狐 花 10句

厚顔で叱られにゆく狐花   山中西放   ザ・俳句

曼珠沙華 彼岸花 死人花 捨子花 幽霊花

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
狐花すっくと伸び来夏おわる 達山丁字 200212  
わたくしのすべてみせます狐花 黒田咲子 200212  
幽霊はなべて女や狐花 小暮松枝 春燈 200411  
異星より着地せしかな狐花 吉田邦幸 遠嶺 200412  
忽然と庭に咲きたり狐花 坂本幸子 酸漿 200612  
狐花白きも咲きぬ稲荷みち 服部菰舟 雨月 200801  
黄昏るる川に沿ふ径狐花 藤見佳楠子 200912  
恋しくば尋ぬるあては狐花 柳川晋 201012  
咲きつなぎ山へ誘ふ狐花 網野茂子 酸漿 201102  
燃え尽きて未だに怪し狐花 原田達夫 201501  

 

2016年10月6日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。