秋夕焼 1      322句

夕焼  秋夕焼  冬夕焼  寒夕焼  春夕焼

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
鳶たかく秋夕焼を脾睨す 川口襄 遠嶺 199812  
秋夕焼嘘を楽しく読みをはり 丸山佳子 京鹿子 199901  
水盤に秋夕焼のなくなりぬ 清水志無子 風土 199911  
秋夕焼たやすくきのふ忘れけり 頓所友枝 199912  
幸すこし秋夕焼に手を焦す 長尾康子 風土 199912  
島ふたつ跨ぐ大橋秋夕焼 松宮幹彦 春耕 199912  
鉄棒にぶらさがっている秋夕焼 薮ノ内君代 船団 199912  
絢爛と亡びし平家秋夕焼 長谷川翠 馬醉木 200001  
水尾深く船戻りくる秋夕焼 堀田知永 俳句通信 200001  
甘え来る秋夕焼の幼き掌 吉野のぶ子 遠嶺 200001  
雨止んで秋夕焼の広野かな 小澤克己 遠嶺 200002  
友禅の雲のたなびき秋夕焼 小澤克己 遠嶺 200002  
秋夕焼ホテルはパンを売るところ 中原幸子 遠くの山 200010  
海峡の向かひの街の秋夕焼 菊地惠子 酸漿 200012  
秋夕焼尖塔に火を点したる 菊地惠子 酸漿 200012  
戦跡に戦士の像や秋夕焼 谷野由紀子 俳句通信 200012  
秋夕焼犬の散歩の歩を伸ばす 大平保子 いろり 200012  
秋夕焼ハモニカ吹いて子の帰る 神山ゆき子 200101  
学校に兎飼はるる秋夕焼 杉浦典子 火星 200101  
秋夕焼どこまで行けどこの世なる 栗原公子 200101  
鉄塔を黄金づくりに秋夕焼 名本敦子 200102  
秋夕焼遠き日のこと次つぎと 大平保子 いろり 200102  
京路地のかごめかごめや秋夕焼 山田和 京鹿子 200103  
秋夕焼六番線の六の字に 山田六甲 六花 200110  
秋夕焼かくれんぼまだ続きをり 佐藤悦子 百鳥 200111  
秋夕焼タンカー河を溯る 山田天 雨月 200112  
入日背に秋夕焼のなか帰る 谷口ふみ子 雨月 200112  
石は石秋夕焼に染まるとも 槐布由子 銀化 200112  
片羽にて秋夕焼の中にゐる 栗栖恵通子 200112  
稜線の木々明らかに秋夕焼 久松久子 百鳥 200112  
秋夕焼警戒水位のままの河 宮川杵名男 春耕 200112  
秋夕焼鳥ををさむる古墳かな 山越勝美 遠嶺 200112  
秋夕焼見むと沙漠の端を踏む 有働亨 馬醉木 200201  
秋夕焼畑の中に人ひとり 守屋井蛙 酸漿 200201  
つなぐ手に力入れくる秋夕焼 太田土男 百鳥 200201  
膝に置く木管楽器秋夕焼 小山徳夫 遠嶺 200201  
天涯へ雲のきざはし秋夕焼 若生まりあ 遠嶺 200201  
屋上は遠くまで空秋夕焼 高橋笛美 ホトトギス 200202  
トランペット秋夕焼を濃くしたり 中田尚子 百鳥 200202  
ふじごろも秋夕焼を脱ぎはじむ 梶浦玲良子 波小舟 200205  
秋夕焼脈うつごとしハイネの碑 野口香葉 天女櫻 200209  
秋夕焼神割崎の潮かな 田中聡子 遠嶺 200211  
秋夕焼自転車降りて道譲る 青池亘 百鳥 200211  
原子炉の一二三号秋夕焼 三浦照子 帆船 200211  
童心のままに横岳秋夕焼 赤座典子 あを 200211  
秋夕焼駿馬は長き影を曳き 小田玲子 百鳥 200212  
シナモンを香らす厨秋夕焼 中野薫 雲の峰 200212  
バスの客皆染まりたる秋夕焼 中野たけみ 雨月 200212  
蛇塚てふ秋の夕焼溜りかな 小林輝子 風土 200301  
二人ゐて生くる一筋秋夕焼 城石美津子 京鹿子 200302  
地下を出て秋夕焼の高架ゆく 鵜飼紫生 雨月 200302  
杉並木往古閉ざして秋夕焼 芝宮須磨子 あを 200310  
阿修羅みて秋夕焼けの中に佇つ 近藤きくえ 200311  
櫛の歯のこぼれし不安秋夕焼 子安教子 200311  
秋夕焼湖一枚を遠に置き 高橋あゆみ 200311  
秋夕焼火の粉のごとく鴉群る 酒井多加子 雲の峰 200311  
究極の美の消えやすし秋夕焼 大橋敦子 雨月 200311  
巡航船島離れゆく秋夕焼 鵜飼紫生 雨月 200311  
秋夕焼海をまっ赤に染めゐたる 二宮桃代 雨月 200311  
帰船あり秋夕焼の真芯より 小澤克己 遠嶺 200311  
長き橋踏んで他郷へ秋夕焼 小野恵美子 馬醉木 200312  
秋夕焼馬車の車輪の軋む音 白井墨絵 遠嶺 200312  
秋夕焼とどむる雲を谷戸の上 宮津昭彦 200312  
照り合うて秋夕焼の空と海 谷村幸子 200312  
秋夕焼一緒に歩くための靴 加藤峰子 200401  
志なきにはあらず秋夕焼 石川英利 百鳥 200401  
秋夕焼身を打たせ湯に委ねつつ 金山藤之助 200401  
東京の秋の夕焼のビル囲ひ 河原一夫 200401  
秋夕焼童女となりて家路まで 白井墨絵 遠嶺 200401  
秋夕焼生簀仕舞ひの舟離る 上薗櫨夫 河鹿 200401  
秋夕焼巻いては伸ばす象の鼻 芝生南天 河鹿 200401  
サイケデリックな秋の夕焼磁気嵐 坂上香菜 200402  
秋夕焼寧らぎ色と思ひけり 白髭美佐子 200402  
自転車の同じ年頃秋夕焼 桜井葉子 遠嶺 200402  
秋夕焼守備練習のシルエット 菅龍一 百鳥 200402  
尖塔の影の浮き立ち秋夕焼 鵜飼紫生 雨月 200402  
高層ビル秋夕焼を折りたたむ 花島みゆき 八千草 200404  
ムンク展出でて恐ろし秋夕焼 山元志津香 八千草 200409  
平家屋敷の梲赫々秋夕焼 田中芳夫 200410  
駅頭に聞くヴアイオリン秋夕焼 坂本フジ 帆船 200410  
秋夕焼一抜け二抜け三残る 高橋十三夜 春燈 200411  
秋夕焼に一大円弧の日本海 佐々木ミツヱ 200411  
墓山の低きは暮れて秋夕焼 岡本眸 200411  
文人の愛でし山村秋夕焼 土岐明子 遠嶺 200412  
夕焼に染まる秋燕鹿島灘 岡村葉子 200412  
死体処置実習ありて秋夕焼 よこたまさみち 帆船 200412  
秋夕焼小江戸に残る火の見台 長野純顕 対岸 200412  
自転車の大と中小秋夕焼 芝宮須磨子 あを 200412  
山好きにどの山も郷里秋夕焼 中田みなみ 200412  
悔恨の身にしくしくと秋夕焼 小山百合子 遠嶺 200501  
秋夕焼ボレロ最高潮なりき 中島陽華 200501  
焼岳の乱杙歯なす秋夕焼 澤田緑生 馬醉木 200501  
秋夕焼に焔の立てり照ヶ崎 中島指月 200501  
秋夕焼鵜は真直に沖睨む 寺岡ひろし 雨月 200501  
電車から我が家の見えて秋夕焼 立花かほる 六花 200503  
海消して秋の夕焼消えにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200509  
潮流の記憶若狭の秋夕焼 能村研三 200510 若狭
秋夕焼対岸の樹を近くせり 田山登喜子 200510  
秋夕焼海泳ぎくる隠岐の牛 新井泰子 馬酔木 200511  
石段のくづれしままや秋夕焼 山田六甲 六花 200512  
白砂の嬰のあしあと秋夕焼 有島夛美 河鹿 200601  
秋夕焼船名のなき自家用船 村田北斗 百鳥 200601  
秋夕焼開いてみたいドアがあり 倉持梨恵 200601  
秋夕焼浴びてセスナ機高度千 野中啓子 200602  
秋夕焼子よりソネット授かりぬ 佐山苑子 遠嶺 200602  
基地の外民家ひしめき秋夕焼 伊舎堂根自子 万象 200611  
秋夕焼見て入院も四十日 大橋敦子 雨月 200611  
一日の早きを惜しむ秋夕焼 早崎泰江 あを 200611  
ガンマンのあらはれさうよ秋夕焼 定梶じょう あを 200611  
影絵なすワット・アルンや秋夕焼 井村和子 万象 200612  
勾玉は芽立ちの形秋夕焼 加藤峰子 200612  
秋夕焼無口になつてしまふ色 倉持梨恵 200612  
秋夕焼旅のよき日を締めくくる 森野俊子 遠嶺 200612  
吊橋も吾も浸れり秋夕焼 竹内文子 遠嶺 200612  
ひんがしの嶺々までも秋夕焼 大橋敦子 雨月 200612  
秋夕焼片々と雲朱色なす 大橋敦子 雨月 200612  
心地よき沼の一周秋夕焼 今井松子 遠嶺 200701  
秋夕焼子は子の家へ帰り行く 西澤ひで子 遠嶺 200701  
秋夕焼インドサラサの抱つこ紐 新井佐知子 遠嶺 200701  
一村はミレーの天地秋夕焼 吉田裕志 200702  
凱旋の曲湧くオペラ秋夕焼 鈴木朗月 万象 200702  
秋夕焼ひと口ほどの夫の食 福地初江 200702  
南国の秋の夕焼広野焼く 中村輝子 酸漿 200702  
越えさればさらなる嶺や秋夕焼 小澤克己 遠嶺 200711  
秋夕焼遠のくほどに濃くなれり 宮津昭彦 200711  
カーナビにちよつと逆らひ秋夕焼 北川英子 200712  
別れ告ぐ秋夕焼の桜島 樺山翠 雨月 200712  
目を瞑り秋夕焼けを見てをりぬ 戸村よねこ 遠嶺 200801  
秋夕焼退きたるあとを刻止まり 宮津昭彦 200801  
秋夕焼地球を青く染めにけり 加藤峰子 200801  
万葉の二上山ぞ秋夕焼 山村修 酸漿 200801  
邂逅に賜はりしもの秋夕焼 佐藤ナオ子 遠嶺 200802  
束の間の秋夕焼やハーモニカ 吉田順子 200802  
行く先は秋夕焼と応へたし 湯浅夏以 樹も鳥も 200806  
秋夕焼包み込みたる廃校舎 金田美恵子 ぐろっけ 200810  
秋夕焼銀鱗おどる水面かな 渡辺安酔 200811  
猫飼えばと娘に言はれ秋夕焼 赤座典子 あを 200811  
アルプスの秀を手放さず秋夕焼 泉田秋硯 200812  
秋夕焼ほら先生の笑ひ皺 宇都宮敦子 200812  
愛宕嶺に秋夕焼の放射状 杉本綾 200812  
秋夕焼くづしてをはる子のあそび 佐藤良重 炎環 200812  
たがふ秋夕焼を畏れける 加藤みき 200812  
地球は一つ神はいろいろ秋夕焼 岩月優美子 200812  
病む足を己励ます秋夕焼 丹羽敦子 酸漿 200812  
あふれ来る自衛隊員秋夕焼 中条さゆり 200812  
秋夕焼ふっくら耳朶持つ人と 陽山道子 船団 200901  
友見舞ふ窓より嶺々の秋夕焼 塩野きみ 遠嶺 200901  
秋夕焼白壁染めて明日天気 山崎泰世 200901  
秋夕焼膨らむ彩度落としつつ 田村園子 200901  
秋夕焼西も東も浄土かな 竹内悦子 200902  
山の辺にたちまち消ゆる秋夕焼 岡崎春菜 万象 200902  
振り向けばローマを焦がす秋夕焼 谷澤秀子 200911  
静かなる工場地帯秋夕焼 宮田香 200912  
秋夕焼映し大淀悠揚と 辰巳あした 雨月 200912  
つなぐ掌の思はぬ熱さ秋夕焼 大坪景章 万象 200912  
病む妻へ急ぐ家路の秋夕焼 小川玉泉 末黒野 200912  
秋夕焼濡れ髪しぼる海女二人 大橋伊佐子 末黒野 200912  
灯をひとつこぼして秋の夕焼果つ 豊田都峰 京鹿子 200912  
飛鳥なる奇石めぐりて秋夕焼 塩出眞一 ぐろっけ 200912  
秋夕焼仰ぎて心明日にあり 三村武子 酸漿 200912  
秋夕焼遠忌の膳を囲みたる 阪本哲弘 201001  
煙突を残す銭湯秋夕焼 北川キヨ子 201001  
下枝なき松亭々と秋夕焼 小川玉泉 末黒野 201001  
師の通夜に向ふ車窓や秋夕焼 小野口正江 末黒野 201001  
秋夕焼三輪明神の大鳥居 加藤みき 201001  
秋夕焼釜中の魚のごときかな 中野京子 201001  
秋夕焼バックミラーに吸はれけり 橋本リエ 春燈 201001  
秋夕焼父母への思ひ濃かりけり 中島静子 酸漿 201001  
新都心とふビル街つつむ秋夕焼 早崎泰江 あを 201001  
父呼ぶや能登金剛の秋夕焼 石田邦子 遠嶺 201002  
除幕式終りし摩耶の秋夕焼 鈴木てるみ ぐろっけ 201002  
秋夕焼茜は冴えてより沈む 空音 六花 201011  
外航船遠くにいだき秋夕焼 吉弘恭子 あを 201011  
秋夕焼路地賑やかにケンケンパ 紀川和子 201012  
束の間の秋夕焼を惜しみけり 青山正英 201012  
秋夕焼手応へありし投網曵く 泉田秋硯 201012  
まのあたり秋夕焼の幕下りる 中村恭子 201012  
いつの間に秋夕焼に囲まるる 高田令子 201012  
西方へ踏み出すまよひ秋夕焼 菅野雅生 ろんど 201012  
フィナーレを飾る遷都や秋夕焼 小林成子 201101  
再現の平城京や秋夕焼 増田一代 201101  
秋夕焼残る命を雲に分け 川崎真樹子 春燈 201101  
秋夕焼引き込む海の重さかな 竹田ひろ子 ろんど 201101  
鐘楼の青銅に映ゆ秋夕焼 早崎泰江 あを 201101  
コンテナを積みし貨車行く秋夕焼 瀬島洒望 やぶれ傘 201101  
フィナーレ飾る遷都式典秋夕焼 小林成子 201102  
秋夕焼たちまち消えぬ欣一忌 大坪景章 万象 201102  
筏より暮るる英虞湾秋夕焼 森清信子 末黒野 201102  
一望の上州平野秋夕焼 吉田きみえ 末黒野 201102  
農道の一直線や秋夕焼 大内佐奈枝 万象 201103  
秋夕焼鳴門海峡渡りけり 上林富子 やぶれ傘 201104  
廢校のどのガラスにも秋夕焼 竹貫示虹 京鹿子 201109  
木版画めきし祇園の秋夕焼 大谷昌子 馬醉木 201111  
秋夕焼鎌を研げよと塞の神 石橋公代 春燈 201111  
秋夕焼絢爛と燃え人遠し 米山喜久子 201111  
よぎりし名秋夕焼の中に消ゆ 吉村さよ子 春燈 201112  
秋夕焼校庭の子の逆上がり 安藤久美子 やぶれ傘 201112  
秋夕焼中途はんぱな己染む 藤兼静子 201112  
近道で行きたる秋の夕焼かな 小幡喜世子 ろんど 201112  
秋夕焼傷つきし手にやはらかし 近藤公子 201112  
風の手が秋の夕焼けを宅配す 瀬川公馨 201201  
ふりむけば秋の夕焼海に入る 柴田靖子 201201  
捨て舟の傾ぎて零す秋夕焼 木暮陶句郎 ホトトギス 201201  
秋夕焼カッパ住む沼照らしをり 池田光子 201201  
耳奥のさうかいさうかい秋夕焼 大坪景章 万象 201201 沢木欣一先生
ほのぼのと老ゆるを願ふ秋夕焼 加藤千春 春燈 201201  
秋夕焼なごめる海の波の貌 小野寺節子 風土 201201  
声なき声秋夕焼の伊良虞岬 村上美智子 雨月 201201  
秋夕焼け鴉玉虫色をして 笠置早苗 火星 201201  
秋夕燒いつもの烏とほりすぐ 佐藤喜孝 あを 201112  
肩並べ秋の夕焼見届くる 田村園子 201202  
秋夕焼荷台に乗せる子と農具 苑実耶 201202  
起重機をベビルを焼べ秋夕焼 原友子 201202  
古書市の跡かたもなし秋夕焼 北岸邸子 春燈 201202  
秋夕焼かごめかごめの鶏はゐず 和田照海 京鹿子 201202  
晩鐘の川をゆつたり秋夕焼け 岡山敦子 京鹿子 201202  
退庁の人とぶつかる秋夕焼 丑久保勲 やぶれ傘 201201  
秋夕焼湖上の船の黒々と 久世孝雄 やぶれ傘 201202  
秋夕焼ボール蹴り蹴り下校の児 松本善一 やぶれ傘 201202  
秋ゆうやけ一生いのち輝やけり 沢木欣一 万象 201209  
悲しみは祈りとなりて秋夕焼 頓所友枝 冬の金魚 201209  
あかね色秋の夕焼に音のなき 池田加寿子 201211  
雲走る鴉も走る秋夕焼け 水野弘 ぐろっけ 201211  
石投げて倒木鳴らす秋夕焼 山本耀子 火星 201211  
風を切る馬上の少女秋夕焼 黒滝志麻子 末黒野 201211  
礁打つ真砂女が海や秋夕焼 岡井マスミ 末黒野 201211  
また次の角まで送る秋夕焼 久布白文子 馬醉木 201212  
神さまのふとゐるやうな秋夕焼 栗原公子 201212  
父いよよ平たく病みぬ秋夕焼 柴田佐知子 201212  
秋夕焼物として吾染まりけり 吉田順子 201301  
秋夕焼け一瞬烈し茜色 羽賀恭子 201301  
秋夕焼明日が見ゆるところまで 池田光子 風土 201301  
プロレスのポスター破れ秋夕焼け 秋岡美津子 京鹿子 201301  
秋夕焼突進して行く三輪車 佐瀬晶子 ろんど 201301  
秋夕焼千の色持つ千枚田 竹田ひろ子 ろんど 201301  
バス渋滞秋夕焼の褪めるまで 平田恵美子 ぐろっけ 201301  
ベランダに残る干し物秋夕焼 渡邊孝彦 やぶれ傘 201302  
秋夕焼これから夜の国いくつ 火箱ひろ 船団 201304  
誕生日髪すっきりと秋夕焼 赤座典子 あを 201311  
軍艦と釣舟行き交ふ秋夕焼 森岡陽子 かさね 201311  
畳なはる波のさきざき秋夕焼 小山繁子 春燈 201311  
秋夕焼明日への望み赤々と 大口堂遊 春燈 201311  
秋夕焼まんのう池のゆらぎかな 石脇みはる 201311  
執りし手に執られてゐたり秋夕焼 大坪景章 万象 201311  
墓といふ寂びゆく慣秋夕焼 江島照美 201311  
病室の窓よぎる飛機秋夕焼 松本周二 かさね 201311  
残り菓子包んで持たす秋夕焼 松本俊介 春燈 201311  
鴇いろの秋夕焼や砂金採 川崎利子 201311  
うづ高き新書立ち読む秋夕焼 中山皓雪 201312  
競技果て選手らの去る秋夕焼 羽賀恭子 201312  
水切りの石飛んでいく秋夕焼 白石正躬 やぶれ傘 201312  
水嵩の減らぬ濁流秋夕焼 坂根宏子 201312  
稜線の黒々と見ゆ秋夕焼 龍町子 末黒野 201312  
秋夕焼消えて漁火沖に浮く 川井素川 かさね 201312  
秋夕焼一樹ふくらむ鳥の声 堀園子 201312  
秋夕焼ひろがり広島カープ捷つ 水原春郎 馬醉木 201312  
秋夕焼こども一一〇番の旗 坂上香菜 201312  
秋夕焼カリヨンの音流れ来る 小柳千美子 かさね 201312  
秋夕焼SFめける硝子都市 菅谷たけし 201312  
紫陽花の終の色とよ秋夕焼 藤丸誠旨 春燈 201312  
山間の香りなつかし秋夕焼 山本とく江 万象 201312  
塩田の跡地の杭に秋夕焼 岡野安雅 かさね 201312  
オカリナの消え行く果の秋夕焼 森脇貞子 雨月 201312  
やはらかき色を化粧ひて秋夕焼 村上悦子 雨月 201312  
「シェーンーカムバック」耳内に残響秋夕焼 小河原清江 201401  
照り合ひて秋夕焼の出雲崎 古沢幸次 ろんど 201401  
昭和めく神田の街や秋夕焼 光岡れい子 万象 201401  
閻魔王の眼光いよよ秋夕焼 菅野日出子 末黒野 201401  
秋夕焼黯々とおく富士一枚 兵泉美 京鹿子 201401  
秋夕焼飛行機雲の伸びて行く 大木清美子 201401  
秋夕焼静かな波に鳶の群 森岡陽子 かさね 201401  
風少し秋夕焼けの彼方より 白石正躬 やぶれ傘 201401  
観覧車降りて仰げり秋夕焼 杉本裕子 末黒野 201402  
和菓子屋の秋夕焼に身を容るる 小泉欣也 ろんど 201402  
いつさいは秋夕焼の中にあり 戸栗末廣 201402  
三つ目の橋まで土手を秋夕焼 松本三千夫 末黒野 201402  
五階より子を呼ぶ母や秋夕焼 古沢幸次 ろんど 201402  
畳なはる波のさきざき秋夕焼 小山繁子 春燈 201403  
野の情趣深めて嵯峨の秋夕焼 落合由季女 雨月 201403  
見はるかす九十九島の秋夕焼 難波篤直 201404 長崎
下宿屋の残る本郷秋夕焼 稲垣佳子 末黒野 201404  
いつさいは秋夕焼の中にあり 戸栗末廣 201405  
漁に出てゆく舟や秋夕焼 井上石動 あを 201409  
大いなるも-のが過ぎゆく秋夕焼 上原重一 201411  
秋夕焼少し焦げたるたまご焼 齊藤實 201411  
丹沢の遠嶺くつきり秋夕焼 菅野日出子 末黒野 201412  
スカイツリーいつとき化粧ふ秋夕焼 中村紀美子 春燈 201412  
散骨をいいなと思ふ秋夕焼 足立良雄 201412  
秋夕焼クイーンの塔の薄みどり 寺沢千都子 万象 201412  
根ごと木の流れてきたる秋夕焼 林徹也 201412  
秋夕焼横目に家路急ぎけり 廣畑育子 六花 201412  
盆栽を長々語り秋夕焼 松井季湖 201412  
秋夕焼野島が崎へ及びけり 笹村政子 六花 201412  
秋夕焼船に乗り込む家族かな 永田万年青 六花 201412  
秋夕焼久しき友の皺深し 永田万年青 六花 201412  
秋夕焼横のベンチに二人連れ 永田万年青 六花 201412  
一日の終はり佳きかな秋夕焼 永田万年青 六花 201412  
鰡飛んで秋夕焼の中に入る 廣畑育子 六花 201412  
うず潮の秋夕焼に見惚れけり 赤松有馬守破天龍正義 六花 201412  
崩れゐる秋夕焼の城址かな 赤松有馬守破天龍正義 六花 201412  
嬰も荷ももう負はぬ背や秋夕焼 小林輝子 風土 201412  
秋夕焼下校児童に赤信号 小野寺節子 風土 201412  
逆光の西山黒し秋夕焼 難波篤直 201501  
豆腐屋の秋夕焼を連れ来る 浅木ノヱ 春燈 201501  
秋夕焼ぬぐひ終へたる父母の墓 荒井千佐代 201501  
我が影のすらりと長し秋夕焼 堺昌子 末黒野 201501  
西を向く千体観音秋夕焼 岡本尚子 風土 201501  
秋夕焼戸口に甘酸つぱき匂ひ 笹村政子 六花 201501  
秋夕焼缶蹴りの音高らかに 前田美恵子 201501  
金色に染まる雲ゐて秋夕焼 出口誠 六花 201501  
黒きビル秋夕焼けに呑み込まる 上家弘子 ろんど 201501  
秋夕焼ゆるりとすすむ車椅子 佐瀬晶子 ろんど 201501  
秋夕焼かもめのやうな街跡灯 澤近栄子 京鹿子 201501  
赤壁や秋夕焼けに立ち尽くす 赤座典子 あを 201501  
己が身の何と小さき秋夕焼 内山照久 201502  
涸れ果てたはずの涙よ秋夕焼 仲里奈央 201502  
秋夕焼老いては口を真一文字 田岡千章 201502  
秋夕焼海賊船の水尾を染め 西川みほ 末黒野 201502  
秋夕焼掻き分け満員電車来ぬ 村高卯 201502  
餞を死者へと秋の大夕焼 すずき巴里 ろんど 201502  
秋夕焼空知平野に火の匂ひ 佐瀬晶子 ろんど 201503 秋夕焼 →2
秋夕焼夫婦寄り添ふ二基の墓 亀井紀子 201504 崇福寺にて

 

2019年10月1日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。