五 月 5       100句

汗ばめる母美しき五月来ぬ   中村汀女  薔薇粧ふ

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
五月なれ太陽の塔翔ぶ構へ 三由規童 雨月 200607  
白樺と白杖を吹く風五月 村越化石 200607  
すつと立ちすたすた歩きたき五月 村越化石 200607  
端渓の墨池光る五月かな 上村葉子はこ 風土 200607  
舌に解く八丁味噌や風五月 林いづみ 風土 200607  
五月場所贔屓力士はみなこぶり 松村多美 四葩 200607  
五月来ぬ乳を吸ひつつ知恵づく子 松村多美 四葩 200607  
小刻みに覚めて五月の雨の音 藤井昌治 200607  
五月三日虫は雀に葉は虫に 森理和 あを 200607  
皆が皆眼見開く五月かな 安部里子 あを 200607  
五月塗る百葉箱の白ペンキ 定梶じょう あを 200607  
風五月城山彩を深めゆく 高橋瑛子 河鹿 200608  
靴店に商品の山五月来る 平山勝子 河鹿 200608  
じやんけんに五月の風の握らるる 齊藤實 200608  
日の緑影の翠に五月来る 齊藤實 200608  
目つむれば五月の風や色あをく 佐渡谷秀一 春燈 200608  
跳箱や五月の風を発条として 小林眞彦 遠嶺 200608  
万太郎へ五月舟和のいもやうかん 神蔵器 風土 200608  
丹念に眼洗へば五月来る 浅田光代 風土 200608  
少年の草魚抱きくる五月かな 渡辺ひろし 200608  
ウクレレに歌う声あり五月来る 中島陽華 200608  
語りえぬ五月の夕陽せきよう沈みたる 西村純太 200608  
乞食に少しあくがる五月かな 荒井和昭 200608  
発心のやう魚跳ねて五月来る 風間史子 200608  
手を入れて水は手のいろ五月来ぬ 片山タケ子 200608  
乾拭きに鏡光らせ五月を病む 風間史子 200608  
五月場所親の意をくむ勝名のり 三浦久美子 四葩 200608  
靴音の止まる五月のアスファルト 田中英子 火星 200608  
草引きのはかどる五月くもりの日 東口博美 酸漿 200608  
朝の戸を繰れば緑の五月来ぬ 岡田房子 酸漿 200608  
叶はざる旅を恋ひゐる五月かな 久保晴子 雨月 200608  
毎日が好奇心なり薔薇五月 寺島順子 雨月 200608  
朝戸出の歩幅をひろく五月来ぬ 溝内健乃 雨月 200608  
夢現の母に五月の風入れむ 足立典子 雨月 200608  
波しぶき浴びて五月の海と空 森山のりこ あを 200608  
日高とは馬の国なる旅五月 三好雷風 ホトトギス 200609  
牛鳴いて雄鳩鳴いて牧五月 三好雷風 ホトトギス 200609  
五月来る心の扉開け放つ 川畑はるか 遠嶺 200609  
五月果つ百万ドルのうるし闇 高橋澄子 200609  
下宿子と無口な父が五月病 正木泰子 ぐろっけ 200609  
久々に小綬鶏来鳴く五月かな 阿部文子 酸漿 200609  
グランドを囲めるフェンス薔薇五月 岡本直子 雨月 200609  
硝子工五月の海をふくらます 奥田筆子 京鹿子 200609  
黒牛の伏して五月の大地あり 木内憲子 200609  
わが家より花嫁の出る五月来ぬ 西村数 ホトトギス 200610  
鶴の墓五月の桜咲いてをり 西村梛子 馬醉木 200612  
心臓運ぶ緑の箱に五月の陽 佐藤喜孝 あを 200704  
大橋を渡る五月の落日に 稲畑汀子 ホトトギス 200705  
立ち上がる濤の雄叫び五月来る 小城綾子 200707  
五月来る川面に風の縞模様 米山喜久子 200707  
軽やかに逢ひて五月の笑顔かな 米山喜久子 200707  
筑波嶺の統べる五月の田の水照り 米山喜久子 200707  
風五月風の行方を見てをりぬ 柳生千枝子 火星 200707  
風五月青葉の色の服を着て 柳生千枝子 火星 200707  
下草に樹は影頒ち風五月 林翔 200707  
一途に田へ走る水音五月来る 北川英子 200707  
栓抜にライオンの彫五月来る 辻直美 200707  
切り岸に鳥の睥睨風五月 秋葉雅治 200707  
心臓の位置にポケット五月来る 掛井広通 200707  
五月かな鴨居に梅花釘かくし 神蔵器 風土 200707  
朝戸出の一人の時間五月来ぬ 小野寺節子 風土 200707  
天地の五月待ちゐる吾れも人 小野寺節子 風土 200707  
吹く風を五月の森の呑み込めり 村越化石 200707  
妻在らずその誕日の五月来る 大橋晄 雨月 200707  
五月なり樅の芽天に花と萌え 阿部ひろし 酸漿 200707 高尾山
たんぽぽの絮遊びをり風五月 三井公子 酸漿 200707  
モネを観て五月終はるをよしとせり 早崎泰江 あを 200707  
憂き事も五月の風に乗せてやる 森山のりこ あを 200707  
雲は立ち樹々ひしひしと五月憂し 水野恒彦 200708  
子がすすをつけて出てくる五月かな 中島陽華 200708  
峰五月大会果てて息合へり 佐藤健伍 200708  
五月来る太き柱の家にゐて 竹下昌子 200708  
五月来て北への汽車の混み合へり 竹下昌子 200708  
潤へる五月の嶺々や旅支度 橋本良子 遠嶺 200708  
橅谷の荒瀬のしぶき五月来る 小山徳夫 遠嶺 200708  
街五月スローライフの歩のたしか 稲嶺法子 遠嶺 200708  
風車群五月の空をかきまはす 稲嶺法子 遠嶺 200708  
まつ青な五月の空や芙蓉峰 大西洵子 遠嶺 200708  
象の鼻バナナを貰ふ五月かな 中山純子 万象 200708  
蔵町の五月の空の高梲 田村すゝむ 風土 200708  
五月来るシーツの海へ子の飛んで 浅田光代 風土 200708  
舞羅戸も畳廊下も風五月 林いづみ 風土 200708  
五月来るイエスの小さき土不踏 中沢三省 風土 200708  
みちのくの青の量感五月来る 篠藤千佳子 200708  
街五月赤きサリーの娘が通る 堀井英子 雨月 200708  
五月来るぺーパーナイフ両刃なる 村田冨美子 京鹿子 200708  
五月美し汚すニュースの多き事 浮田胤子 ぐろっけ 200708  
病室の外は五月の陽の光 永塚尚代 ぐろっけ 200708  
樹々のこゑしづかに激し五月くる 木内憲子 200708  
人の香は風の香五月来りけり 木内憲子 200708  
兄弟子にぶつかる捨身五月来ぬ 佐藤いね子 馬醉木 200708  
水浴びの鳥の羽音や風五月 船越和香 馬醉木 200708  
さつぽろの風の五月の交差点 佐々木幸 200709  
町川を水の漲る五月来ぬ 渡邊千枝子 馬醉木 200710  
川風に鬢付けの香や五月場所 渡邊千枝子 馬醉木 200710  
朝稽古はげみ待たるる五月場所 池森昭子 馬醉木 200710  
かちあひの土俵の熱気五月来る 佐藤いね子 馬醉木 200710  
留守電の声の明るさ五月来る 大谷昌子 馬醉木 200710  
森揺れて五月の風を染めにけり 塙告冬 ホトトギス 200711  
海五月汀に白き音寄する 塙告冬 ホトトギス 200711 五月→6

 

2014年5月31日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。