ポピー     69句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
再会やポピーの風に手をあげて 山田弘子 春節 199503  
生れしにへそ見当らず花ポピー 沼田巴字 京鹿子 199908  
降り出しの雨の明るきポピー畑 伊藤トキノ 199909  
ポピー揺る山脈へ雲片寄せて 野口香葉 遠嶺 199909  
身を入れて室のポピーに見つめらる 中村翠湖 馬醉木 200003  
結論をだした順からポピー咲く 井上菜摘子 京鹿子 200107  
春深しポピーの産毛濡れてをり 神山喜美代 遠嶺 200107  
風のポピー真白き蝶をはじき出す 加美明美 200109  
ポピー畑分つ流の耀へり 岡田房子 酸漿 200205  
目覚めたる窓辺にポピー開きをり 小滝奈津江 酸漿 200206  
少女らのおしゃべりポピー次つぎ咲く 小林希世子 200206  
訪ふたびの風のポピーよ潮騒よ 植松安子 200206  
難題をひもといてゐる花ポピー 沼田巴字 京鹿子 200207  
ポピー畑楽しさうなる人ばかり 山田暢子 風土 200207  
ポピー揺れいづこより涌く子らの声 井口初江 酸漿 200207  
ポピー畑手話の少女と少年と 野中啓子 200209  
馬櫛のいろいろポピー明りかな 奥田節子 火星 200209  
やさし日を頒ちポピーの丘に佇つ 吉野のぶ子 遠嶺 200209  
手品師の咲かせし如きポピーかな 沖増修治 百鳥 200306  
揺れてゐることがポピーの景ならん 福井鳳水 円虹 200307
風孕むポピーの丘の飛行船 田中聡子 遠嶺 200308  
県庁や日章旗揺れポピー揺れ 野澤あき 火星 200408  
春潮やポピーの花は風の中 三井公子 酸漿 200504  
観覧車ポピーの原に近づきぬ 江見悦子 万象 200507  
歓迎の石橋の園ポピー咲く 沼口蓬風 河鹿 200508  
ポピー揺れ真昼の色の生れにけり 高橋瑛子 河鹿 200606  
うつむけるうなじ伸ばして咲くポピー 花岡豊香 酸漿 200608  
ポピーたちはや踊りをり十二月 阿部ひろし 酸漿 200701  
小人現るポピーの花園かと思ふ 寺島順子 雨月 200703  
鶺鴒のポピーに遊ぶ十二月 牧原佳代子 酸漿 200703  
冬日和鶺鴒ポピーと遊びをり 小林幸子 酸漿 200703  
海の風呼びあふ万の花ポピー 関まさを 酸漿 200707  
ポピー満開壁にもたれるジャムの壜 鴨下昭 200707  
夕日に沁む明日均らさるるポピー畑 金光絹江 200708  
立ち話風のポピーがうなずいて 平野きぬ子 八千草 200710  
一輌の電車浮き立つポピー園 池田光子 200807  
咲き乱るポピーの径に友を待つ 片野光子 ぐろっけ 200808  
天空も海も真青やポピー摘む 竹内文子 遠嶺 200808  
花ポピー心のゆれを覗かれし 吉野のぶ子 遠嶺 200809  
カステラ工房ポピー畑を間近にし 阿部ひろし 酸漿 200907  
ポピー摘む声に黒潮応へけり 赤羽正行 遠嶺 200908  
一面のポピー畑より女来る 藤原冬人 火星 200909  
懇ろに冬養生のポピーかな 飯田角子 酸漿 201005  
春愁の顔持ち込むなポピー園 田中貞雄 ろんど 201006  
花ポピー明るく愚痴をこぼしけり 高村令子 風土 201009  
細やかに波立つ海や摘むポピー 長坂ヤス子 酸漿 201105  
レンガ道割れ目にツンと野のポピー 恒成久美子 ぐろっけ 201109  
ポピー畑みんな背伸びの騒ぎかな 黒澤登美枝 201205  
「おおなみ・こなみ」くるりと廻りポピー咲く 森下康子 201207  
キャンバスにポピーの風を描くなり 田中佐知子 風土 201208  
写真一葉昭和とポピーついと出て 半田稜 ろんど 201209  
紅染めてポピーの波や暮の春 菊地崇之 かさね 201307  
ふえてゐて朱き雑草ともポピー 箕輪カオル 201407  
叩きても刺さる藪蚊の太き吻 原田達夫 201408  
横綱碑頬の藪蚊を平手打ち 松本三千夫 末黒野 201409  
鬼ごっこしてるか藪蚊の逃げあしか 吉弘恭子 あを 201410  
手の動き踊るやうなり藪蚊打つ 織田高暢 201412  
ヒマラヤのブルーポピーの嘆きかな 島照美 201508  
墓石なき更地の墓地にポピー咲く 丑久保勲 やぶれ傘 201607  
両の手に摘み放題の赤ポピー 大日向幸江 あを 201607  
野原いっぱいポピーの女性合唱団 大日向幸江 あを 201607  
牧場にポピーいちめん牛の影 本田武 やぶれ傘 201608  
間取り図に今朝の太陽花ポピー 笹村恵美子 201609  
ポピーの野童話にひそむ残酷さ 藤田美耶子 201609  
信号が長いカリフォルニアポピー 中原幸子 船団 201701  
雨上りポピーはそよぐ花であり 伊藤照枝 201708  
ポピー揺れ彼方に白きクルスかな 岩月優美子 201708  
突然に子ら駈けてゆくポピーポピー 笹村恵美子 201709  
一輪は天使の涙ポピー咲く 稲畑廣太郎 ホトトギス 201802  

 

2018年6月8日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。