コスモス 2        100句

コスモスの駅厠よりホースかな      金子蛙次郎

秋桜  コスモス 秋ざくら あきざくら

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
コスモスや訥訥話す熊野人 福井鳳水 円虹 200112  
コスモスの迷路に心騒がせて 福井鳳水 円虹 200112  
コスモスが揺れ山が揺れ空が揺れ 赤井よしを 円虹 200112  
コスモスにつづく中込中学校 外川玲子 風土 200112  
コスモスや風を頒ちて風の中 大田かづみ いろり 200112  
コスモスの色を増やして風過ぎぬ 侭田伊都希 いろり 200112  
コスモスに昼の煙の流れ来し 大東由美子 火星 200112  
昼月にさらりとコスモス畑かな 米澤光子 火星 200112  
膝を折るコスモス痛み誰にでも 丸山佳子 京鹿子 200112  
人を待ちゐてコスモスの揺れの中 中村立身 百鳥 200112  
コスモスの花やひらひら幼来る 西山美枝子 酸漿 200112  
コスモスや媼ひとりの畑仕事 青木政江 酸漿 200112  
コスモスや白山晴るる馬柵の上 森重夫 春耕 200112  
コスモスや心の動くメール来る 荒幡美津恵 遠嶺 200112  
コスモスに爪先触るるリフト坂 勝野薫 ぐろっけ 200112  
無い袖を振るコスモスの多感 坂本敏子 京鹿子 200201  
一筋の川がコスモスそよがせる 坂本敏子 京鹿子 200201  
コスモスに被写体となりどつと老ゆ 児玉素朋 京鹿子 200201  
コスモスの岸ひと突きに舟離る 浜口高子 火星 200201  
コスモスのコスモスのまま活けにけり 城孝子 火星 200201  
コスモスを活けこれよりのふたりかな 波田美智子 火星 200201  
コスモスの畑に妖精かくれんぼ 鎮田紅絲 200201  
姉嫁ぐ日のコスモスと思ひけり 苑田ひろまさ 200201  
コスモスや垣根の外の立ち話 小林光美 春耕 200201  
コスモスの仏の蓮座かくしけり 笠原フミ 酸漿 200201  
コスモス園笑顔の子等と声交す 梅田秀子 酸漿 200201  
コスモスや彌勒菩薩の胸薄き 八木葉子 酸漿 200201  
コスモスや朝日に遊ぶ蝶二つ 大野ツネ子 酸漿 200201  
コスモスの触れ石人は黙を解く 田中子 円虹 200201  
コスモスを怒り肩なる瓶に挿す 足立浩一 200201  
コスモスに向く横顔のイヤリング 岡野槌江 遠嶺 200201  
コスモスに誘われ句会休みけり 中村和江 ぐろっけ 200201  
揺れやまぬコスモスの群れ殉教地 芦塚智恵子 200202  
コスモスの百万本に足竦む 有田蟻太 200202  
コスモスの丈を潜りて若くゐる 木村真魚奈 京鹿子 200202  
コスモスといふ明かるさに二人の歩 木村真魚奈 京鹿子 200202  
コスモスや蓬来橋をどこまでも 小浦遊月 酸漿 200202  
コスモスや気性の合はぬ妹と会ふ 波田美智子 をりをりに 200208  
湖とコスモス道の神にも手を合はせ 堀内一郎 あを 200209  
コスモスの揺れて通りぬ風の色 稲畑汀子 ホトトギス 200210  
コスモスの夜はぐつすりとゆれてゐる 丸井巴水 京鹿子 200210  
コスモスの花の上なる鼓笛隊 中里栄 帆船 200210  
コスモスの自在にかこむ蓼科湖 赤座典子 あを 200210  
コスモスの靡く園児の鼓笛隊 松本静香 帆船 200211  
コスモスの向う鵜匠の住むと言ふ 山尾玉藻 火星 200211  
コスモスや遺影のかけるサングラス 嵯峨根鈴子 火星 200211  
コスモスや母に似し手の細きこと 滝川あい子 雨月 200211  
コスモスや校舎の裏の無人駅 高垣和恵 雨月 200211  
凭れ合ふ茎は捩れてコスモス田 品川鈴子 ぐろっけ 200211  
コスモス田そよがねば香が鼻につく 品川鈴子 ぐろっけ 200211  
コスモスの虜因ひたすら走りけりこ 泉田秋硯 200212  
分け入りしコスモス迷路孤愁あり 山中宏子 200212  
コスモスに風の妖精来て遊ぶ 田村すゝむ 風土 200212  
汐の香やコスモス原の灯されて 橋本良子 遠嶺 200212  
コスモスや大海原の青しぶき 清水晃子 遠嶺 200212  
どの庭もコスモス揺れてニュー・タウン 上田繁 遠嶺 200212  
良寛の声コスモスの風の中 清水明子 遠嶺 200212  
コスモスの揺れ止み風も一休み 塩川雄三 築港 200212  
寺宝展へ野のコスモスで瞳を浄め 丸山佳子 京鹿子 200212  
コスモスの里は水車の遠こだま 豊田都峰 京鹿子 200212  
コスモスの濃さも迷ひも風が決め 直江裕子 京鹿子 200212  
遠く見しコスモス畑来てひとり 谷口知子 火星 200212  
休耕田コスモス咲かせ町おこし 柿沼利男 帆船 200212  
コスモスや空つぽの家を掃き終える 信崎和葉 六花 200212  
コスモスや揺るる心をもてあまし 家塚洋子 酸漿 200212  
間合よく散らばり詩意のコスモス田 品川鈴子 ぐろっけ 200212  
コスモスの花ゆらゆらと影絵なす 原田圭子 ぐろっけ 200212  
鳩笛にコスモスに雨降る日なり 中山純子 万象 200212  
ていねいに生けてコスモス乱れ咲き 押尾弘子 対岸 200212  
鉢植のコスモス遠慮がちに揺れ 三栖隆介 200301  
散らしたるコスモスを振り向きもせず 杉山みゆき 百鳥 200301  
コスモスや母子に詣づ安倍文殊 落合由孝女 雨月 200301  
コスモス田紫の風白の風 塩川雄三 築港 200301 明日香
いのちひとつコスモス叢を翔るかな 天野きく江 200301  
コスモスに遍路の影の過ぎゆけり 加古みちよ 冬菜畑 200301  
コスモスの澄みて岬は藍の濃く 寺田千代子 京鹿子 200302  
コスモスの反乱風がそそのかす 岩上とし子 200303  
コスモスを眺めて義理の参観日 泉田秋硯 鳥への進化 200303  
コスモスを食む虫のをり美しき 西山美枝子 酸漿 200305  
コスモスの花に憩ひて午後の椅子 吉村春風子 遠嶺 200306  
コスモスの中に細道とほりけり 杉良介 200309  
コスモスや東武線路に沿ひし風 本山卓日子 京鹿子 200309  
コスモスの色の好みの世と移る 宮津昭彦 200310  
コスモスも木曽路もすべて山の中 出口誠 六花 200310  
コスモスや堂へせり出す岩襖 柴田由乃 風土 200311  
一望のコスモス畑風遊ぶ 渡辺初枝 酸漿 200311  
コスモスの満ちて大雨に打たれをり 橋本光子 酸漿 200311  
コスモスの揺れ存分に楽します 森田セツ子 築港 200311  
コスモスを吹きおなじ風めぐるらし 宮津昭彦 200311  
コスモスに立ちて感想など言はず 大串章 百鳥 200311  
妄執に遠きコスモス風の中 大橋敦子 雨月 200311  
ローランサンコスモスもとも適ふべし 大橋敦子 雨月 200311  
夢二の居コスモス花弁欠けてあり 大橋敦子 雨月 200311  
魁はキバナコスモス誇らしげ 安部里子 あを 200311  
コスモスの風吹き上ぐる棚田村 堤田博子 対岸 200311  
コスモスの莟の青き忌日かな 斉藤利枝子 対岸 200311  
コスモスに包まれてゐる法隆寺 田中呑舟 火星 200311  
コスモスの揺れに船酔らしき鬱 泉田秋硯 200312  
コスモスや選りに選りたる旅の服 永田あき 酸漿 200312  
コスモスの浄域の風呼びとめて 塩川雄三 築港 200312 コスモス 3

 

2014年11月17日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。