日 傘 1            99句

鈴の音のかすかにひびく日傘かな    飯田蛇笏

日傘  絵日傘  秋日傘  春日傘  パラソル

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
天平の日に押され来し日傘かな 田畑幸子 火星 199808  
風紋に日傘まぎれず砂丘ゆく 鷹羽狩行 199809  
尋ねゆく蜑路地日傘ほどの幅 荒井千佐代 199810  
旧姓の方がよかつた白日傘 西村葉子 京鹿子 199811  
門前にきてためらひの白日傘 藤井圀彦 199812  
ガラス戸に映る恩師の白日傘 新井淑子 ぐろっけ 199812  
日傘からあふれんばかり母の笑み 稲田美幸 ぐろっけ 199812  
白日傘消え慶喜の墓囲い 藤田守啓 船団 199902  
寺町の塀に吸はれず日傘行く 神蔵器 199905  
煽らるる日傘となりぬ千里山 飯塚ゑ子 ヒッポ千番地 199906  
フランスで暮らすと言ひぬ白日傘 飯塚ゑ子 ヒッポ千番地 199906  
祝ぎ心共に日傘を畳みたる 稲畑廣太郎 ホトトギス 199906  
霊園にてつぺんのあり日傘かな 山尾玉藻 火星 199906  
舟小屋を遠見に日傘ひらきけり 沢崎ゆきえ 春耕 199907  
白日傘薔薇のアーチに来てたたむ 増田富子 馬醉木 199908  
白日傘半分回し譲りけり 飯塚ゑ子 火星 199908  
坂下へ日傘消えゆき海となる 頓所友枝 199908  
眩暈めまいするほどに日傘を廻すなよ 白倉智子 ヒッポ千番地 199908  
日傘直立水中をゆくごとし 岡本眸 199908  
沿革を読むかたはらの白日傘 宮倉浅子 遠嶺 199909  
白日傘おばけ屋敷へ入りけり 加藤真起子 火星 199909  
白日傘鑑真廟へたたみけり 樺山翠 雨月 199909  
受用の日傘と共に色あせし 松沢久子 いろり 199909  
弓なりの橋にたたずむ日傘かな 有山光子 遠嶺 199910  
交番に花活けに来る白日傘 平田美紀子 風土 199910  
さきほどの笑ひのつづき白日傘 浜口高子 火星 199910  
儚げな左手に日傘を移す 汎馨子 海程 199910  
白日傘船も鴎もその中に 小泉洋一 円虹 199910  
絵日傘の寄り添ひて行く女坂 山崎赤秋 春耕 199910  
古町の坂の渦なす日傘かな 岡本眸 199910  
日傘閉づことより会話生れけり 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
交差点日傘絵日傘行き交ひぬ 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
打捨てよアドレス帳と古日傘 桐木榮子 船団 199912  
折り合いをつけにゆく日やまず日傘 津田このみ 月ひとしずく 199912  
白日傘集ひて葬の太陽寺 稲畑廣太郎 ホトトギス 200001  
かたこととおちょぼ出て行く日傘かな 中村七三郎 七三郎句集 200001  
白日傘くるりと回し頷きぬ 辻享子 ヒッポ千番地 200003  
白日傘集ひて桑の太陽寺 稲畑廣太郎 ホトトギス 200007  
放散の土間に倒れし白日傘 山尾玉藻 火星 200007  
裏町へ入つて行きし白日傘 元田千重 火星 200007  
浜名湖に遊ぶひと日の古日傘 大平保子 いろり 200007  
鳥声の中の日傘をたたみけり 大和田鏡子 俳句通信 200007  
夏日傘たたむ波郷の句碑の前 中村洋子 風土 200008  
猿山のかかりに畳む日傘なり 山尾玉藻 火星 200008  
ストーカー脅えて恋の古日傘 保坂加津夫 いろり 200008  
参道の嬰追ひかける日傘かな 堀井より子 春耕 200008  
絵日傘をぐるりと欅通りかな 今井松子 遠嶺 200009  
横顔を隠して白き日傘かな 小滝奈津江 酸漿 200009  
日傘畳みし人や俄かに老となり 林翔 200009  
なに思ひ佇つ突堤の白日傘 原教正 200009  
口紅のあまさを知った古日傘 保坂加津夫 いろり 200009  
古日傘明治の母は手離さず 保坂加津夫 いろり 200009  
人生に齢を見せず古日傘 保坂さよ いろり 200009  
駆けてくる日傘を待ちて浦のバス 中村房子 馬醉木 200010  
国際会議場より白日傘 浜口高子 火星 200010  
鈍行をきちんと待つて日傘かな 内野修 海程 200010  
和菓子屋の硝子に映る日傘かな 蟇目良雨 春耕 200010  
古日傘和服の通る切通し 熊谷みどり いろり 200010  
絵日傘の出島遊女はうしろ向き 中尾杏子 船団 200010  
並びゆく日傘ほのかに色たがへ 林翔 200010  
沖波の立ち揃ひくる白日傘 伊関美智子 200010  
白日傘水の都の橋の上 横山昌子 200011  
一病に手も足も出ぬ日傘かな 岡本眸 200011  
ぜいたくに使ふ一日白日傘 佐藤博美 200012  
路地ふかき機屋に日傘たたみ入る 鈴水浩子 ぐろっけ 200012  
子規庵に忘れたかしら白日傘 葉月ひさ子 船団 200102  
白日傘半分まはし譲りけり 飯塚ゑ子 火星 200103  
道頓堀の校舎へついと白日傘 飯塚ゑ子 火星 200103  
白日傘生後十日の嬰を見に 小林あつ子 火星 200104  
白日傘ひとりの世界創りゆく ほんだゆき 馬酔木 200107  
豆腐屋を見つけて嬉し白日傘 石橋翠 いろり 200107  
天敵の真只中よ白日傘 中野哲子 六花 200107  
日傘行きメリケン波止場古りにけり 岡本眸 200107  
なみだしく引揚桟橋白日傘 神蔵器 風土 200108  
ふるさとの踏切わたる日傘かな 杉沢とみを 百鳥 200108  
呼ぶこゑの届かず日傘振つてゐる 伊藤和枝 百鳥 200108  
円朝忌近き墓前に白日傘 脇本千鶴子 200108  
ともすれば歩の遅れがち白日傘 押切安代 200109  
ただいちど日傘に母を入れしこと 武井美代子 風土 200109  
沖の帆に岬迫り出す白日傘 小澤克己 遠嶺 200109  
菩提樹に近づく日傘たたみけり 夏秋明子 火星 200109  
鬱々と鮫くつがへる日傘かな 木曽岳風子 六花 200109  
蒼天を重しと思ふ黒日傘 酒井多加子 俳句通信 200109  
白日傘にて育てをり後日談 山県總子 銀化 200109  
傘立に日傘雨傘たそがるる 山県總子 銀化 200109  
連れ合ひの知らぬ顔して白日傘 渡辺知美 銀化 200109  
日傘買い今度の出掛楽しみに 篠田三七子 いろり 200109  
これやこの喜寿にはやりの黒日傘 芝尚子 あを 200109  
駅までと母を送りて日傘さす 師岡洋子 ぐろっけ 200109  
何となくためらひ開く黒日傘 名取袿子 200110  
封切のキネマの余韻白日傘 花島陽子 遠嶺 200110  
傘壽には見えぬ足どり白日傘 渡辺智佳 遠嶺 200110  
雨傘が俄か日傘に野分晴 林翔 馬醉木 200110  
傘立てに日傘が一つ闇深し 郷田健郎 百鳥 200110  
日傘より影のはみ出し二人かな 中村立身 百鳥 200110  
白日傘男の声に回りけり 嵯峨根鈴子 火星 200110  
定刻にバス来てたたむ白日傘 栗城静子 200110  
絵日傘のお日さまに晴れがましかり 大橋敦子 雨月 200110  
海風や波止に日傘の女どち 山田天 雨月 200110 日傘 2 →

 

2020年7月9日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。