コスモス 1        100句

コスモスの花あそびをる虚空かな     高浜虚子

秋桜  コスモス 秋ざくら あきざくら

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
コスモスにくつろぐ時間ありにけり 稲畑汀子 ホトトギス 199810  
コスモスや旅路は同じ帰路をとる 稲畑汀子 ホトトギス 199810  
コスモスの向うぽつんと籠り堂 岩谷昭三 199901  
コスモスを抱き古書市を素通りす 武久昭子 風土 199901  
あるときの身の内軽しコスモス野 北村照子 遠嶺 199901  
コスモスを揺らしてゆきし鼓笛隊 萩野谷三和 遠嶺 199901  
旅鞄磧を渡りコスモスへ 飯塚ゑ子 火星 199902  
対向車みんなコスモス野よりくる 飯塚ゑ子 火星 199902  
コスモスや標高千の町に着く 村田近子 遠嶺 199905  
コスモスの泛かび安曇野明けにけり 小宮山勇 青胡桃 199905  
信濃路に身をあやまたずコスモス咲く 倉本美代子 ヒッポ千番地 199905  
コスモスと背丈きそいし子らの笑み 朝日千尺 船団 199909  
何となくさつぱりうれしコスモスは 小池文子 馬醉木 199910  
コスモスや髪ふさふさと少女ゆく 田口泡水 風土 199910  
休耕田十万本のコスモス咲く 山梨幸子 199910  
われ老いてコスモス園に呆然と 久保田一豊 いろり 199910  
地底からひよろとコスモス恐山 本山卓日子 京鹿子 199911  
コスモスや八尾の町はまだ遠し 林田加杜子 いろり 199911  
コスモスの揺らげば揺るる里ごころ 田中呑舟 火星 199912  
コスモスのつくり笑いが風になる 山田緑光 海程 199912  
コスモスのどの色も訪ふ蝶と虻 白鳥武子 酸漿 199912  
鎌倉にコスモスばかり出会ひけり 中村洋子 風土 199912  
コスモスに一日人の来ぬ日かな 小倉恵都子 風土 199912  
コスモスの色つなぐ風乱す風 松永唯道 円虹 199912  
揺るるたびコスモスの景透きとほり 松永唯道 円虹 199912  
コスモスに大空かぎりなく青し 松永唯道 円虹 199912  
コスモスや旅の空なる誕生日 金子里美 船団 199912  
コスモスも乙女心もゆれにけり 白石秀雄 酸漿 200001  
コスモスや風の行方を消すような 河野志保 海程 200001  
コスモス畑花摘む刻の少女めく 丹羽杏華 京鹿子 200001  
コスモスの声にならない会話かな 野口香葉 遠嶺 200001  
コスモスや鉱滓の山抉られて 上田希実 遠嶺 200001  
コスモスや円空仏の顔黒し 田中藤穂 水瓶座 200002  
同窓会コスモスを見て別れけり 鶴目鯛遊子 六花 200003  
コスモスや夕仕事まで一時間 六車幸江 海程 200004  
コスモス揺れて今は訳あり休耕田 倉本マキ ヒッポ千番地 200006  
山の影伸びてコスモス畑昏し 白倉ボラン ヒッポ千番地 200008  
母を消すコスモスの丈周到に 中原道夫 銀化 200009  
コスモスや八ヶ岳を閉せる雲あふれ 阿部ひろし 酸漿 200010  
咲きそめしコスモスヶ原雲ながれ 阿部ひろし 酸漿 200010  
人面の石コスモスの風の中 中原幸子 遠くの山 200010  
コスモスに風が遊びに来てをりし 高橋笛美 円虹 200011  
コスモスや薄刃のごとき風にあふ 保坂加津夫 いろり 200011  
コスモスやポーズあれこれ若くなし 大平保子 いろり 200011  
コスモスにいい娘でしたか聴いてみる 桑原敏枝 いろり 200011  
無造作に咲くコスモスのうらさびし 中野辰子 いろり 200011  
コスモスや休耕田を風の過ぐ 舘泰生 風土 200012  
湖の昏るるコスモス明りかな 岩月優美子 200012  
コスモスに風生まれつぐ余呉湖かな 三澤福泉 俳句通信 200012  
コスモスのことは議事録より削除 田口傳右ヱ門 銀化 200012  
コスモスを離れし風のやはらかし 山崎赤秋 春耕 200012  
地に伏してコスモス小さき風誘ふ 杉本艸舟 200101  
揺れやまぬコスモスつねに導火線 阿辺一葉 海程 200101  
コスモスの折れたるままに未完の書 阿辺一葉 海程 200101  
さざなみか砂漠かコスモスの肌めく 村上友子 海程 200101  
コスモスを抱く婦長とすれ違ふ 小島美智子 風土 200101  
コスモスの咲く駅に着く小海線 鈴木卓 風土 200101  
甌穴にコスモス吸はれ万華鏡 金升富美子 200101  
コスモスと備蓄油タンク並ぶ町 武田ともこ ぐろっけ 200101  
コスモスの白き花文字揺れやまず 矢嶋英子 遠嶺 200102  
コスモスの甘き香りに酔ひ痴れて 矢嶋英子 遠嶺 200102  
人入つてよりコスモスのはしやぎやう 曷川克 遠嶺 200102  
妹は白コスモスに傷ついている 金子皆子 海程 200102  
コスモスコスモス柔かに着地せよ妹 金子皆子 海程 200102  
コスモス敷いて花びらを縫っている姉 金子皆子 海程 200102  
レントゲン室水色コスモスでいっぱい 金子皆子 海程 200102  
人待つことも秘めてコスモスも終る 金子皆子 海程 200102  
コスモスの沖を叛旗の通りけり 奥田筆子 京鹿子 200102  
コスモスや数を恃めばあやふやに 奥田筆子 京鹿子 200102  
アベックの坐れば隠るコスモスに 石神芳枝 ぐろっけ 200102  
コスモスや風に押されて駈くる子等 山田和 京鹿子 200103  
日溜りに揺れコスモスの舞踏会 大川冨美子 ぐろっけ 200103  
一人子にコスモス増えてゆくばかり 小林あつ子 火星 200104  
弱そうなコスモスの花四角なり 柳浩子 船団 200105  
コスモスや陽だまりに置く父の椅子 宮倉浅子 遠嶺 200105  
コスモスの百花線乱といふ眺め 熊谷みどり いろり 200108  
コスモスに押し倒されてみたきかな 大倉郁子 船団 200108  
コスモスの色に忌日の華やげる 稲畑汀子 ホトトギス 200109  
コスモスの供華のあふれて忌日かな 稲畑汀子 ホトトギス 200109  
コスモスや入苑禁止の犬と猫 瀬戸悠 風土 200109  
コスモスのゆるれば笑顔訃報受く 神蔵器 風土 200110 悼 宮慶一郎
コスモスの便りは風のたよりかな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200110  
揺れやすきものコスモスと彼女かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200110  
手を振つて振つてコスモスだけとなる 稲畑汀子 ホトトギス 200111  
コスモスの庭に見知らぬ人の立つ 大串章一 百鳥 200111  
決めてゐる姉へ供ふはコスモスと 関薫子 百鳥 200111  
コスモスは少しの風のあつてよし 小泉豊流 酸漿 200111  
コスモスの百花繚乱といふ眺め 大平保子 いろり 200111  
ひと握りほどのコスモス埋もれ摘む 桑垣信子 いろり 200111  
コスモスを撮りに行きなとすすめらる 松沢久子 いろり 200111  
コスモスやのどかな里の旅終えて 小橋安子 いろり 200111  
コスモスの終着駅で降りにけり 竹川美佐子 いろり 200111  
観光のこれがコスモス畑なり 熊谷みどり いろり 200111  
絵葉書のコスモスの風もらひけり 赤座典子 あを 200111  
コスモスがピンクが揺れる山の風 栢森敏子 あを 200111  
合掌村いまコスモスの風の中 池田草曷 雨月 200111  
わだつみとコスモス畑の没日かな 竹内悦子 200111  
乱れ咲くコスモス紫苑異人墓地 水原春郎 馬醉木 200112  
コスモスの咲きて明るき村となる 黒川悦子 円虹 200112  
一陣の風にコスモスさざめきぬ 黒川悦子 円虹 200112 コスモス 2

 

2015年11月17日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。