秋 桜 1         100句

看護婦の蚊帳干してをり秋櫻   高島茂

秋桜  コスモス 秋ざくら あきざくら

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
牧牛の群よこたはる秋櫻 小澤克己 遠嶺 199810  
秋桜まで友だちと手をつなぎ 山尾玉藻 火星 199810 ホームの母は
揺らぎ癖はやつきはじめ秋桜 南千恵子 199901  
安曇野の水透きとほる秋桜 萩野谷三和 遠嶺 199901  
叱られしごと雨に伏し秋桜 鈴木ミヨコ 199902  
秋桜たとえばそれも恋だった 田中桜子 船団 199903  
秋桜古いレコードまた回す 中林明美 船団 199903  
君思ふ一日と決め秋桜 津田このみ 船団 199903  
秋桜この風しばし留めたし 三村禮子 酸漿 199911  
どこよりも野辺に似合いし秋桜 桑原敏枝 いろり 199911  
秋桜好きと書かないラブレター 小枝恵美子 ポケット 199911  
秋桜またしなやかに立ち上がる 大東由美子 火星 199912  
秋櫻島にひとつの村ありて 芳賀雅子 遠嶺 199912  
新宿の見える校庭秋桜 中村洋子 風土 199912  
ある時は怒濤となりて秋桜 松永唯道 円虹 199912  
秋桜智恵子座りし椅子小さし 古市文子 春耕 199912  
雨音を吸いつづけては秋桜 伊藤翠 船団 199912  
秋桜ひょいひょいまたぎ会いにゆく 津田このみ 月ひとしずく 199912  
吹かれつつ風をいなせる秋桜 清水谷法明 200002  
秋桜の小瓶に詰めた愛の賭 尾上有紀子 わがまま 200002  
とめどなく黄なる秋桜しゃべくりて 尾上有紀子 わがまま 200002  
秋桜は幼馴染みのように揺れ 塩見恵介 虹の種 200005  
秋桜童話みたいなキスをして 塩見恵介 虹の種 200005  
秋桜に女はト音記号なる 塩見恵介 虹の種 200005  
空しいといふ云の葉や秋桜 桑原敏枝 いろり 200011  
風のなき病室に来し秋桜 朝倉和江 馬醉木 200012  
走る娘のポニーテールや秋桜 小倉恵都子 風土 200012  
秋桜ひとたばといへひとかかへ 田畑幸子 火星 200012  
衣掛けの柳の齢秋櫻 三澤福泉 俳句通信 200012  
藁屋根の御師の門口秋桜 井水貞子 春耕 200012  
炭坑の長屋の跡や秋桜 登嶋弘信 春耕 200012  
遊び田に風たはむれる秋桜 小川花久 いろり 200012  
秋桜分教場の廊軋み 水原春郎 馬醉木 200101  
考へのまだ定まらぬ秋桜 戸田円三 200101  
美しき風の反乱秋桜 赤木亜華里 200101  
泣きに来て泣けずに帰り秋桜 松崎幹 200101  
気持ち通じて秋桜てふ手の遊び 村上友子 海程 200101  
秋桜操れば灰になる書物 田中亜美 海程 200101  
段畑の風になびけり秋桜 本間みつえ 春耕 200101  
秋桜八方美人の系譜なる 武田菜美 銀化 200101  
絵本さがす日曜市や秋櫻 曷川克 遠嶺 200102  
他郷にて児を産むならひ秋桜 赤未真理 ぐろっけ 200102  
逆光の海を見ている秋桜 延原ユキエ 船団 200103  
秋桜繰れば灰になる書物 田中亜美 海程 200108  
気に入りの風待つてをり秋桜 森景ともね 船団 200109  
青空はさざなみたてて秋桜 鷹羽狩行 200110 「馬酔木」八十周年を祝して
あるがまゝひとりの暮し秋桜 浅井千鶴子 いろり 200110  
秋桜シナリオの首揺れはじむ 木山杏理 京鹿子 200111  
猫の尾が応へておりぬ秋桜 石橋翠 いろり 200111  
人生は背丈いろいろ秋桜 桑原敏枝 いろり 200111  
母送るいつもの道の秋桜 須賀敏子 あを 200111  
群衆のなかのさびしさ秋桜 波多洋子 銀化 200111  
身ほとりを風抜けてゆく秋桜 山本田津子 200111  
秋桜身籠りて娘の素直なる 杉本美智江 雨月 200112  
乳青き嬰児のからだ秋桜 石原義輝 馬醉木 200112  
風まかせあなたまかせや秋桜 福田みさを いろり 200112  
秋桜満つ夭逝の墓ならむ 大串章 百鳥 200112  
手入よき庭に溢るる秋桜 小峯雅子 酸漿 200112  
杉里の戸毎華やか秋桜 丸山冬鳳 京鹿子 200201  
黒いショルダー忘れて来たり秋桜 元田千重 火星 200201  
留守の間のバケツへ貰ふ秋桜 波田美智子 火星 200201  
しばらくは風の冗舌秋桜 千坂美津恵 200201  
火の山を借景にして秋桜 名取袿子 200201  
古希の姉還暦の妹秋桜 苑田ひろまさ 200201  
単線の垣よりあふれ秋桜 伊藤亮 春耕 200201  
リユツクから仔犬顔出す秋桜 藏本博美 ぐろっけ 200201  
デートより逢瀬の語感秋桜 北尾章郎 200202  
海光や冬日の芯に秋桜子 代田青鳥 風土 200202  
句心を駆り立てらるる秋桜 久保晴子 雨月 200202  
見えぬもの見ゆる時来て秋桜 桜井ともや 六花 200202  
秋桜少女の夢は花屋さん 桜井ともや 六花 200202  
遠きより風の旋律秋櫻 小島とよ子 遠嶺 200202  
着ながしの縞の男や秋桜 浜麻衣子 六花 200202  
鈴の道邪念なかりし秋桜 木戸波留子 いろり 200203  
冬萌や秋櫻子句碑先づ訪はな 大谷茂 飛白 200208  
山里の風情は尽きず秋桜 稲畑汀子 ホトトギス 200210  
船宿の軒に櫂干す秋桜 皆川盤水 春耕 200210  
柄物の肌着を干すや秋桜 三浦照子 帆船 200211  
野球子の戻る靴音秋桜 小池槙女 火星 200211  
馬頭観音に祈る木曽路や秋櫻 邑橋節夫 遠嶺 200212  
秋桜揺れ竿売の声届く 宮原國夫 雲の峰 200212  
風ぐせのことに河原の秋桜 宮崎直子 200212  
映画化の話出てゐる秋櫻 山野みどり 銀化 200212  
秋桜おのれに問ひて頷いて 濱地恵理子 200212  
努力とふ手話美しき秋桜 丸山敏幸 200212  
秋桜消えし子の又現るる 田中正子 百鳥 200212  
混沌か調和か土手の秋櫻 小澤克己 遠嶺 200212  
秋櫻子展見て台風に接近す 島田和子 風土 200301  
秋桜風のかたちにうねりけり 中村洋子 風土 200301  
掌に切符の四角秋桜 徳永真弓 百鳥 200301  
秋桜や練り子を責むる荒神輿 松本恭昂 火星 200302  
紅葉寺秋櫻子句碑誓子句碑 塩川雄三 築港 200302  
秋櫻子句碑の向き立つ南風の海 黒坂紫陽子 馬醉木 200309  
犬の尾のちぎるるばかり秋桜 中村房枝 六花 200310  
それぞれに吹かれそれぞれ秋桜 渡辺初枝 酸漿 200311  
秋桜たをやかに揺れ女人寺 加藤サヨ子 築港 200311  
宅配の身の軽やかに秋桜 増田智子 帆船 200311  
年金てふ余生の嵩よ秋桜 富川明子 200311  
秋桜空に向かつて背のびする 吉成美代子 あを 200311  
首細き少女のピアス秋桜 田下宮子 200312 秋桜 2→

 

2014年11月21日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。