秋 夜    44句

秋の夜  秋夜  秋の宵  宵の秋

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
柏翠先生と秋夜のロゼワイン 山田弘子 春節 199503  
亡き姉よ大正の唄に秋夜更く 林翔 199812 深夜ラジオ
掴もうとセンチメンタルな秋夜 董振華 海程 199912
おのづから深むものあり秋夜座す 村越化石 199912
覆ひのない秋夜の鏡おそろしき 谷川季誌子 200001
せめてものCDミサ曲秋夜更く 林翔 200012

高瀬哲夫氏の

訃報を受く

秋夜更け鉄塔の灯の点滅す 藤原浩 春耕 200012  
嫋嫋と秋夜の木遣遺影笑む 松本米子 あを 200101  
救急サイレン響く深秋夜の十字路 金子皆子 海程 200102  
皿鳴らすのんのこ踊り秋夜惜し 能村登四郎 羽化 200110  
寧んじて喫す秋夜の自服の茶 斉藤陽子 雨月 200112  
激ちては静め秋夜のフラメンコ 秋葉雅治 200212  
心身の衰へ秋夜しぐるらし 乗光雅子 雨月 200301  
過去帳に年忌たしかむ秋夜かな 東野鈴子 雨月 200312  
雷神の大喝喰ひ秋夜覚む 落合由季女 雨月 200411  
マグマかと見ゆる秋夜の街明かり 新保主 雲の峰 200411  
吾が夢のピアノを孫が弾く秋夜 斉藤陽子 雨月 200510  
病む母に秋夜のこころ通はする 大橋麻沙子 雨月 200511  
術後の師秋夜を如何に在しますや 上田明子 雨月 200512  
嵐来る方へ秋夜の列車発つ 山田弘子 ホトトギス 200602  
大壺の胎土ぬくもる秋夜かな 本多俊子 さくらの音 200605  
労組本部秋夜の茶筅さらさら鳴る 瀧春一 瓦礫 200606  
秋夜なり繰り返し聞く声便り 村越化石 200610  
病む母に秋夜のこころ通はする 大橋麻沙子 雨月 200612  
秋夜妻の包む香奠何がしか 定梶じょう あを 200612  
メールでは届かぬ空気秋夜更く 松本アイ ぐろっけ 200703  
気がかりの仕事すませて秋夜汽車 遠藤とも子 ぐろっけ 200902  
新刊の匂ひを開く秋夜かな 上原恒子 雨月 200910  
秋夜ふと古きアルバム紐ときて 西村純代 200911  
医師の子の足音を待つ秋夜かな 木村公子 花貝母 200911  
夫の部屋夫の匂ひのなき秋夜 浜口高子 火星 201111  
だれも皆若し秋夜の小津映画 遠藤とも子 ぐろっけ 201203  
鈴掛の千の実を振る秋夜かな 荒井千瑳子 201211  
来し方を絵巻と見るや秋夜闌け 神田恵琳 春燈 201311  
饒舌の秋夜の客は異邦人 安田とし子 ぐろっけ 201401  
秋夜読めば切り抜きされて一ページ 定梶じょう あを 201412  
しとしとと耳朶に雨音秋夜更く 辰巳あした 雨月 201501  
秒針の音に深まる秋夜かな 緑川啓子 馬酔木 201611  
本歌取多き秋夜の酒すこし 渕上千津 201612  
坂下る胡弓の調べ秋夜風 田中信行 201612  
師を語る志らく秋夜の丸眼鏡 生田高子 春燈 201710  
大いなる白雲流れ秋夜かな 田中藤穂 あを 201801  
色々に折り合いつける秋夜かな 吉宇町麻衣 201811  
船内の秋夜ピアノに魂寄せつ 岡田貞峰 馬醉木 201812  

 

2019年9月7日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。