四 葩     140句

鍛冶の火を浴びて四葩の静かかな   富安風生   草の花

紫陽花  あぢさゐ  あじさい  四葩  額の花  七変化

作品
作者
掲載誌
掲載年月
昼火事や四葩しづかに肥りつつ
岡本眸
199808

 「四葩」五周年を祝して

毬多きこと美しき四葩かな

鷹羽狩行
199809
山荘は墓を抱きて四葩咲く
武政礼子
雨月
199908
累々と蒼き血を継ぐ四葩かな
華明日香
銀化
199909
歳時記の要所に挟む四葩かな
庄中健吉
199910
古利根は捨てられし川四葩咲く
三橋泥太
遠嶺
199910
いちにちのはじめや雨の四葩見る
柳沢杏
酸漿
200008
葉の色を離るる四葩女学院
岡崎るり子
銀化
200008
放送をつつしむ駅の四葩かな
矢島久栄
200009
雨雫てきてき四葩の岐れみち
鈴鹿百合子
京鹿子
200009
三万の四葩咲き交ふ砦山
森重夫
春耕
200009
剪り取りて雨滴まみれの四葩かな
松村富子
200109
砲台の跡にマリコと云ふ四葩
春田淳子
俳句通信
200109
方丈の四葩明りにしづもれり
三崎由紀子
遠嶺
200110
老いらくの自律神経四葩で包もう
石井雅子
海程
200110
蔀戸に木洩れ日揺るる四葩かな
池端英子
200110
活けられて花の仔細を見る四葩
稲畑汀子
ホトトギス
200206
雨こぼし色をこぼして四葩剪る
稲畑汀子
ホトトギス
200206
塗り変へて四葩の毬のけさの色
三村禮子
酸漿
200208
信濃路や馬刺四葩の藍添へて
永井雪狼
200209
面影を宿す四葩や雨の中
黒川悦子
円虹
200209
行在所と言ふも簡素や四葩咲き
竹内喜代子
雨月
200209
四葩やゝ彩変へ入院して三日
伊田和風
円虹
200211
今朝のこともう過去となる四葩かな
稲畑汀子
ホトトギス
200306
四葩にもさまざまの彩買ひ迷ふ
鈴木ヤスエ
築港
200307
長靴にはしゃぐ二歳児四葩咲く
朝妻力
雲の峯
200307
俄ファンも虎に応援四葩咲く
木全由美子
200309
折からの風に雨意ある四葩坂
三好智子
200309
謎の人宮崎友禅四葩さく
林日圓
京鹿子
200309
庭中の四葩を剪りて来られしや
稲畑汀子
ホトトギス
200406
降る雨に色ととのへてゆく四葩
稲畑汀子
ホトトギス
200406
次の色まだ明すなき四葩かな
稲畑汀子
ホトトギス
200406
受取拒否書いて投函四葩さく
渡辺君恵
帆船
200408
ありたけのよろこび見えて四葩かな
近藤公子
200409
磨かれし坊の回廊四葩咲く
川合広保
京鹿子
200409
月光を感じてゐたる四葩かな
尾堂Y
河鹿
200409
退院を友に告げらる四葩かな
椿和枝
200409
里山の四葩の色を綴る旅
稲畑汀子
ホトトギス
200506
夜は山の星と語りて四葩かな
稲畑汀子
ホトトギス
200506
ふと蝶の来て重なりし四葩かな
大熊さと
200507
一つ見えやがてみな見ゆ夜の四葩
櫻井幹郎
百鳥
200509
あづまやに身ぬちしづもる四葩晴
加藤京子
遠嶺
200510
朝の間の四葩の勢ひつづきけり
稲畑汀子
ホトトギス
200606
神の像四葩の花のひかりかな
竹中花
200608
天翔る夢をあつめて四葩咲く
春田光世
四葩
200609
朝露の残る四葩よ筆の先
高木千鶴子
酸漿
200609
江の電がやさしく撫づる四葩かな
芳賀雅子
遠嶺
200610
万といふ彩の輝き四葩園
浅井青陽子
ホトトギス
200611
雨雲をまた集めだす四葩かな
桑原泰子
八千草
200612
リハビリの仕上げ四葩の湿り坂
山崎靖子
200709
迷ひなく四葩に兆す次のいろ
風間史子
200709
ひとり居の逢魔が時の四葩かな
高柳ちゑ
遠嶺
200709
二十四の瞳のごとし四葩咲く
平田すみ子
風土
200709
山寺や雲湧くごとく四葩かな
小田切明義
春燈
200711
雨ほつりほつり四葩もほつり咲き
林翔
200806
舞子浜四葩鮮やか湖風に
増田一代
200809
垣越しの四葩の雫濃かりけり
森佳子
遠嶺
200809
四葩咲く七日七日を数ふれば
辻直美
200809
喪帰りの四葩の雫肩にかな
青山正生
200809
神苑に彩育てつつ四葩咲く
和田崎増美
雨月
200809
紅四葩揺れても水の暮れざりき
大島翠木
200809
佃人と交す言の葉四葩咲く
守屋井蛙
酸漿
200810
雨だれはゆつくり土を打ち四葩
菊地葉子
やぶれ傘
200810
四葩色得つつ工事は進みつつ
山田弘子
ホトトギス
200811
藍深め宝珠のさまの四葩かな
鷹羽狩行
200907
さびしきはその名の故よ四葩かな
鈴木阿久
200908
退院の家への道筋白四葩
芝宮須磨子
あを
200908
ネールアート四葩の変化見つめつつ
北尾章郎
200909
産土や四葩咲く日の船神事
近藤紀子
200909
分籍の身ひとつとなり花四葩
伊藤季実
炎環
200909
雨兆す白一色の四葩かな
中村春宵子
春燈
200909
老知らぬ絞り女の指花四葩
富田範保
200909
沿線の四葩や暗き居間見ゆる
加藤峰子
200909
水満々江筋の岸辺四葩咲く
羽賀恭子
200909
七彩に触れあふ四葩島に満ち
榎本佐智子
末黒野
200910
四葩咲き山のホテルの音楽祭
山本喜朗
雨月
201008
咲き過ぎし雨の重たき四葩かな
川下明子
雨月
201008
軒下の寸土にも咲く四葩かな
永井惠子
春燈
201009
寒山と拾得の舞ひ四葩咲く
中村洋子
風土
201009
四葩咲き夢二のをんな浮かびけり 竹内悦子 201108
純白の四葩ヘエール濁世かな 北尾章郎 201109
四葩雨観音菩薩涙して 山口キミコ 201109
受付に四葩一輪和みけり 難波篤直 201109
濡れがてに色の混みあふ四葩かな 荒木甫 201109
四葩酔ひして思考のスイッチバックかな 千田百里 201109
スイッチバック四葩休憩とや言はむ 千田百里 201109
仙郷へといざなはれさう四葩坂 望月晴美 201109
ここよりは高津宮なり四葩咲き 大橋晄 雨月 201109
美濃路なれ残る小字に四葩咲き 田中清子 雨月 201109
病棟の一輪瓶に四葩挿す 古田和子 雨月 201109
鐘一打揺れる四葩の祈りかな 藤井節女 京鹿子 201110
広々と杉木立の間の四葩かな 和田郁子 201208
赤信号の角の四葩を暫し賞で 大橋晄 雨月 201209
昨夜の雨時々こぼし四葩かな 河村啓花 ろんど 201209
母よ見よ四葩は地球青くする 古川忠利 ろんど 201211
通り抜けできる病院四葩咲く きくちきみえ やぶれ傘 201309
家ごとにすこしく違ふ四葩かな 伊勢きみこ 火星 201309
時計草その他従へ四葩供華 稲畑廣太郎 ホトトギス 201407
竹琴の音色床しや四葩膳 井口淳子 201408
傾くる傘が四葩を潰しけり 小林朱夏 201408
参道に咲きほこるかに四葩かな 芝宮須磨子 あを 201408
竹琴の音色涼しや四葩膳 井口淳子 201408
大球の四葩一茎備前焼 北尾章郎 201409
洛南の神の裾絵となる四葩 丸井巴水 京鹿子 201409
四葩咲く観音像の掌 杉原ツタ子 201409
雨乞の碑に雨を待つ四葩かな 田中貞雄 ろんど 201409
一万株の花の寺なり四葩咲く 山口キミコ 201409
シャガールにロシアの色に四葩咲く 古川忠利 ろんど 201410
飛石の形さまざま四葩錆ぶ 高橋明 末黒野 201411
これよりは四葩に主役譲る街 稲畑廣太郎 ホトトギス 201506
尼御前の賜ふ四葩の重みかな 高橋たか子 馬醉木 201508
地に届かざれども弾む四葩かな 松本三千夫 末黒野 201509
空の縹四葩の藍の水鏡 齋藤晴夫 春燈 201509
黎明のいろに刷かるる四葩かな 後藤眞由美 春燈 201509
雨あとの雫の残る四葩濃し 武生喜玖乃 雨月 201509
雨空へ気合入りし四葩かな 橋本くに彦 ホトトギス 201510
小流れに色を深めて四葩かな 和田慈子 末黒野 201510
六甲の霧に育ちて四葩濃し 武生喜玖乃 雨月 201510
現人の世の腸は四葩いろ 佐藤恭子 あを 201510
たつぷりと空色の雨四葩咲く 齋藤晴夫 春燈 201510
変化とはまだまだ遠き四葩かな 橋本くに彦 ホトトギス 201512
小流れに色を深めて四葩かな 和田慈子 末黒野 201604
どの色を四葩の色と親しまむ 稲畑汀子 ホトトギス 201606
初々し白浅葱色四葩咲く 齋藤晴夫 春燈 201609
湖からの風重たくぞ四葩かな 松井季湖 201609
雨の日の鬱裏返す四葩かな 岩月優美子 201609
薄き影重ね重なり四葩咲く 有松洋子 201609
微熱また朝の四葩の藍ふかき 渡部良子 馬醉木 201610
さみどりに青にじみ初む四葩かな 今井肖子 ホトトギス 201707
嬉し涙たつぷりためて四葩かな 阪倉孝子 201709
寺の庭人と四葩と傘の花 山口郁子 末黒野 201804
プリズムを内に秘めたる四葩かな 吉田順子 201809
大空に放つ四葩の藍のいろ 近藤紀子 201909
車椅子四葩のまりに触れながら 安斎久英 末黒野 201909
夕付きて四葩の裏にある火照り 菊池和子 京鹿子 201909
呑み干せぬひと言四葩ぐもりかな 井尻妙子 京鹿子 201910
信濃毎日軽井沢局四葩咲き 大沢美智子 202009
墳山の四葩四葩の道をゆく 増成栗人 202009
手の平のにぎり返さぬ四葩かな 江見巌 六花 202010
いちゑんの雨気を孕める四葩かな 大川暉美 末黒野 202011
四葩には身幅ほどなる径がよし 小林和子 202011
一雨は万の夢へと四葩の夜 鈴鹿呂仁 京鹿子 202106
万華鏡の中にゐるらし四葩の夜 鈴鹿呂仁 京鹿子 202106

 

2021年6月15日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。