凩 2     100句

凩の中に便所のいつも濡るゝ  右城暮石

木枯 こがらし 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
凩を歩いてきたる手足かな 谷口佳世子 200203
身のうちに凩聞いてゐる夜更け 若生まりあ 遠嶺 200203
凩や月面基地の模型あり 望月周 百鳥 200203
凩のコバルトブルー吹き荒るる 宮原みさを 花月亭 200208
凩に涙とばして深帽子 鎌倉喜久恵 あを 200212
深夜に来し凩一号盗人めく 横林誠二 200301
凩や西大寺みち朱雀みち 石脇みはる 200301
凩の止みて下弦の月静か 松村美智子 あを 200301
牛小屋に鶏舎に凩太郎かな 根岸善雄 馬醉木 200302
凩や火鏝もちける牛頭の前 瀬川公馨 200302
凩の一句を添へてコラム欄 高野良 帆船 200302
凩に赤提灯の踊りをり 竹内旦 百鳥 200302
凩やにはとり熱き卵だく ほんだゆき 馬醉木 200303
矢切まで行く凩に会ふために 後藤立夫 ホトトギス 200303
街空に油塔の火燃え凩す 松林順子 雨月 200303
凩に背を押されつつ日暮みち 矢嶋みつ江 遠嶺 200303
凩の振り子となりし鳥瓜 長谷川春 200303
凩に切られてしまひたる思索 鳴海清美 六花 200303
寝息きき凩をきき夜を更かす 林敬子 酸漿 200303
凩に力をこめてペダル踏む 樋口美津子 築港 200304
凩のひゆると寄り添ふ切り通し 森茱明 京鹿子 200304
凩のあの木この木と声をかけ 石川等 200305
凩の遠くを青くする日差し 松本鷹根 京鹿子 200305
凩や殉国七士廟の黙 稲畑廣太郎 ホトトギス 200311
海の水を鹹くしたのは凩か 松山律子 六花 200312
凩や捌けば魚のどれも白し 柴田佐知子 200312
凩や刀にひとつ目釘穴 小山和男 京鹿子 200401
散る構へして凩をやりすごす 小山和男 京鹿子 200401
凩の一号と聞く貰ひ風呂 小澤規子 草の花 200401
凩は全裸の欅なほ強請(ゆす)る 泉田秋硯 200402
凩や嬰十日目の声高し 矢野洋子 対岸 200402
凩の素通りのして朱雀門 木下栄子 築港 200402
城塞の此処で凩引返す 阪本哲弘 200403
凩やそびらばかりの亡父の夢 荻野千枝 京鹿子 200403
凩に跳梁跋扈土にきす 森津三郎 京鹿子 200403
凩や木臼石臼伏せしまま 柴田佐知子 200403
凩や黒く大きな獣めき 関田実香 200404
凩や熱の夜ガバと起きあがる 村田文一 遠嶺 200404
凩や顔三角にして歩く 高橋瑛子 河鹿 200404
凩の音真夜覚めてをりしこと 稲畑汀子 ホトトギス 200411
ハンドルに受け凩の山路かな 稲畑汀子 ホトトギス 200411
凩を逃るゝ如くカーブ切る 稲畑汀子 ホトトギス 200411
凩や漁を終へたる網の嵩 今瀬剛一 対岸 200501
凩のこの墓上等兵で死にき 定梶じょう あを 200502
窓岩を抜くる凩塩田句碑 須原正子 万象 200502
凩の行き尽くる場にわが住処 土肥屯蕪里 雲の峰 200502
見得を切る役者絵武者絵凩す 今瀬剛一 対岸 200502
凩一号メタセコイアが真つ赤なり 山尾玉藻 火星 200502
凩の夜は発光す幹ばかり 豊田都峰 京鹿子 200502
日の当るところ凩駈けてをり 宮津昭彦 200503
凩の雑木林の音それぞれ 原みさえ 200503
キューポラの煙逆らひ凩や 佐藤仁 200503
凩や賢治に強き国訛り 新井佐知子 遠嶺 200503
凩の湖越えてくる天守かな 中條睦子 万象 200504
凩や鯨のごとき島ひとつ 丸山照子 火星 200504
凩に供花飛ばされし辻佛 加藤和子 六花 200504
凩を呼び戻してや大漁旗 苑田ひろまさ 200504
凩に米一丸のこゑ混じる 柴田佐知子 200504
凩や欠礼の文言考える 伊嶋淡々 200504
耕人の声甲高く凩す 松林順子 雨月 200505
凩が消すちちははの宵寝の灯 遠藤真砂明 波太渡し 200510
ビルいよよ高く凩受け止めし 稲畑廣太郎 ホトトギス 200511
ビルといふ凩拒む一とところ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200511
凩の音の去来の窓閉ざす 稲畑汀子 ホトトギス 200511
凩の中の余震のいかばかり 稲畑汀子 ホトトギス 200511
凩に似てエアコンの深夜の音 林翔 馬醉木 200601
凩に身を流しゆく流れゆく 林翔 馬醉木 200601
待つことの多し凩一番に 高田令子 200602
荒海は目に凩はわが背に 小澤克己 遠嶺 200602
凩に真向ひ重き医師鞄 西川五郎 馬醉木 200602
凩やセロファン脱がす新刊書 頓所友枝 200602
凩や病棟の灯の静もりて 大橋敦子 雨月 200602
凩やかたまり灯る菓子屋街 今瀬剛一 対岸 200602
凩や石にいよいよ目鼻口 今瀬剛一 対岸 200602
凩に目覚めて今日も生きてゐる 泉田秋硯 200603
凩やものみなかろくなりしこと 西宮舞 200603
凩の剥がしかけたるさるをがせ 中田みなみ 200603
褄高に着て凩に寧からず 伊藤早苗 200604
凩がガラスのビルにぶつかれり 山崎祐子 栴檀 200605
凩や運河を走る紙コップ 長井順子 200605
凩や日輪雲に歪みたる 竹下陶子 ホトトギス 200607
凩のぴたりと止みしおやつどき 波田美智子 火星 200702
凩の力の尽きし日暮かな 田中峰雪 雨月 200702
凩の揉む竹山の瀟条と 足利徹 ぐろっけ 200702
玄海の凩けふも烏賊簾 上柿照代 馬醉木 200703
しなやかに凩捌く竹林 安田久太朗 遠嶺 200703
凩の通り道なる陶の里 馬越幸子 ぐろっけ 200703
荒鋤きの田を凩の突きゆける 吉田裕志 200704
凩やまた運休の湖西線 和田恭子 200704
凩や一番星がこぼれさう 奥田茶々 風土 200704
凩へ赤きブーツの闊歩せり 大坪景章 万象 200704
凩や昔は旅に果つることも 橋本和子 200704
校庭に戻る凩始業ベル 尼嵜太一郎 ぐろっけ 200705
凩や盆地に種火めく灯り 金子野生 京鹿子 200705
凩や板戸の粗き漁師小屋 あさなが捷 200705
凩を吹きわけてゐる高みかな 佐藤喜孝 あを 200706
凩を恐れ痩身立て直す 大橋敦子 雨月 200801
凩の夜やつくづくこの身いとしけれ 大橋敦子 雨月 200801
凩の底の坂東太郎かな 辻美奈子 200801
凩やふと奪衣婆のあたりとも 豊田都峰 京鹿子 200801
凩 →3      

 

2020年12月7日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。