1      100句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
嫂のもてなし上手湯引き鮭 鱸千里 199807  
暮るるまで相馬路晴れし鮭場かな 皆川盤水 春耕 199811  
銀漢や渓に灯るは鮭孵化場 渡会昌広 馬醉木 199812  
鮭釣りの夕日背負ひて戻りけり 藤村美津子 春耕 199901  
変哲もなきこの川も鮭来ると 宮原節子 円虹 199901  
店の鮭よこ顔ばかり我を見る 森景ともね 船団 199902  
鮭漁の番屋へ届く出前そば 山崎羅春 春耕 199902  
都から山家へ届く鮭一尾 窪田如月 風土 199903  
死ぬために故郷へ帰る鮭のやうに 櫂未知子 銀化 199911  
砂ゑぐる鮭の勢ひや山しづか 菅原鬨也 199912  
鮭網を曳くや沖の背揺り起し 岩崎きゑ子 馬醉木 199912  
鮭あはれ紅の斑帯びてのぼりつぐ 能村研三 199912  
鮭簗の晴れては鷺のつどひけり 皆川盤水 春耕 199912  
百年を経ていま由一の鮭の朱 宮川明子 200002  
跳ぶ鮭の上跳ぶ鮭の堰堤越す 上原瑞子 200002  
鮭網を引けば激しき潮しぶき 安原ときこ 遠嶺 200002  
夜半まで蒼き空あり鮭番屋 石川笙児 200003  
大南風に男シャツ干す鮭番屋 塩路隆子 「精鋭選集」 200008  
鮭釣の小屋に炊ぎの煙立つ 村瀬初実 春耕 200010  
簗跳んで力尽きたる鮭あまた 村瀬初実 春耕 200010  
鮭漁を終へたる軍手しぼりけり 吉田初江 春耕 200010  
鮭漁期来るも怒濤のオホーツク 石野冬青 馬醉木 200012  
広き川は流れ急がず鮭遡上 有働亨 馬醉木 200101  
朝まだき鮭漁舟のつなぎ解く 小野誠一 春耕 200102  
海荒るる日の黝ぐろと鮭上る 鈴木政子 200103  
鮭捕りの日照雨いくたび遣り過ごす 鈴木政子 200103  
鮭さげて上る下るの京の道 本河康子 200104  
鮭鍋や邂逅の口ほぐれそめ 水原春郎 馬醉木 200111  
初鮭の振舞酒は父の燗 皆川盤水 春耕 200111  
鮭船へ漁夫跳び乗るに海猫さわぐ 笠井操 200112  
鮭漁夫の潮焼けし顔へ子が頬擦る 笠井操 200112  
垂直に鮭跳びあがり堰を越ゆ 笠井操 200112  
川幅に竹の簀を組む鮭漁場 山崎羅春 春耕 200112  
鮭船の出漁に闇ゆすらるる 笠井操 200112  
かくも鰭ぼろぼろ産卵終へし鮭 田所節子 200201  
のぼる鮭見むと眼を据ゑしのみ 水上陽三 200201  
水踏んで川幅に張る鮭の網 田所節子 200201  
川幅に竹の簀を張る鮭漁場 山崎羅春 春耕 200201  
ことごとく大破の蕗や鮭遡る 岡田貞峰 馬醉木 200201  
産卵の鮭かも川底掘る尾鰭 田所節子 200201  
ずつしりと重たしこれが鮭打棒 田所節子 200201  
しぼりたる網に泡立つ鮭の数 田所節子 200201  
三面川(みおもて)の光よろひて鮭遡る 千田敬 200201  
鮭づくし越の切身の分厚さよ 千田百里 200201  
鮭群れて湖上の雨を待ちにけり 室井千鶴子 200202  
鮭小屋に湯気の立ちをる漁のひま 室井千鶴子 200202  
みな家族連れや河原の鮭飯屋 八牧美喜子 200202  
鮭番の昼餉小さきテレビ見て 室井千鶴子 200202  
土佐生れの夫の鮭飯嫌ひけり 八牧美喜子 200202  
鮭簗の組まれ一分の隙もなく 室井千鶴子 200202  
鮭打つて帰る夜道の生臭し 河口仁志 200203  
帰り来し鮭産卵の飛沫上ぐ 朝妻力 雲の峰 200211  
淋しさに水面打ちたり囮鮭 朝妻力 雲の峰 200211  
朝市の口切りの鮭真つ二つ 工藤ミネ子 風土 200211  
囮鮭泳がすだけの井田の簗 朝妻力 雲の峰 200211 越中八尾
鮭網に子持の鰡の掛かりけり 渡辺美知子 200212  
雌の数のみを記して鮭日誌 春田淳子 雲の峰 200212  
慣れをるも鮭捌く手の血まみれに 渡辺美知子 200212  
砂町銀座鮭の切身の厚かりき 門脇なづな 対岸 200212  
蝋燭の仕舞の炎鮭遡上 森理和 あを 200301  
眼光のするどく鮭の上りけり 藤井初江 百鳥 200301  
鮭打ちの歯茎あらはに笑ふなり 岡崎るり子 銀化 200301  
一途てふことのやさしさ鮭のぼる 工藤進 200301  
鮭の上を鮭のり越えて遡りけり 立石萌木 雨月 200302  
鮭生る氷川面を埋め尽す 森理和 あを 200303  
上りたる鮭に修羅場といふ大河 稲畑廣太郎 ホトトギス 200309  
白夜明け河口に鮭の群れなせり 二宮きみ枝 200310  
朝夕の瀬音やさしく鮭の簗 長沼紫紅 200312  
上がりくる鮭追つて人走りけり 長沼紫紅 200312  
鮭を待つ四五戸畔に細流(ほそ)激ち 斎藤節子 馬醉木 200312  
鮭番屋昼を灯して誰もゐず 長沼紫紅 200312  
オホーツクの浜の賑ひ鮭を釣る 杉本美智江 雨月 200312  
大雪山望む一夜の鮭づくし 永井孔雀 200401  
秋鮭に焦げ目がんばれとは言はず 高田令子 200401  
鮭颪重く寄せたる日本海 田中由喜子 馬醉木 200401  
産卵終へ流れにその身まかす鮭 大畑善昭 200401  
国後を望む海峡鮭はぬる 山田富朗 遠嶺 200401  
鮭吊つて暮るる速さや越の国 田中由喜子 馬醉木 200401  
鮭打ちし棒焚いてをり信濃川 小宮山勇 遠嶺 200401  
母川で打たれし鮭を見てしまふ 森美香 風土 200402  
鮭の稚魚目玉が餌にとびつきし 岡村葉子 栴檀 200406  
白き腹の鮭漂へり川臭ふ 赤座典子 あを 200410  
北上に逆波の立つ鮭颪 杉江茂義 雲の峰 200411  
鼻づらを撲たれし鮭のはらら子よ 内藤ゑつ ゑつ 200411  
大漁と笑みて牡鮭投げ呉れし 大郷耕花 草の花 200412  
鮭遡上待つ川の音水の色 梶川智恵子 200412  
鮭の群れ津波のごとく川遡る 三関浩舟 200412  
婚姻色現れたる鮭の遡上かな 大川智美 風土 200412  
対岸に鮭小屋朝日差して来し 佐川あけみ 対岸 200501  
鮭投げて鮭にぶつかりたる音す 今瀬剛一 対岸 200501  
逃げろ逃げろ網を抜けたる大き鮭 今瀬剛一 対岸 200501  
輝いて鮭流し網五分前 今瀬剛一 対岸 200501  
棒太くぐいと動いて鮭であり 今瀬剛一 対岸 200501  
風よりも早く流れて鮭の網 今瀬剛一 対岸 200501  
鮭の屍の上流れ去る水ばかり 今瀬剛一 対岸 200501  
唄もなく狭まりてくる鮭の網 今瀬剛一 対岸 200501  
ぶつかつて来る鮭のゐる網を張る 今瀬剛一 対岸 200501  
斜里川を遡りたる鮭の貌 横山千鶴子 河鹿 200501  
鮭すべてあげたる網の水の色 今瀬剛一 対岸 200501  
鮭の上に鮭跳ねて雲一つなし 今瀬剛一 対岸 200501 鮭 →2

 

2019年9月12日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。