秋夕焼 2      25句

夕焼  秋夕焼  冬夕焼  寒夕焼  春夕焼

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
秋夕焼雲の果ての寂光土 藤岡紫水 京鹿子 201510  
秋夕焼南まはりに来たりけり 井上信子 201510  
かごめかごめ港の正面秋夕焼 田村すゝむ 風土 201511  
格子戸を曳く手の影や秋夕焼 黒滝志麻子 末黒野 201511  
秋夕焼善き一日でありしかな 安立公彦 春燈 201512  
玻璃越しの空に映ゆるや秋夕焼 曽根京子 春燈 201512  
デザートは山もり龍眼秋夕焼 中島陽華 201512  
夕焼けを見ず幾日ぞ秋ついり 飛高隆夫 万象 201512  
足跡を追うてひとりや秋夕焼 松井季湖 201512  
秋夕焼小焼の丘に星一つ 根岸善行 風土 201512  
与謝村の秋夕焼やげんの墓 安永圭子 風土 201512  
秋夕焼柿の木坂の寮歌祭 遠藤逍遙子 風土 201512  
秋夕焼逆さの蛇口残されて 水井千鶴子 風土 201512  
相聞の遠くとほくに秋夕焼 上野紫泉 京鹿子 201601  
野の湿り空に移れり秋夕焼 成田美代 201601  
秋夕焼サーファーを呑む波頭 小川玉泉 末黒野 201601  
澄み声の赤前垂の秋夕焼 中島陽華 201601  
秋夕焼雲のかけらを染めてをり 三好かほる 万象 201602  
秋夕焼倶利伽羅谷の底にまで 三屋英俊 万象 201602  
窓閉づにためらうてをり秋夕焼 笠井敦子 201602  
学舎は更地となりて秋夕焼 亀井紀子 201602  
母さんと呼びたきやうや秋夕焼 有賀鈴乃 末黒野 201602  
捨て船の秋夕焼けに染まりいる 福田葉子 201602  
鼻高き裕次郎像秋夕焼け 中嶋陽子 風土 201603  
遠き日の切れし下駄の緒秋夕焼 浦川哲子 201603 秋夕焼 →1

 

2016年10月2日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。