筍 飯     68句

老師にも竹の子ご飯屆きけり    伊万里梅城

  竹の子  たかんな  筍飯

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書
噴き上がる筍飯に声を出す 小島ヱイ子 春耕 199808  
筍飯喜寿の齢を生きむとす 村越化石 199906  
筍ご飯照りを掬ひて木の櫃に 倉田岩魚男 199907  
招かれて筍飯を楽しめり 豊田作二 遠嶺 199908  
帰国子に筍飯を炊きにけり 東芳子 酸漿 200008  
夫炊きし筍飯の塩辛く 武田ともこ ぐろっけ 200008  
つくづくと筍ご飯である家族 入江一月 船団 200107  
あくる日も筍飯の残りかな 二本松輝久 風土 200108  
筍飯幼ことさら喜べり 石井邦子 酸漿 200108  
寿命ありて竹の子飯や豆飯や 和田祥子 馬醉木 200110  
鬱の文字ばらばらにして筍ご飯 矢野千佳子 京鹿子 200110  
今日の客筍飯と決めしより 稲畑汀子 ホトトギス 200205  
筍飯婆と呼び捨てにはするな 木田千女 200208  
一家みな好きな筍飯今日も 松尾緑富 ホトトギス 200209  
駅弁は筍飯がよく売れて 安原葉 ホトトギス 200312  
竹の子の釜飯うまし墓まゐり 芝宮須磨子 あを 200405  
門入れば筍飯と判る距離 稲畑廣太郎 ホトトギス 200405  
筍の余れば飯に炊く女 稲畑廣太郎 ホトトギス 200405  
祝ぎ心少し筍飯炊いて 稲畑汀子 ホトトギス 200405  
京の子が筍飯を提げ来たり 鈴木白洋 雲の峰 200406  
筍飯嫁の料理の手際よし 小林昌子 200407  
蔭膳の竹の子飯にさぶらふぞ 伊藤白潮 200506  
筍の突つ立つてゐるご飯かな 今瀬剛一 対岸 200507  
コンビニの弁当で食う筍ご飯 延川五十昭 六花 200508  
筍の飯炊き家をあつくせり 青山丈 200508  
初物の筍飯を供へけり 内田和子 酸漿 200606  
毎日を筍飯の男かな 大坪景章 万象 200606  
京土産三日つづきの筍飯 松崎鉄之介 200607  
隣人の竹の子飯や風邪に臥す 大房帝子 酸漿 200607  
諍ひて筍飯を食ひそびれ 岩佐譲治 四葩 200607  
筍飯もて誕生日祝がれたり 和田一 雨月 200608  
唐紙のむかうで竹の子飯の香や 吉弘恭子 あを 200608  
ふるさとの筍飯の旨さかな 羽生栄子 四葩 200609  
初物の竹の子飯に子等招く 君島栄子 酸漿 200707  
筍飯二つ結びに樹木園 斉藤裕子 あを 200707  
野暮用に筍飯を逃したり 野沢しの武 風土 200711  
薄口の筍飯をにこにこと 谷岡尚美 200808  
筍飯前夜の残り分け盛らる 増田大 春燈 200906  
誕生日筍飯で祝ひけり 阿部悦子 酸漿 200907  
湯の宿の筍飯の御焦げかな 片岡啓子 遠嶺 200908  
蒸らしゐる春筍のごはんかな 山田六甲 六花 201004  
ようきたと筍飯をてんこもり 樋口英子 201006  
好きな児も嫌う児もをり筍飯 笠井清佑 201007  
真つ盛り筍飯の膳三日 四條進 201007  
訪ねくる人あらば炊く筍飯 森さち子 201008  
裏庭の筍といふ夕御飯 浅井青陽子 ホトトギス 201009  
頂きし筍飯の匂かな 青木民子 酸漿 201107  
病衣なる筍飯にむせてをり 森さち子 201108  
初瀬なる筍飯と観音と 西村節子 火星 201108  
返信は筍飯を食べてから いさむ 万華鏡 201206  
民宿に筍飯の夕餉膳 小池清司 かさね 201207  
筍飯上京の荷を重くせり 仁平則子 201207  
夫ありし日や筍飯をうす味に 中嶋昌子 春燈 201208  
地の人に筍飯のこつを聞く 久世孝雄 やぶれ傘 201209  
合宿の初日筍飯五杯 稲畑廣太郎 ホトトギス 201305  
筍飯炊いて雀のお宿なる 稲畑廣太郎 ホトトギス 201305  
供養とて筍飯のほのぼのと 渡部法子 201307  
三日目は言訳の付く筍飯 小池清司 かさね 201307  
ひとり喰ぶ筍飯や万太郎忌 折橋綾子 201408  
筍や飯に菜まで今を喰ふ 山根征子 201507  
筍飯すずめのお宿に招かれて 平野みち代 201508  
子の来る日筍飯を炊きにけり 塩野谷慎吾 201508  
筍飯家族の顔がそこにある 犬塚芳子 201607  
無欠勤無趣味筍飯を炊く 竪山道助 風土 201608  
京二夜筍飯でしめくくる 内藤静 風土 201608  
ひとりゐて筍飯を頂きぬ 大草由美子 春燈 201708  
共白髪筍飯をしやくしやくと 梅田武 末黒野 201909  
美味なりと筍飯の焦げの味 広瀬済 やぶれ傘 201911  

 

2020年5月10日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。