五 月 1       100句

みどり子の頬突く五月の波止場にて   西東三鬼   変身

五月  五月尽  五月鯉  五月晴  五月闇

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
われさきに濡れて五月の木となれり 豊田都峰 山の唄 198800  
寄り道をする計画も旅五月 稲畑汀子 ホトトギス 199805  
乗り越えし五月の込みしスケジュール 稲畑汀子 ホトトギス 199805  
舞殿に五月の潮の満ちそめて 能村登四郎 199806  
白衿のきつちり五月迎へけり 小澤克己 遠嶺 199808  
坂下る五月の尖塔生えてくる 柳生千枝子 火星 199809  
渡りたきゆゑに橋懸け梅五月 丸山海道 京鹿子 199809  
楠五月股間に朱けの巫女を生み 丸山海道 京鹿子 199809 大三島大出祇神社
甲冑を集め五月のをとこ神 丸山海道 京鹿子 199809 大三島大出祇神社
五月の空煤けた部分が四畳半 石井哲夫 海程 199810  
志望校にやや馴れてきて五月病 折原あきの 船団 199811  
来るたびに変りゆく町風五月 仁科聖鳥 円虹 199901  
五月祭猫と話して暮れにけり 望月和子 船団 199902  
眠る児に波打ちよせる五月かな 今城知子 船団 199903  
地平線まで吹き抜ける風五月 稲畑汀子 ホトトギス 199905  
牧草も馬も育ちて風五月 稲畑汀子 ホトトギス 199905  
馬育て緑を育て牧五月 稲畑汀子 ホトトギス 199905  
太陽の朝の戻りぬ旅五月 稲畑汀子 ホトトギス 199905  
祝ぎ心五月の風に乗つて来し 稲畑汀子 ホトトギス 199905 「花の雲」上梓を祝ぎ句会
雑木山五月の音をたてはじめ 岬雪夫 199905  
五月来る波濤一穂づつ跳ねて 小澤克己 遠嶺 199905  
五月病たつのおとしご立ち泳ぎ 佐々木峻 ヒッポ千番地 199905  
安曇野の五月の水の匂ひけり 夏秋秋子 ヒッポ千番地 199905  
呼び出しのこゑ水平に五月場所 鷹羽狩行 199907  
仕切り繰返す間も掃き五月場所 鷹羽狩行 199907  
決まり手はなほ残像に五月場所 鷹羽狩行 199907  
枡席に膝ふれあふも五月場所 鷹羽狩行 199907  
朝は濃き海風五月はじまりぬ 小野恵美子 馬醉木 199907  
誰がためのかく美はしき五月かな 山田弘子 円虹 199907 山彦句碑建立
郵袋を島へ積み込む風五月 能村研三 199907  
街五月髪なびかせてバスを待つ 片山桃弓 199907  
「沖」の旗藍も浅黄も風五月 林翔 199907  
五月来てハンカチの花生絹めく 小堀真由美 199907  
柴又の五月の終る空のいろ 藤井昌治 199907  
雉の声五月の森にひびきけり 大内裕家 酸漿 199908  
ゆく雲もアンダルシアの五月かな 中里信司 酸漿 199908  
五月鬱猫の欠伸が妻へゆく 丸井巴水 京鹿子 199908  
抗癌剤の熱に五月を闇の中 三浦勲 199908  
沖島を浮かせ五月の水あさぎ 河村泰子 ぐろっけ 199908  
五月欝人は赤子を見せに来る 馬越幸子 ぐろっけ 199908  
五月の夜火事に潰えし村歌舞伎 村田近子 遠嶺 199909  
五月来ぬ思ひ出多き海を見に 斎藤珠子 遠嶺 199909  
うづ潮の引き込んでゆく五月かな 関根洋子 風土 199909  
歯ブラシの広告載せて五月号 中原忽胡 船団 199909  
五月かな一本だけの樹の匂い 三池泉 船団 199909  
球形に夜は満ち来る五月なり 吉川真実 海程 199910  
弁当をひろぐ眼下の湾五月 花藤原照子 199911  
象の耳五月の嘘がふくらんで 小枝恵美子 ポケット 199911  
白帽子五月の森を出で来たる 柳生千枝子 火星 200001  
階段をオレンジ転ぶ五月かな 尾上有紀子 わがまま 200002  
円窓の五月の闇をのぞきこむ わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
五月来ぬ絢爛として子の尿 小林呼溪 200005  
島に又橋のかゝりぬ旅五月 稲畑汀子 ホトトギス 200005  
海越えてゆく道ありぬ旅五月 稲畑汀子 ホトトギス 200005  
やり残す仕事選びて旅五月 稲畑汀子 ホトトギス 200005  
道の辺の白き花より旅五月 稲畑汀子 ホトトギス 200005  
あをあをと雨後の菜園五月来る 朝妻力 俳句通信 200006  
貧富無き百姓嘘をつく五月 保坂加津夫 いろり 200006  
結局は水割りにして五月果つ 山田六甲 六花 200006  
五月くるバトンガールを先頭に 飯塚ゑ子 ヒッポ千番地 200006  
燈台に怒濤かたむく五月来ぬ 小野恵美子 馬醉木 200007  
うつくしき五月もなかばまでのこと 鷹羽狩行 200007 五月十五日、金子治子さん急逝
封書貼る五月の風を少し入れ 神蔵器 風土 200007  
風五月河口に海月ただよへり 瀬戸悠 風土 200007  
アカシヤの花の五月を能登に来て 能村登四郎 200007  
ゆくりなく踏みたる五月の能登砂丘 能村登四郎 200007  
五月連休予備校生痛ましく 大牧広 200007  
盲身の闇も新たに五月の夜 村越化石 200007  
話一つ進む五月の風の中 村越化石 200007  
夫も子も忘れ五月のひとり旅 福田みさを いろり 200007  
ひと呼吸おいて静かな五月盡 中野辰子 いろり 200007  
青きもの茹でし香の五月来ぬ 石本百合子 馬醉木 200008  
元町のテラスにコーヒー五月かな 下山田美江 風土 200008  
白日のオリーブの丘風五月 金澤明子 火星 200008  
山の匂ひ水の匂ひに旅五月 山田弘子 円虹 200008  
知る辺なきアメ横歩く五月かな 桑垣信子 いろり 200008  
サーファーの五月の海へ帆立てたり 清水伊代乃 酸漿 200008  
雪嶺を更科にみて五月果つ 永田二三子 酸漿 200008  
馬の目のかくも清らに五月来る 新井田操 酸漿 200008  
野の五月ミニスカートの乙女子ら 新井田操 酸漿 200008  
二才児に一役ありし五月婚 渡辺俊子 京鹿子 200008  
わらび野の風に潮の香五月かな 和田敏子 雨月 200008  
濁らずにサビエルと呼ぶ園五月 大堀鶴侶 雨月 200008  
師の句碑を拝し五月の旅始まる 木村杏子 雨月 200008  
河蒸気発たせ五月の水匂ふ 三原清暁 春耕 200008  
川沿ひの鐵灸院や風五月 笹村政子 六花 200008  
水面より立ちて五月の風の量 木内憲子 200008  
六甲に雲立ち五月来りけり 八木愁一郎 ぐろっけ 200008  
風五月まくらべの花活け替へる 阿部正枝 遠嶺 200009  
五月病キリンは首で考へる 直江裕子 京鹿子 200009  
リボンばかり溜まつて五月去りにけり 奥田筆子 京鹿子 200009  
掠り傷つきて五月のランドセル 小菅暢子 200009  
餡パンや君の嫌いな五月過ぐ 桐木栄子 船団 200009  
花柄の紐に攻めらる五月病 北原武巳 船団 200010  
胸元に五月の風のフリルかな 河口宏子 船団 200010  
自動ドア五月の海へ開きたり 河口宏子 船団 200010  
ゴリラの手五月の風をひとつかみ 鶴濱節子 船団 200010  
夜半めざめ星降る隠岐の五月かな 長澤健子 酸漿 200011  
片っぱしから靴履いてみる五月 能勢京子 船団 200011  
肩寄せ合う部落はむかし五月来る 三池泉 船団 200011 五月 →2

 

2014年5月19日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。