蟇 1(蝦蟇)       100句

春水の底に大蟇三重に    川端茅舍

ひきがへる  ひきがえる  蟾蜍  蟇(蝦蟇)  がまがへる

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
曽爾原の雨を美味しと蟇 山田弘子 春節 199503  
蟇といふアイデンティティー動きなし 小川双々子 地表 199806  
高熱の夢の醒めぎは蟇のこゑ 水原春郎 馬醉木 199807  
城址の空堀深し蟇のこゑ 水原春郎 馬醉木 199808  
蟇の確かにをりぬあまのはら 田畑幸子 火星 199808  
とぎ汁を庭木に撤くや蟇 河上麗子 春耕 199809  
蟇鳴いて濠の暗さの動きけり 水谷芳子 雨月 199810  
閑居とは草の保護下の蟇のこと 柴田いさを 船団 199812  
河内野の月代にして蟇 山尾玉藻 火星 199904  
蟇鳴いて五層の梁の能舞台 小宮山勇 青胡桃 199905  
隠沼の蟇に鳴かるる二人かな 夏秋秋子 ヒッポ千番地 199905  
蟇うごく脚ひき寄せてひき寄せて 野平和風 199906  
蟇鳴けり逢魔が時の古池に 大橋淳一 雨月 199906  
蟇出でて石の貌して怠けゐる 中條紬 銀化 199906  
やや右に傾いでゐたる蟇 山尾玉藻 火星 199907  
むかしむかし蟇が親なりぬ 田畑幸子 火星 199907  
虚舟のかすかな搖れや蟇 中島陽華 199907  
蟇夕日に向きを変へにけり 皆川盤水 春耕 199907  
迫り来る田植機に蟇知らんぷり 築城百々平 馬醉木 199908  
水芭蕉影のゆらぐは蟇泳ぐ 和田和子 馬醉木 199908  
蟇生つば飲んでをりにけり 栗栖恵通子 199908  
こきりこの歌聞きをれば蟇の声 阿部ひろし 酸漿 199908  
風にこゑありて愛宕の蟇 水谷芳子 雨月 199908  
晩年を託すこの地に蟇も居て 村越化石 199908  
高齢を理由に蟇の後退る 中原道夫 銀化 199908  
真野御陵鎮めの蟇かひれ伏せる 長谷川閑乙 馬醉木 199909  
今生の癌の身蟇と話せさう 三浦勲 199909  
蟇鳴いて縁切寺の昼深し 朝妻力 俳句通信 199909  
蟇鳴きて杜の空気の澄みゆけり 北吉裕子 俳句通信 199909  
蟇鳴いて闇夜を深めけり 岩田育左右 遠嶺 199910  
蟇鳴いて乾つめゆく雲の嵩 宇田篤子 京鹿子 199910  
杉深く祖霊まします磴の蟇 土肥屯蕪里 俳句通信 199910  
虚子の碑や顎あげてをる蟇 竹内悦子 199911  
言ひかけて飲込む咽喉蟇 能村登四郎 芒種 199911  
蟇跳ぶきっかけをはかりゐる 能村登四郎 芒種 199911  
暗闇のうごくと見れば蟇 古沼徹 199912  
蟇蝌蚪なりしこと忘じけり 田中藤穂 水瓶座 200002  
啓蟄の蟇へはやくも娑婆の風 皆川盤水 春耕 200004  
舷を掴みておもふ蟇のこと 小山森生 200005  
春の蟇焔硝蔵のあたりかな 延広禎一 200005  
春めきしよき闇ならむ蟇のこゑ 阿部ひろし 酸漿 200005  
蟇鳴くや駐在さんは今日も留守 水原春郎 馬醉木 200006  
節穴をのぞいてをるや春の蟇 小菅佳子 200006  
穴出でて蟇の背の土乾きをり 高橋将夫 200006  
コンパスの置かれてありぬ蟇の声 竹内悦子 200006  
護摩跡の土や黝々春の蟇 延広禎一 200006  
訪ね訪ね来りし如く蟇居りぬ 村越化石 200007  
任地へと参ずる蝦蟇でありしかな 松本康司 銀化 200007  
穴出でし蟇が冷たき顔あげぬ 皆川盤水 春耕 200007  
池の面の濁つてゐたり蟇 加藤みき 200008  
蟇母の忌日を忘れずに 長谷川通子 俳句通信 200008  
洞はむかし防空壕とや蟇の声 唐沢静男 春耕 200008  
蟇向きかへて夜を歩き出す 竹川貢代 春耕 200008  
蟇なかに可愛ゆき奴もをり 中川二毫子 夏木立 200008  
庭に出て庭の主なる蟇に会ふ 阿部ひろし 酸漿 200009  
蟇月代つとに土くさく 岡井省二 200009  
蟇の吐く息くれなゐに猿田彦 延広禎一 200009  
大三輪の蟇に項のありにけり 西田美智子 200009  
何も彼も知つてゐさうな蟇 戸田春月 火星 200009  
片足を引きゐる蟇に出合ひけり 伊藤多恵子 火星 200009  
蟇あいさつ抜きの旅に出る 宇都宮滴水 京鹿子 200009  
混沌の闇へ踏み出す雨の蝦蟇 森田旅舟 200009  
落石と思ひしは蟇たたら踏む 原教正 200009  
圧力のかかり過ぎたる蝦蟇ありく 原徹 銀化 200009  
蟇鳴くや筑波の闇をなほ深め 金子浩子 馬醉木 200010  
合点と蟇の隠れてしまひけり 鬼頭桐葉 春蘭 200010  
蟇少し極道して見たく 伊東百々栄 海程 200011  
いつまでも蟇が戸口に月の夜 野口みどり 酸漿 200012  
蟇の子のどつと生れてもうをらぬ ふけとしこ 船団 200102  
蟇ジャングルジムを占領す 折原あきの 船団 200102  
おもむろに伺候離宮の蟇 品川鈴子 船出 200104  
洗ひ場の主とや蟇に闇もどる 後藤志づ あを 200105  
穴出でし蟇熔岩弾のやうな貌 島崎晃 遠嶺 200106  
穴出でし蟇根の国の匂ひかな 島崎晃 遠嶺 200106  
穴出でし蟇の人世を見る薄目 島崎晃 遠嶺 200106  
穴出でし蟇六方を踏む構へ 島崎晃 遠嶺 200106  
星一つ蟇抱擁を固くせる 島崎晃 遠嶺 200106  
蟇出でて往生の道みつめをり 藤岡紫水 京鹿子 200106  
蟇夢の中まで憤る 松村美智子 あを 200106  
蟇出でてかくかくしかじかと言へり 鈴木鷹夫 200107  
動かざる蟇がゐるなり磴なかば 赤川孝子 200107  
跳ぶ時の内股しろき蟇 能村登四郎 200108  
その孤独教へて蟇の去りゆきぬ 能村登四郎 200108  
酒のこる息の御早う蟇 渡辺知美 銀化 200108  
夫おそしくつぬぎ石に蟇 浮田胤子 ぐろっけ 200108  
雷去りし峠の蟇を思ひをり 米澤光子 火星 200109  
あめんばう騒然と蟇いうぜんと 大串章 百鳥 200109  
蟇蝌蚪にいぼいぼありしやと 近藤忠よし 百鳥 200109  
うかれ出る蟇の放蕩土鈴振る 木山杳理 京鹿子 200109  
蟇鳴いてとろりと沼の夕ベかな 辰巳あした 雨月 200109  
八月や山にちらばる蟇 岡井省二 200109  
蟇の恋喉にともし火映りけり 岡井省二 200109  
露座佛の膝に乗りたる蟇 石脇みはる 200109  
蟇つひにうしろを見せにけり 山田弘子 円虹 200109  
茅葺きの山門入るや蟇 鈴木石花 風土 200110  
帰省子に今宵蟇鳴く山盧かな 和田和子 馬醉木 200110  
蟇鳴くや真昼の昏きより 杉浦典子 火星 200110  
蟇尺貫法が坐つてゐる 坂本敏子 京鹿子 200110  
鳴いてをる隣の蟇も鳴きにけり 高橋将夫 200110  
蟇交んで水の惑星濁りたる 延広禎一 200110 蟇 2→

 

2020年5月30日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。