青 嵐 1     100句

なつかしや未生以前の青嵐    寺田寅彦

青嵐  青あらし  風青し  夏嵐

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
駆け下りて来し一陣の青嵐
稲畑汀子
ホトトギス
199806
森深く抜けてゆく道青嵐
稲畑汀子
ホトトギス
199806
マロニエも朴も狭庭の青嵐
稲畑汀子
ホトトギス
199806
青嵐竹藪出でし鶏の声
皆川盤水
春耕
199806
青嵐大樹の洞に仏座す
田中佐知子
風土
199807
天上青嵐純にガラスの鳥が飛ぶ
廣嶋美恵子
船団
199811
指の傷舐めて忘れて青嵐
萩原記代
199901
木曽山中東西南北青嵐
朝日彩湖
船団
199902
名詞句
青嵐深い眠りの筋肉たち
小倉喜郎
船団
199902
旅先に届く悲しみ青嵐
稲畑汀子
ホトトギス
199905
悼 山内山彦様
青嵐二の腕にある疱瘡跡
小林あつ子
火星
199905
青嵐「もっと短く!」髪を切る
田中桜子
船団
199907
泊失せし梁山つつむ青嵐
松崎鉄之介
199907
ねぎらふに馬首を叩いて青嵐
鷹羽狩行
199908
仏壇の燭の揺るがず青嵐
鷹羽狩行
199908
青嵐おとうといもうと剥落す
田中亜美
海程
199908
駈け来る子発止とうけて青嵐
岡本眸
199908
城望む白虎の若さや青嵐
信崎和葉
六花
199908
筆名をいまだ持たざり青嵐
二本松輝久
風土
199909
青嵐や歙硯にある海と陸
栗栖恵通子
199909
青嵐や代官山の坂がかり
井口初江
酸漿
199909
天馬ゆくごとき雲影青嵐
大槻久美
円虹
199909
青嵐づるりづるりと換気扇
墨谷ひろし
船団
199909
青嵐土均すことの官能
狩野康子
海程
199911
夏山が向うに倒れ青嵐
西塚成代
六花
199911
わたしの体トンネルにして青嵐
小枝恵美子
ポケット
199911
青嵐弥生時代の犬が好き
小枝恵美子
ポケット
199911
青嵐父のげんこつ一度きり
武井康隆
船団
199912
「ごめん」という町まで行こう青嵐
武井康隆
船団
199912
青嵐こんなとこまで来ちまった
津田このみ
月ひとしずく
199912
青嵐や僧の音声よく通る
田中藤穂
水瓶座
200002
青嵐や十二神将腿太し
田中藤穂
水瓶座
200002
体液は無色透明青嵐
わたなべじゅんこ
鳥になる
200003
喪の家に待つ人ふたり青嵐
わたなべじゅんこ
鳥になる
200003
青嵐古墳に出口はありません
三宅やよい
玩具帳
200004
青嵐おお法螺吹きをくつがえす
三宅やよい
玩具帳
200004
青嵐庭の葉ずれとなりにけり
稲畑汀子
ホトトギス
200006
海までの木々吹き抜けて青嵐
稲畑汀子
ホトトギス
200006
音に出て本丸跡の青嵐
鷹羽狩行
200007
パレスホテル皇居前吟行
青嵐鴎外の坂猫の過ぐ
田村すゝむ
風土
200007
奉書紙をひるがへしたる青嵐
竹内悦子
200007
奈良井宿吹きぬけまがる青嵐
西田もとつぐ
俳句通信
200007
撞木あくまでも水平青嵐
鷹羽狩行
200008
航船の玻璃すきとほる青嵐
小澤克己
遠嶺
200008
金輪際抜けぬ錆釘青嵐
高橋邦夫
風土
200008
火の性の系譜を継がむ青嵐
能村研三
200008
青嵐すくひて打てりミサの鐘
中尾杏子
200008
青嵐鴉下り立つ水飲場
佐藤フクエ
春耕
200008
青嵐社殿の茣蓙をめくりけり
川澄祐勝
春耕
200008
青嵐雲の吹き飛ぶ辺戸岬
井水貞子
春耕
200008
不意衝かれ弾けとぶ鳥青嵐
岩崎きゑ子
馬醉木
200009
糶馬の首高くあげ青嵐
島田万紀子
馬醉木
200009
青嵐や町の庁舎は山の上
橋本良子
遠嶺
200009
青嵐百葉箱の脚高く
生田恵美子
風土
200009
広沢の水絞り来る青嵐
山田弘子
円虹
200009
快哉の一決断や青嵐
海輪久子
円虹
200009
青嵐鵯越を逆落す
海輪久子
円虹
200009
青嵐胸板厚き大江山
海輪久子
円虹
200009
青嵐胸中すつと抜けしもの
掛井広通
200009
ひと薙ぎの噴湯の煙青嵐
阿久津渓音子
春耕
200009
目頭から目尻にかけて青嵐
柿原からす
船団
200009
山彦さんグラスの底の青嵐
秋野火耕
船団
200009
青嵐男まさりの富士額
荒木治代
ぐろっけ
200009
梳く牛の斑のかがやけり青嵐
山本雅子
馬醉木
200010
船頭の訛の強き青嵐
有坂馨園
200010
絵馬堂の馬騒がせて青嵐
飯塚やす子
200010
蜘蛛やいま金の糸張る青嵐
阿部娘子
海程
200010
眼から出た火を消す原を青嵐
近藤憙治
船団
200010
森林は海の恋人青嵐
鶴濱節子
船団
200010
青汁の喉越しわっと青嵐
富沢秀雄
船団
200010
青嵐を味方に入れし甲子園
真鍋瀧子
ぐろっけ
200011
青嵐展望台の上に佇つ
瀧澤春吉
遠嶺
200012
青嵐勝鬨のごと新幹線
竹下昭子
ぐろっけ
200102
湖は波立ててよろこぶ青嵐
鷹羽狩行
200104
永野晴嵐句集『大津絵』序句
青嵐誓子の涯てし苦楽園
品川鈴子
船出
200104
青嵐手当たり次第吹き上ぐる
桑垣信子
いろり
200106
歩きをるわれのぐるりに青嵐
加藤みき
200106
青嵐朴の葉武骨にひるがへり
山中志津子
京鹿子
200106
狩人またぎ小屋軋みてひらく青嵐
水原春郎
馬酔木
200107
一村をダムに沈めて青嵐
水原春郎
馬酔木
200107
たれも居ぬ部屋から部屋へ青嵐
加藤みき
200107
青嵐樹齢尽くして欅立つ
佐藤よしい
風土
200107
青嵐夭折疾うにあきらめし
鈴木鷹夫
200107
花なにも咲かぬ山なり青嵐
渡部ひとみ
船団
200107
青嵐中腹までの中継車
中野哲子
六花
200107
青嵐樹の頂に子がひとり
高橋とも子
200107
天平の世の夢ここに青嵐
水原春郎
馬酔木
200108
海へ出て色失へる青嵐
新田巣鳩
馬酔木
200108
青嵐筑波二峰の揺れ止まず
池部久子
酸漿
200108
青嵐顔若若しく逝きぬ
金子兜太
海程
200108
愛犬ケチャップ他界(ちなみに、母の名はトマト)
ゴーフルをさくりと割るや青嵐
池端英子
200108
青嵐浜離宮にと船が着く
茂木とみ
いろり
200108
青嵐や間に合ふならば師よ甦れ
小澤克己
遠嶺
200108
青嵐いまに奔馬の現れむ
鷹羽狩行
200108
吊橋のワイヤのたわみ青嵐
小柴しげあき
200108
九州のただ中杳し青嵐
工藤義夫
馬酔木
200109
弓なりに篁しぼる青嵐
岩崎きゑ子
馬酔木
200109
松の根の巌のごとし青嵐
押切安代
200109
ベビーカー畳まれてあり青嵐
津田経子
火星
200109
青嵐風鐸の音の高まり来地
細川コマヱ
雨月
200109

 

2018年5月10日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。