爆ドーム日短 黒坂紫陽子 馬醉木 200701  
印刷所尋ねあぐねて日短か 山内なつみ 万象 200701  
日短や千の灯明千の香 今井弘雄 春燈 200702 台湾
橋脚を叩いてをれば日短か 杉浦典子 火星 200702  
封筒に鍵が一本日短か 大山文子 火星 200702  
松の木に脚立の残る日短か 高橋千美 京鹿子 200702  
助手席の娘の匂ひ日短 瀬下るか 200703  
餌探しのひよどりいよよ日短か 中山純子 万象 200704  
あらあらと姥杉は我日短し 池田澄子 200704  
日短の探しものあり離室まで 浅井青陽子 ホトトギス 200705  
見つからぬ倉庫入口日短 百瀬七生子 海光 200705  
ポケットに紙幣折込み日短し 森一枝 八千草 200708  
馬跳びの潰れを潮に日短か 藤原たかを 馬醉木 200801  
舟蔵に人の声あり日短か 前田忍 火星 200801  
嵩高の薬小分けに日短か 金子輝 春燈 200802  
水槽にすつぽんの貌日短か 浜口高子 火星 200802  
日短か父が鰹節けづる音 城孝子 火星 200802  
腕時計腕より外す日短 田中綾子 雨月 200802  
日帰りの病む母を訪ふ日短 赤松丹山 雨月 200803  
イギリスより孫と曽孫や日短 廣瀬義一 雨月 200803  
家訪ね当てず暮れける日短 溝内健乃 雨月 200803  
ひとりでに篝火点る日短し 赤座典子 あを 200803  
採血の結果如何にや日短か 二村蘭秋 雨月 200804  
暗算が下手で御破算日短 千原叡子 ホトトギス 200805  
右折禁止右折又駄目日短 千原叡子 ホトトギス 200805  
億劫なことより始む日短か 舩越美喜 京鹿子 200805  
ともかくも手順を整理日短 稲畑汀子 ホトトギス 200811  
友の職場の机に語る日短き 瀧春一 深林 200901  
新宿に良寛展や日短か 門伝史会 風土 200902  
急変す島の天候日短か 落合絹代 風土 200902  
一つづつ用終へ安堵日短 大泉美千代 雨月 200902  
日短かや砂場に遊具二つ三つ 河村泰子 ぐろっけ 200902  
声高な携帯背より日短し 藤野寿子 あを 200902  
板金の音と火花や日短か 丑久保勲 やぶれ傘 200902  
山小屋の昼を灯して日短 片岡良子 雨月 200903  
こつこつと版画刷る母日短か 前川明子 200903  
無住寺の前に自転車日短 大島英昭 やぶれ傘 200903  
もつれたる会議ほどけて日短 山田弘子 ホトトギス 200905  
背ボタンを外しあぐねて日短 山田弘子 ホトトギス 200905  
また明日へ回す稿債日短 稲畑汀子 ホトトギス 200912  
消息の絶えたる人や日短 稲畑汀子 ホトトギス 200912  
人の出入り猫の出入りや日短か 本多遊方 春燈 201002  
一葉が住まひし町の日短か 小俣剛哉 雨月 201002  
風の木に目白来てをり日短か 城孝子 火星 201002  
買物の数々ありて日短か 舩越美喜 京鹿子 201003  
ビルの灯の川面に増えて日短 廣瀬義一 雨月 201003  
六甲山の夕映須臾に日短 溝内健乃 雨月 201003  
乗り継ぎの駅かぞふるや日短 溝内健乃 雨月 201003  
日短かちりめんじやこを大盛りに 服部早苗 201003  
植木屋の忘れし鎌や日短 岩井泉樹 春燈 201003  
蒟蒻に隠し庖丁日短か 瀬戸悠 風土 201004  
日短か家人といふも妻ひとり 冨山俊雄 山居抄 201008  
昼寝して一日短かくなりにけり 岩永充三 201010  
損せしや得をせしやと日短 稲畑汀子 ホトトギス 201012  
友の訃を友に伝ふる日短 岩藤礼子 やぶれ傘 201102  
販売機の灯のついてをり日短か 小渕二美江 春燈 201103  
すり減りし竹の箒や日短か 宮川みね子 風土 201103  
呼び出さる無為の一ッ時日短 溝内健乃 雨月 201103  
山門の閂軋み日短 服部珠子 雨月 201103  
下山の歩闇が先ゆく日短か 堀田こう 雨月 201103  
音立てて閉づる辞典や日短 堀田恵美子 雨月 201104  
どれも手を抜けぬ予定や日短 水田むつみ ホトトギス 201105  
暮れて着く会落着きぬ日短か 稲畑汀子 ホトトギス 201112  
どうしても寄らねばならぬ日短 稲畑汀子 ホトトギス 201112  
似たやうなドラマばかりや日短か 国包澄子 201201  
土器の皿の魚回遊し日短か 田中藤穂 あを 201201  
ソーラー時計ときどきつまづき日短 丹生をだまき 京鹿子 201202  
何するといふでもなくて日短 丹生をだまき 京鹿子 201202  
家中を走る掃除機日短か 矢口笑子 春燈 201203  
灰皿に煙草のくゆる日短か 田中文治 火星 201203  
誰も見ぬテレビがついて日短し 師岡洋子 ぐろっけ 201203  
灯油切れ知らせるサイン日短か 久世孝雄 やぶれ傘 201204  
省略も暮しの智慧や日短 中村芳子 ホトトギス 201205  
日短かの日を返り見る恐山 北崎展江 くりから 201209  
ガーゼ干す鉢のアロエや日短か 広渡敬雄 201211  
又仕事やり残したる日短か 稲畑汀子 ホトトギス 201212  
今日も亦富士見ぬ帰路や日短か 稲畑汀子 ホトトギス 201212  
日短くなりましたねと別れけり 田中藤穂 あを 201212  
眠気よぶ薬の二錠日短 吉田政江 201302  
朝刊の開かぬままや日短し 今泉あさ子 末黒野 201303  
日短近道選りて戻り来ぬ 服部珠子 雨月 201303  
巨大モールのマイカー探す日短し 成宮紀代子 201401  
花道に狐六法日短か 瀬戸悠 風土 201402  
郵便受にチラシばかりや日短か 塩田博久 風土 201402  
俎の音の小走り日短し 柴田久子 風土 201402  
カリヨンの鳴りて急かるる日短 大橋晄 雨月 201402  
谷戸の田を一巡りする日短 渡邊孝彦 やぶれ傘 201402  
丁寧に朝刊夕刊日短かし 須賀敏子 あを 201402  
日短かの病廊行つたり来たりかな 田村すゝむ 風土 201403  
削ぎ落す鶏の脂や日短か 瀬戸悠 風土 201403  
蝋石もて描かれし線路日短 上月智子 末黒野 201403  
置きどころの思ひ違ひや日短 落合絹代 雨月 201403  
嵐山の影に舟着く日短か 山本耀子 火星 201403  
明日も又遠き旅待つ日短か 稲畑汀子 ホトトギス 201412  
分かれてより逸る流れや日短 田中佐知子 風土 201501  
日短か手さぐりで見る鍵の穴 森山あつ子 六花 201501  
からつぽの郵便受や日短 小倉陶女 春燈 201502  
フェルメールの少女の勁き目日短し 犬塚李里子 201502  
夫に来し電話を忘れ日短か 江木紀子 雨月 201503  
信号を一つ違へて日短 生田恵美子 風土 201503  
帰宅してすぐにエプロン日短し 落合絹代 風土 201503  
径形にめぐる古民家日短か 西岡啓子 春燈 201503 日本民家園
旅人に子別峠日短か 栗山恵子 雨月 201503  
坐ること多くなりしよ日短 中杉隆世 ホトトギス 201504  
日短の振りし手永久の別れとは 當間シズ 万象 201504  
あるもので済ます夕餉や日短 小川龍雄 ホトトギス 201508  
閉ざされし屋上庭園日短 稲畑廣太郎 ホトトギス 201512  
少しづつ日短となり寺の鐘 大内幸子 六花 201512  
晩年はまべて肯定日短か 沼田巴字 京鹿子 201602  
廃校も橋も朽ちゆき日短 田中たつを 雨月 201603  
マンションの庭によちよち日短か 唐澤春城 ホトトギス 201604  
寄り道をした覚えなく日短 河野美奇 ホトトギス 201605  
日短か家事二つ減る寂しさよ 東秋茄子 京鹿子 201612  
バス停で時間気にする日短か 東秋茄子 京鹿子 201612  
又講座頼まれもして日短 稲畑廣太郎 ホトトギス 201612  
言ひ訳を見透かされゐし日短 竹下陶子 ホトトギス 201612  
真間の井を覗く男に日短し 内海良太 万象 201702  
日短待たされてをり歯科の椅子 野中圭子 京鹿子 201703  
映画観て饅頭を買ふ日短 大島英昭 やぶれ傘 201703  
停車する貨車がちやがちやと日短か 丑久保勲 やぶれ傘 201703  
日短かぎゆうぎゆう詰めの市内バス 西住三惠子 201703 日短 →2

 

2019年11月29日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。