季語のリクエストお待ちしています。

 


曼珠沙華 11  100句

とどまれば我も素足の曼珠沙華   あざ蓉子   ミロの鳥

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
曼珠沙華ころびたる咎せざる科 岩永充三 201012  
蹌踉と曼珠沙華の国にゐる 大島翠木 201012  
葉は花に次元の異ふ曼珠沙華 久津見風牛 201012  
曼珠沙華たどり太子に辿りつく 近藤喜子 201012  
南溟に渦巻く供花や曼珠沙華 西村純太 201012  
集まればつましき話曼珠沙華 秋千晴 201012  
曼珠沙華毒よと子等に触れさせず 泉田秋硯 201012  
老僧の嘆く世相や曼珠沙華 後條さと子 201012  
明日香野の棚田を区切る曼珠沙華 山田をがたま 京鹿子 201012  
観音へ一本の道曼珠沙華 浅田光代 風土 201012  
恋心飛び火したるか曼珠沙華 松嶋一洋 201012  
空澄めば紅くつきりと曼珠沙華 池田光子 201012  
老い母の記憶ほろほろ曼珠沙華 鈴木セツ 201012  
りんりんと絹糸つむぐ曼珠沙華 池田光子 201012  
曼珠沙華師を恋ふ野火の連綿と 福永尚子 ろんど 201012  
曼珠沙華史蹟を伝ふ一里塚 加藤北天 雨月 201012  
曼珠沙華終へて小花の咲き添ふる 山荘慶子 あを 201012  
曼珠沙華原の小池を灯しをり 青木陽子 酸漿 201012  
静寂の寺苑に燃ゆる曼珠沙華 青木政江 酸漿 201012  
槙垣にひそと顔出す曼珠沙華 濱田カノエ 酸漿 201012  
雨降るとけふの著りの曼珠沙華 藤原若菜 春燈 201101  
黄泉よりの刺客団とも曼珠沙華 磯崎清 201101  
帯文に代へ曼珠沙華・曼珠沙華 栗栖惠通子 201101 祝「岡井省二の風景」上梓
夜は夜の道あり白き曼珠沙華 冨松寛子 201101  
裸婦像や天をあざむく曼珠沙華 西村純太 201101  
大原女の畑には居らず曼珠沙華 松本三千夫 末黒野 201101  
芦の湖の底の暗くて曼珠沙華 松田泰子 末黒野 201101  
見る程に眼の乾き曼珠沙華 森清信子 末黒野 201101  
無縁なる遊女の塚や曼珠沙華 太田良一 末黒野 201101  
姫祀る散るほかはなき曼珠沙華 大坪景章 万象 201101  
一と叢はつぼみばかりや曼珠沙華 赤松郁代 万象 201101  
曼珠沙華語りかけそな石仏 岡野ひろ子 201101  
曼珠沙華白がしるべの父祖の墓 岡野ひろ子 201101  
呟きを聞かれてしまふ曼珠沙華 柳生千枝子 火星 201101  
曼珠沙華とびとびに白曼珠沙華 垣岡暎子 火星 201101  
白蝶の止まることなき曼珠沙華 田中文治 火星 201101  
苦戦して迷路出口へ曼珠沙華 吉田政江 201101  
執念を燃やし赤あか曼珠沙華 能美昌二郎 201101  
曼珠沙華思ひの丈の蕊の反り 大石よし子 雨月 201101  
曼珠沙華飛行機雲は袈裟懸けに 宮井知英 201101  
天草の棚田天まで曼珠沙華 中尾廣美 ぐろっけ 201101  
巻尺のまつすぐ伸びて曼珠沙華 野口喜久子 ぐろっけ 201101  
曼珠沙華畑彩り名残り紅 堀口香代子 ぐろっけ 201101  
納骨へ向かふ親子か曼珠沙華 堤節子 ぐろっけ 201101  
娘等の長き睫や曼珠沙華 堤節子 ぐろっけ 201101  
見栄えせし一本立ちの曼珠沙華 田中一美 ろんど 201101  
禅寺の一茎づつの曼珠沙華 田中貞雄 ろんど 201101  
曼珠沙華ふと来て止まる黒揚羽 上原光代 酸漿 201101  
素十忌や流れにかげの曼珠沙華 天野美登里 やぶれ傘 201101  
母恋し天までとどけ曼珠沙華 續木文子 あを 201102  
今年から休田かこむ曼珠沙華 白石不舎 201105  
目つむればかの日の曼珠沙華燃ゆる 成瀬櫻桃子 成瀬櫻桃子俳句選集 201105  
狂ふほど人恋うてをり曼珠沙華 成瀬櫻桃子 成瀬櫻桃子俳句選集 201105  
七輪を飛び出す火の粉曼珠沙華 布川直幸 201109  
冥土には謝りにゆく曼珠沙華 田尻勝子 六花 201109  
殉教もころびも我が祖曼珠沙華 荒井千佐代 祝婚歌 201110  
曼珠沙華天与の風に色付きし 稲畑廣太郎 ホトトギス 201110  
一列に鬨の声あぐ曼珠沙華 能村研三 201110  
妬き抛りブーケ鉄路の曼珠沙華 品川鈴子 ぐろっけ 201110  
曼珠沙華手折る真顔でありにけり 山尾玉藻 火星 201110  
さつきまで子供のをりし曼珠沙華 山尾玉藻 火星 201110  
婦人誌に女人ふくよか曼珠沙華 長崎桂子 あを 201110  
大奥跡見つめなほして曼珠沙華 堀内一郎 あを 201110  
幸せにすると言つたのに曼珠沙華 コ田千鶴子 花の翼 201111  
古戦址にあまたの兵火曼珠沙華 塩路隆子 201111  
湖ひかる岸群生の曼珠沙華 坂上香菜 201111  
すくと立つああ曼珠沙華今年また 水原春郎 馬醉木 201111  
日かげりて色の落ち着く曼珠沙華 高倉和子 201111  
その辺り時萎えゐたり曼珠沙華 山尾玉藻 火星 201111  
曼珠沙華武蔵決闘の碑を囲む 中島節子 ぐろっけ 201111  
曼珠沙華善人まして悪人をや 神蔵器 風土 201111  
墓に押す墓地の白花曼珠沙華 神蔵器 風土 201111  
金輪際色を尽して曼珠沙華 中沢三省 風土 201111  
地の花火彼岸にとゞけ曼珠沙華 木村茂登子 あを 201111  
情念のごとく噴きあげ曼珠沙華 田中浅子 201112  
曼珠沙華むかしを語る異人墓地 落合晃 201112  
湖へ向く地蔵百体曼珠沙華 長濱順子 201112  
匠なる組紐に似て曼珠沙華 西郷慶子 201112  
情念のごとく噴きあげ曼珠沙華 田中浅子 201112  
ここからは女人結界曼珠沙華 松岡和子 201112  
曼珠沙華むかしを語る異人墓地 落合晃 201112  
見はるかす棚田を区切る曼珠沙華 田中芳夫 201112  
曼珠沙華傾ぎて小さき入鹿塚 田中芳夫 201112  
篁に昼の影置く曼珠沙華 安立公彦 春燈 201112 我孫子
曼珠沙華触れてしまはぬ距離にをり 太田佳代子 春燈 201112  
ほんたうの空の蒼さや曼珠沙華 小倉陶女 春燈 201112  
先づ一本立ちそれからの曼珠沙華 小林朱夏 201112  
何ひとつ変らぬ畦の曼珠沙華 鴨下昭 201112  
曼珠沙華むらがりすぎて雲ふやす 豊田都峰 京鹿子 201112  
夕日濃き棚田の裾や曼珠沙華 松本三千夫 末黒野 201112  
活けられて曼珠沙華の赤らしからず 河崎尚子 火星 201112  
曼珠沙華千畳敷といふ河原 堀志皋 火星 201112  
白壁の影まで燃ゆる曼珠沙華 内藤三男 ぐろっけ 201112  
蒼天を風が一掃曼珠沙華 中島霞 ぐろっけ 201112  
母の里畦変はらずに曼珠沙華 藤井久仁子 ぐろっけ 201112  
山の日に方眼咲きの曼珠沙華 田所節子 201112  
どきりとす事の減りたり曼珠沙華 菅谷たけし 201112  
石仏の満身ほてる曼珠沙華 北村幸子 201112  
撮さるるそこが正面曼珠沙華 甲州千草 201112  
安全と言はるる不安曼珠沙華 中田とも子 201112 曼珠沙華 →12

2013年10月17日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

掲載年月順です。

ご希望の季語又は語彙がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。