曼珠沙華 1      100句

考へても疲るるばかり曼珠沙華    星野立子

彼岸花 死人花 捨子花 狐花 幽霊花

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
地続きに赤子が泣いて曼珠沙華 奥田甲子男 海程 199810  
手ぶらにて歩いてゐたり曼珠沙華 山尾玉藻 火星 199811  
曼珠沙華今朝咲きぬ今日何をせむ 林翔 199811  
曼珠沙華にあやされ幼な仏かな 林翔 199811  
曼珠沙華折るに抵抗なきあはれ 大橋敦子 雨月 199811  
いのち燃やし過ぎたる果の曼珠沙華 大橋敦子 雨月 199811  
飛鳥仏に雷禍の記憶曼珠沙華 大橋敦子 雨月 199811  
曼珠沙華空青ければ戦かな 今城知子 船団 199811  
曼珠沙華印をとり消す術もなし 品川鈴子 ぐろっけ 199811  
歩くこと死ぬまで大事曼珠沙華 吉田呉天 風土 199812  
むささび翔ぶ秋は曼珠沙華の森 金子兜太 海程 199812  
見はじめの一本がよし曼珠沙華 植松安子 199812  
柱郎につかまれてゐて曼珠沙華 柿沼盟子 風土 199901  
曼珠沙華庭の二本の尽くるまで 小栗佳批奈 京鹿子 199901  
黄泉の国きつと夕映え曼珠沙華 萩野谷三和 遠嶺 199901  
流刑の地に存念の赤曼珠沙華 堀田清江 雨月 199901  
最後尾下車の旅めく曼珠沙華 萩原記代 199901  
なんとなく小声で話す曼珠沙華 前田陶代子 199901  
曼珠沙華骨の髄から透けてくる 行川行人 藍の刻 199901  
曼珠沙華男根担ぎ来て祀る 金子兜太 海程 199902  
曼珠沙華すでに野になき雨のいろ 岡本眸 199902  
汐と日の滲むに任せ曼珠沙華 藤田守啓 船団 199903  
曼珠沙華揺らぎて一夫一婦制 松永典子 船団 199903  
目合まぐわいに着る染衣しめごろも曼珠沙華 大木石子 海程 199904  
華やかな疲れの中の曼珠沙華 倉本美代子 ヒッポ千番地 199905  
雨あしの燃えて過ぎゆく曼珠沙華 鷹羽狩行 199909  
えちぜんのこめかみの寺曼珠沙華 吉田透思朗 海程 199909  
青空に声かけて咲く曼珠沙華 鷹羽狩行 199910  
水に水ぶつかり勢ふ曼珠沙華 能村研三 199910  
曼珠沙華片言でびら配りをり 武岡東西 俳句通信 199910  
荒廃といふ村だけの曼珠沙華 保坂加津夫 いろり 199910  
齢なみに動けることや曼珠沙華 大平保子 いろり 199910  
墓地までの道しるべなり曼珠沙華 桑垣信子 いろり 199910  
曼珠沙華添ひたる馬頭観世音 中里信司 酸漿 199911  
曼珠沙華筆なす先に緋色あり 三村禮子 酸漿 199911  
地蔵には真白前垂曼珠沙華 林翔 199911  
群衆で見るには惜しき曼珠沙華 能村研三 199911  
立杭の窯あと曼珠沙華世界 山田六甲 六花 199911  
曼珠沙華群生のよし孤立よし 大橋敦子 雨月 199911  
叢生の掟に挙り曼珠沙華 大橋敦子 雨月 199911  
太陽に赤光放ち曼珠沙華 大橋敦子 雨月 199911  
山影の赤の落ちつき曼珠沙華 大橋敦子 雨月 199911  
乱舞して峠の風の曼珠沙華 大橋敦子 雨月 199911  
曼珠沙華ばかり見て他何も見ず 大橋敦子 雨月 199911  
大琵琶に突き出し岬の曼珠沙華 大橋宵火 雨月 199911  
自己主張秘めて蕾の曼珠沙華 萩谷幸子 雨月 199911  
唐突に恋の告白曼珠沙華 萩谷幸子 雨月 199911  
抱ふほど巴の塚の曼珠沙華 武政礼子 雨月 199911  
碑の裏に木洩れ日止まる曼珠沙華 保坂加津夫 いろり 199911  
曼珠沙華終りなきみちひたすらに 保坂加津夫 いろり 199911  
巌流も武蔵もよしや曼珠沙華 水原春郎 馬醉木 199912  
曼珠沙華現地講座は一列に 長谷川翠 馬醉木 199912  
青空の切り込み深き曼珠沙華 村山秀雄 199912  
掌の中にしをれてしまふ曼珠沙華 小山森生 199912  
煩悩にへだたりて白曼珠沙華 上谷昌憲 199912  
梅林の奥にきそへる曼珠沙華 大塚洋子 酸漿 199912  
杢太郎詩碑へ飛火す曼珠沙華 神蔵器 風土 199912  
飛天女の足裏白花曼珠沙華 関根洋子 風土 199912  
夜は黒きドレスが似合ふ曼珠沙華 中沢三省 風土 199912  
黒々とうしろ立山曼珠沙華 山路紀子 風土 199912  
空港へ一本道や曼珠沙華 中村洋子 風土 199912  
かたまつて野仏曼珠沙華集め 宮津昭彦 199912  
石仏を沈めつくせり曼珠沙華 澤野粂子 春耕 199912  
島畑の石積む畦や曼珠沙華 唐沢静男 春耕 199912  
曼珠沙華の火攻の中の仏隆寺 石垣幸子 雨月 199912  
曼珠沙華四十七士に直立す 樺山翠 雨月 199912  
曼珠沙華空に欠伸のあるような 薮ノ内君代 船団 199912  
カルメンが睫毛を伏せた曼珠沙華 須山つとむ 船団 199912  
茶柱の傾むくはやさ曼珠沙華 廣嶋美惠子 船団 199912  
曼珠沙華屋敷境を競り合へり 中村祭生 ぐろっけ 199912  
不揃ひに出し曼珠沙華丈揃ふ 坂口三保子 ぐろっけ 199912  
七曲りガードレールの曼珠沙華 杉本艸舟 200001  
曼珠沙華群れゐて蕊の触れ合はず 飯沼孝男 200001  
ぽきぽきとくやしさを折る曼珠沙華 三木その女 円虹 200001  
首洗池に映れる曼珠沙華 片山喜久子 雨月 200001  
曼珠沙華あたり硝煙くさきかな 伊藤希眸 京鹿子 200001  
まだ恋の隠れてさうな曼珠沙華 吉野のぶ子 遠嶺 200001  
曼珠沙華西も東も平らなり 木村伊都子 遠嶺 200001  
川幅の狭めて迅し曼珠沙華 水野あき子 遠嶺 200001  
曼珠沙華あんたはやはりきつね貌 西村滋子 京鹿子 200001  
いささかに絡み癖あり曼珠沙華 細川知子 ぐろっけ 200001  
曼珠沙華あまた見てきて異邦人 井上菜摘子 京鹿子 200002  
百万の丈を揃へて曼珠沙華 檜紀代 200002  
足元は見せじと群れて曼珠沙華 檜紀代 200002  
墳墓の地燃えてゐるなり曼珠沙華 貝森光大 六花 200002  
人間の道はここまで曼珠沙華 星野早苗 空のさえずる 200004  
空っぽの二両連結曼珠沙華 三宅やよい 玩具帳 200004  
天地に茎残りけり曼珠沙華 岡本高明 200010  
北叟笑む根や深深と曼珠沙華 中原道夫 銀化 200010  
墓地への道やゝ曼珠沙華殖えて来て 能村登四郎 200010  
落柿舎へ畦渡れぬよ曼珠沙華 山田六甲 六花 200010  
音持たぬ雨の明るさ曼珠沙華 丹羽啓子 馬醉木 200011  
夕日恋ひ夕日に痛む曼珠沙華 菅原鬨也 200011  
伊勢路たどれば相生の曼珠沙華 鷹羽狩行 200011 伊勢
くれなゐのかむりいただき曼珠沙華 鷹羽狩行 200011 伊勢
渾天を支へて曼珠沙華のこう 鷹羽狩行 200011 伊勢
あら草の陰に燃ゆなる曼珠沙華 林翔 200011 曼珠沙華 2

 

2020年9月25日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。