落 葉 1    98句 

夢窓國師落葉微塵に去りたまふ      川端茅舍

朴落葉 柿落葉 桜落葉 銀杏落葉  松落葉

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
遠き灯のふと揺らぎたる落葉かな 山田弘子 春節 199503  
山の音集めて落葉籠となる 山田弘子 春節 199503  
シェパードの落葉踏む音遠ざかる 藤田宏 199803  
ビー玉のころがりゆくや落葉掃く 堤保内 199806  
よべの雨落葉かがやく朝かな 稲畑汀子 ホトトギス 199811  
掃く手止め落葉しぐれを仰ぎけり 稲畑汀子 ホトトギス 199811  
落葉せし梢養生の雨一日 稲畑汀子 ホトトギス 199812  
紙切れとなりし証書や落葉どき 品川鈴子 ぐろっけ 199812  
落葉掃く忘れまじものわが老を 保坂加津夫 会者定離 199900  
風緩く強く落葉の狂詩曲 林翔 199901  
焚き床を洽くための落葉掻 能村研三 199901  
氏神がお手をどうぞと彩落葉 丸山佳子 京鹿子 199901  
庭に来て遊ぶ落葉へ耳遊ばす 村越化石 199901  
背負ひては揺り満杯の落葉籠 前田陶代子 199901  
駅ごとに落葉舞ひこむ有馬線 中尾廣美 ぐろっけ 199901  
仔羊の着ぶくれ上手落葉季 西村梛子 馬醉木 199902  
鑑真廟落葉の海がうねりをり 長谷川翠 馬醉木 199902  
ベランダに散らせり栂尾の落葉 浜口高子 火星 199902  
落葉焚く煙の先や星生まる 萩野谷三和 遠嶺 199902  
大空にからまつ落葉光り飛ぶ 北村照子 遠嶺 199902  
眠らせる落葉のための穴を掘る 庄野千寿 銀化 199902  
鐘振りて閉門告ぐる楷落葉 吉永克巳 199902  
滝壼の渦の大外落葉溜め 黒坂紫陽 馬醉木 199903  
ジングルベル眠らぬ街に落葉舞ふ 益本三知子 馬醉木 199903  
落葉焚神の五色のものも焚く 杉浦典子 火星 199903  
落葉してなほ大木でありにけり 遠藤和彦 遠嶺 199903  
発掘の節に落葉の裏表 島崎晃 遠嶺 199903  
落葉降る野外劇場立見席 橋本佐智 円虹 199903  
いろいろの落葉を踏んで旅果つる 橋本佐智 円虹 199903  
落葉踏みなほこの町に未練あり 橋本佐智 円虹 199903  
我が生の栄枯盛衰落葉焚く 西山胡鬼 京鹿子 199903  
五社詣濡れの落葉の紅重ね 丸山冬鳳 京鹿子 199903  
落葉掃くシーシュポスが二三人 武井康隆 船団 199903  
踏み板をちょっと土足で落葉掃く 松永典子 船団 199903  
路地裏に来て一枚の落葉蹴る 山中宏 船団 199903  
らりるれれ、れろと道這ふ落葉かな 秋山深雪 船団 199903  
四五人の天鈿女命の落葉焚 柿原金米 船団 199903  
回廊を回る落ち葉よ法隆寺 津田このみ 船団 199903  
神の木を絡めて落葉焚く煙 有吉桜雲 199904  
シャガールの美術館へと落葉踏み 粟津松彩子 ホトトギス 199904  
仰山の落葉を箒で押してをり 立石萌木 雨月 199904  
街落葉赤信号は日向で待つ 木内憲子 199904  
竹林のひかりの侏儒落葉焚 川口襄 遠嶺 199905  
誰も若し雲の中まで落葉の音 丸山海道 京鹿子 199906  
庭手入終へし落葉でありしかな 稲畑汀子 ホトトギス 199911  
落葉敷きつめて久女の墓険し 稲畑廣太郎 ホトトギス 199911  
クリケット焼けの紳士に橡落葉 村上光子 馬醉木 199911  
はんざきを匿ふ水に落葉の朱 渡邊千枝子 馬醉木 199912  
しばらくは落葉にあづけゐたき庭 稲畑汀子 ホトトギス 199912  
掃き寄せぬ落葉の庭を楽しまむ 稲畑汀子 ホトトギス 199912  
庭落葉風雅に迷ひ込みしより 稲畑汀子 ホトトギス 199912 名古屋八勝館にて
脱げさうな草履落葉の躙り口 稲畑汀子 ホトトギス 199912  
ついて来し落葉払ひぬ躙り口 稲畑汀子 ホトトギス 199912  
足許の落葉拾ふも案内人 稲畑汀子 ホトトギス 199912  
名園の落葉を尽す日も近し 稲畑汀子 ホトトギス 199912  
車椅子落葉踏む音やはらかく 能村登四郎 199912  
浮く落葉押すともなしに水鳥ゆく 能村登四郎 199912  
落葉焚く人に会釈し波郷の墓 能村登四郎 199912  
キャンパスも道も落葉の色となる 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
回廊を回る落葉よ法隆寺 津田このみ 月ひとしずく 199912  
白樺の落葉やルオー礼拝堂 水原春郎 馬醉木 200001  
字東唐松まこと落葉どき 林翔 馬醉木 200001  
樹々も齢ふかめて落葉了りけり 佐藤国夫 馬醉木 200001  
落葉盛んや川は海恋ふために 大畑善昭 200001  
滑台落葉の声をふと聞けり 新井田操 酸漿 200001  
円覚寺ほとりに住て落葉焚く 中村七三郎 七三郎句集 200001  
樋塞ぐ落葉に脚立たてにけり 水谷道子 俳句通信 200001  
また一つ空を離れてきし落葉 三瀬教世 円虹 200001  
落葉踏むことに畏む想ひあり 大橋晄 雨月 200001  
掃き寄する落葉の山に日の温み 中井久子 雨月 200001  
人住まぬ処へ行こう落葉つづく 山田緑光 海程 200001  
からからと落葉のゆくえ見ゆるかな 保坂加津夫 いろり 200001  
落葉掃き元の木阿弥きりもなし 桑原敏枝 いろり 200001  
落葉して落葉と遊ぶおのが杖 村越化石 200001  
風の筋立ちて落葉に影を追ふ 西村滋子 京鹿子 200001  
耕二忌来る靴音か否落葉の音 林翔 馬醉木 200002  
落葉焚亡き子憶へば燃えしぶる 千代田葛彦 馬醉木 200002  
落葉に声かけて一枚児が拾ふ 浜口高子 火星 200002  
から松の片側ばかり落葉す 大東由美子 火星 200002  
湖畔にて落葉の雨に見舞はるる 関戸国子 酸漿 200002  
奥入瀬の雨の上がりし落葉道 富田志げ子 酸漿 200002  
母の音する落葉まえの母屋の灯 小堀葵 海程 200002  
母国忘れチロルの村の落葉踏む 佐藤淑子 雨月 200002  
この落葉土にかへさむ穴を掘る 田中としを 雨月 200002  
落葉踏む音に蹤きくる山の音 熊岡俊子 雨月 200002  
みはるかす黄もあざやかに落葉かな 雨宮照代 風土 200002  
句碑の臍落葉で拭ふ桂郎忌 林裕子 風土 200002  
桂節句碑落葉時雨の中にかな 林裕子 風土 200002  
通院の道真つ直ぐに落葉踏む 村田近子 遠嶺 200002  
病む人の踏むことのなき落葉かな 宮倉浅子 遠嶺 200002  
罪のない落葉であるに許せない 丸山佳子 京鹿子 200002  
目の高い人に拾はる彩落葉 丸山佳子 京鹿子 200002  
比叡颪情なし落葉吹き上ぐる 奥村鷹尾 京鹿子 200002  
民話の里昔のままに落葉籠 村越化石 200002  
落葉籠飛び立つ落葉降る落葉 村越化石 200002  
落葉燃すわが鬱屈を火種とし 田中藤穂 水瓶座 200002  
遠くより一つの視線落葉降る 田中藤穂 水瓶座 200002  
鐘楼へ落葉じめりの磴登る 志水千代子 俳句通信 200002 落葉2

2014年11月18日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。