鯉のぼり    240句

鯉のぼりはためく屑車押して出る    高島茂

端午  鯉のぼり  鯉幟  五月鯉  矢車  吹流し  こどもの日  薬玉

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
鯉のぼりゆつくり降ろす薄暮かな 吉岡純子 199807  
寝ころんで山より高き鯉のぼり 佐伯のぶこ 船団 199811  
鯉のぼり二階の嬰を呑みに来る 奥田筆子 京鹿子 199901  
待ち人のとうとう見えず鯉のぼり 保坂加津夫 いろり 199906  
鯉のぼり田舎のビルの屋上に 保坂加津夫 いろり 199906  
医者にゆくこと迷いをり鯉のぼり 松沢久子 いろり 199906  
大方は豪農の庭鯉のぼり 長野碧水 199907  
鯉のぼり日照権の陰に垂れ 藤田守啓 船団 199909  
鯉のぼり荒神山をゆうゆうと 近藤憙治 船団 199909  
川またぐ数いく百の鯉のぼり 小川花久 いろり 199910  
鯉のぼり腹蔵のなき風孕む 鈴鹿仁 京鹿子 200006  
谷川をまたぎ意を得て鯉のぼり 保坂加津夫 いろり 200006  
神泉を汲む山の子等鯉のぼり 保坂加津夫 いろり 200006  
鯉のぼりあげる祖父の手節くれて 熊谷みどり いろり 200006  
からつぽはこんなに自由鯉のぼり 櫂未知子 銀化 200006  
鯉のぼり風のなき日を長々と 松方光子 円虹 200007  
向ひ風容れ水平に鯉のぼり 阿部晶子 200007  
鯉のぼりプラス指向を間違えて 保坂加津夫 いろり 200007  
しあわせを乗せて泳げる鯉のぼり 小川花久 いろり 200007  
闇の川繋がり泳ぐ鯉のぼり 木内美保子 六花 200007  
鯉のぼり影に勢ひありにけり 三浦てる 風土 200008  
補陀落の風にふくらむ鯉のぼり 田畑保英 火星 200008  
辺境に一家棲みなし鯉のぼり 定藤素子 雨月 200008  
鯉のぼりみどり豊かに城の風 富川杵名男 春耕 200008  
風やみで干物となりし鯉のぼり 星加克己 ぐろっけ 200009  
三県へ颪靡きの鯉のぼり 品川鈴子 船出 200104  
おとうとは少年のまま鯉のぼり 鳴海清美 遊び蔓 200105  
この空にしてこれしきの鯉のぼり 篠原俊博 銀化 200105  
婆一人留守番をする鯉のぼり 大平保子 いろり 200106  
鯉のぼり忘れしことを思ひ出す 大平保子 いろり 200106  
京も奥野村別れの鯉のぼり 阿部ひろし 酸漿 200106  
棟割りの鉱山やまの長屋に鯉のぼり 杉阪大和 春耕 200107  
鯉のぼり沼に渡して城下町 林田加杜子 いろり 200107  
清流を呑む千匹の鯉のぼり 今村能子 遠嶺 200108  
桜島呑み込んでゐる鯉のぼり 外園威雨 ホトトギス 200109  
鯉のぼり火山灰降る風に立ち向ふ 外園威雨 ホトトギス 200109  
鯉のぼり大河の風を呑み余す 伊藤玉枝 ホトトギス 200109  
六甲の風に育つ子鯉のぼり 山田弘子 円虹 200109  
病棟の風を孕まぬ鯉のぼり 斉藤由美子 ぐろっけ 200205  
老人の介護施設に鯉のぼり 山田暢子 風土 200207  
山の気を吸ひて千早の鯉のぼり 仲尾弥栄子 雲の峯 200207  
木の国の木の香に噎する鯉のぼり 山室キミ子 銀化 200207  
祖谷村の過疎化嘆かふ鯉のぼり 久保晴子 雨月 200207  
祝ふには非ず見せもの鯉のぼり 浜田南風 200208  
鯉のぼり大きく泳ぐ小さき家 小田島成子 百鳥 200208  
鯉のぼり見上ぐる子の目きらきらと 羽根田和子 百鳥 200208  
茅屋や十一連の鯉のぼり 川端実 遠嶺 200208  
くたくたに降されてくる鯉のぼり 貝森光大 六花 200208  
鯉のぼり吐息洩らして畳まるる 宮原みさを 花月亭 200208  
昼深し風立たぬ日の鯉のぼり 大浦ヤ 帆船 200209  
窓に吊る小鮒のごとき鯉のぼり 柴田久子 風土 200211  
鯉のぼり泳がせ転居完結す 高木嘉久 200307  
鯉のぼり蝋石の線ながく引き 森理和 あを 200307  
鯉のぼりフォッサマグナを泳ぎをり 高千夏子 200307  
一子相伝茶筌長老の鯉のぼり 塩路隆子 花衣 200307  
新築の窓辺に小さき鯉のぼり 岡山満沙子 遠嶺 200308  
鯉のぼり停泊中の甲板に 永井由利子 百鳥 200308  
鯉のぼり立てて迷子の案内所 板橋智恵子 百鳥 200308  
鯱の下名園の鯉のぼり 瀬口ゆみ子 ぐろっけ 200308  
空と水県民の子の鯉のぼり 井上良久子 帆船 200310  
火の國の水が美味しよ鯉のぼり 山田六甲 六花 200406  
庭に解く鯉のぼりの荷まぶしかり 板橋智恵子 百鳥 200407  
三宅島もどれぬ児らの鯉のぼり 山崎悠二 帆船 200407  
写生子に風向き変ふる鯉のぼり 西村しげ子 雨月 200407  
鍬入れの砂漠イラクに挙がる鯉のぼり 飯隈球子 栴檀 200407  
山国は鱗の荒し鯉のぼり 林昭太郎 200407  
高くたかく揚ぐるや次子の鯉のぼり 今瀬一博 200407  
鯉のぼり四人姉妹に弟が 藤森万里子 百鳥 200408  
鯉のぼり多摩に十々里とどりの古戦場 布施まさ子 風土 200408  
降ろされて温き息吐く鯉のぼり 木内美保子 六花 200408  
鯉のぼり雲を呑み込み泳ぎけり 永田勇 六花 200408  
海石榴市の辻に一棹鯉のぼり 藤田かもめ ぐろっけ 200408  
昔アメリカ領事館鯉のぼり 神蔵器 風土 200506  
食欲の戻つてきたる鯉のぼり 山田六甲 六花 200506  
鯉のぼり還らざる日の空あなた 長谷川歌子 春燈 200507  
年ごとに綱橋ふえぬ鯉のぼり 安田健 帆船 200507  
岩手山のふもとに泳ぐ鯉のぼり 伊藤昌子 帆船 200507  
鯉のぼり朝に夕に山の風 中山純子 万象 200507  
山彦に応へ勢ひの鯉のぼり 神宮きよい 馬醉木 200508  
街を出たくて暴れゐる鯉のぼり 藤井圀彦 200508  
大漁の戻る舳先に鯉のぼり 三澤治子 万象 200508  
逆風にみなぎる雄気鯉のぼり 吉澤利治 遠嶺 200508  
山を負ふ一戸に風の鯉のぼり 古川洋三 遠嶺 200508  
大空を泳ぎ疲れて鯉のぼり 馬場美智子 六花 200508  
山寺の高き石段鯉のぼり 高倉恵美子 200508  
竹林の風に適ひし鯉のぼり 小島みつ代 200508  
鯉のぼり隣の空を借りにけり 吉田かずや 春燈 200512  
雨粒を振りほどきをる鯉のぼり 大島雄作 200606  
いもりの黒焼呑んでをり鯉のぼり 中島陽華 200606  
鯉のぼり潮風はらみ帰漁待つ 一瀬昭子 馬醉木 200607  
鯉のぼり男が赤の似合ふ世に 丸山佳子 京鹿子 200607  
三尾の子を持つ鯉のぼり官邸に 河本利一 200608  
鯉のぼり千の狭める風の谷 高橋道子 200608  
鯉のぼり尾びれのそよと揺るるのみ 石田きよし 200608  
真つ新の家に翩翻鯉のぼり 田中みのる 火星 200608  
過疎なれど谷をまたぎて鯉のぼり 山崎辰見 ぐろっけ 200608  
白き腹くねりて荒れる鯉のぼり 足利徹 ぐろっけ 200608  
欠伸してゐる風待ちの鯉のぼり 足利徹 ぐろっけ 200608  
海からの風を頬ばり鯉のぼり 向井由利子 200609  
男ごころのもんどり打てる鯉のぼり 本城布沙女 雨月 200609  
身の程の空許さるる鯉のぼり 本城布沙女 雨月 200610  
鯉のぼり膨らむ音の立ちにけり 山田六甲 六花 200706  
鯉のぼり遊ばす風となられけり ことり 六花 200706 小田元さんを悼み
久慈川を超えて百千鯉のぼり 池田光子 200707  
鯉のぼり丘と丘とをつなぎけり 金子八重子 酸漿 200707  
真鯉一つ足して今年の鯉のぼり 木村茂登子 あを 200707  
父さんを奪ひあつてる鯉のぼり 大曽根育代 遠嶺 200708  
温暖化少子化泳げ鯉のぼり 小林奈穂 200708  
鯉のぼり舳先につけて出漁す 河原倫子 200709  
復興の空を大きな鯉のぼり 藤浦昭代 ホトトギス 200710  
鯉のぼり煽て上手な風の神 新井皙石 京鹿子 200710  
鯉のぼり深呼吸してまた泳ぐ 堀内一郎 あを 200805  
瀬音きき眩しく千の鯉のぼり 入船亭扇橋 馬醉木 200806  
四女のあとそれはそれはの鯉のぼり 大橋敦子 雨月 200806  
鯉のぼり休耕田に尾を跳ねて 仁平則子 200807  
マンションを小さく泳ぐ鯉のぼり 塩千恵子 200807  
鯉のぼり川に彩なす村起し 山川好美 春燈 200807  
高々と武蔵の里の鯉のぼり 大橋晄 雨月 200807  
北上の川面を泳ぐ鯉のぼり 土屋喜美代 酸漿 200808  
うねるたび鱗をとばす鯉のぼり 水谷ひさ江 六花 200808  
弟の生れて淋し鯉のぼり 水谷ひさ江 六花 200808  
チマチョゴリ似て華やかな鯉のぼり 渡部磐空 200809  
卯建あぐる町金鱗の鯉のぼり 杉山瑞恵 雨月 200809  
鯉のぼり外で遊ばぬ子供たち 能勢栄子 200907  
健全と男子の証し鯉のぼり 笹井康夫 200907  
鯉のぼり俥夫軽々と祇園行く 松田和子 200907  
鯉のぼり翩翻として陶乾く 村上絢子 馬醉木 200907  
鯉のぼり影を落として地に動く 鴨下昭 200907  
空にある大波小波鯉のぼり 松嶋一洋 200907  
海風を孕みて島の鯉のぼり 三宅文子 春燈 200907  
肩車されし子の手に鯉のぼり 渡辺暁 酸漿 200907  
鯉のぼり麦の穂波の揺るる上 木内美保子 六花 200908  
鯉のぼり棹を尾びれの打ちゐたる 永田勇 六花 200908  
鯉のぼりだらりと夜の白みけり 大崎紀夫 やぶれ傘 200909  
鯉のぼり見える位置まで後退り 小嶋洋子 泡の音色 200912  
多摩の瀬を跨いで泳ぐ鯉のぼり 須賀敏子 あを 201006  
山峡の両岸繋ぐ鯉のぼり 須賀敏子 あを 201006  
鯉のぼり風に金の眼輝けり 田所節子 201007  
鯉のぼり家族はいつも同じ向き 和田満水 201007  
鯉のぼり五色の風を蹴りにけり 米山喜久子 201007  
歌枕の関を越ゆれば鯉のぼり 内海良太 万象 201007  
生命ある者へと泳ぐ鯉のぼり 久永つう 六花 201007  
四十路にて初児たまへり鯉のぼり 村上昌子 201008  
引越しの荷物に小さき鯉のぼり 都留百太郎 末黒野 201008  
鯉のぼり利根の流れを眞ひとつに 木山杏理 京鹿子 201008  
扇港のクレーンに鳴り鯉のぼり 田中みのる 火星 201008  
抱く赤子瞳に映る鯉のぼり 坊野貴代美 ぐろっけ 201008  
遊覧船マストに泳ぐ鯉のぼり 中村ふく子 201107  
鯉のぼり風棒になり棒になり 田所節子 201107  
朝毎に鯉のぼり仰ぎ元気受く 山田をがたま 京鹿子 201107  
男の子生れしと揚げる鯉のぼり 大西八洲雄 万象 201107  
鯉のぼり泳ぐ崖上の一軒家 松元末則 酸漿 201107  
鯉のぼり瓦礫の山にへんぽんと 有田蟻太 201108  
鯉のぼりぐんぐん雲を引き離し 原友子 201108  
鯉のぼり散髪嫌ひの男の子 史あかり ぐろっけ 201108  
大いなる目玉が窓に鯉のぼり 大坪景章 万象 201108  
鯉のぼり風になびかぬ一日かな 藤本節子 万象 201108  
鯉のぼり世評に疎く遊泳す 葉山彰 ろんど 201108  
龍となる命や金の鯉のぼり 土居通子 ろんど 201108  
煙突と競へり湯屋の鯉のぼり 廣瀬義一 雨月 201108  
鯉のぼり道を挟みて話しけり だいじみどり 201109  
どこからも見え避難所の鯉のぼり 大場ひろみ 馬醉木 201110  
みちのくの空に半旗と鯉のぼり 藤田かもめ ぐろっけ 201110  
鯉のぼり背山の近き一軒家 廣瀬雅男 やぶれ傘 201110  
その下の池より大き鯉のぼり 布川直幸 201205  
被災地の孤児励まして鯉のぼり 三原利枝 201207  
あの頃も生めよ殖せよ鯉のぼり 木島茶筅子 かさね 201207  
二世帯の住みて二階の鯉のぼり 礒貝尚孝 201208  
鯉のぼり次の風まで懸垂す 小田嶋野笛 末黒野 201208  
連休の校庭ひろし鯉のぼり 上家弘子 ろんど 201208  
氏神の久に待ちたる鯉のぼり 布川孝子 京鹿子 201208  
川渡る鯉のぼり千屋台出る 福田かよ子 ぐろっけ 201208  
鯉のぼり塾へ急く子を見送れり 古井公代 ぐろっけ 201208  
鯉のぼり一匹増えて迫り来る 松尾静代 ぐろっけ 201208  
風つよし梢におよぐ鯉のぼり 中山純子 万象 201208  
鯉のぼり選句の窓に溢れたり 大坪景章 万象 201208  
鯉のぼり連子窓より城望む 松本アイ ぐろっけ 201209  
窓格子に靴下ほどの鯉のぼり 村田とくみ ぐろっけ 201209  
竹林の蔭を濃くせり鯉のぼり 大島英昭 やぶれ傘 201210  
鯉のぼり吸ふ野の風をわれも吸ふ 丸山佳子 京鹿子 201305  
鯉のぼり田一枚に水張られ 神蔵器 風土 201306  
廃校と決まる分校鯉のぼり 西田史郎 201307  
大空を翔けよこの子の鯉のぼり 稲田和子 201307  
鯉のぼり悠々と楽しかりけり 佐藤健伍 201307  
愛犬のフードのおまけ鯉のぼり 森岡陽子 かさね 201307  
鯉のぼり突如の雨に溺れけり 佐藤洋子 201407  
鯉のぼり空に奔流生まれけり 原友子 201407  
鯉のぼり波間に沈む幼帝へ 乾有杏 201408  
鯉のぼりまだ登りたき尾の力 鈴木一広 201408  
跡継ぎのめでたく寺の鯉のぼり 浜福惠 風土 201408  
子の手形押し紙製の鯉のぼり 上月智子 末黒野 201408  
頑張れば俺にも出来る鯉のぼり 山本無蓋 201408  
オスプレイ視野の中なる鯉のぼり 鴨下昭 201408  
一息を吐いて無風の鯉のぼり 礒貝尚孝 201408  
園児達大志抱けよ鯉のぼり 神田惣介 京鹿子 201409  
鯉のぼり青空いよよ濃かりけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201505  
鯉のぼり青き地球を見下ろして 稲畑廣太郎 ホトトギス 201505  
鯉のぼり泳げる峡のがらんどう 森岡正作 201507  
子育ての加減をいまに鯉のぼり 宮内とし子 201507  
山頂の天に突つ込む鯉のぼり 箕輪カオル 201507  
鯉のぼり峡に渡して村おこし 小林和子 風土 201507  
鯉のぼり風よ吹け吹け勢あり 羽賀恭子 201507  
峡の里田水ゆたかに鯉のぼり 青野安佐子 201507  
湿原のみどり四月の鯉のぼり 大坪景章 万象 201507  
鯉のぼりいづくもひくき山ばかり 松田泰子 末黒野 201508  
銀鱗を揺する立夏の鯉のぼり 澤近栄子 京鹿子 201508  
人使ひ荒き嬰かな鯉のぼり 甕秀麿 201508  
鯉のぼりを眼下讃岐へ峠越 辻田玲子 雨月 201508  
筑波嶺の雲なだれくる鯉のぼり 山田春生 万象 201508  
船住ひ纜に吊る鯉のぼり 長田秀行 万象 201508  
天網を避けて揚げるや鯉のぼり 後藤マツエ 201508  
鯉のぼりボレロのリズム近づき来 中島陽華 201509  
曽孫を抱きて見上ぐる鯉のぼり 吉田きみえ 末黒野 201509  
尾は海へはみだし船の鯉のぼり きくちえみこ 港の鴉 201510  
尾と頭つけて畳みし鯉のぼり きくちえみこ 港の鴉 201510  
折り皺を風が熨しゐる鯉のぼり 布川直幸 201604  
鯉のぼり流しありたる丘の上 山田六甲 六花 201605  
鯉のぼり百にしづかな山羊の昼 山田六甲 六花 201606  
鯉のぼり今場所こそは稀勢の里 秋川泉 あを 201607  
日曜の家族見上げる鯉のぼり 大日向幸江 あを 201607  
その影に山羊の入りたる鯉のぼり 笹村政子 六花 201608  
鯉のぼり風をはらみて逆立ちに 遠藤清子 末黒野 201609  
食む風は険きが美味し鯉のぼり 峰崎成規 201701  
峰里や無尽の風の鯉のぼり 和田照海 京鹿子 201707  
鯉のぼりない町寂し高齢化 七郎衛門吉保 あを 201707  
鯉のぼり丘の高きに美術館 黒滝志麻子 末黒野 201708  
砂場の子風平らかの鯉のぼり 渡辺絹代 末黒野 201708  
割箸を付け鯉のぼり出来あがる 加藤峰子 201708  
鯉のぼり未来を胸に天翔よ 安立公彦 春燈 201708  
谷風と子の声孕み鯉のぼり 上月智子 末黒野 201709  
川風や横一線の鯉のぼり 小野弘正 末黒野 201709  
土手を打つ影はたはたと鯉のぼり 深川淑枝 201709  
防人の島の高さや鯉のぼり 角野良生 201709 能古島
横利根の幅を並んで鯉のぼり 菅谷たけし 201807  
鯉のぼり肩車の子手をのばす 西岡啓子 春燈 201808  
鯉のぼり過疎の里にも嬰の声 及川照子 末黒野 201808  
鯉のぼり百を渡して在所川 岡田史女 末黒野 201808  
しわくちやの譲り受けたる鯉のぼり 赤松有馬守破天龍正義 六花 201809  
遠筑波透く正装の鯉のぼり 山田邦彦 201902  

 

2019年5月5日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。