曼珠沙華 4     100句

曼珠沙華落暉も蘂をひろげけり    中村草田男

彼岸花 死人花 捨子花 狐花 幽霊花

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
曼珠沙華赤すぎる空青すぎる 稲岡長 ホトトギス 200302  
曼珠沙華燃ゆる真中に堂暗し 稲岡長 ホトトギス 200302  
曼珠沙華消ゆるときまで蕊伸ばす 稲岡長 ホトトギス 200302  
風波の光を前に曼珠沙華 西山美枝子 酸漿 200305  
山からの風に飛び火の曼珠沙華 吉原一暁 200309  
片眼づつ異なる視力曼珠沙華 中村房枝 六花 200309  
ぼたぼたと雲つどひ来る曼珠沙華 岡本眸 200309  
遠見こそよけれ皇居の曼珠沙華 鷹羽狩行 200310  
単線の踏切鳴りて曼珠沙華 宮井保八郎 帆船 200310  
直筆の晶子の歌や曼珠沙華 神蔵器 風土 200311  
尼寺の山門の布施曼珠沙華 平田紀美子 風土 200311  
押し寄せる波一線や曼珠沙華 渡辺玄子 酸漿 200311  
神苑に巫女の緋袴曼珠沙華 梶島邦子 築港 200311  
路線図の英語ハングル曼珠沙華 山本敏子 帆船 200311  
日かげればひとかたまりに曼珠沙華 宮津昭彦 200311  
黙々と咲いて秩父の曼珠沙華 大串章 百鳥 200311  
墓に寄り墓を離れて曼珠沙華 大串章 百鳥 200311  
山影の遠きはかすみ曼珠沙華 高野美佐子 雲の峰 200311  
群るるなか我に摘まれし曼珠沙華 大橋敦子 雨月 200311  
曼珠沙華同じ高さに日当れる 大橋敦子 雨月 200311  
島人の嫌うて刎ねし曼珠沙華 中野たけみ 雨月 200311  
天も地も異常気象や曼珠沙華 長崎桂子 あを 200311  
化身めく白一色の曼珠沙華 赤座典子 あを 200311  
彼の人が歩いて来さう曼珠沙華 須賀敏子 あを 200311  
青空や茎生々と曼珠沙華 須賀敏子 あを 200311  
畦道に吹かれ通しの曼珠沙華 鈴木多枝子 あを 200311  
実をなさぬゆえのくれなゐ曼珠沙華 新家生子 200312  
鴨渡りきて地より湧く曼珠沙華 沢聰 馬醉木 200312  
燃ゆる歓び滅ぶあはれや曼珠沙華 長谷川史郊 馬醉木 200312  
曼珠沙華軟弱ならぬ詩を継がな 渕上千津 200312  
忘られて白曼珠沙華雨を呼ぶ 柴崎英子 200312  
ひと住まぬ風の岬の曼珠沙華 深田稚敏 200312  
現世に残したきもの曼珠沙華 津田礼乃 遠嶺 200312  
畦道に火の手上がりぬ曼珠沙華 浜田はるみ 遠嶺 200312  
一声でさけてしまひぬ曼珠沙華 浜田はるみ 遠嶺 200312  
曼珠沙華火勢を誰も止められず 浜田はるみ 遠嶺 200312  
その中に白一点の曼珠沙華 鷹羽弓 200312  
夕映の野川の澄めり曼珠沙華 宮本道子 酸漿 200312  
子等の舞ふ獅子軽やかや曼珠沙華 河野政恵 酸漿 200312  
曼珠沙華手折れば夕日くづほれむ 林敬子 酸漿 200312  
平家読み終へしも燃ゆる曼珠沙華 松崎鉄之介 200312  
平群にもなほ奥あつて曼珠沙華 塩川雄三 築港 200312 道詮忌
曼珠沙華すつかり開き気が済めり 戸田和子 200312  
祈りなく人生きられじ曼珠沙華 高橋照子 雨月 200312  
華やかに而して寂し曼珠沙華 足立典子 雨月 200312  
曼珠沙華燃ゆる想ひの遠き日よ 郷地美代子 雨月 200312  
夢殿の昏れ曼珠沙華の昏れ 城孝子 火星 200312  
ユダのごと約束の地の曼珠沙華 深澤鱶 火星 200312  
黄昏に取り残されし曼珠沙華 大柳篤子 雲の峰 200312  
石積んで遊びし跡や曼珠沙華 藤田悦子 対岸 200312  
曼珠沙華山盧にふえてをりしかな 林裕子 風土 200312  
参道の奥に白花曼珠沙華 中村洋子 風土 200312  
結界へ人ごゑの湧く曼珠沙華 平田安生 風土 200312  
灰すこし捨てられてあり曼珠沙華 水野恒彦 200312  
消息を知る人のなし曼珠沙華 平田倫子 百鳥 200312  
曼珠沙華土塀の崩れ続きをり 徳永真弓 百鳥 200312  
地酒売る印半纏曼珠沙華 高柳かつを 百鳥 200312  
立山のけふはかくれて曼珠沙華 長沼紫紅 200312  
曼珠沙華ほとりの草の揺れやまず 山田美保 200312  
群れ咲きの茎の翠も曼珠沙華 前田永子 200312  
曼珠沙華見て来し髪を洗ひけり 谷ナミ子 200312  
昃ると丈の詰まりし曼珠沙華 柴田佐知子 200312  
曼珠沙華女帝におはす藁葬墓 十河波津 200312  
茎青きままに枯れゆく曼珠沙華 高倉和子 200312  
殉教もころびも我が祖曼珠沙華 荒井千佐代 200312  
曼珠沙華野の篝火となりしばし 彦坂範子 ぐろっけ 200312  
ふるさとの記憶まだらに曼珠沙華 彦坂範子 ぐろっけ 200312  
曼珠沙華ひとつは母のために折る 彦坂範子 ぐろっけ 200312  
夜の色一際ふかき曼珠沙華 彦坂範子 ぐろっけ 200312  
奥津城の静けさあつめ曼珠沙華 彦坂範子 ぐろっけ 200312  
赤米を囲み明口香の曼珠沙華 史あかり ぐろっけ 200312  
組分けの相談決まらぬ曼珠沙華 井上綾 ぐろっけ 200312  
曼珠沙華この世の外へ誘ひたり 佐藤よしい 風土 200401  
鬼の霍乱坂下の曼珠沙華 中島陽華 200401  
曼珠沙華咲きていつもと違ふ路地 小林奈々 百鳥 200401  
曼珠沙華咲いて人なつかしき里 田所洋子 雨月 200401  
曼珠沙華庭に仏界ある如く 達山丁字 200401  
山間に白亜の学舎曼珠沙華 松下幸恵 六花 200401  
曼珠沙華色褪せながら崩れざる 鳥川昌実 六花 200401  
曼珠沙華花魁は皆細身にて 三輪閑蛙 対岸 200401  
曼珠沙華ふるさとへ道太くあり 荻沼嘉枝 対岸 200401  
胎内のくらさ曼珠沙華の暗さ 長田等 200401  
茎のぼる水あをあをと曼珠沙華 長田等 200401  
宝石は涙のかたち曼珠沙華 白井墨絵 遠嶺 200401  
鬱癒えて燃ゆるもの欲し曼珠沙華 沼口蓬風 河鹿 200401  
闘ふときめし瞳や曼珠沙華 高橋瑛子 河鹿 200401  
ぬつと出て忘れゐしもの曼珠沙華 田代ヨシ 河鹿 200401  
銀行の独身寮の曼珠沙華 伊藤多恵子 火星 200401  
雨雲のまだまだ詰まる曼珠沙華 岡本眸 200401  
雨脚の蒼くなりたる曼珠沙華 小林希世子 200401  
野仏に程良き供花曼珠沙華 中田寿子 ぐろっけ 200401  
土葬墓地曼珠沙華咲く一面に 永野秀峰 ぐろっけ 200401  
道路鏡ごとにふえゆく曼珠沙華 庄中健吉 200402  
曼珠沙華天まで続く畦の径 平山風鳥 河鹿 200402  
黒潮の奔流見たり曼珠沙華 平山風鳥 河鹿 200402  
火星接近曼珠沙華萎えにけり 上野澄江 百鳥 200402  
曼珠沙華群がり咲いて無人駅 阿部一彦 築港 200402  
曼珠沙華どこかさびしき一途の朱 望月晴美 要滝 200403  
白曼珠沙華残し暮れゆく巾着田 原田喜久子 八千草 200403  
曼珠沙華首の回りがたよりなく 若泉真樹 瑠璃 200407 曼珠沙華 5→

 

2014年9月28日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。