曼珠沙華 2     100句

蛇を見てかつ怖ろしや曼珠沙華    松根東洋城

彼岸花 死人花 捨子花 狐花 幽霊花

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
思ひ出が思ひ出さそふ曼珠沙華 阿部ひろし 酸漿 200011  
曼珠沙華目盛の剥げし水位計 水野邦夫 俳句通信 200011  
蓄へし赤どっと吐き曼珠沙華 和田崎増美 雨月 200011  
診断は呆けにあらず曼珠沙華 大平保子 いろり 200011  
曼珠沙華何も起らぬ庭の隅 松沢久子 いろり 200011  
いつだって行けば会える気曼珠沙華 桑原敏枝 いろり 200011  
寺焼けて里に炎え立つ曼珠沙華 中川濱子 ぐろっけ 200011  
山祇の雨の鎮むる曼珠沙華 清水節子 馬醉木 200012  
曼珠沙華棚田の風に煽られつ 石本秋翠 馬醉木 200012  
曼珠沙華触れみしよりの微熱かな 野口香葉 遠嶺 200012  
大利根を一舟のぼる曼珠沙華 蓮尾あきら 風土 200012  
忌に集ふはらから白き曼珠沙華 関根洋子 風土 200012  
遣唐使出でゆきし海曼珠沙華 陣野今日子 風土 200012  
武者の墓余呉湖に残り曼珠沙華 陣野今日子 風土 200012  
一族の果てし矢倉の曼珠沙華 武井美代子 風土 200012  
いつも咲く所に咲きて曼珠沙華 小倉恵都子 風土 200012  
すがれゆく闇あり白の曼珠沙華 岩垣子鹿 円虹 200012  
磴毎に厄除け銭や曼珠沙華 上崎暮潮 円虹 200012  
見下せばあらためて燃え曼珠沙華 上崎暮潮 円虹 200012  
爪立つるまでもなく折れ曼珠沙華 加古みちよ 火星 200012  
堀割は船路の名残り曼珠沙華 小石秀子 酸漿 200012  
女の神へベったりと赤曼珠沙華 内山芳子 雨月 200012  
足許の途方に暮れし曼珠沙華 華明日香 銀化 200012  
曼珠沙華憶ひ半ばに呼ばれけり 松木重子 200012  
わがための色かも知れず曼珠沙華 川上弥生 200012  
曼珠沙華凶事必ず出し抜けに 久保田由布 ぐろっけ 200012  
曼珠沙華火の見櫓の下にかな 斉木永久 馬醉木 200101  
触れ合ひて蘂はじき合ふ曼珠沙華 赤木亜華里 200101  
褒められてまた貶されて曼珠沙華 杉本艸舟 200101  
色褪せし曼珠沙華にもある命 杉本艸舟 200101  
満ち足りし潮騒の白曼珠沙華 村上友子 海程 200101  
曼珠沙華君俗ならず聖ならず 村上友子 海程 200101  
曼珠沙華見てより空の遠くなる 林裕子 風土 200101  
曼珠沙華無念無想になりきれず 水谷契江 六花 200101  
曼珠沙華空へつづくを径といふ 安徳由美子 200101  
車椅子とめしほとりの曼珠沙華 仁科聖烏 円虹 200101  
曼珠沙華活けて外つ国人迎ふ 池田草曷 雨月 200101  
千枚田の火の海となる曼珠沙華 阪上多恵子 雨月 200101  
曼珠沙華蕊を反らして反骨めく 二神節子 200101  
曼珠沙華腰の重たき祖母となり 大平保子 いろり 200102  
曼珠沙華日暮れて石の阿弥陀仏 市橋章子 ぐろっけ 200102  
何時からが晩年なるや曼珠沙華 泉田秋硯 月に逢ふ 200103  
蛙とんで水濁らざり曼珠沙華 岡井省二 200104  
職人の弁当寡黙曼珠沙華 三井孝子 六花 200104  
山麓声なくて初曼珠沙華 岡井省二 200106  
曼珠沙華天より射込まれしごとく 高橋とも子 200107  
踏み込んで血がせめぎあふ曼珠沙華 能村登四郎 200108  
曼珠沙華天のかぎりを青充たす 能村登四郎 200108 沖創刊
一抹の澄気が通る曼珠沙華 能村登四郎 200108  
どこまでも遠き赤置く曼珠沙華 稲畑汀子 ホトトギス 200109  
つなぐ赤ふり返る赤曼珠沙華 稲畑汀子 ホトトギス 200109  
父恋ひの瞼ふたぎぬ曼珠沙華 木曽岳風子 六花 200109  
曼珠沙華旅路彩りはじめけり 稲畑汀子 ホトトギス 200110  
曼珠沙華よりそひ立ちて触るるなし 阿部ひろし 酸漿 200110  
水勢の打ち消し合ひて曼珠沙華 能村研三 200110  
曼珠沙華闇彫琢のかたちかな 能村研三 200110  
曼珠沙華別れあるから人を恋ふ 保坂加津夫 いろり 200110  
曼珠沙華音の一切地よりする 大平保子 いろり 200110  
曼珠沙華二・三本の燃え尽きし 熊谷みどり いろり 200110  
夢に会ふ人とは会へず曼珠沙華 鈴木多枝子 あを 200110  
墓地への道やや曼珠沙華殖えて来て 能村登四郎 羽化 200110  
遠山は晴たまはりて曼珠沙華 鷹羽狩行 200111  
田の畦の踏むところなし曼珠沙華 谷合青洋 酸漿 200111  
目にしみる花なり朝の曼珠沙華 谷合青洋 酸漿 200111  
曼珠沙華なぎ倒されて埒もなき 小泉豊流 酸漿 200111  
触るること許さず立てり曼珠沙華 網野茂子 酸漿 200111  
曼珠沙華老尼の会釈受けて過ぐ 柳沢杏 酸漿 200111  
吟行は行きは怖いよ曼珠沙華 熊谷みどり いろり 200111  
若やげる二人の行方曼珠沙華 竹川美佐子 いろり 200111  
寄り合ひて血筋の絡む曼珠沙華 篠田純子 あを 200111  
曼珠沙華目の燃えさうで目をつむる 大橋敦子 雨月 200111 飛鳥
農小屋に火付けせむかの曼珠沙華 大橋敦子 雨月 200111  
六叉路のタクシー溜り曼珠沙華 松崎鉄之介 200111  
戦争になるかそちこち曼珠沙華 松崎鉄之介 200111  
草茂る家ごとに咲く曼珠沙華 松崎鉄之介 200111  
曼珠沙華瞳おおきなフィリピーナ 大橋克巳 俳句通信 200111  
曼珠沙華叶姉妹はシトモラス 時枝武 船団 200111  
札所から札所へ綴り曼珠沙華 北川英子 200112  
瞑目の亀石曼珠沙華の座に 溝内健乃 雨月 200112  
咲き残る赤のさみしや曼珠沙華 岩田登世 雨月 200112  
解脱して白となりしか曼珠沙華 下村志津子 銀化 200112  
知り尽す朱なれどこの曼珠沙華 真保喜代子 200112  
天仰ぐとき心眼に曼珠沙華 村越化石 200112  
段畑の果ては断崖曼珠沙華 岩木茂 風土 200112  
葷酒山門に入るを許さず曼珠沙華 鈴木ふくじ 風土 200112  
曼珠沙華まつすぐに来て死ににけり 男波弘志 200112  
約束のやうにたちまち曼珠沙華 深澤鱶 火星 200112  
曼珠沙華遊びはじめの蕊なりし 浜口高子 火星 200112  
鉛筆の芯の弾けし曼珠沙華 大山文子 火星 200112  
幼ナ日の同じところの曼珠沙華 伊藤多恵子 火星 200112  
曼珠沙華明智門への発火点 塩貝朱千 京鹿子 200112  
曼珠沙華そこに咲くよと尾花風 林翔 200112  
曼珠沙華の炎へ蝶が死にに来る 林翔 200112  
曼珠沙華に疲れま青な海に来る 松井志津子 200112  
曼珠沙華熊野古道を染めにけり 木下玉葉子 酸漿 200112  
遠き日のときめき呼ぶや曼珠沙華 竹内美智代 酸漿 200112  
曼珠沙華炎をさめし夜の雨 林敬子 酸漿 200112  
潔きまでに刈られし曼珠沙華 林敬子 酸漿 200112  
あそこにも此処にも咲けり曼珠沙華 小峯雅子 酸漿 200112  
曼珠沙華四國高野の参道に 永野秀峰 ぐろっけ 200112 曼珠沙華 3→

 

2014年9月26日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。