彼岸花 1     100句

なかなか死ねない彼岸花咲く   種田山頭火  読本・歳時記

曼珠沙華 死人花 捨子花 狐花 幽霊花

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
さりながら恋には無縁彼岸花 村田冨美子 京鹿子 199901  
デジャ・ヴユして彼岸花に立眩み 小倉喜郎 船団 199903  
花火師が村中を馳せ彼岸花 伊丹三樹彦 遠嶺 199908  
旅の視野捉へはじめし彼岸花 稲畑汀子 ホトトギス 199909  
彼岸花宿命なればそれでよし 保坂加津夫 いろり 199910  
彼岸花悲しい想い出ばかりなり 伊藤一歩 いろり 199910  
燃え失せて茎のみ立ちし彼岸花 久保田一豊 いろり 199910  
甥病めばそのことばかり彼岸花 熊谷みどり いろり 199910  
一つ家へ辿る道あり彼岸花 阿部ひろし 酸漿 199911  
荷造りの壼縄で巻く彼岸花 山田六甲 六花 199911  
彼岸花もう八束師はどのあたり 保坂加津夫 いろり 199911  
解体の仮設住宅彼岸花 田中呑舟 火星 199912  
獅子舞の練り上りゆく彼岸花 海上俊臣 酸漿 199912  
彼岸花一夜伸び立つ河原土手 原静寿 酸漿 199912  
彼岸花村に百歳ふえにけり 西山胡鬼 京鹿子 199912  
日蓮像彼岸花指し吾を指す 石丸弥平 春耕 199912  
天川へ各駅停車彼岸花 北吉裕子 俳句通信 199912  
彼岸花踏切の名に坊主町 朝日彩湖 船団 199912  
彼岸花先祖の香りただよひて 友岡咲子 いろり 200004  
彼岸花ぽつんと民族博物館 松山律子 六花 200010  
山の辺は彼岸花咲く畔も道 山崎辰見 ぐろっけ 200010  
どこからも彼岸花見え水の音 柳沢杏 酸漿 200011  
彼岸花焚口くらき登り窯 岡和絵 火星 200012  
遊蕩の詮なきを言ひ彼岸花 ならぶ真希 200012  
彼岸花雨に燃えつきさうにあり 仁科聖烏 円虹 200101  
老い猫は何処で果てしや彼岸花 坂口三保子 ぐろっけ 200101  
幼子のくるくる回る彼岸花 稲用飛燕 船団 200102  
彼岸花にょきにょき生える宙ぶらり 稲用飛燕 船団 200105  
近く見ることなかりけり彼岸花 稲畑汀子 ホトトギス 200109  
すり抜ける回転ドアと彼岸花 稲用飛燕 船団 200110  
吹く風に小豆煮る香や彼岸花 谷合青洋 酸漿 200111  
悩みなど捨てよと咲けり彼岸花 中里カヨ 酸漿 200111  
蘂に付く露鳴りわたる彼岸花 中原道夫 銀化 200111  
石佛を積みし城垣彼岸花 木下節子 俳句通信 200111 大和郡山城
川隔て土手に対峙し彼岸花 松田欽吾 雨月 200112  
あかとき の夢短かきに彼岸花 水野恒彦 200112  
彼岸花四五日ほどの栄華かな 岡和絵 火星 200112  
霧ごめの田を分ちをり彼岸花 広瀬敏子 酸漿 200112  
兵の墓の供華なり彼岸花 広瀬敏子 酸漿 200112  
風もらふ生れたばかりの彼岸花 市川伊團次 六花 200201  
菜園にバージンロード彼岸花 河内童楽 六花 200201  
どの畦みちも彼岸花彼岸花 林和子 200202  
彼岸花日の神に朱を欺かず 佐藤淑子 雨月 200202  
彼岸花残り火ほどとなりにけり 宮原みさを 花月亭 200208  
山の子のひとり遊びや彼岸花 宮原みさを 花月亭 200208  
巾着田見下ろす丘の彼岸花 田中重子 雲の峰 200211  
群れ咲くも数輪もよき彼岸花 増田久子 酸漿 200211  
彼岸花母が弟呼んでゐる 田中藤穂 あを 200211  
まほろばに赤の彩り彼岸花 泉田秋硯 200212  
「秋七草」へ一つ足したき彼岸花 小野寺節子 風土 200212  
子遍路の足かるがると彼岸花 河野友子 六花 200212  
老の矜持たもつは難し彼岸花 滝川あい子 雨月 200212  
彼岸花其角の墓へ色添へる 大西八洲雄 万象 200212  
江の電の義経づくし彼岸花 青木久子 遠嶺 200212  
鐘楼へ土手燃え上る彼岸花 海上俊臣 酸漿 200301  
畦ゆくは火渡りに似て彼岸花 杉良介 200309  
彼岸花今年は咲かず祭来る 長田秋男 酸漿 200311  
彼岸花つぼみ揃へて彼岸待つ 坂井和子 酸漿 200311  
彼岸花静かに咲いて消えゆきし 榎本みや 築港 200311  
彼岸花刈り残されてありにけり 宮本道子 酸漿 200312  
煩悩の髪乱しをり彼岸花 渡辺幹雄 酸漿 200312  
この色は天使の怒り彼岸花 出口誠 六花 200312  
彼岸花赤しどこへも踏み込めず 十河波津 200312  
亡き魂かほうと眞白き彼岸花 吉田多美 京鹿子 200401  
勾玉は弥生ファッション彼岸花 泉田秋硯 200401  
暮れ残る明日香棚田の彼岸花 伊藤稔代 200401  
蒼天や百万本の彼岸花 稲谷妙子 遠嶺 200401  
首塚にはじまり彼岸花の径 坪井洋子 200402  
疑へばだんだん赤く彼岸花 山田六甲 六花 200410  
頓服は三錠までと彼岸花 出口誠 六花 200410  
燃え残る彼岸花あり雨の中 阿部ひろし 酸漿 200411  
彼岸花をはりし茎を洗ふ雨 阿部ひろし 酸漿 200411  
ちらほらと彼岸花咲き不整脈 土肥屯蕪里 雲の峰 200411  
小流れに沿ひほつほつと彼岸花 井上紘 雲の峰 200411  
紅を離れて白き彼岸花 伊藤総司 雲の峰 200411  
死に急ぎ死に遅れして彼岸花 淵脇護 河鹿 200412  
惜命に似たる旅路の彼岸花 芝生南天 河鹿 200412  
母の忌やまだ出揃はぬ彼岸花 木原紀幸 河鹿 200412  
彼岸花ほつほつテロの世を憂ふ 泉田秋硯 200412  
雲水の早足の音彼岸花 中村恭子 200412  
天地の暴れし跡の彼岸花 田中みのる 火星 200412  
彼岸花活けられをるも落ち着かず 久保栞 200412  
彼岸花かくも真つ赤ぞ友生きよ 高倉恵美子 200501 友重病なれば
彼岸花火山の見ゆる父母の墓 九万田一海 河鹿 200501  
彼岸花ぽきぽき折った首飾 川合まさお ぐろっけ 200501  
畦道を一揆の走る彼岸花 笠間圭子 京鹿子 200501  
彼岸花単線鉄路西へ西へ 密田真理子 200501  
紐編みし指を定印彼岸花 品川鈴子 ぐろっけ 200509  
天上に父母再会の彼岸花 うまきいつこ 200511  
ひと群れの彼岸花なりさびしけれ 田尻勝子 六花 200511  
雑草の花を従へ彼岸花 田尻勝子 六花 200511  
この道はいまも変らず彼岸花 長崎桂子 あを 200511  
緋のむれに白妙ひとつ彼岸花 宮崎久人 四葩 200512  
奈良に入る夕日の畦の彼岸花 千手和子 馬醉木 200512  
子等の声かたまり行くや彼岸花 田宮勝代 酸漿 200512  
彼岸花故郷に父母の亡き侘し 近藤豊子 雨月 200512  
下校児の列ばらばらに彼岸花 森津三郎 京鹿子 200512  
彼岸花赤の一徹咲きゐたる 阪口久子 築港 200512  
崩れゆくシラスに縋る彼岸花 迫田克子 河鹿 200601  
彼岸花紅の最も澄めるとき 柳生千枝子 火星 200601 彼岸花2→

 

2019年10月3日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。