たかんな     86句

たかんなや吉良累代の墓所    加古宗也

  竹の子  たかんな  筍飯

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
たかんなの兆せる京の真の闇 神蔵器 風土 199906  
連れなしてたかんな道へ押し来たる 生田恵美子 風土 199908  
たかんなの獣めきしを転がせる 深澤鱶 ヒッポ千番地 200004  
掘りたてといふたかんなの刺身かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200005  
たかんなの天を敬ふごとく出づ 鷹羽狩行 200006  
たかんなに刃をざくと入れにけり 川上恵子 雨月 200008  
たかんなの首の坐らぬさまに出づ 鷹羽狩行 200106  
たかんなの皮みな丸く筒なせり 山崎赤秋 春耕 200107  
たかんなや雨をはじきて黒毛馬 尾上直子 200108  
楚の歌を祓ふたかんな出揃へる 延広禎一 200108  
たかんなや膝寄せあつて小間の席 篠田純子 あを 200206  
たかんなの出ること思ひ立ちにけり 鷹羽狩行 200207  
たかんなの勢へる社家の築地塀 荒井正隆 200207  
子を抱くかにたかんなを持ち上ぐる 川上恵子 雨月 200207  
たかんなの押し上げし土芳しき 中島恭子 百鳥 200208  
たかんなの風呼ぶ丈となりにけり 佐野幸子 百鳥 200208  
たかんなの突き抜ける音補陀落へ 柴田朱美 京鹿子 200208  
たかんなのしづかなる丈見せにけり 宮津昭彦 200209  
たかんなのいつしか包み熟っぽく 窪田佳津子 雨月 200209  
たかんなやむかし卓袱台くどありて 岡部名保子 馬醉木 200308  
たかんなや昔ありける雨男 徳丸峻二 風土 200308  
たかんなの矛の戸惑ふ薄みどり 丸井巴水 京鹿子 200308  
秩父往還たかんなの頭を踏みて 高千夏子 200406  
たかんなの沸々煮えて母在す 石本百合子 馬醉木 200407  
たかんなの白子掘らるる象頭山 黒田咲子 200407  
僧来るたかんな三本ほど下げて 久保一岩 雲の峰 200407  
到来のたかんなづくめ酔吟す 中野了一 200407  
乙訓のたかんな寺領を侵しけり 林田江美 馬醉木 200408  
本陣の裏にたかんな皮を脱ぐ 間島あきら 風土 200408  
たかんなや山の湯宿の門口に 椿和枝 200409  
たかんなの短刀反りに出でしかな 鷹羽狩行 200503  
たかんなの先を五重塔へ向け 鷹羽狩行 200503  
たかんなを古道に散らし猪食めり 小林洋子 万象 200603  
大釜にたかんな茹づる聖尼寮 一瀬昭子 馬醉木 200607  
たかんなの柔肌の皮剥かれけり 平野貴美 四葩 200607  
たかんなや大和撫子の割烹着 生方義紹 春燈 200608  
黒木御所址いまたかんなの春深む 有働亨 馬醉木 200609 順徳上皇黒木御所址
たかんなを掘る走り根を足掛り 鷹羽狩行 200706 木更津
三食のたかんなづくし飽もせず 木下もと子 200707  
道に売るたかんなの泥いさぎよし 水原春郎 馬醉木 200710  
青空へ伸びるたかんな木遣塚 林八重子 馬醉木 200710  
鍬入れてたかんな覚ます峡の風 石本百合子 馬醉木 200807  
たかんなの観音うらよりはみ出しぬ 久津見風牛 200807  
たかんなの雀色なる頭上ぐ 石垣幸子 雨月 200807  
越境のたかんな法により処断 次井義泰 200808  
たかんなの皮広げおく小塩山 近藤紀子 200808  
たかんなに青き雨降る竹の寺 中沢三省 風土 200810  
図書館の天へたかんな皮を脱ぐ 間島あきら 風土 200810  
春のたかんなべートーヴェンの漂うて 大島翠木 200906  
たかんなの猪の目逃れ長けにけり 小山香月 酸漿 200907  
たかんなの串刺しに合ふ出作小屋 守屋井蛙 酸漿 200908  
たかんなの勇姿一本刀かな 鈴木直枝 ろんど 200908  
灰汁ぬきが決め手たかんな料理かな 和田森早苗 201007  
たかんなの切口朝の匂して 丹羽啓子 馬醉木 201007  
たかんなの昭和曳きずる愁ひかな 鴨下昭 201007  
たかんなの伸び森閑と竹林 早崎泰江 あを 201007  
破顔一笑たかんなの根つ子かな 佐藤涼宇子 ろんど 201008  
たかんなの疣ぴちぴちと藪を出づ 佐藤涼宇子 ろんど 201008  
たかんなの伸びゆく天の高さかな 間島あきら 風土 201011  
たかんなのせいうけとむる胃の腑かな 布川直幸 201105  
たかんなや向かう山から猿の来て 宮井知英 201108  
たかんなの掘り頃といふ見えぬもの 河野美奇 ホトトギス 201110  
たかんなの一ト夜の丈に雨雫 河野美奇 ホトトギス 201110  
たかんなや聖者のごとく熱かりき 神蔵器 風土 201206  
放射能たかんな自由気ままなり 仁平則子 201207  
たかんなの暴発しさうな抱へやう 森岡正作 201207  
たかんなに添ふ立札や「残します」 須賀敏子 あを 201207  
たかんなの一夜に現るる井戸の端 生田恵美子 風土 201401  
たかんなの一夜に現るる井戸の端 生田恵美子 風土 201401  
たかんなの染め抜きのある夏暖簾 篠田純子 あを 201406 幾松
たかんなや東京とても里山の 齋藤晴夫 春燈 201407  
たかんなの真白く育つ古墳かな 常田希望 201407  
腕ほどのたかんな抱へをんな去ぬ 上田由姫子 京鹿子 201501  
たかんなや少年馬にまたがりて 黒滝志麻子 末黒野 201508  
たかんなの皮ぬぐ音をききすます 神蔵器 風土 201508  
たかんなや依代の岩ゆるぎなし コ井節子 馬醉木 201607  
たかんなを煮含め綾子想ふかな 田原陽子 201608  
たかんなや足裏に野性呼び戻す 小林清彦 末黒野 201608  
たかんなや不動の裏の朝掘りと 田中道江 万象 201608  
この星に傷口あまたカンナ炎ゆ 有松洋子 201611  
盛上がる土はたかんな地雷なり 山田六甲 六花 201707 桜山鳴亀庵
たかんなや父母なき郷の絆とも 菅井悦子 201708  
たかんなの素肌まぶしき日本晴れ 井上静子 201708  
たかんなや生臭坊主の匂ひせり 江見巌 六花 201708  
たかんなのはみ出すリュック児の背負ひ 外山生子 末黒野 201804  
たかんなやエジソンゆかり碑に刻し 山田夏子 雨月 201809  
たかんなは春の大地の力瘤 佐藤喜孝 あを 201812  

 

2019年5月9日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。