春夕焼 1     200句

夕焼  秋夕焼  冬夕焼  寒夕焼  春夕焼

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
春夕焼メバル章魚いか黒目族 須山つとむ 船団 199811  
幸福は愛あることよ春夕焼 平保子 いろり 199904  
影となる大島小島春夕焼 山田京子 俳句通信 199905  
春夕焼漁船に群れし鴎どち 山田京子 俳句通信 199905  
点滴に眠り誘はる春夕焼 相沢有理子 風土 199906  
潮満ちる珊瑚の海や春夕焼 河合朋子 春耕 199906  
春夕焼魞の衣手染め尽す 渡邊千枝子 馬醉木 200004  
金閣に燃えつきしかな春夕焼 遠藤若狭男 200004  
春夕焼音立て噛るフランスパン 宮津昭彦 200004  
春夕焼染む大仏の大き御手 樺山翠 雨月 200006  
母に似て指から老いて春夕焼 芹沢愛子 海程 200006  
春夕焼とうとう赤ん坊釣れました 村山半信 海程 200007  
春夕焼漂泊さすらいのごと談合の衆 阿辺一葉 海程 200009  
春夕焼け心の傷の疼くころ 栢森定男 あを 200105  
鳰遠くに一羽春夕焼 小泉洋一 円虹 200106  
丘に佇ち春夕焼の海抱く 小澤克己 遠嶺 200106  
泊船のロシヤ民謡春夕焼 瀬尾幸代 200107  
逆あがり会得の血まめ春夕焼 伊佐利子 海程 200107  
春夕焼指の先まで染めにけり 熊谷みどり いろり 200107  
首里城の石敢当に春夕焼 宮城菊子 200107  
ビッグベン春夕焼を告げてをり 高瀬チエ子 遠嶺 200107  
子の肩のまた高くなり春夕焼 祐森弥香 遠嶺 200107  
岩を噛むしぶきに映ゆる春夕焼 越智秀子 雲の峰 200204  
朱雀とは赤き雀か春夕焼 大関靖博 200204  
局長の鞄重たし春夕焼 河田青嵐 風土 200205  
春夕焼尿せる父ささへをり 城孝子 火星 200205  
大淀も蓮如の寺も春夕焼 朝妻力 雲の峰 200205  
露天の湯春夕焼けに首一つ 松村富子 200206  
肩ぐるま春夕焼の消ゆるまで 山田怜子 遠嶺 200206  
春夕焼湯屋の煙突つつみけり 影山わこ 百鳥 200206  
春夕焼白鬚橋を渡りけり 及川澄江 風土 200206  
二上山の雲の消えたる春夕焼 中島陽華 200206  
春夕焼駄菓子に埋む季寄かな いしだゆか 遠嶺 200207  
春夕焼雑木林の透きとほる 土岐明子 遠嶺 200207  
句碑除幕終へし安堵の春夕焼 本郷桂子 円虹 200207  
春夕焼サーファー黒く上がり来る 大串章 百鳥 200305  
春夕焼むらさき色にもも色に 山田六甲 六花 200305  
父の忌や春夕焼の痛かりし 坂本俊子 200306  
春夕焼時ゆつくりと流れゆく 仲尾弥栄子 雲の峯 200306  
小島より見るビル街の春夕焼 原茂美 雲の峯 200306  
島守の船戻り行く春夕焼 清わかば 雲の峯 200306  
春夕焼戦火の画面逃れ来て 徳永真弓 百鳥 200307  
会ひに来る春夕焼に頬染めて 小山徳夫 小春の山河 200401  
葛城山にやや風の出て春夕焼 中島紅からす 草の花 200405  
高層のガラスしたたる春夕焼 竹内弘子 あを 200405  
点滴の長き間合を春夕焼 田中藤穂 あを 200405  
そのうちに死んでやるわい春夕焼け 松山律子 六花 200405  
毎日の鴉のさわぐ春夕焼 市場基巳 200406  
寺子屋の段も佳境に春夕焼 木村てる代 雲の峰 200406  
平安に今日の日送る春夕焼 村田文一 遠嶺 200406  
春夕焼神山つなぐループ橋 白鳥義岳 帆船 200505  
春夕焼和解の握手交しけり 中里とも子 百鳥 200505  
めずらしき雲に惑へる春夕焼 早崎泰江 あを 200505  
子と並みて春夕焼の高野道 川崎俊子 馬醉木 200506  
交差するレール春夕焼の中 太田佳代子 春燈 200506  
春夕焼ひと日離れぬ曲ありて 高木嘉久 200506  
ピンポンと押して逃げ去る春夕焼 赤座典子 あを 200506  
木の家の瓦親しや春夕焼 加瀬美代子 200506  
鉄塔の碍子がきらり春夕焼 三枝邦光 ぐろっけ 200507  
母子来て春夕焼に稚魚放つ 吉村一郎 百鳥 200507  
砂の上の積木の城や春夕焼 渡辺民親 遠嶺 200508  
パゴタめく国会議事堂春夕焼 篠田純子 あを 200508  
春夕焼らんぷを吊したくなりぬ 山田暢子 風土 200605  
果てしなき春の夕焼け五頭連峰 内藤恵子 万象 200605  
春夕焼雲の端のぞく忘れ汐 後藤眞由美 春燈 200606  
集まりて横顔ばかり春夕焼 井上信子 200606  
病む夫の帰心ふくらむ春夕焼 大石喜美子 雨月 200606  
牛帰る春夕焼に尻向けて 阿久津勝利 万象 200606  
春夕焼男ひとりが干物焼く 八木柊一郎 ぐろっけ 200607  
春夕焼万象夕日染めにけり 鈴木榮子 春燈 200704  
岩礁のいよいよ黝し春夕焼 加瀬美代子 200705  
やきものや土と炎で春夕焼 林日圓 京鹿子 200707  
鯨碑に素外の一句春夕焼 岡田章子 ぐろっけ 200708  
公園に帰宅拒否の子春夕焼 鈴木照子 200805  
春夕焼明日へと望み託しけり 高橋あつこ 遠嶺 200805  
京恋うて眺めてをりぬ春夕焼 森下康子 200806  
本閉ぢて春夕焼の窓開くる 加藤京子 遠嶺 200806  
春夕焼東京湾に架かる橋 勝見玲子 200806  
万葉の山見ゆる街春夕焼 早崎泰江 あを 200806  
夫と見る窓いつぱいの春夕焼 湯浅夏以 樹も鳥も 200806  
音感のとぼしき血すぢ春夕焼 井上信子 200807  
抱きあげて春夕焼のやはらかに 服部早苗 200807  
軒瓦巣藁はみだし春夕焼 定梶じょう あを 200807  
春夕焼天草灘の船染めて 田下宮子 200905  
叫びたきこと胸に持ち春夕焼 黒澤登美枝 200905  
春夕焼拐かされし子の記憶 水野恒彦 200905  
春夕焼陵は足冷ゆるなり 小形さとる 200905  
ひと日の苦労は一日もて足る春夕焼 滝沢幸助 春燈 200905  
一人居や義母のアルバム春夕焼 赤座典子 あを 200905  
一条の潮目朱に染め春夕焼 松村富子 200906  
春夕焼染む帆柱も一行詩 千田敬 200906  
牛伏山の牛の骨格春夕焼 神宮安見子 炎環 200906  
寧らぎを明日へと繋ぐ春夕焼 勝見玲子 200906  
一湾のふところ深し春夕焼 勝見玲子 200906  
怖ろしき映画のあとの春夕焼 布川直幸 200906  
白樫の葉越しの春の夕焼けかな 藤井美晴 やぶれ傘 200906  
ひろやかに魞の沖あり春夕焼 石田克子 馬醉木 200907  
東京湾横断道の春夕焼 勝見玲子 200907  
春夕焼さいごの渡し戻りけり 岩永はるみ 春燈 200907  
壁を打つテニスボールや春夕焼 垣岡暎子 火星 200907  
空き地よりにんじん色の春夕焼 安藤久美子 やぶれ傘 200907  
地図になき一村過ぐる春夕焼 勝見玲子 200908  
アリゾナの春夕焼け見て白衣脱ぐ 伊吹之博 京鹿子 201005  
フラミンゴ春夕焼に紛れけり 矢口笑子 春燈 201005  
うなさかにムンクの叫び春夕焼 大島翠木 201006  
生も死も一字なりしよ春夕焼 柴田久子 風土 201006  
八高の最初の時鐘春夕焼 岡田のり子 201006  
直立に並ぶ空爆春夕焼 秋葉貞子 やぶれ傘 201007  
首筋の名札をはづす春夕焼 成田美代 201007  
黒鶫の春夕焼を惜み鳴く 海上俊臣 酸漿 201007  
春夕焼塔の十字架眩しかり 小川玉泉 末黒野 201008  
放歌なき寮をつつみて春夕焼 井上信子 201104  
針の先ほどの機影や春夕焼 木戸宏子 201105  
海峡の帰船を包む春夕焼 片岡久美子 201105  
春夕焼チョコレート色に告白す 遊橋惠美 風土 201105  
ジオラマのやうな街並み春夕焼 五十嵐章子 201105  
声きけて嬉しと泣けり春夕焼 田中藤穂 あを 201105  
深閑の愛染坂や春夕焼 長濱順子 201106  
東日本大震災春夕焼け燃ゆ 菊地瑩子 春燈 201106  
春夕焼瓦礫の山を照らしをり 池田光子 201106  
この地球に震へ止まらず春夕焼 深川敏子 春燈 201107  
さむいさむいと夕焼空を春鴉 吉弘恭子 あを 201107  
ダンディーな帽子溶けゆく春夕焼 小張志げ 春燈 201108
古書店の目当ての本や春夕焼 大内由紀 末黒野 201108  
瓶詰のピクルスに透け春夕焼 三谷道子 万象 201205  
春夕焼水牛の歩のゆるぶとき 中本清 万象選集 201205  
指切りの約束春の夕焼雲 柳生千枝子 火星 201205  
車窓よりアルプスの嶺春夕焼 本郷宗祥 かさね 201206  
春夕焼棚田は深く翳をおき 宮内とし子 201206  
事終へてサンタモニカの春夕焼 伊吹之博 京鹿子 201206  
窯変に似て羊蹄山の春夕焼 土屋草子 ろんど 201206  
千枚の水田に春の夕焼かな 米尾芳子 馬醉木 201207  
英虞湾の島蔭染める春夕焼 早川周三 ぐろっけ 201207  
春夕焼バス待つ母子のスキップ音 水野範子 ぐろっけ 201207  
春夕焼至福の時間リス森ヘ 伊吹之博 京鹿子 201207  
国境を越ゆる流れや春夕焼 後藤桂子 万象 201208  
春夕焼平城山古代に還りゆく 中井弘一 201306  
天平の甍に沈む春夕焼 中井登喜子 201306  
春夕焼更地に遅々と上総掘り 富川明子 201306  
露坐仏のお耳を染むる春夕焼 荒井書子 馬醉木 201404  
掬ふ手に波の名残や春夕焼 堀田順子 馬醉木 201405  
春夕焼明日の夢を浮き立たす 岩月優美子 201406  
春夕焼昔酒屋は量り売り 宮崎高根 201406  
春夕焼コントラストの手稲の嶺 園部早智子 ろんど 201406  
海峡のあかね一枚春夕焼 笹村政子 六花 201406  
かくれんぼの一抜け二抜け春夕焼 小山繁子 春燈 201406  
春夕焼砂場に並ぶつちだんご 野坂民子 馬醉木 201407  
春夕焼橋脚洗ふささら波 熊切修 末黒野 201407  
残されて牝ライオンの春夕焼 比嘉半升 万象 201407  
行く雲に後戻りなし春夕焼 松田都青 京鹿子 201407  
やはきもの抱き見てゐる春夕焼 藤丸誠旨 春燈 201407  
春夕焼うす桃色に別れ告ぐ 水谷直子 京鹿子 201408  
帰任なき赴任見送る春夕焼 秋葉雅治 201501  
曳売女春夕焼を負ひ戻る 大谷畠子 馬醉木 201504  
春夕焼け玻璃戸洗ひし水の綺羅 相沢有理子 風土 201505  
桟橋は見送るところ春夕焼 千田敬 201505  
亡き人の口跡をふと春夕焼 渕上千津 201505  
素晴らしき明日あるごとし春夕焼 鈴木初音 201505  
たちまちに春の夕焼け雨上る 丑久保勲 やぶれ傘 201505  
終章のひと日に充つる春夕燒 鈴鹿仁 京鹿子 201505  
春夕焼人逢ふことの罪めきて 吉田順子 201506  
皇子ねむる山むらさきに春夕焼 豊田都峰 京鹿子 201506  
ひとり出て春夕焼にまみれたり 小林愛子 万象 201506  
春夕焼ゆるゆる山を漆黒に 赤座典子 あを 201506  
足し算も九九も湯舟で春夕焼 山内碧 201506  
本棚の写真古びる春夕焼 吉村さよ子 春燈 201507  
春夕焼ピンクに広がる西の方 水谷直子 京鹿子 201507  
クラス会春夕焼の日本海 仁平則子 201507  
一山を抱きて余る春夕焼 吉中愛子 万象 201507  
教会は坂の上なり春夕焼 赤座典子 あを 201507  
春夕焼地球の海はひとつづき 森俊人 201508  
遠き帆の走りはじめし春夕焼 北川孝子 京鹿子 201508  
春夕焼先行き憂ふ 徐脈 じょみゃく かな 松本文一郎 六花 201509  
石段を跳びて帰る子春夕焼 阿部重夫 末黒野 201604  
竹藪のきれいに残り春夕焼 井上信子 201605  
文鎮のごと春夕焼の遠き富士 田原陽子 201605  
点鬼簿に釋滋徳とよ春夕焼 松橋利雄 春燈 201605

悼・

上山永晃氏

人待つ間春夕焼の中にをり 吉田順子 201606  
春夕焼土手のその先防波堤 青谷小枝 やぶれ傘 201606  
春夕焼け人のまばらな公園に 松村光典 やぶれ傘 201606  
春夕焼神が給ひし赤子かな 本間せつ子 末黒野 201606  
病室の刻ゆつたりと春夕焼 坂田静枝 万象 201606  
春夕焼見舞の夫の来べき頃 玉置かよ子 雨月 201606  
投函の白き封書や春夕焼 西村まさ 万象 201607  
飼主を走らせる犬春夕焼 田村園子 201607  
げんまんの声の散りゆく春夕焼 山口順子 馬醉木 201607  
手をつなぐ木の間の夫婦春夕焼 吉村さよ子 春燈 201607  
ふるさとに別るる峠春夕焼 鈴木庸子 風土 201607  
永き日を使ひ切りたる春夕焼 伊吹之博 京鹿子 201607  
嘴太鴉骨の髄まで春夕焼 中島悠美子 京鹿子 201608  
春夕焼人逢ふことの罪めきて 吉田順子 201608  
中央線飛びこむ春夕焼のなか 秋月祐一 船団 201701  
春夕焼子の住む方の濃かりけり 近藤暁代 馬醉木 201704  
鬼遊びの一人づつ抜け春夕焼 中田禎子 201705  
うるうると春夕焼けの濡らす橋 高橋道子 201705  
春夕焼恋の重さを少女言ふ 江澤弘子 201705  
高階に遠き伊吹を春夕焼 服部珠子 雨月 201706  
みさゝぎを覆へる春の夕焼かな 井上石動 あを 201705  
開発のクレーン染めぬ春夕焼 滝沢いみ子 末黒野 201706  
調律の響ける窓の春夕焼 岡本秀子 201706 春夕焼 →2

 

2020年3月1日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。