五月鯉       46句

川筋は風の道なり五月鯉    鎌倉喜久恵

作品
作者
掲載誌
掲載年月
抱き下ろす大中小の五月鯉 稲畑汀子 ホトトギス 199805
頂に雲の輪浮がぶ五月鯉 田中聡子 遠嶺 200008
かな文字のはねて雄々しき五月鯉 鈴木とし子 遠嶺 200008
五月鯉百尾並び宙泳ぐ 中川濱子 ぐろっけ 200106
塔頭を尾ひれで叩き五月鯉 安養寺美人 200112
大口のつぐむことなき五月鯉 有吉桜雲 200204
四万十川の風吹き足らず五月鯉 中川悦子 酸漿 200207
縛めに抗ふ奔放五月鯉 川崎光一郎 京鹿子 200208
朝からの日ざしにちから五月鯉 山仲英子 200305
峡深く風に飢ゑをる五月鯉 林翔 200307
夕月の端山に出でし五月鯉 加藤富美子 200307
五月鯉ふた泳ぎして奔流へ 佐藤喜孝 あを 200307
五月鯉讃岐うどんに腰のあり 戸田春月 火星 200408
五月鯉曲げねばならぬこころざし 渡邊泰子 春燈 200507
放心か風も無き日の五月鯉 林翔 200606
田の水に游いでおりぬ五月鯉 長崎桂子 あを 200607
五月鯉過疎のふるさと捨てがたく 田畑時男 河鹿 200608
風止めばしばし思案の五月鯉 木野裕美 ぐろっけ 200608
双つ児に高々と揚ぐ五月鯉 稲次登美子 雨月 200708
風止めば竿に甘えし五月鯉 佐藤哲 万象 200809
茶畑の風吸ひ上ぐる五月鯉 水野久代 200908
山の端に朝風うけて五月鯉 藤原春子 六花 200908
川音にまさる風音五月鯉 仲田美智子 200909
日曜は日曜らしく五月鯉 松岡和子 201007
五月鯉火山灰畑の土匂ひたつ 川中佐知子 風土 201007
五月鯉海山の風行き交へり 田中佐知子 風土 201008
シーベルト計りて畳む五月鯉 阪本哲弘 201108
マンションにおよぐは小振り五月鯉 竹内悦子 201207
五月鯉五匹揃って武甲山 須賀敏子 あを 201307
竹垣の続く民家や五月鯉 佐々木永子 末黒野 201508
口揃へ海の風呼ぶ五月鯉 仙頭宗峰 万象 201509
十分に泳がせ仕舞ふ五月鯉 大畑善昭 201607
一川をまたぎ風待つ五月鯉 石黒興平 末黒野 201609
大口の無口よろしき五月鯉 加茂達彌 201707
谷風の気ままとむつび五月鯉 森清堯 末黒野 201708
悠久の風の大河を五月鯉 石黒興平 末黒野 201708
屋上に乾物の如五月鯉 武田ナオミ 末黒野 201708
五月鯉の一家今年も健在に 奈辺慶子 雨月 201806
我が物と見下ろす此の世五月鯉 三木亨 201808
くきやかに子の名の書かれ五月鯉 大沢美智子 旬日 201808
五月鯉遠近法なき川流し 菅谷たけし 201908
空や広し風や美味しと五月鯉 礒貝尚孝 黄落 202003
吸ひ込んで吐く息の無し五月鯉 小田嶋野笛 末黒野 202008
水脈太き帰漁にをどり五月鯉 柴田近江 202105
身丈てふ自在を舞へり五月鯉 富川明子 202107
峡空を元気づけたる五月鯉 山下美典 ホトトギス 202109

 

2022年5月7日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。